採用条件TOEIC900点の理由とその企業が求めている人材とはの画像

採用条件TOEIC900点の理由とその企業が求めている人材とは

TOEICといえば、特にアジア圏で権威のある英語の能力を測定する資格の一つです。転職サイトを見ていると応募条件に「TOEIC750以上」など、スコアが応募の段階で記載されている企業があります。中でも「TOEIC900以上」という応募条件の企業はなぜ900という高いスコアを条件に指定しているのでしょうか。また、どのような人材を求めているのでしょうか。

815

TOEIC900を求める企業の特徴

企業はなぜTOEIC900を求めるのでしょうか。

TOEIC900を取れる人材は、
英語のネイティブスピーカーと何の違和感もなく、
意思疎通が出来るレベルの英語力があります。

なので、社内に英語圏の人材がたくさんいるか、
多国籍企業で共通言語が英語であるかという可能性が高いです。

同僚や上司が英語話者であるので、指示や報告も英語で行います。

そういった文化がある企業が求めるレベルが、
TOEIC900なのです。

関連相談

求めれられる人材

では、その企業が求める人材像はどんな人材なのでしょうか。


 

英語圏での居住・就職経験がある人材

TOEIC900というスコアは、
「国内でどれだけ必死に勉強しても到達出来ない領域」
と言われています。

特に日本人はリスニングセクションで得点が伸びず、
900に届かないという声をよく聞きます。

つまり、900というスコアは、
海外での居住・就職経験がないと取れないスコアということです。

日常的に英語を使うことは当然で、
学校や職場でも英語を使っていた経験がある人が
到達出来るスコアなのです。

こういった応募条件を掲げている企業は、
商社やメーカーの資材調達担当という海外赴任がある企業であったり、
そもそも外資系企業で日本支社が、
求人を出しているというケースです。

なので、英語をネイティブスピーカーと、
同じレベルで話せる聞ける書ける読めるレベルを要求しています。


 

継続的な努力が出来る人材

TOEICというのは、そのスコアの証明書の再発行期限が、
取得した日から起算して2年と決まっているので、
2年ごとに消滅する資格です。

なので、英語の能力がある、
上がっていると証明しなければならない環境にいる人は、
ハイスコアを残した後2年以内に再受験して
スコアアップを狙わなければなりません。

となると常日頃から英語に触れているのは当然として、
TOEICの対策を常に続けていかなければならないのです。

つまり、継続的な努力が出来る人材を求めていると言えるでしょう。

入社した後もTOEICのスコアの提出が奨励されていたり、
昇進には一定のスコアが必要だったりと、
仕事での成果とは別にTOEICの勉強も続けていく必要があります。

こういった企業文化を持つ企業では、
常に自己研鑽を欠かさない人材を求めているのではないでしょうか。

関連相談

最後に

TOEIC900を求める理由は、
社内文化が英語で構成されているからです。

日本語という1億2千万人が話せる言語ではなく、
全世界の人と意思疎通可能な言語で、
ビジネスをしているのです。

多くの場合は外資系企業の日本支社です。

それも900というスコアを求めているということは、
英語圏での居住歴や就職経験がある人材が欲しい。

ネイティブスピーカーとは対等に話せて、
当然の英語力を持っている人を求めているのです。

さらにその上で、継続的な努力が出来る人材を求めています。

TOEICのスコアは2年しか効力がありませんから、
入社してからもハイスコアを残し続ける必要があると考えたほうがいいでしょう。

時より学生がTOEIC900以上を取った
というニュースを耳にしますが、
特殊な例なのであまり参考になりません。

海外経験が1年はないと、
到達不可能なほどに高いスコアが900という数字なのです。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。そこでオススメするのがDODAです。
DODAは、国内転職者満足度1位を誇る人気転職サイトです。

サービス概要

  • 数ある企業からあなたに最適な企業を紹介
  • 転職のプロが1対1で転職活動をサポート

DODAに1分で無料登録する

この記事に関連する転職相談

国際関係の仕事をするにはTOEICスコアはどれくらい必要でしょうか?

国際関係の仕事をしたいと思っています。 これから、TOEICのスコア獲得に向けて勉強をしていくのですが、だいたいどれくらいのスコアを獲得すると国際関係の仕事をできるのでしょうか? 転職するにむけて、少しでもスコアを獲得しておきたいので、質...

TOEICの点数は転職活動時に使えることはありますか?

転職を検討している第二新卒の者です。 現在社会人二年目ですが、TOEIC800点以上のスコアを持っています。 これを活かして転職活動をすることは出来ないのかち考えたのですが、いかがでしょうか。 TOEICが使えるのは就職活動まででしょうか。

海外営業職へ転職するには英語力はどれくらい必要でしょうか?

商社から海外営業への転職を希望しております。 現在、TOEICのスコアが800点ほどあります。ずっと日本で働いていたので、英会話力には自身がありません。  海外営業へ転職するには、TOEFLの英語力の方が良いですか?  会社にもよると思うので...

通訳案内士はTOEICやTOEFLのスコアによって年収は変化しますか?

外国語の専門学校に通っています。  私の学校では通訳案内士を目指している方がまぁまぁ多い学校で、丁寧に教えていただけるので、将来は通訳案内士として働こうと考えています。  しかし、通訳案内士の仕事は副業としてやっていて、本業はその他...

TOEICの点数は転職活動にプラスの評価を与えますか?

大卒2年目です。 卒業して、3ヶ月が経ったシャア怪人1年目の時期にtoeicの試験を受けていて、 その時に850点を取りました。 二年目の現在、転職を考えています。 気になっているのは、toeicの点数は転職活動に影響を与えるのか。 ということなので...

美容専門学校を中退後4年生大学に入学して今就活中の大学4年生です。就職活動を...

美容専門学校を中退後4年生大学に入学して今就活中の大学4年生です。就職活動をしているうちに海外展開をおこなっている企業に興味をもち、何社か受けたのですがtoeicも650点程度でお世辞にもいいスコアではないこともあり、全てお祈りを頂いてしまいまし...

40歳ですが、転職活動を続けるべきかどうかで悩んでいます。

転職活動中のオッさん(40歳)です。 面接を受けて、キープされている会社があります。 今週中には返事をすると言われていますが、他の人に内定を出して辞退されたみたいだし、気分良くはないです。 年収は320万くらいの経理事務と記載されております。...

就職活動における努力は骨折り損にすぎないのでしょうか?

就職活動における努力は骨折り損にすぎないのでしょうか? TOEICとか何の役にたつんですか?代行者でも回答できるSPIの勉強なんて何のためにする必要があるんですか?

東南アジアの駐在員として働くにはどういった企業がおすすめですか?

駐在員になって海外で働きたいと考えている大2男の男です。 都内の某有名大2年の男です。この夏シンガポール、タイ、マレーシアへ旅行に行って、東南アジアが大好きになりました。 将来的に東南アジアはじめ海外へ駐在員として派遣されたいのですが、...

履歴書になんて記入したら良いのかアドバイスを下さい!

至急返答をお願いします。現在就活中の大学生です。履歴書の得意学科に記入に困っています。 具体的には私は英語文化コミュニケーション学科で英語を中心として勉強をしてきましたがTOEICの点数も低く、得意学科に英語と書くことができ無いかなと思ってい...

この記事に関連する記事

【働きながら英語を学ぶ方法】TOEICスコアや36協定について

今や昇進にも必要となったTOEICのスコア。国内の市場が縮小傾向にある今、企業は海外市場開拓が命題となっています。その時に...

【英語を活かした高卒の転職】TOEICやTOEFLなどスキルを活かした転職情報

高卒で英語を活かして転職した場合どのような手段があるのでしょうか?挙げられるはTOEICやTOEFLなどの資格でスコアを獲得す...

【楽天への転職】面接内容から中途採用の年収事情までご紹介します

楽天への転職・中途採用を考えた際に面接方法や求めている人材、その会社の評判というのは非常に重要な情報だと言えます。そ...

【TOEIC900点】転職・就職活動に英語力は有利にはたらく?

今や大学でも受験が促され、その対策講座まであるTOEIC。転職活動には有利に働くのでしょうか?スコアを900点以上マークてい...

【TOEICの点数】就職活動にTOEICのスコアの必要性について

TOEICは就職でどれくらい必要性のあるものなのでしょうか。一つの採用基準としてTOEICのスコアというのは重要です。TOEICのス...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー