【徹底解説】金融業界の職種別の仕事内容や魅力をわかりやすくご紹介の画像

【徹底解説】金融業界の職種別の仕事内容や魅力をわかりやすくご紹介

皆さんは金融業界と言って具体的な仕事内容がイメージできるでしょうか。金融業界と言っても銀行や保険など様々な種類があり、また職種もさまざまです。職種では営業やファイナンシャルプランナー(FP)、また証券アナリストなどの職種があります。それらの仕事について、業界研究として、金融業界に所属する人が実際に経験する仕事内容とその特徴や魅力をご紹介します。

7421

そもそも金融業界とは

金融業界とは

金融業界の基盤となってくるのが「銀行」です。

預金や貸金などの金額が極めて大きく保管されているメガバンクだけでなく、地方銀行などを合わせたら、業界の規模では約60兆円を保有しているということになります。

また、銀行だけでなく、証券会社や保険会社も金融業界に属します。

銀行が預かったお金をもとにビジネスを展開する企業なら、証券会社や保険会社は顧客に株式や保険などの金融商品を販売してビジネスを展開する企業です。

また、現在の金融業界のほとんどは、ITを活用して新しい取り組みが進められています。

ファイナンス(金融)と、テクノロジー(技術)を組み合わせて、「フィンテック」という造語まででき、その例がクレジットカード決済やインターネット上で使える仮想通貨などを指します。

金融業界の現在は、テクノロジーによって動かされているといっても過言ではありません。
 

金融業界で働く職種について

職種についても少しだけ触れてみましょう。

大きく分けて2つあり、金融商品を個人のお客様に対して販売する個人営業と、金融商品提案して資金の借り入れなどを行ってくれる法人営業に分けられます。

この営業以外にも「フィナンシャルプランナー」や、「ファンドマネージャー」という運用にかかわるお仕事に携わることもできます。

そんな金融業界が求める採用基準も気になる方は多いでしょう。

実際に、金融業界へ就職や転職を検討されている方はこちらの質問を確認するといいかもしれません。

金融業界へ就職や転職をする際に必要な採用基準は何ですか?

金融業界は、証券会社や保険会社、銀行等多様な種類があります。

それぞれによって、求められる基準は変わるので、事前に準備しておくことは必要です。

関連相談

金融業界の仕事内容とは?職種別に紹介

実際に「金融業界」と捉えると難しい印象を受ける方もいらっしゃいますが、実際にはわかりやすい業務を行なうことが多いです。

もちろん職種によって異なりますが、まずは種類別に金融業界に入社してきた人の主な業務内容を見ていきましょう。

銀行

金融業の代表的な業務と言えるでしょう。

対応窓口をはじめとして、預金や貸付業務、為替業務など、種類はたくさんあります。

実際の仕事はデータの転送などを行うことが多いので、パソコンを使った仕事をこなすことでしょう。

メガバンク3社のQ&Aもチェック!
みずほ銀行
▶︎ みずほ銀行は他の銀行と比べて給与水準が低いのは本当ですか? 

三菱UFJ銀行
▶︎ 三菱東京UFJ銀行の営業で働く方の仕事内容は何ですか? 

三井住友銀行
▶︎ 三井住友銀行の労働環境はブラックなんでしょうか? 

 

証券会社

証券会社の主な仕事は、顧客とのやり取りです。

普通の会社でいう営業のような立ち回りで、株式に関する業務を扱うことが多いでしょう。

▶︎ 新卒で証券の飛び込み営業なんですが、仕事のノウハウはありますか?

細かい契約書などを見ていなければいけないので、事務的な作業が好きな方に向いていると言えます。
 

保険

保険会社では、もちろん顧客に対して保険商品を売ることが目標です。

そのため、主な仕事内容は個人・法人に対して保険商品を提案したり販売することです。 

それぞれの顧客にとって最適な商品を勧める保険会社の仕事内容は、コンサルティング要素が強いといえるでしょう。

特に、個人のお客様の場合はライフプランにも関わる仕事であり、責任が重い一方でやりがいの大きい仕事とも言えるのではないでしょうか。

そのため、責任感が強く、目的意識が高い人に向いていると思います。

▶︎ 生保や損保の営業で活躍している方の特徴は何ですか?

このように、金融業界の種類毎に仕事内容をご紹介しましたが、実際に就職や転職をして働くとなると将来性が気になる方も多いでしょう。

金融業界へ就職、転職するのは危険だとおもいますか?

実際に、金融業界については特に将来性が気になる方も多いでしょう。

リンクを確認して将来性を確認しておくといいかもしれませんね。

関連相談

職種ごとの仕事内容や特徴とは

続いて、金融業界での職種やの仕事内容をご紹介します。

主に、顧客に金融商品を販売する営業系の職種と、預かったお金の運用を行なう運用系の職種、また経済動向を調査する分析計の職種に分類できます。

▶︎ 金融業界って具体的にどのような業種があるのでしょうか?

 

営業系職種の仕事内容

● 個人営業

保険や証券などの金融商品を、個人に向けて販売する仕事です。

資産を築いている個人の顧客に対して、その顧客の要望に合わせて適切な商品を組み合わせて提案します。

保険会社や証券会社ではノルマがあることが多く、きついといったイメージを持たれることもありますが、代表的な営業マンの仕事といえるでしょう。

▶︎ 個人営業と法人営業とで仕事の難易度はどちらのほうが難しいですか? 

 

● 法人営業

法人企業の財務面をあらゆる方向からサポートする仕事です。

ときには金融商品を提案したり、融資というかたちで資金の借り入れを勧めたり、資金調達のお手伝いをおこないます。

▶︎ 法人営業の仕事のやりがい仕事のつらさは何ですか?

企業経営はヒト・モノ・カネと言われ、財務面と密接な関係があることから、相手企業の経営に深く関わるケースも多いです。

運用系職種の仕事内容

● ファイナンシャルプランナー

銀行や証券会社、保険会社などで、顧客である個人に対して資金計画や資産運用などの助言をします。

また、ファイナンシャルプランナーは国家資格である「FP技能士」、民間資格である「AFP」「CFP」があり、個人営業として働きつつこれらの資格を取りながら、独立する人も多くいます。

▶︎ 独立を考えています。ファイナンシャルプランナーの年収は低いって本当でしょうか?

顧客の生活設計に合わせた提案力が求められるでしょう。
 

● プライベートバンキング(プライベートバンカー)

富裕層の顧客に対し、資産運用や事業承継、相続などのアドバイスやコンサルティングまで幅広いサービスを提供する仕事です。

ファイナンシャルプランナーよりもより大きな資産を運用することが多いです。

日本ではあまり馴染みのない職種で、「プライベートバンク」自体はスイスの限られた銀行を指します。

広義で富裕層の個人顧客に対する資産形成アドバイス、という意味合いで国内銀行も「プライベートバンキングサービス」を提供するところが現れています。
 

● ファンドマネージャー

ファンドマネージャーは、法人から預かった莫大な資産を投資運用する仕事です。

株式市場に上場している企業への投資や、更には株式公開前のベンチャー企業に対する投資をおこなったりします。

さまざまな企業の業務内容や業績、将来性を分析し、有望と判断した企業や国、金融商品等に投資していきます。

ファンドマネージャーについてさらに詳しく知りたい方はこちら
▶︎ 外資系金融会社のファンドマネージャーは年収数千万稼げますか?

 

分析計職種の仕事内容

● 証券アナリスト

証券アナリストは、証券会社や銀行に所属し、個別企業の将来性や社会の動向などを分析する仕事です。

分析の対象は経済だけにとどまらず、政治情勢や新興国の経済、また新しい技術に対する情報などの収集や調査も行うケースもあります。

▶︎ 証券会社に勤めながら証券アナリストの資格を取得することは可能でしょうか?

● エコノミスト

世界経済あるいは日本経済の動向を調査し、メディアや研究機関などに対して今後の展望を提供する仕事。

シンクタンクや官公庁、大学などの研究機関に在籍しているケースが多いです。

エコノミストになる特定の資格はないものの、大半のケースでは大学または大学院で専門の経済学を専攻している人が多いです。
 

● アクチュアリー

統計学を駆使して各保険商品にふさわしい保険料や支払金額を算出する仕事です。

分析系の職種ですが、そのデータを元に新たな保険商品の企画・開発をすることもあります。

関連相談

金融業界が今求めてる人材は?

金融業界は非常に動きの激しい業界です。

▶︎ 金融業界はこれから伸びることはないのでしょうか?

つまり求められる人材は、どんな状況に立たされたとしても、自身の力で判断して動けるような人に育ってもらいたいと思われています。

人気の高い金融会社は、良い人材を採用したいという背景が強いので、しっかりとした選考が行われることが多いです。

そのためレベルが高い金融会社は面接の回数を6回以上にするなどして、学生をしっかり観察するような体制を整えているということです。

このような環境で必要になる人材としての要素は、グローバル化やAIの変化などに即座に対応できる能力を上げることが出来ます。

スキルもスペシャリストになれば、さらなる活躍が見込めるでしょう。

関連相談

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、金融業界の仕事の特徴を種類ごとに紹介しました。様々な仕事の魅力があったのではないでしょうか。

実際に、転職や就職をすることが決まった方は、こんな金融業界の裏話もあります。

金融業界の裏転職事情…
金融機関への転職時に、借金の自己申告するのは本当ですか?

参考になった箇所があれば、是非、就職や転職の際の志望動機や面接に活かしてみて下さい。

転職や就職を考える際に、利用していただけると幸いです。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。
今回オススメするのは業界大手リクルートキャリアが運営するリクルートエージェントです。
業界随一の「キャリアアドバイザーのしっかりとしたフォロー・サポート体制」が特徴です。まず、登録しておいて損はないでしょう。

サービス概要

  • 30万人以上もの規模の転職者を転職成功に導いた業界最大級の実績
  • 業界事情に詳しいキャリアアドバイザーが豊富で、多くのベテランキャリアアドバイザーが活躍

リクルートエージェントに1分で無料登録する

本記事の初回公開日は2017年09月12日です。

この記事に関連する転職相談

金融系Sierに将来性はありますか??

金融系Sierに将来性はありますか??

金融機関への転職時に、借金の自己申告するというのは本当ですか?

金融機関への転職を検討しています。 金融機関への転職ということで、未経験ながら転職を希望しているのですが、 借金の自己申告が必要であるという話を知り合いから聞きました。 昨年、車を購入したばかりでローンで支払っているのですが、このよ...

リクルートが貸金業参入をしましたが、これから金融業界はどう変わるんですか?

リクルートが貸金業に参入するとのことで、 今後日本の金融業界全体が大きく変わることになると思うのですが、やはりメガバンクではない、地銀等の銀行はこの先生き残っていくことは難しくなってくるのでしょうか? 近年、成長が著しいFintechとの様々...

工学系修士です。2流大手企業のデータ系の研究開発に内定を頂いた一方で、ある所からクオンツとして...

工学系修士です。 2流大手企業のデータ系の研究開発に内定を頂いた一方で、ある所からクオンツとして内定を頂きました。 2流と書いたのは、〇ニー〇ナソニック〇BM等と比べるとお給料も低めだそうだからです。(30前半で600万とか) 当初は研究開発に...

化学メーカーのエンジニアから金融業界へ転職することは可能でしょうか?

化学メーカー勤務の25歳の男です。 現在、化学メーカーで研究開発のエンジニアとして働いていますが、 最近金融の勉強を始めるうちに金融業界への興味が高まり、転職したいと思いました。 現在、金融業界での勤務経験はありません。 年齢的にも微...

新卒で金融機関に入社し約三年で退職したのですが、ポジティブな退職理由が思い浮かびません…。

新卒で金融機関に入社し、約三年で退職しました。理由としては、思っていたよりもノルマが厳しく、自分には営業が合わないと思ったためです。転職を考えていますが、ポジティブな退職理由が思い浮かびません。三年で退職した自分の考えが甘いことは承知で...

先輩の独立に誘われています。挑戦するべきなんでしょうか?

社会人4年目で銀行に勤めています。 私は今先輩の独立話に誘われています。 1年前から誘われていて、そろそろ答えが欲しいと言われています。 自分は家庭も持っていないですし、挑戦する事もできると思うのですがやはり本当に大丈夫なのかと心配なとこ...

パナマ文書に記載されているであろう商社で働いています。この先の展望を予想できる方はいますか?

パナマ文書に記載されている商社で実際に働いています。 僕自身も入社してから4年ということでそれなりには働いていますが、日本ではパナマ文書について追求をしないとはなっていますが、今の時代日本政府が何かするしないにかぎらず、いくらでも情報の取...

フィンテックって何ですか?

フィンテックって何ですか? どんな会社のことを指すのでしょうか? フィンテックのベンチャーもどんなところがあるのか知りたいのと、金融業界以外からでも転職可能なところはあるのか知りたいです。

地方銀行からの転職を考えています

地方銀行で働く4年目のものです。 転職を考えているのですが、地方銀行からIT系ベンチャーへの転職って可能なのでしょうか? 現在は個人向けの営業をしておりますし、転職している先輩は(そもそも少ないですが)公務員とかばかりで若干不安です。 ...

この記事に関連する記事

【金融業界への転職】有利な資格からエージェントの活用方法までご紹介

金融業界へ転職したいと考えている方は多いのではないでしょうか?金融業界は憧れの職業であり、人気度も高いです。未経験の...

【金融業界】クオンツ・アクチュアリーの仕事内容を詳しくご紹介

今回はクオンツ・アクチュアリーの仕事内容についてご紹介します。クオンツ・アクチュリーは理系要素が多く含まれている職業...

【金融業界の魅力】金融業界の面白さや楽しさは?志望動機の参考にも

銀行や信用金庫など金融業界は就活生から非常に人気が高いです。金融業界は、年収が高い位置で安定しており、社会的にも評価...

銀行が将来なくなる?金融業界の今後の動向や将来性とこれからの課題

近年、フィンテックと呼ばれる金融関連のテクノロジーが大きく注目されています。米国ではフィンテック企業へのベンチャー投...

金融業界のインターンとは?注目のFinTech企業の長期インターンも

将来金融業界を目指している学生さんで「金融業界について知りたい」「銀行員の就労について具体的なイメージがわかない」な...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー