金融業界の仕事ってなに?今後の動向もチェックしますの画像

金融業界の仕事ってなに?今後の動向もチェックします

皆さんは金融業界と言ってどんな仕事をしているのか想像がつくでしょうか。株式を想像したのであれば、大きなオフィスでパソコンとにらめっこしている情景が浮かぶ方もいると思います。実際に多くの方が経験する仕事内容と、今後の金融業界の動きを見ていきましょう。

そもそも金融業界ってどんな業界?

金融業界の基盤となってくるのが「銀行」です。

湯金や貸金などの金額が極めて大きく保管されているメガバンクだけでなく、地方銀行などを合わせたら、業界の規模では約60兆円を保有しているということになります。

現在の金融業界のほとんどは、ITを活用して新しい取り組みが進められています。
ファイナンス(金融)と、テクノロジー(技術)を組み合わせて、「フィンテック」という造語まででき、その例がクレジットカード決済やインターネット上で使える仮想通貨など を指します。

金融業界の現在は、テクノロジーによって動かされているといっても過言ではありません。

職種についても少しだけ触れてみましょう。

大きく分けて2つあり、金融商品を個人のお客様に対して販売する「個人営業」と、金融商品提案して資金の借り入れなどを行ってくれる「法人営業」に分けられます。

この営業以外にも「フィナンシャルプランナー」や、「ファンドマネージャー」という運用にかかわるお仕事に携わることもできます。

金融業界でできる仕事とは?

実際に触手だけで見ると、仕事に移したときに難しいという印象を感じる方もいらっしゃいますが、実際にはわかりやすい業務をさせられることが多いです。

ここでは、金融業界に一般で入社してきた人の主な業務内容を見ていきましょう。

銀行

金融業の代表的な業務と言えるでしょう。対応窓口をはじめとして、預金や貸付業務、為替業務など、種類はたくさんあります。
実際の仕事はデータの転送などを行うことが多いので、パソコンを使った仕事をこなすことでしょう。

証券会社

証券会社の主な仕事は、顧客とのやり取りがメインです。普通の会社でいう営業のような立ち回りで、株式に関する業務を扱うことが多いでしょう。細かい契約書などを見ていなければいけないので、事務的な作業が好きな方に向いていると言えます。

金融業界で活躍するための要素は?

金融業界は非常に動きの激しい業界です。

つまり求められる人材は、どんな状況に立たされたとしても、自身の力で判断して動けるような人に育ってもらいたいと思われています。

人気の高い金融会社は、良い人材を採用したいという背景が強いので、しっかりとした選考が行われることが多いです。
そのためレベルが高い金融会社は面接の回数を6回以上にするなどして、学生をしっかり観察するような体制を整えているということです。

このような環境で必要になる人材としての要素は、グローバル化やAIの変化などに即座に対応できる能力を上げることが出来ます。

スキルもスペシャリストになれば、さらなる活躍が見込めるでしょう。

 

銀行と消費者金融のこれから

金融業界はお金に関する仕事をしているので、動向が激しいです。

実際にJobQ内の質問を見ていきましょう。

金融業界はこれから伸びることはないのでしょうか?

金融業界(特にメガバンク)に身を置けばまだまだ安泰なのでしょうか?それとも、もう金融業界は伸びないのでしょうか?

金融業界は、今後も堅調に推移すると思われます。
日本のFintechは、メガバンクが主導しています。

ただ、地銀・信金の再編は今後も続くことは間違いないでしょう。

また、金融業務の中でも、融資担当者や窓口担当者の仕事は、数年以内に人工知能に置き換えられると思います。
そのため、もし金融業界に就職するならば、IT部門やIB部門あたりに入った方が生き残れると思います。

これは金融機関に限りませんが、今後人間は定性的かつ高度な仕事をするしかなくなるので、そのあたりは頭に入れて就職先を選ばれることをお勧めします。

前章でもお伝えしたように、やはりITが力を増していく中、AIに負けないように頭を使って仕事をすることが求められていきそうですね。

では、今回は銀行と消費者金融の動向について紹介します。

銀行

銀行業界は、地方銀行の収益力が衰えているせいか、銀行そのものの収益力が低下しています。このような動向を受けて、地方銀行では様々な場所で合併化が進んでいます。

消費金融

消費者金融業界では非常に激しい動向を植えています。
グレーゾーンの撤廃だったり、改正貸金業法などの影響によって、大規模な市場縮小を食らってきました。

現在は回復段階ですが、安定しだすまでまだまだ時間はかかりそうな雰囲気です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は{企業名}の年収や業績について分析してみました。
とても、面白い情報が満載だったと思います!是非、就職や転職をする時の指標として活用してみて下さい!

この質問に関連する転職相談

なぜ、金融業は人気なのでしょうか?

18年卒の就職人気企業ランキングで、上位2位はみずほフィナンシャルグループと三菱UFJ銀行でした。 金融業の中でも特にメガバンクはみんな名前も知っており大手で安心、という気持ちもわかるのですが給料がそこまで高いわけではない(?)し、辞める人も多い...

リクルートが貸金業参入をしましたが、これから金融業界はどう変わるんですか?

リクルートが貸金業に参入するとのことで、 今後日本の金融業界全体が大きく変わることになると思うのですが、やはりメガバンクではない、地銀等の銀行はこの先生き残っていくことは難しくなってくるのでしょうか? 近年、成長が著しいFintechとの様々...

工学系修士です。2流大手企業のデータ系の研究開発に内定を頂いた一方で、ある所からクオンツとして...

工学系修士です。 2流大手企業のデータ系の研究開発に内定を頂いた一方で、ある所からクオンツとして内定を頂きました。 2流と書いたのは、〇ニー〇ナソニック〇BM等と比べるとお給料も低めだそうだからです。(30前半で600万とか) 当初は研究開発に...

金融業界と人材業界はどちらの方がノルマがきついですか?

金融業界から人材業界に転職を考えております。金融業界もノルマがかなりキツイのですが、人材業界もノルマが大変だと見かけます。実際営業面だとどちらのノルマがキツイですか?それと金融業界は日々勉強や資格試験等がつきまといます。人材業界は入社し...

化学メーカーのエンジニアから金融業界へ転職することは可能でしょうか?

化学メーカー勤務の25歳の男です。 現在、化学メーカーで研究開発のエンジニアとして働いていますが、 最近金融の勉強を始めるうちに金融業界への興味が高まり、転職したいと思いました。 現在、金融業界での勤務経験はありません。 年齢的にも微...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー