• HOME
  • 転職
  • 年代
  • 第二新卒は新卒採用ではなく中途採用!新卒・既卒との違いも解説
13299_第二新卒 新卒採用_サムネイル

第二新卒は新卒採用ではなく中途採用!新卒・既卒との違いも解説

第二新卒の中でも、新卒1年目以内で転職活動中の方は、第二新卒でも新卒枠で応募できるのか?と疑問を抱いた経験のある方もいるのではないでしょうか。結論、第二新卒は大抵の場合中途採用枠ですが、企業によっては第二新卒でも新卒枠で雇ってもらえる場合があります。この記事では、既卒と第二新卒、新卒と第二新卒の違いや、第二新卒が転職する理由、体験談についても紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

第二新卒は新卒採用でなく中途採用枠に入る

ポイント

第二新卒は新卒扱いでない場合が多い

第二新卒と新卒の違いは卒業の有無

既卒と第二新卒の違いは就職経験の有無

ここでは、第二新卒と新卒採用の違い、また既卒と第二新卒の違いについて解説していきます。

 

第二新卒は新卒扱いでない場合が多い

社会人経験のある第二新卒は、基本的に中途枠で採用される場合が多くあります。

中途採用者より実務経験は少ないためスキル面では不利ですが、ポテンシャルを評価して採用するケースが多いです。

第二新卒は中途扱いになりますが、採用基準は新卒に似た傾向にあります。

 

第二新卒でも新卒枠で採用する企業も

第二新卒でも、新卒枠で採用する企業もあります。

新卒1年未満ならば、第二新卒でも面接を受けられるか確認してみてもいいでしょう。

かなり可能性は低いですが、面接を受けられる可能性があるため、応募の幅を増やすためにも有効です。

参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構 第二新卒者の採用実態調査


また、第二新卒でも新卒枠で応募できるかどうかについて、JobQにも質問が寄せられていました。

早速見てみましょう。

2019年3月に大学を卒業した人はどんな条件の求人なら応募できますか?

2019年3月大学卒業、いわゆる第二新卒に該当する者です。

募集要項の応募資格に関する質問です。

今は卒業後3年以内でも新卒扱いにする企業が多いと思います。

今年の場合は2018年4月から2021年3月までに大学、大学院、高等専門学校を卒業した人が該当しますが、特に職歴について書かれていない場合は職歴があっても応募資格があるとみなして良いのでしょうか。

例えば「2018年4月から2021年3月までに大学、大学院、高等専門学校を卒業し、就労経験がない方」、と書かれたら当然私に応募資格はありません。

ところが「2018年4月から2021年3月までに大学、大学院、高等専門学校を卒業された方」と表記している会社もあります。

この場合は応募できるのでしょうか。あるいは会社によるので一度問い合わせたほうが良いのでしょうか。

会社に聞くのが手っ取り早いかと。

建前上NGとしているだけで、…続きを見る

回答から、会社によって第二新卒の扱いが異なることが分かりました。

先ほども解説したよう、第二新卒だとしても新卒採用枠で応募できるかどうかは、会社に直接問い合わせてみましょう。

 

そもそも第二新卒とは?

第二新卒とは、学校を卒業後に一度就職をしたが、1年の内に離職した卒業後3年以内の人のことを一般的に指します。

しかし、企業ごとに第二新卒を定義している場合もあり、第二新卒とする明確な基準はありません。

近年では、第二新卒採用の目的が、 「新卒採用の補填」 から、「社会経験を有しかつポテンシャルの高い人材の採用」 という積極的なものへと広がりをみせており、大手企業も積極的に第二新卒の採用に取り組み始めているそうです。

また学校を卒業後、事情によりフリーターとして働いている場合でも、再就職時点の年齢によっては第二新卒の枠で転職できる可能性があります。

JobQにも、第二新卒は何歳までか質問が投稿されていました。

早速見てみましょう。

25歳は第二新卒として転職でますか?社会人1年目でも厳しい?

新卒として一般企業に入社しました。

大学卒業に2年遅れたため、入社は24歳となりました。

第二新卒就活、転職を視野に入れていますが、今の会社では1年以上働くつもりなので早くて25歳から活動することになります。

さすがに25歳(社会人歴1年、入社2年目)からだと即戦力転職はまず無理として、第二新卒も厳しいでしょうか。

理由としては働いてみてやっと自分のやりたいことの方向性を見つけられたためです。

今の会社だとちょっと難しいため、転職してその方向に向かっていきたいと考えています。

十分可能性はあると思います。

私は国立大、文系、2年遅れ(2留)の就職でしたが、…続きを見る

回答によると、25歳でも第二新卒として転職することは可能性として十分あるとのことでした。

第二新卒は年齢だけでなく、社会人としての経験年数を基準としている企業もあります。

そのため、求人を確認する際は経験年数も合わせて確認してみるといいでしょう。

 

既卒と第二新卒の違いは就職経験の有無

既卒と第二新卒の違いは、就職経験の有無によるものです。

学校卒業後に、正社員として働いた経験がない場合は既卒として扱われます。

既卒枠で第二新卒として応募すると経歴詐称になるケースもあるため、注意が必要です。

既卒の転職に関連する記事
▶︎
【ウズキャリ既卒の評判】メリット・デメリットを詳しく解説します!

▶︎
【既卒に強い転職エージェント】選び方のポイントなど確認しよう

 

第二新卒と新卒の違いは卒業の有無

既卒と第二新卒の違いは、就職経験の有無による違いです。

来年度までに学校を卒業する学生を新卒と指し、卒業はまだしていない状態です。

一方で、第二新卒はすでに卒業して就職し、退職した人を指します。

新卒と第二新卒の扱いは採用において変わるため、応募する際は注意しましょう。

第二新卒が人気な5つの訳

ポイント

熱意とやる気が高い

新卒に比べてビジネススキルが身についている

時期問わず採用ができる

年代が高い中途採用に比べて会社の文化に馴染みやすい

第二新卒は新卒と一緒に教育できる

第二新卒という言葉が最近出てきたように、近年では第二新卒の採用の需要が高まっている傾向があります。

ここでは、第二新卒が人気な理由を5つご紹介します。

 

熱意とやる気が高い

就職の失敗を挽回しようという気持ちも強く、熱意とやる気の高さが第二新卒の転職において重要になります。

実務経験が少なくても、社内の活気がよくなることを期待されて企業は採用を考えます。

そのため、選考においても熱意とやる気がアピールできると高評価となります。

 

新卒に比べてビジネススキルが身についている

新卒に比べて、基本的にビジネスマナーが身についている点が第二新卒の強みです。

1から教える必要がなく、教育コストの軽減がメリットとしてあります。

そのため、すぐに業務を振ることが可能であり、すぐに育成が可能です。

 

時期問わず採用ができる

第二新卒は時期に関係なく通年採用が可能な点も、人気な理由の1つです。

新卒の場合、3月まで卒業を待つ必要があります。

一方で第二新卒は、時期の指定がなく入社を調整することが可能です。

そのため、企業は必要な時期に人材を確保できるメリットがあります。

 

年代が高い中途採用に比べて会社の文化に馴染みやすい

ある程度経験がある中途の場合、独自のやり方を押しつけ、扱いづらさを感じてしまう会社もあるでしょう。

しかし第二新卒の場合、前職の在籍期間も短く、自社の文化への馴染みやすさがあります。

中途に比べて柔軟性の高さが評価されているため、第二新卒を求めている企業も多くあります。

 

第二新卒は新卒と一緒に教育できる

新卒と一緒の4月入社に調整することで、企業はまとめて教育プログラムを組めます。

中途採用は、基本的に即戦力を求めているため、第二新卒はスキル面では劣るでしょう。

新卒と同様に教育したいと考えている企業であれば、一緒に教育すれば育成コストが減るため、企業にもメリットがあります。

第二新卒が転職する時期

ここでは、第二新卒が転職するにあたっておすすめの時期をご紹介します。

 

特定の月はない

第二新卒が転職する時期は、とくに決まった月はありません。

ボーナスがある年末や夏に多い傾向がありますが、特定の時期に転職する傾向はないです。

転職する際は、自身の状況にあわせて転職活動を計画するのがおすすめです。

 

おすすめは10月・4月入社

転職時期のおすすめは、10月または4月入社です。

年度の切り替えである10月や4月は、入社者も多く同期ができやすい点がよいところです。

また10月であれば、前職での夏のボーナスを受けとった後に転職できるなどのメリットもあります。

 

転職・入社時期の関連記事
▶︎
【転職に役立つメールの例文】入社時期に関する交渉の文面とポイントご紹介

▶︎
【退職のベストな時期とは】交渉方法やボーナスの疑問について解説

第二新卒に多い転職理由TOP3

ポイント

給料が少なかった

能力や個性を活かせなかった

会社の将来性に不安を感じた

ここでは、第二新卒が転職を決意した中で最も多かった理由を3つ、ご紹介します。

 

給料が少なかった

厚生労働省のデータによると、第二新卒に一番多い転職理由は給料が少なかったことです。

収入アップを目標に、転職をしている若者が多いことがわかります。

また、前職に比べて収入が増加した割合が半数近くあることから、転職に成功している人が多いといえるでしょう。

 

退職理由にまつわる関連記事
▶︎
【退職理由は嘘でも大丈夫?】おすすめの伝え方を口コミから解説

▶︎
退職理由でよくある「一身上の都合」とは?正しい使い方を解説

 

能力や個性を活かせなかった

第二新卒の次に多い転職理由は、能力や個性を活かせなかったことです。

早い段階で今の仕事が自分にあわないと判断し、転職を決めている傾向にあることがわかります。

また、自分の能力を活かせる会社で働きたいと、意欲の高さもうかがえます。

転職は若い方が有利なため、理にかなっている判断といえるでしょう。

 

会社の将来性に不安を感じた

第二新卒の3番目に多い転職理由は、会社の将来性に不安を感じたことです。

自身のキャリアにも影響するため、会社の将来を気にして転職している人も多いでしょう。

傾向としては、女性よりも長く働くことが多い男性の方が圧倒的に高い特徴があります。

第二新卒の新卒採用でよくある質問

最後に、第二新卒と新卒採用でよくある質問をご紹介します。

 

高卒でも第二新卒枠で応募できる?

第二新卒には明確な定義がないため、高卒でも第二新卒枠で応募可能です。

第二新卒の定義は企業ごとに決めている場合がほとんどであり、求人情報に記載されています。

そのため、大卒以上と定めていなければ、高卒であっても第二新卒枠として採用される可能性があります。

 

第二新卒でも大手に受かりやすい?

大手は一から育成するために新卒を、即戦力を求める場合は中途を採用する傾向が高いです。

大手は新卒採用時点から応募者も採用される人数も多く、第二新卒を採用しなくとも若手を確保できています。

そのため、新卒でもなく経験も少ない第二新卒は、求められない可能性があります。

しかし、第二新卒もデメリットなだけではないため、一部の大企業では第二新卒を採用している企業もあります。

応募したい企業であれば、第二新卒だからといってあきらめずに挑戦するとよいでしょう。

また、第二新卒が大手へ応募することについて、JobQに質問が投稿されていました。

こちらも見てみましょう。

第二新卒で大手の企業に転職はできないでしょうか?

第二新卒で大手の企業には行けないのでしょうか??

業界や職種によっては行けますね。

以下、大手でも求人が出やすい傾向
・人材が流動的な業界
・希少性が高い技術職
・転換期や技術革新が起こっている業界


また、…続きを見る

回答によると、大企業の中でも市場の傾向によっては採用される可能性が高い場合があるとのことでした。

上記の回答を参考に、第二新卒で大手に転職したい方は対策を練ってみるといいでしょう。

18275

第二新卒はやばいって本当?

「第二新卒は転職が厳しいからやばい」と聞いたことはないでしょうか。

しかし、転職は問題なく可能であり、第二新卒だからといって出世できないことはありません。

昔と違い、転職については多くの企業が当たり前と認識し、自社にあう人材であれば積極的に採用します。

企業に魅力があると感じてもらえたら転職も成功できるため、安心して転職活動をしましょう。

まとめ

今回は、第二新卒と新卒採用の違い、また既卒と第二新卒の違いについてご紹介しました。

結論、第二新卒は大抵の場合中途採用枠ですが、企業によっては新卒採用の枠で雇ってもらえる場合もあります。

第二新卒の転職で困った時は、この記事で紹介した対処法などを使って転職活動を乗り越えてみてください。

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す