Webエンジニアになるには?仕事内容や必要なスキルをご紹介!

Webエンジニアになるには?仕事内容や必要なスキルをご紹介!

みなさんはwebエンジニアの仕事についてご存知ですか?webエンジニアは、主にシステムの構築やwebサイト制作、サイトの保守運用を行う仕事で、インターネットが普及した現代には欠かせない職業です。今回はwebエンジニアの仕事内容や必要なスキル、将来的なキャリア、適性についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください!

webエンジニアの仕事内容に含まれるものは?

インターネットが世の中に普及した今、webエンジニアは生活のため必須といえる職業です。

では、webエンジニアの仕事内容は具体的のどのようなものなのでしょうか。

今回は、そのwebエンジニアの仕事内容についてご紹介していきたいと思います。


webエンジニアの仕事は、以下の3つに大別されます。順にご説明しましょう。
 

システムの構築

webエンジニアの仕事の流れとして、まずクライアントから案件を受注します。

しかし、受注した段階では、システムの具体的な全容が決まっていないこともあり、多くの場合はwebエンジニアとクライアントとの間で打合せが行われます。

そこで、クライアントの要望をヒアリングし、現実的に可能なシステムの提案を行います。

クライアントの同意を得られれば、詳細な仕様やを決定するなど、実際にシステムを構築する段階に入ります。
 

webサイト制作

システムの構築の段階で、環境の整備が終わると、次は実際にwebサイトの作成に入ります。

webサイトの作成では、webエンジニアはフロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの2タイプに分かれ、プログラムを書くなどの作業を行います。


詳細は後述しますが、フロントエンドエンジニアは主にユーザーが直接接触するアプリケーションの画面のプログラムを作成し、バックエンドエンジニアはユーザーの目に触れないようなデータ管理などの部分のプログラムを作成しています。


このように、webサイト作成の段階では2種類のエンジニアが分担して作業を行い、業務を進めています。
 

サイトの保守運用

webサイトの作成が完了し、納品した後も必要に応じてアフターフォローを行うケースがほとんどです。

アフターフォローは、webサイトのメンテナンスや、バグの対応から、マーケティング戦略に関連する業務までと多岐にわたります。

このように、プログラムを書くだけがwebエンジニアの仕事ではなく、様々なアフターフォローに対応しなければならないため、色々な分野の知識が必要な業種といえるでしょう。
 

webサイト制作には2タイプのエンジニアがいる


上で述べたように、webエンジニアは2タイプに分けることができます。

それがフロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアです。
 

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアとは、上でも述べた通り、ユーザーの目に直接触れるような画面の作成を行うwebエンジニアです。

具体的には、webサイトの画面や、データの入力を行う画面の作成が挙げられます。


メインで使用する言語もバックエンドエンジニアとは異なり、レイアウトの設計などに強みのある言語であるHTML、CSS、JavaScriptを使用する場合が多いです。
 

バックエンドエンジニアの仕事内容

一方で、バックエンドエンジニアはユーザーの目に直接触れないような部分に使用するプログラムを書くwebエンジニアです。

仕事内容は、サーバーに入力された情報を管理するシステムの製作などが多くなります。

バックエンドエンジニアがメインで使用する言語は、Python、Perl、PHPといったデータ処理に特化した言語であることが多いです。
 

webエンジニアになるために必要なスキルとは


webエンジニアには、様々な知識やスキルが必要とされます。

webエンジニアという職種の専門性の高さから多岐にわたる知識やスキルが要求されます。


それでは実際に、必要とされる代表的な知識、スキルについてご紹介しましょう。
 

プログラミングスキル

プログラムの作成が業務の中心となるwebエンジニアにとって、当然ながらプログラミングに関する知識とスキルは必須といえます。


クライアントからの要望に答えるシステムを作り上げるため、プログラミングに関する知識とスキルの多さは仕事のクオリティに直結します。


そのため、webエンジニアとして実力を伸ばしていくためには、日頃からの情報収集や勉強の継続が重要となるでしょう。
 

データベースに関する知識とスキル

プログラムの動作には、大量のデータを処理することが求められる場面が多くあります。

データベースとは、大量のデータを分類して格納することのできる保管庫のようなもので、必要に応じてデータを取り出したり、新たなデータを追加するなどして使うことができます。

データベースからデータを取り出したり、追加したりする操作にはSQLと呼ばれる言語を使用します。

SQLの習熟度を上げることで、より速くデータ処理を行うことができるようになり、プログラム動作の負荷を減らすことに繋がります。


そのため、webエンジニアにとって、SQLに関する技術の習得が必須といえます。
 

セキュリティに関する知識とスキル

昨今、情報漏洩に関するニュースがしばしば話題になることからもわかるように、情報セキュリティが重要視されるようになってきています。


webエンジニアには、顧客の情報を守るためにセキュリティに関する知識とスキルを身に付け、情報漏洩などの問題を防ぐことが要求されます。


このように、セキュリティに関する知識とスキルを学び顧客の情報を守ることで、信頼を獲得することができ、webエンジニアとしてのさらなる成長につながるでしょう。
 

LAMP環境に関する知識とスキル

LAMPとはLinux、Apache、MySQL、PHPという4つのソフトの頭文字をとった略語であり、これらの4つのソフトがwebエンジニアの業務において非常に重要です。

Linuxは、数あるOSのうちの1つであり、サーバーとして多く使用されています。

Apacheは、世界中で広く使われている代表的なwebサーバーです。

MySQLは、上述したSQLを用いてデータベースを管理するソフトです。

PHPは、サーバー上で動作するプログラムを作成する際に使われるプログラム言語です。


webエンジニアがweb開発をするうえで、これらのソフトに関する知識とスキルは非常に重要となります。
 

Webエンジニアの3つのキャリア


Webエンジニアのキャリアは、次の3つに分類できます。

その人の今後目指していくビジョンや適性によって、選択するキャリアは異なりますので、参考程度にご参照ください。
 

テクニカルスペシャリスト

webエンジニアというと、この職種をイメージする方が大半だと思います。

現場でプログラミング言語を駆使して、クライアントに納品する成果物を作り上げることが主な仕事です。

技術を伸ばし、スペシャリストとして活躍できるエンジニアです。

技術を極めて、手に職つけていきたい方にはおすすめのキャリアです。
 

プロダクトマネジャー

開発プロジェクトの納期、コストなどの要素を監督することが主な仕事です。


チームに所属しているエンジニアそれぞれの特性を見極めて作業を割り振るなど、チームをまとめてリーダーシップをとれる人であることが重要です。


このように、エンジニアチームのリーダーとしてプロジェクトを成功に導いていきたい方にはおすすめのキャリアです。
 

エンジニアとしての知識を生かした企画担当

現場でコードを書くよりも、企画・マネジメントなど複数の要素を組み合わせて別の職種での活躍ができるキャリアです。

エンジニアとしての知見を活かして企画に携わっていくことで、開発現場とのコミュニケーションを円滑していくことができ、より質の高い仕事ができるようになります。

技術力だけでなく、マネジメント・企画などのより人とのコミュニケーションが多く必要な仕事に興味がある方ににはおすすめのキャリアです。
 

Webエンジニアに向いている人とは


Webエンジニアはプログラミング言語など、高度なIT技術を駆使して仕事をすることになります。

専門性を活かして、よりよい仕事をしていくには以下の3つの要素が重要となります。
 

世の中や技術の変化に対応できる人

IT技術は流行の変化がとても激しく、次々と新しい技術が出てきます。

webエンジニアとして仕事をしていくには、この変化に対応していかなければいけません。

そのため、常に好奇心を持って新しい知識やスキルをどんどん吸収していくことのできる人であることが必要です。
 

コミュニケーションに苦手意識がない人

ITの技術者というと、黙々とパソコン作業をずっとやっているようなイメージがあるかもしれません。

しかし、一人で仕事が完結するようなことはなく、他の作業者やクライアントとの連携がとても重要です。

話すことがとても上手である必要はありませんが、少なくとも人と協力して物事を進めていくことが苦ではないレベルでのコミュニケーション能力は必要となります。
 

忍耐力があり地道な作業が嫌いではない人

プログラムの開発は、コードを1つ1つ入力したり、バグや実装漏れがないことの確認のためのテストを何パターンも行うなど、地道な作業が必要になります。

時には、機能の実現方法や、発生したエラーを解消する方法がわからず、頭を悩ませる場面もあります。

しかし、それはプログラムの開発において避けることはできない問題で、こうした地道な作業に黙々と取り組んでいける力が必要です。
 

まとめ

以上のように、webエンジニアの仕事内容はプログラミングだけに留まらず、多岐にわたります。

例えば、システムの仕様をクライアントと打ち合わせして決めていくこと、システムの納品後のアフターフォローなど、人とのコミュニケーションが重要となるような内容の業務もあります。


ここまで、お読みいただきましてありがとうございます。

この記事を読んで、少しでもwebエンジニアという仕事について知っていただけたら幸いです。


 

完全無料!IT業界におすすめの転職エージェントランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.7 ★★★★☆
2位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
4.4 ★★★★
3位 Geekly
 https://www.geekly.co.jp/
4.3 ★★★★
4位 ネットビジョンアカデミー
 https://www.netvisionacademy.com
4.2 ★★★★
4位 type転職エージェントIT
 https://type.career-agent.jp/it/
4.2 ★★★★
6位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.1★★★★
7位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.0 ★★★★
8位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 IT業界で年収アップを目指すなら業界大手のレバテックキャリアがおすすめ!


2位 IT業界への転職を目指す全ての20代〜30代はマイナビエージェントがおすすめ!

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す