オリンピック終了後も人材業界って将来性がありますか??

オリンピックまでは人材業界は安寧だと言われていますが、
オリンピック後はどうなるのでしょうか?

オリンピック後の人材業界についての将来性についてをお聞きしたいです。
現在、就職活動中で人材業界の会社から内定を頂いています。

でも、オリンピックまでは期待出来ると思うのですが、それ以降については不安です。

回答お願いします

人材将来性キャリア

ユーザー名非公開

回答 1件   応援 0

2025年問題のように、ほぼ労働人口は今後も順調に減っていきます。
3人に1人が65歳以上になる世界です。

労働需要が増えても労働供給が間に合いません。
供給側を押さえている人材会社の重要性はより高まってくるとしか思えません。

労働人口をカバーした従来型の会社か
移民を供給する会社か
老齢者を労働環境に戻す会社か
ワークシェアリング的な会社か

どれがどうなるかわかりませんが、まず間違いなく人材会社間で労働人材の奪い合いが始まり、そこのストックで供給側を押さえた会社が勝ちます。

それぐらい群雄割拠の面白い業界になると思います。

ユーザー名非公開(質問者)

回答ありがとうございます。

なるほど、結局人材不足問題が解決されるわけではないので、
人材供給する側はあまり問題ではなく、いかに人材を供給できるのか
それは高齢者なのか、それとも移民なのか…みたいな感じで、

供給する側が何を強みとするかみたいなので、競争が変わってきそうですね。
ありがとうございます。とても参考になりました。

この質問に関連する求人情報

正社員契約社員その他
ウォーターワン株式会社
【月給】
青森県
正社員
株式会社アベールジャパン 盛岡支店
【月給】
青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
正社員
株式会社アフレル
月給
福井県
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー