【航空業界】パイロットになるには?5つの方法と求められるスキルや条件の画像

【航空業界】パイロットになるには?5つの方法と求められるスキルや条件

旅行などで空港を利用する際、敷地内をさっそうと歩く姿に憧れを抱く人も多いでしょう。そんな航空業界の中でも、常に人気が高いと言っていいのがパイロットです。飛行機を安全に運航するためにはそのパイロットの存在がかかせません。今回は、未経験からの航空業界のパイロットへ転職する方法についてお伝えします。

パイロットになるには?5つの方法

まず、パイロットになるには、一般的に下記の5つの方法があります。
未経験からのパイロットへの転職という点も含めてお話したいと思います。

 

防衛大学校または自衛隊

防衛大学は、一般的には自衛官幹部養成として知られていますが、
飛行機を操縦する免許の取得することが可能です。

ただ、防衛大学として定められている、
進路規定(いわゆる自衛隊への入隊)があるため、
卒業後の入隊せず民間企業へという進路の選択は容易なことではありません。

また転職でパイロットという進路の一つとしては、
24歳まで受験資格のある「自衛隊幹部候補生」を経てという道もあります。

ですが、いずれにおいても色々な意味で難関といえます。

 

航空大学校

航空大学校は、まさにパイロット養成所といえます。

入学の細かい規定はあるようですが、受験資格は(入学時)24歳までです。

なので、例えば現役で4年制大学に入学、留年せず卒業、
そのまま一般企業に就職して2年目の段階であれば、
この進路の選択が可能ということになるでしょう。

航空大学校を卒業後、各航空会社のパイロット訓練生として入社し、
旅客機運航のライセンスを取得するという流れになります。

 

航空会社 

日系の大手航空会社を例とすると、JAL、ANAともに、
自社養成パイロットの採用枠があります。

いわゆる旅客機のパイロットを目指すのであれば、一番近道といえるでしょう。

ただし、パイロット枠で採用されたとしても、
パイロットを養成するのにかなりの費用がかかるため、
航空会社の経営状況によって、すぐ訓練には入れず、
1、2年の地上業務を経てから、パイロットの訓練に入れたという事例もあります。

この採用枠についても、年齢を含め、
各航空会社が発表している募集要項を確認する必要があります。

 

海外のパイロット養成スクール

海外のスクールに自費で入学し、「自家用操縦士」の免許を取得後、
日本の航空会社に「有資格者」のパイロット訓練生として入社するという方法です。

かなりの費用がかかるため一般的にはハードルが高いです。

ですが、スクールへの入学に年齢制限がないため費用面さえクリアできれば、
航空会社に訓練生として入社する「有資格者」となることは可能です。

ただし、事前に、航空会社の募集要項にある年齢制限を確認する必要があります。

 

一般大学のパイロット養成コース

よく知られているいるのは東海大学のパイロット養成コースです。

具体的にはANAと提携しており、狭き門ではありますが、
東海大学からの採用枠があるようです。

この進路についても、大学入学への年齢制限はありませんので、
社会人からのパイロットを目指すのであれば、
可能な選択肢の一つであるといえます。

ただし、先の海外パイロット養成スクール卒業後同様、
各航空会社の「有資格者」採用に設けている年齢制限の確認は必要です。

パイロットに求められるスキルや条件

身体的条件

身体的適応という部分については、
クリアしなければならない健康診断の基準は高いといえます。

基本的には、身長158cm以上、
昔はここであきらめざるを得なかった人が多かった視力については、
矯正視力が1.0以上と緩和されています。

その他にも、様々な検査項目があります。

例えば、レーシックの手術や、鼻の手術など、すべてではありませんが、
過去に受けている手術の内容により、適応外となってしまうこともあるようです。 

 

メンタル的条件

また、パイロットに求められる素養として、
メンタル的な適応についても非常に重要視されます。

今でこそ、旅客機は自動操縦が主流となっていますが、
有事の際のパイロットの冷静な対応は不可欠です。

そのため、脳波の検査などを通して精神系のチェック項目をクリアしなければなりません。

下記サイトで ”航空身体検査マニュアル” が公表されていますので、
参考になるかと思います。
一般法人 航空医学研究センター 航空身体検査マニュアル

 

英語力

パイロットに求められる英語のレベルについてですが、
実際には、それほど高いものを求められているわけではありません。

日系の航空会社の採用においても、応募資格に明記されていなかったりします。

例えば、「TOEIC600点以上の英語レベルが望ましい(証明書などの提出も不要)」
という表記のみであったりと、語学力は後からついてくるものとして、
採用段階ではそれほど重要視される項目ではないようです。

ただ、将来的に国際線の運航に従事したいという目標があるのであれば、
日々英語に興味を持ち積極的にコミュニケーションをとろうとする姿勢は大切だといえるでしょう。

最後に

パイロットになるには、身体、メンタルともに、
求められる基準も高いことがおわかりいただけたかと思います。

そして、パイロットへの転職という意味では、
その決断は年齢的に早ければ早い方がいいですし、
年齢によっては費用面、体力面ともにかなりハードルの高い進路となります。

また、現状としては、各日系の航空会社も新しい飛行機を購入し、
国内線、国際線を問わずそれぞれの路線を増やしています。

パイロット自体の需要が高く、パイロット不足とも言われている状況です。
むしろパイロットの門戸は積極的に開かれているといえるでしょう。

この記事に関連する転職相談

航空業界が就職先として人気でありつづけり理由は何ですか?

航空業界は常に、就職先の人気ランキングの上位を占めています。 では、なぜ航空業界は就職先としてここまで人気なのでしょうか。 日本航空は何年か前ですが、経営破たんもしていますが、 未だに就職先として人気です。 何故、航空業界は日本の学...

航空業界で求められる人材は?

大学生女です。航空業界で働きたいと思っています。 しかし、JALやANAなどをはじめ、航空会社は人気で倍率がかなり高く、自分がその倍率をくぐり抜けられるか不安です。 そこで、航空業界で働いたことのある方、周りに働いている人がいる方にお聞きしま...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 この記事の企業

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

株式会社パイロットに関する求人情報

jobs by Indeed job search
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー