【日本語教師の資格】さまざまな取得方法やなるために必要なことを紹介の画像

【日本語教師の資格】さまざまな取得方法やなるために必要なことを紹介

グローバル化していく世界。日本に移住している外国人の数は、230万人になりました。また、海外に住んでみたい!という人も少なくないはず。しかし、外国語が出来ず、諦めてしまうこともあると思います。そこで今回は、日本国内で日本語教育の需要が高まり、また海外に住みたいと思う人も、仕事で日本語を扱うことのでき、需要が高まる日本語教員の資格などについてまとめてみました。

日本語教師とは

日本語教師とは何でしょうか。

日本語教師とは、日本語の非母語話者に対し、日本語を教える教師のことを言います。

なぜ外国人ではなく、非母語話者なのか。最近では、日本人であっても海外出身で日本語が上手ではないような方も増えてきています。日本語教師だからといって、必ずしも生徒は外国人であることはないのです。

では、その日本語教師になるためには、何をすればいいのでしょうか。

実は、日本語教師というものは誰でもなることができるのです。もちろん、日本語教師に資格はありますが、日本語を教えることに資格はいりません。ボランティアで日本語教師になることもできます。

しかし、日本語学校などの現場に立って、給料をもらいながら教えたい場合は、資格があった方がいいです。

実際に、求人を見てみても資格を持っている人を募集しているものがほとんどです。

 

関連相談

日本語教師資格の取り方

日本語教師の資格の取り方は、3つあります。



大学の主専攻・副専攻を修了する

大学で日本語を主専攻、または副専攻で修了していることです。この取得方法は、おそらく一番簡単に取得をすることができます。

大学で日本語教師に必要な授業を受け、その授業の単位をすべて取ることができれば取得することができます。

副専攻でも取得をすることができるので、主専攻ほどは気を張らずに気軽に取得をすることができると思います。



日本語教育能力検定試験を合格する

日本語教育能力検定試験を受け、合格をする方法です。この試験は消して簡単なものではなく、合格率は毎年約20%~25%の間となっています。

出題範囲も広く、かなりの勉強量が必要となってきます。

また、日本語教育能力検定試験の場合、自分でテキストを買い、独学で進めることがほとんどになると思います。

さらに、ほとんどがマークシートの問題ですが、一部記述問題もあり、教育現場での対応力なども問われます。



日本語教員養成講座を420時間以上受ける

日本語教員養成講座を420時間以上受けることです。

日本語教員養成講座とは、文化庁が示した「日本語教師養成のための標準的な教育内容」の方針に沿った講座のことです。

授業の内容は、理論、実技、教育実習に分かれています。通学の平均は1年~1年半ほどで修了することができます。

関連相談

有利になる資格の取得方法

上記の項目では、取り方は3種類あること説明しましたが、資格の取り方によって採用に大きく関わる場合があります。



1番有利な取得方法

まず、1番有利と考えられているのは、日本語教員養成講座です。

なぜなら、3種類の取得方法の中で実習が1番多いと考えらているからです。

やはり、実際に現場に立った時に、経験が多くあるのとないのでは大きな差になってしまいます。そのような点で、一般的には日本語教員養成講座が1番有利と考えられています。



2番目に有利な取得方法

次に有利と考えられているのは、日本語教育能力検定試験です。

日本語教育能力検定試験は日本語教員養成講座と比べると、実技がない点で少し不利になる可能性があります。

ですが、この試験は日本語教師として働くための資格として作られているので合格をしていれば、現場の対応力についての知識はある程度あると認められると思われます。

独学で取得するのが難しくなってきますが、日本語教育能力検定試験で日本語教師を取る価値は十分あると思います。



あまり有利ではな取得方法

最後に、大学での主・副専攻は、おそらく3つの取り方の中では1番弱点が多いと考えられます。

大学の授業は、学問としてとらえられているため、実際の教育現場とギャップができてしまいます。

なので、求人の中では条件として、日本語教育能力試験合格か日本語教員養成講座のみの場合があります。

関連相談

日本語教師資格の難易度はどのくらい?

日本語教師の資格を取るには、3つの資格の取得方法があると言いましたが、それぞれの資格を取得する方法の難易度はどのくらいなのでしょうか。

日本語教師養成講座

日本語教師養成講座の難易度は、決して高くありません。

日本語教師育成講座は、育成プログラムが確立されており、お金を払って講座を受ければ誰でも日本語教師のプロとして資格を取得することができます。

しかし、その育成プログラムを修了するには、420時間という膨大な時間がかかりますので、この方法で取得したい場合は、しっかりと考える必要がありますね。
 

日本語教育能力検定試験

日本語教育能力検定試験の難易度に関しては、難易度はかなり高いです。

日本語教育検定試験を合格するために、数年単位で時間がかかる人もいるそうです。

さらに、独学で勉強することがほとんどのため、独学は自分との勝負になりますね。

独学でやるために、途中で諦めてしまう人もいるでしょう。

しかし、日本語教師でキャリアアップを考えている場合、この資格をもって自分のスキルを証明さえすえば、高待遇の日本語教師の求人に内定できるかもしれません。

独学で勉強するのは大変ですが、その分資格の取得方法が評価されると言っていいでしょう。
 

大学の主・副専攻

こちらの難易度に関しては、各大学の授業によって難易度は変わってくるでしょう。

しかし、大学の授業で習ったことを完璧に覚えるのは難しいと思います。

学問なので多少は難易度は高いと思います。

関連相談

日本語教師になるには

専任の日本語教師として働くためには、経験を積んでいることが1番重要です。

日本語教員養成講座以外で日本語教師の資格を取得した場合でも、非常勤やボランティアなどで経験を積むチャンスはたくさんあります。

また、日本語を学んでいる生徒は日本に対し、非常に興味を持っています。なので、日本の社会や文化など、日本語以外の日本の知識を知っておく必要があります。

関連相談

海外で働く日本語教師

海外で働きたいと思った人の中で、日本語教師を考えた人は少なくないと思います。

では、どのような人が海外での日本語教師に向いているのでしょうか。

確かに、現地の言葉を話せればプラスなります。しかし、日本語を教えるので、必ずしも現地の言葉が必要ということはありません。

1番大切なことは、その国の文化を受け入れて生徒と仲良くコミュニケーションを取ることです。やはり、教師と生徒の間には信頼関係がなければ授業は成り立ちません。

また、基本的に国内、国外共に給料は高くありません。お金を稼ぎたくて海外転職を考えてる人には、あまり向いていないです。貰えるお金が少なくても、教えることに幸せを感じることが、日本語教師にとって重要なことです。

関連相談

まとめ

日本語教師には今後グローバルな世界になっていく上で、日本国内、国外両方ともで必要な職業になっていきます。

しかし、誰でもなれるという点から多くの人が興味を持つ職業ですが、しっかりとした知識がなく教えてしまい、間違った知識を提供するのはよくありません。

そのため、しっかりとした知識を付け、教えなくてはいけないという責任のある仕事だと言えるでしょう。

日本語教師には、教えるスキル以外にも経験によって得られるスキルがたくさんあります。そのうえで、生徒のさまざまなニーズにどれだけ合わせられるかとても重要だと言えます。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。そこでオススメするのがdodaです。
dodaは、国内転職者満足度1位を誇る人気転職サイトです。

サービス概要

  • 数ある企業からあなたに最適な企業を紹介
  • 転職のプロが1対1で転職活動をサポート

dodaに1分で無料登録する

本記事の初回公開日は2018年04月14日です。

この記事に関連する転職相談

日本語教師資格の取得方法は何が一番いいですか?

現在、大学に通いながら、副専攻で日本語教師の資格を取りたいと思っています。 そこで、日本語教師資格を取るためには、大学の授業か日本語教員養成講座、資格試験の合格の3つの方法があると知りました。 実際、日本語教師として就職する場合には、取...

日本の教育で一番の欠点は何だと思いますか?

教育業界に興味が有るものです。 日本の教育って自立性に欠けるとかなんとかで、あまりよくないという話をよく聞きますよね。 まあ確かに予め答えがわかっていて、その答えに向かって問題解決をしていくと、 問題解決能力はやしなわれるかもしれませんが...

教育系ベンチャーについて、おすすめのベンチャーを教えて下さい!

教育系ベンチャーについて。 こんにちは。 転職を考えてます。 教育系の仕事、そしてベンチャー企業で働くことに興味があります。 おすすめの企業を教えてください。 よろしくお願いいたします

教育業界でこれから成長していくと思われる企業はどんなところがありますか?

中規模の人材会社に勤めている者です。様々な業界の方からの意見を拝見したいです! いずれは教育の業界に身を投じたいと考えているのですが、皆さんの視点から見て、今後成長していくと思われる教育関連の企業はどんなところがありますか? 宜しくお願い...

教育系の会社ってどんなところがありますか?

新卒4年目のものです。今はとある専門商社で働いていますが、学生時代から興味のあった教育系の企業で働いてみたいと思っています。 教育系で一般企業というというとパッと思い浮かぶのが学習塾だと思いますが、学生時代にアルバイトをしていた経験、また...

教育系スタートアップ、ベンチャーに興味があります。面白い会社あれば教えて下さい。

新卒4年目で転職を考えています。 力のつけられるスタートアップ、ベンチャー企業への転職を希望しており、 昔から興味のあった教育に携わることができればなお幸せだと思っています。 教育系スタートアップ、ベンチャー企業で面白い会社あれば教えて下...

オススメの教育系ベンチャー、スタートアップを教えてください。

20代も後半に差し掛かり、昔から興味のあった教育系のお仕事に携わりたいと考えています。 子どもをターゲットにしたサービスを行っている、オススメの教育系ベンチャー、スタートアップがあればぜひ教えてください。

半年間の海外本社移動は経験しておくべきでしょうか?

現在、海外本社へ移動の話があります。 ただし半年間で非常に短い期間での移動です。半年後は日本に戻ってきます。 海外へのあこがれはあるのですが、半年間だけなので本当に良い経験になるかどうか不安です。 他の外資系の企業への転職もちょう...

大手総合商社における、①海外転勤の頻度と②海外転勤辞令が生じるまでの配慮、プロセス等を教えていただきたいです。

大手総合商社における、①海外転勤の頻度と②海外転勤辞令が生じるまでの配慮、プロセス等を教えていただきたいです。 ①事業部などにより一概に言うことは難しいと思いますが、一般的に、海外転勤の頻度などはどのくらいなのでしょうか? ②海外転勤は...

海外の大学で工学を勉強することは就職に影響しますか

海外の大学で工学を勉強することは就職に影響しますか

この記事に関連する記事

【教育業界の転職エージェント】おすすめできるサービスをご紹介

教育業界への転職にオススメの転職エージェントはどんなエージェントなのでしょうか。転職エージェントは教育関係の求人も複...

【社員教育を考える】 その目的別に方法・必要性も合わせて解説

社員教育を行なっている会社は多いと思いますが、社員教育の必要性や目的まで意識している人がどれほどいるでしょうか?この...

【教育ベンチャー】これから注目できる企業をご紹介します。

今回は教育系のベンチャー企業についてご紹介していきます。学びの形が近年様々な形で変化してきています。子どもをターゲッ...

【教育業界への就職】ランキングや志望動機とともにご紹介

教育業界への就職を考えているという方も多いのではないでしょうか。教育業界とは、塾やそして予備校、また、通信教育などの...

教育業界の今後の動向、広報活動で伸びる企業を見分ける2つポイント

企業は様々な広報活動を行っています。その中でも教育業界はどのような広報活動を行っているのでしょうか。広報活動という目...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー