1456_転職エージェント_東京_サムネイル

【徹底比較】東京の評判の良いおすすめ転職エージェント厳選6選

東京は全国で最も平均年収が高いです。そんな東京で転職するためにどの転職エージェントを利用するか悩みますよね。この記事では、東京のおすすめ転職エージェントをご紹介するだけではなく、自分と相性の合う転職エージェントの選び方や転職エージェントを利用するメリット・デメリットをご紹介します。

1792

東京のおすすめ転職エージェント厳選6選

原則、どの転職エージェントも相談目的だけの利用も可能です。
 

転職エージェント 特徴
リクルートエージェント 業界No.1の求人数
事務の求人も約20,000件保有
ハタラクティブ 20代未経験・フリーターの転職に強い
内定率86.5%
ビズリーチ 年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1
30代の利用者の転職後の平均年収840万円
パソナキャリア オリコン顧客満足度が4年連続第1位
マイナビエージェント 20代から最も支持されているサービス
doda 業界トップクラスの求人数を保有
JACリクルートメント 43万人の転職活動の支援実績
コンサルタントの質が高い
LiBz CAREER 女性の転職に特化している
JAIC 就職成功率81.1%で入社後の定着率91.3%
ウズキャリ 内定率86%以上
就職shop 書類選考がないので経歴に自信がなくても安心
20代の利用者が9割

 

関連記事
▶︎転職エージェントおすすめ大手15社を徹底比較|ランキングも紹介 
▶︎【徹底比較】評判の悪い転職エージェント?|口コミと評判でおすすめ8選を解説

東京のおすすめ大手転職エージェント

  1. リクルートエージェント【業界No.1実績】
  2. doda【業界最大級の求人数】
  3. マイナビエージェント【20代から最も信頼されている】
  4. ビズリーチ【ハイクラスの転職に強い】
  5. JACリクルートメント【外資系企業の転職に強い】
  6. ハタラクティブ【最短2週間で内定】
  7. JAIC【就職成功率81.1%】
  8. ウズキャリ【内定率86%以上】
  9. 就職shop【20代の利用者が9割】

 

1.リクルートエージェント

会社名 株式会社リクルート
公開求人数 約156,000件 
非公開求人 約238,485件
対応地域 全国
料金 無料
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://www.r-agent.com/


参照:リクルートエージェント公式サイト
 

おすすめポイント
- 業界No.1の求人数
- 業界No.1の転職総合実績
- 年収交渉に積極的に対応


リクルートエージェント」は、求人数・転職実績がNo.1の総合転職エージェントです。

さらに、最大手ということもあり、女性のキャリアアドバイザーの質も高いことで評判の転職エージェントです。

リクルートエージェントは求人数が豊富なだけではなく、幅広い業種やニーズに対応しています

転職を考える際に、必ず登録したい1社だと言えるでしょう。

ここで、リクルートエージェントの口コミをご紹介します。
 

リクルートエージェントは、まず幅広い求人が特徴です。

一般事務しか経験がなかったのですが、他の転職エージェントでは断られるような案件希望で、30件以上もの案件を提示して頂けました。

カウンセラーの方の姿勢も素晴らしく、聞く体制が整っていて親身に相談に乗って下さいました。

関連記事:リクルートエージェントの評判・口コミ
 

2. doda

会社名 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 約109,400件
非公開求人数 約37,200件
対応地域 全国・海外
料金 無料
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://doda.jp/


参照:doda公式サイト

おすすめポイント
- 全職種を網羅した10万を超える公開求人・3万7千を超える非公開求人
- 書類作成や面接対策のサポートが手厚い
- IT業界やエンジニア職に強い


doda」は、国内でトップレベルの知名度を誇る転職エージェントです。

求人数は業界トップクラスで、自分にあった求人出会う可能性が高いと言えるでしょう。

履歴書の添削や面接対策も個別に相談でき、転職成功のために頼りになる存在です。

ここで、dodaの口コミをご紹介します。
 

メールで常に求人情報が流れていたり、大企業だけでなく中小優良企業の掲載も豊富です。

他転職エージェントにはない独自のシステムやノウハウで転職後までフォローしていただけたことも印象的でした。

幅広く視野を広げて転職先を見つけたい方に非常にオススメの転職エージェントです。

関連記事:dodaの評判・口コミ
 

3. マイナビエージェント

会社名 株式会社マイナビ
公開求人数 約33,809件 
非公開求人数 約33,126件
対応地域 全国・海外
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://mynavi-agent.jp/


参照:マイナビエージェント公式サイト
 

おすすめポイント
- 中小企業を中心に求人のが業界トップクラスの数を保有
- 20代から最も信頼されている転職エージェントNo.1
- 各業界に精通したキャリアアドバイザーが、専門的に転職をサポート


マイナビエージェント20代から最も支持を受けている評判の高い転職エージェントです。

実際に、34歳までの登録者が80%以上を占めています。

さらに、応募書類や面接対策を無料でサポートしてくれます。

夜間や土曜も相談を受けているため、働きながらでも安心して面接対策を受けることができます。

ここでは、マイナビエージェントの口コミをご紹介します。
 

とにかく自分にあった求人を用意してくれた転職エージェントでした。

中小志望だったが、他の転職エージェントでは反応の悪かった希望もマイナビでは真摯に対応してくれた。

求人数も多い。

連絡も早く、安心して転職活動に臨めた。 

関連記事:「マイナビエージェントの評判・口コミ」 
 

4. ビズリーチ

会社名 株式会社ビズリーチ
公開求人数 約63,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国・海外
料金 登録無料
一部有料
タレント会員:月額3,278円(税込)/30日
ハイクラス会員:月額5,478円(税込)/30日
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://www.bizreach.jp/


参照:ビズリーチ公式サイト
 

おすすめポイント
- 年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1
- 30代の利用者の転職後の平均年収840万円
- 年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上を占める


ビズリーチは、高年収求人が豊富でハイクラスの転職に評判の良い転職エージェントです。

ビズリーチを利用した方は、転職後の平均年収は以下のようになっています。

  • 30歳以上:840万円
  • 40歳以上:960万円

ここで、ビズリーチの口コミをご紹介します。
 

自分の仕事への価値観やどこに重きを置くのかなど、深掘りして聞いてくださいました。

また、自分を客観的に分析してくださる為自分自身気づかない点にも気づかされました。

只今内定の為に求人を紹介するのではなく、その人その人にあった職場を一緒に考えて長く働ける様に力を貸して下さいました。

転職という未知の領域の流れや考え方、新卒との求められる人材の違いなどわかりやすく教えて頂きました。

まだ、内定や希望の案件には出会っていませんが、今後もぜひお世話になりたいと考えています。

実際の目に見えない物を提案されている為、本当のところはどうなんだろう等不安は勿論ありますが、信頼をしっかりと築いてから提案や、助言を下さるので利用者としても安心してお願いできています。

関連記事:「ビズリーチの評判・口コミ

 

5. JACリクルートメント

会社名 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数 約11,500件 
非公開求人 非公開
対応地域 全国・海外
料金 無料
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/


参照:JACリクルートメント公式サイト
 

おすすめポイント
- オリコン顧客満足度4年連続No.1(ハイクラス・ミドルクラス)
- 43万人の転職活動の支援実績
- コンサルタントの質が高い


JACリクルートメント」は、外資系のハイクラスの転職サポートが評判の良い転職エージェントです。

日本だけではなく、海外への転職もサポートをしてくれるのが大きな特徴だと言えるでしょう。

20代後半で、海外で自分のスキルや経験を活かしたいと考える方におすすめです

ここで、JACリクルートメントの口コミをご紹介します。
 

担当者様には大変感謝しております、

私自身、想像していた以上に自分のことを理解出来ていなかったと知りました。

もちろん言語化も出来ていなかったため、担当者様は大変だったと思います。

そんな中、的確な質問や助言を数多くくださりとても頼もしく感じました。

私の長所を引き出した上で、その強みが応募企業でどう活かせるか?を考えたり、転職理由が他責になっていないか?

自身は何を頑張ったかなど、面接での想定質問に対して、 文章化をするようアドバイスを頂きました。

その添削だけでなく、電話でも面接対策や個別に時間を作って対面での対策もお時間をとっていただけました。

お陰様で自信を持って面接に臨むことが出来ました。

関連記事:JACリクルートメントの口コミと評判
 

6. ハタラクティブ

ハタラクティブ

会社名 レバレジーズ株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人 非公開
対応地域 首都圏・愛知・福岡・大阪
料金 無料
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://hataractive.jp/


参照:ハタラクティブ公式サイト
 

20代未経験におすすめポイント
- 未経験に特化したサポート
- 最短2週間で内定
- 内定獲得した86.5%が大企業に内定


ハタラクティブ」は既卒・第二新卒・フリーターの20代に特化した転職エージェントです。

登録してから最短2週間で、内定を獲得するケースが多く、できるだけ早く内定先が欲しい方におすすめです。

さらに、履歴書や職務経歴書の書き方指導だけでなく、面接での質問を想定した面接練習も実施してくれます。
 

関連記事:ハタラクティブの評判・口コミ
 

7. JAIC 

会社名 株式会社JAIC
公開求人数 非公開
非公開求人 非公開
対応地域 全国
料金 無料
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://www.jaic-g.com/


参照:JAIC公式サイト
 

おすすめポイント
- 就職成功率81.1%で入社後の定着率91.3%
- 社会人としてもビジネスマナーなど基礎知識の研修を受けることができる
- 書類選考なしで面接に進めるケースもある


JAIC」は、既卒を含む20代の転職に強い転職エージェントです。

就職率は、81.1%以上の実績を誇る就職支援サービスです。

就職支援実績は、23,000人以上と実績のある転職エージェントと言えるでしょう。

ここで、JAICの口コミをご紹介します。
 

ジェイックの就職カレッジは、私の時は参加者は30人弱でした。

既卒・フリーター・中退・第二新卒は同じくらいの割合だったと思います。

5日間の研修はとてもハードで、辞退者も続出しましたが、私は成長できたので感謝しています。

自分に自信が持て、就活以外にも役立てることができそうです。

関連記事: JAICの評判・口コミ
 

8.ウズキャリ

会社名 株式会社UZUZ
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 首都圏・愛知・大阪・福岡
料金 無料
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://uzuz.jp/


参照:ウズキャリ公式サイト

おすすめポイント
- 内定率86%以上
- 会社ごとの面接対策をしてくれる
- 個性に合わせた就業サポート


ウズキャリ」は、第二新卒・既卒・フリーターなど20代に特化した転職エージェントです。

充実した手厚いサポートにより、内定率86%の実績を誇ります。

さらに、求職者の課題や要望に応えられるように、1人あたり20時間と他の転職エージェントよりも親身にサポートをしてくれます。
 

関連記事:ウズキャリの評判・口コミ
 

9. 就職shop 

会社名 株式会社リクルート
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 東京・埼玉・千葉
大阪・京都・神戸
料金 無料
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://www.ss-shop.jp/


参照:就職shop公式サイト

おすすめポイント
- 書類選考がないので経歴に自信がなくても安心
- 20代の利用者が9割
- 求人は未経験者が対象


就職shop」は株式会社リクルートが運営する、既卒・第二新卒を含む20代に特化した転職エージェントです。

就職shopでは未経験者が対象のため、書類選考がなしで面接に進むことができます。

さらに、100%直接訪問して取材した求人なので、労働環境、職場の雰囲気、教育体制などネットだけでは分からない情報も伝えてくれます。

ここで、就職shopの口コミをご紹介します。
 

就職Shopでは書類選考が免除されるのが助かりました。

自分のキャリアに自信がなかったので他の転職エージェントでは書類選考で落ちることが多かったので、そこが不安でした。

応募した企業が全て面接、選考に進めるというのは非常にメリットが大きいと思います。

関連記事: 就職shopの評判・口コミ

東京でハイクラス向けの転職エージェント

ここでは、東京でハイクラス向けの転職エージェント2選についてご紹介します。

  1. ビズリーチ
  2. JACリクルートメント

 

1.ビズリーチ

ビズリーチは、高年収求人が豊富で年収が上げることが可能な転職エージェントです。

さらに、ビズリーチは求人数が多いので転職者が希望する転職先を見つけやすいことも特徴です。

東京都で求人を絞っても約49,322件 も求人があり、自身の希望にあった求人を見つけることが可能でしょう。

ビズリーチ転職後の平均年収は、以下のようになっています。

  • 35歳以上:850万円
  • 40歳以上:910万円

より詳しい情報が気になる方は「ビズリーチの評判・口コミ」をご覧ください。

ここで、ビズリーチの口コミもいくつかご紹介します。
 

なぜ今の会社を離れようと思っているのか、次のチャレンジに求めるものはなにか、最低条件は何かといった一般的な内容のヒアリングが主な内容でした。

良かった点は面談担当者自身のこれまでの経歴をお話しいただいたこと。

相手に名を名乗らせるなら自分もある程度、名を名乗る姿勢には好感が持てました。

また時間の融通をかなりきかせていただきました。おかげでスムースに面談をこなすことができました。

全てオンラインでの面談だったことも良かったと思います。

時間、場所を問わずに進められることができたため、こちらのやりたいタイミングで進められたので助かりました。

悪いところは特にありませんでしたが、決まった後の対応は力が抜けているのが丸わかりだったことでしょうか。
自分の仕事への価値観やどこに重きを置くのかなど、深掘りして聞いてくださいました。

また、自分を客観的に分析してくださる為自分自身気づかない点にも気づかされました。

只今内定の為に求人を紹介するのではなく、その人その人にあった職場を一緒に考えて長く働ける様に力を貸して下さいました。

転職という未知の領域の流れや考え方、新卒との求められる人材の違いなどわかりやすく教えて頂きました。

まだ、内定や希望の案件には出会っていませんが、今後もぜひお世話になりたいと考えています。

実際の目に見えない物を提案されている為、本当のところはどうなんだろう等不安は勿論ありますが、信頼をしっかりと築いてから提案や、助言を下さるので利用者としても安心してお願いできています。
 会社概要
東京都の公開求人数:約49,322件  (令和3年10月時点)
TEL:03-6450-5166
受付時間:9:00 ~ 18:00
住所:
本社
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー12F
渋谷新南口ビル
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル6F
ネクストサイト渋谷ビル
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-4 ネクストサイト渋谷ビル5F
公式サイト:https://www.bizreach.jp/

 

7. JACリクルートメント 


JACリクルートメント」はキャリア転職に強い転職エージェントです。

東京でハイキャリアを目指したい方におすすめの転職エージェントです。

JACリクルートメントの転職後の年収例は、以下のようになっています。

  • 機械メーカー営業課長代理 900万円 
    ▶︎ 外資機械メーカー営業課長 1200万

より詳しい情報が気になる方は「JACリクルートメントの評判・口コミ」をご覧ください。

ここで、JACリクルートメントの口コミもいくつかご紹介します。
 

担当者様には大変感謝しております、

私自身、想像していた以上に自分のことを理解出来ていなかったと知りました。

もちろん言語化も出来ていなかったため、担当者様は大変だったと思います。

そんな中、的確な質問や助言を数多くくださりとても頼もしく感じました。

私の長所を引き出した上で、その強みが応募企業でどう活かせるか?を考えたり、転職理由が他責になっていないか?自身は何を頑張ったかなど、面接での想定質問に対して、 文章化をするようアドバイスを頂きました。

その添削だけでなく、電話でも面接対策や個別に時間を作って対面での対策もお時間をとっていただけました。

お陰様で自信を持って面接に臨むことが出来ました。
初めから、最後まで、真摯に向き合ってくださり大変感謝しております。

こちらのエージェント様でなければ転職活動がもっとフワフワしたまま進捗していたと思います。

特に面接対策を通して、自身のキャリアについて自分の意思を固めるサポートをしていただけたことが大きかったです。

さまさまな質問で私の長所短所をりきだしたり、私が考えられていない部分の見える化をしていただくことで、その時自分はどうしたいのか?をたくさん考えることができました。

私に対して、エールのお言葉も多数くださり、自信を持って転職活動をすることができました。

本当に感謝しております。
 会社概要
東京都の公開求人:約6,527件
TEL:03-5259-6924
受付時間:9:30 ~ 19:30(平日)
住所:
東京本社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング14階
公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

 

関連記事
▶︎横浜(神奈川)の転職エージェント10選|おすすめの選び方と活用法11選

東京都の求人動向と転職事情

東京都の求人動向と転職事情についてご紹介します。

  1. 東京都の有効求人倍率は1.19倍
  2. 東京都の有効求人倍率推移
  3. 東京都の平均年収は373万円

1. 東京都の有効求人倍率は1.19倍

有効求人倍率とは?

求職者に対する求人数の割合です。
厚生労働省がハローワークでの数値を元に求職者数や求人数を元に計算して割合を出します。
倍率が1を超えると企業が求職者を求めるようになります。
また、下回れば求職者数が増加している事を表します。

都道府県 有効求人倍率
茨城県 1.43
栃木県 1.09
群馬県 1.36
埼玉県 0.96
千葉県 0.89
東京都 1.19
神奈川県 0.82

参照:【厚生労働省】 一般職業紹介状況

いかがでしたか。

1人あたりの求人件数を表すのが有効求人倍率です。

この数字が1よりも大きければ求人数が求職者数より多いことを意味します。

一方、1よりも低ければ求人数は、求職者数よりも少なく職につけない人が多くいるということです。

東京都の有効求人倍率は、1.19倍なので求人数が求職者よりも多いことを表しています。

以上の情報から、東京都で仕事を見つけることは可能だと言えるでしょう。

2. 東京都の有効求人倍率推移

年月 有効求人倍率
令和3年1月 1.23
令和3年2月 1.19
令和3年3月 1.17
令和3年4月 1.14
令和3年5月 1.12
令和3年6月 1.15
令和3年7月 1.19

参照:【厚生労働省】 一般職業紹介状況

こちらのデータは、令和3年01月から令和3年07月の有効求人倍率の推移を表したものです。

令和3年01月から東京都の有効求人倍率は、横ばいだと言えるでしょう。

3. 東京都の平均年収は373万円

都道府県 平均年収(万円)
茨城県 301
栃木県 291
群馬県 286
埼玉県 301
千葉県 302
東京都 373
神奈川県 335

参照:厚生労働省 令和2年賃金構造基本統計調査 

いかがでしたか。

東京都の平均年収は、373万円でした。

厚生労働省の令和2年賃金構造基本統計調査によると、全国の平均は307万円でした。

以上の情報から、 東京都の平均年収は、全国的に見ると高いということがわかります。   
 

【比較】東京の大手総合転職エージェント

リクルート doda マイナビ
★★★★★ ★★★★ ★★★★
業界最大手
大企業に強い
求人数が多い
満足度が高い
中小企業の求人が豊富
第二新卒に強い
全ての人向け 全ての人向け 20代向け

recruit.co.jp

doda.jp mynavi-agent.jp

東京都にある企業の平均年収ランキング

順位 企業名 平均年収(万円)
1位 M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 2,269
2位 ヒューリック株式会社 1,708
3位 三菱商事株式会社 1,678
4位 株式会社TBSホールディングス 1,501
5位 株式会社日本M&Aセンター 1,243
平均 資本金10億円以上の企業平均年収 467

参照
:各企業有価証券報告書
民間給与実態統計調査 国税庁

東京都にある企業の平均年収ランキングは、以上になります。

令和2年度の国税庁のデータによると、資本金1億円以上〜10億円未満の株式会社の平均年収は467万円となっています。

以上の情報からみると、どの企業も年収が平均より高いと言えるでしょう。

東京都の大手企業や有名企業などに転職をすることによって、一般的な年収よりも高い年収をもらうことができると言えるでしょう。 
 

【比較】ハイクラス向け東京のおすすめ転職エージェント

JAC
リクルートメント
Spring転職 リクルート
ダイレクトスカウト
★★★★★ ★★★★ ★★★★
外資系に強い
質の高いサービス
グローバル求多数
求人の質が高い
リクルートが運営
スカウトあり
ハイクラス向け ハイクラス向け ハイクラス向け
jac-recruitment.jp springjapan.com directscout..co.jp

東京の転職エージェントの使い方11選

ポイント

1. 転職希望時期は「すぐにでも」と伝える

2. 履歴書・職務経歴書に嘘は書かない

3. キャリアカウンセリング前には自己分析を行う

4. キャリアアドバイザーへの返信は早く行う

5. 遅くとも2週間に1度は連絡して熱意を伝える

6. 企業への推薦文は必ず目を通す

7. 面接後は転職エージェントと振り返りを行う

8. 担当者が合わない場合は変更を依頼する

9. 企業分析には口コミサイトを活用する

10. 複数のエージェントから同じ求人に応募しない

11. 転職エージェントの複数利用は隠さない

1. 転職希望時期は「すぐにでも」と伝える

初回登録や面談では、転職希望時期を聞かれます。

そのときは、「すぐにでも転職したい」「1ヶ月以内に転職先を決めたい」などと、転職への熱意を伝えましょう。

転職エージェントは短期間で多くの人を内定させたいので、転職活動に熱心な人ほど優先的に対応してくれます。


2. 履歴書・職務経歴書に嘘は書かない

以下の3つの理由から、経歴や職務経験に嘘を書くのは決してやってはいけません。

  • 転職エージェントから紹介される求人とのミスマッチが起こる
  • バレたら、転職エージェントと企業の両方から信頼を失う
  • 最悪、以後の利用を断られる

また、入社後に経歴詐称がバレたら、懲戒解雇などのリスクもあります。

結論として、虚偽の情報を転職エージェントに伝えることには何もメリットがありません。
 

関連記事
▶︎【経歴詐称は罪になるのか】典型的なケースなどを解説
▶︎【経歴詐称がバレないのは本当なのか】勧められない理由などを解説


3. キャリアカウンセリング前には自己分析を行う

初回のキャリアカウンセリング前には、必ず自己分析をして転職の軸を固めましょう。

後悔のない転職のためには、あなたと企業とのミスマッチを防ぐことが大切です。

そのためには、企業研究だけでは物足りず、あなたが「転職で求めるもの」を明確にしなくてはなりません。


4. キャリアアドバイザーへの返信は早く行う

担当の転職エージェントからメールや電話があった場合には、できるだけ早く返信をしましょう。

連絡をこまめにすればするほど、転職エージェントへ「転職への意欲」を示すことができます。

他の求職者よりも優先的にサポートしてもらうためにも、早い返信でやる気を伝えましょう。


5. 遅くとも2週間に1度は連絡して熱意を伝える

本業の仕事や選考対策で時間が取れなくても、2週間に1度は転職エージェントへの連絡を行いましょう。

転職エージェントは企業が求める人材を自社のデータベースから探して、条件に該当する20人前後に案件紹介メールを送ります。

このとき、求人紹介は「転職エージェントとの接触日が近い人=まだ転職活動をしている人」が優先的に受けられます。

そのため、求人紹介を優先的に受けるためにも、転職エージェントとこまめに連絡を取って、データベース上の更新日を直近にしましょう。

転職エージェント側の視点だと、連絡がこまめな人は常に優先順位で上位に来ます。

担当する転職者が大勢いる中で忘れられないためにも、自分の活動状況は継続して伝えておきましょう。


6. 企業への推薦文は必ず目を通す

転職エージェントは、企業に対して200字〜1000字の推薦文を書いてくれます。

ただし、担当者によっては「経歴をただ丸写ししただけ」ということもあるので、事前に目を通す必要があります。

確認したいときは、「推薦文で書かれた内容と自己PRの内容を一致させたいので、一度推薦文を確認させていただけませんか?」と言うといいでしょう。


7. 面接後は転職エージェントと振り返りを行う

企業との面接後には、必ず転職エージェントと振り返りを行ってください。

担当者は企業の人事から「あなたの評価」を聞いているので、具体的な改善点を知ることができます。

面接の通過率は10〜30%ほどですので、転職エージェントのアドバイスをいかに活用するかが鍵となります。


8. 担当者が合わない場合は変更を依頼する

実は担当のキャリアアドバイザーは、本社にメールすれば変更することができます。

求人紹介や人柄が合わない方は、下記の例文を参考に担当変更を願い出ましょう。

キャリアアドバイザーを変更したいときのメール例文

件名:担当キャリアアドバイザーの変更依頼について
〇〇(転職エージェント名)

新宿支社 様
いつもお世話になっております。

昨年の12月より、転職支援をしていただいている〇〇と申します。
登録IDは〇〇です。

現在、ご担当者様である〇〇様には、私のために様々なサポートをしていただき、大変感謝しております。
しかし、私の希望する〇〇業界は専門的な知識が高く要求されるため、より業界に精通したキャリアアドバイザーの方にもお話を伺ってほしいと思っております。

私事で大変申し訳ございませんが、〇〇に詳しいキャリアアドバイザーの方にもお話しする機会をいただくことはできませんでしょうか?
お忙しいところ恐縮ですが、ご対応のほど何卒よろしくお願いいたします。

〇〇(自分の名前)


9. 企業分析には口コミサイトを活用する

転職エージェントは、求人情報からはわからない企業内の制度・文化・人間関係を教えてくれます。

しかし、多くの求人を抱える転職エージェントは、1つ1つの企業について深く知っているとは限りません。

そこで、志望先の企業が決まったら、JobQのような口コミサイトも活用して、現場社員の声を確認しましょう。


10. 複数のエージェントから同じ求人に応募しない

同じ企業の求人に、複数の転職エージェントから応募するのは絶対に避けましょう。

それぞれの担当者だけでなく、企業側の人事まで混乱させることになるので、悪いイメージを持たれる可能性があります。


11. 転職エージェントの複数利用は隠さない

転職エージェントを複数利用していることは、担当のキャリアアドバイザーに伝える方が賢明です。

エージェント側も、優秀な人材はできるだけ自分が担当したいと考えているので、他社よりも条件のいい求人を紹介してくれる可能性があります。

転職エージェントの使い方について、さらに気になる方は、以下の関連記事をご覧ください。
 

関連記事
▶︎【転職エージェントの使い方】誰も知らない成功へ導く情報を徹底解

東京で転職エージェントを利用する前に

転職エージェントの仕組みを理解していれば、

  • 利用の際に注意すべき点は何か
  • 利用することのメリットとデメリットは何か

の2点を押さえることができます。

以下からは、東京の転職エージェントを利用する前に知っておきたい裏事情をまとめていきます。

転職エージェントの仕組みと裏事情

転職エージェントは求職者を紹介先企業に内定させることが仕事です。

転職者が採用された場合、内定者の年収の約30%を紹介先企業から受け取ることができます。

つまり、転職エージェントは自分たちの利益のために、以下のような考えを持って仕事をしているということです。

  • 高い年収で採用されるハイクラスの人材を担当したい
  • 早期に転職を決められる人を優先的に担当したい

とはいえ、経歴や年収はすぐに変えられるものではありません。

そのため、東京で転職エージェントを利用するときは、すぐにでも転職の意思があることを伝えてください。

そうすることで、転職エージェントはあなたを優先的にサポートしてくれます。

転職エージェントがおすすめな人の特徴

東京で転職活動をする人の中には、「転職エージェントと転職サイトのどちらを利用すべきか」で悩む人も多いでしょう。

結論から言うと、転職エージェントを利用すべきなのは以下のような人です。

転職エージェントがおすすめな人の特徴

・書類選考や面接の通過率を上げたい
添削や模擬面接で対策
・転職活動の負担を減らしたい
企業とのやり取りを代行
・ミスマッチのない転職をしたい
求人先企業の情報をリーク


特に、東京で初めて転職をする人は、具体的なノウハウや流れを知りません。

そのため、転職エージェントのサポートを積極的に受けることをおすすめします。
 

転職エージェントのメリットとデメリット

次は、転職エージェントを利用する4つのメリットと1つのデメリットを解説します。

そもそもなぜ転職エージェントを利用するのか、使うメリットは何かで疑問を感じる人も当然いるでしょう。

JobQの下記のQ&Aでは、実際に転職エージェントを利用した人から、メリットとデメリットが簡潔にまとめられています。
 

転職エージェントを利用することのメリットとデメリットは何ですか?  

転職エージェントの利用を検討している20代の男です。

転職活動は初めてで、東京でメーカー系の企業で営業職を担当しています。

自分の同僚は5人程しかいなく、誰も転職を検討していないのですが、祝日休みがないなどの待遇面について不満を持っていて、他の会社への転職を検討しています。

希望としては、給与は現状を維持しつつ祝日も休むことが出来る会社を希望しています。

IT系の会社で勤めている大学時代の友人(転職経験有り)に話を聞いた所、エージェントを利用して転職を進めたと話していたのですが、転職エージェントを利用することのメリットやデメリットってなんでしょうか?  

メリット
①面接日時の調整をしてくれます。
気を使わなくて良いのはいいです。

②年収交渉を頑張ってくれます。
エージェントも年収高いほうが手数料が高くなるので頑張りますよね。

③面接対策をしてくれます。
最低でも過去の面接例を教えてもらえます。心配なら電話で相談できます。

④面接結果がすぐわかる場合がある。
人事に結果をすぐに聞いているようで合格なら直ぐにわかる時があります。
私の場合、最速面接後10分で連絡きた。

デメリット...続きを読む

転職エージェントの登録までの流れ

転職エージェントを選び終えたら、次は実際に登録する段階です。

転職エージェントに登録をして求人紹介を受けるまでの流れは以下の4ステップです。

転職エージェントの登録から求人紹介までの流れ

1.Web上で仮登録
2.面接日程調整
3.担当者と面談
4.求人紹介


仮登録では職務経歴なども記入する必要があるため、登録までに5分〜15分ほどかかります。

ただ、一度記入事項を作ってしまえば、今後の別の転職エージェントを利用するときにも使い回しできます。

そのため、1社目の登録で記入する職務経歴は作り込んでおくことをおすすめします。
 

東京の転職エージェントを選ぶときのポイント

①東京都内の求人数
求人の選択肢は幅広いか

②求人の質
紹介される求人は条件と合っているか

③キャリアアドバイザーの人柄と能力
サポート力や提案力は十分か

④サービスと運営会社の知名度
信頼性が高く安心して利用できるか

⑤転職成功実績
これまでの転職支援の実績は豊富か

⑥口コミ・評判の良さ
実際の利用者からは高い評価を得ているか


転職エージェント選びで最初に確認するのが、東京都内の求人数です。

なぜなら、優秀なキャリアアドバイザーであっても、東京の求人数が少なければまともな提案はできないからです。

求人数で数社まで絞り込んだら、あとは担当者の人柄と能力で決めましょう。

JobQの下記のQ&Aのように、最終的には担当者の人柄と能力で転職エージェントを決めるのが1番後悔のない選択となります。
 

転職エージェントの選び方を教えてください

転職活動をしています。社会人4年目のエンジニアです。

転職エージェントにいくつか登録しており、いろいろご提案をいただくのですが、どうしても数打ちあたるといいますか、とりあえず紹介しているのでは?と思ってしまいます。

面談の回数もそれほど多くないので自分のことちゃんとわかっているのかなーと。

転職経験者の皆さん、人材業界に勤める皆さんがいらっしゃれば、転職エージェントの選び方、ポイントを教えてください。  

担当の方でご判断頂いた方がよいかと思います。

求人数の観点では大手の方が量は担保出来ますが、質の担保は別の問題です。

良識のある担当者の方であれば...続きを読む

【Q&A】転職エージェントでよくある質問

ここからは、転職エージェントでよくある下記の3つの質問についてまとめていきます。
 

  1. 転職エージェントは利用した方がいいのかどうか
  2. 利用しない方がいい転職エージェントの特徴とは
  3. 転職エージェントが求職者を見捨てることはあるのかどうか


まずは、「転職エージェントは利用した方がいいのかどうか」に関するQ&Aです。
 

直接応募するのと転職エージェントを利用するのとではどちらがいいですか?

私は在職中ではありますが、現在転職活動をしております。

年齢は50歳です。

気になる企業のホームページに求人募集がある場合、直接応募が良いかそれとも付き合いのあるエージェントからの応募が良いのか悩んでおります。

ちなみにこの求人は別の人材会社が案件を所有しております。

ただその人材会社とは相性が良くありません。良いアドバイスをお願いします。  

エージェントを通す方が得策と思います。

エージェントは貴方を応募した会社に売り込んでくれます。

しかし、...続きを読む


また、「転職初心者が転職エージェントを利用した方がいいのかどうか」についても見てみましょう。
 

初めて転職活動する場合、エージェントを利用したほうがいいでしょうか?

初めて転職活動する場合、エージェントを利用したほうがいいでしょうか?

どのように行動をしていけばわからないのと、モチベーションが維持出来ないことが理由なのですが転職エージェントを利用しようかしまいかで悩んでいます。

やはり、初めての経験だからこそ転職エージェントを利用したほうが宜しいと思いますか?

回答お願いします。  

した方がいいです。

職務経歴書の書き方、面接対策、面接時間の調整や年収交渉をしてくれます。

初めての転職で年収交渉は難しいと思います。

面接時間を...続きを読む


次に、「利用しない方がいい転職エージェントの特徴」に関するQ&Aです。
 

あ、この転職エージェント危険だなと感じる特徴は何ですか?

転職活動を始めようと思っています。

転職エージェントを何名か登録しようと思うのですが、

転職エージェントを見分ける際に、あ、このエージェント危険だな、やばそうだなとかいうのを見極めるための方法はありますか?

どういった特徴がありますか?

はじめにリクルートエージェントに登録する予定ですが、その他個人のエージェントにも登録したいと考えています。

この時に、危険なエージェントの見極め方をお聞きしたいです。  

全く連絡をして来ない(メールも電話もない)の傾向が見られたら危険です。

面談の際も適当な求人しか出して来ない。

同じ大卒の担当者をあて、親近感を沸かせる。

面談の人が...続きを読む


最後に、「転職エージェントが求職者を見捨てることはあるのかどうか」に関するQ&Aです。
 

転職エージェントは転職希望者を見捨てることはありますか?

転職エージェントに不安があります。

既に転職活動中の方へお聞きします。

現在初めての転職活動中で、希望企業へ応募したい旨エージェントへ連絡しました。

すると、早速企業へ書類を送付しておきましたと返信がありました。

普通は添削や、面談といった下準備があっての応募、と認識していたので少し驚いています。

見込みがないなどと見捨てられた感じがしてなりません。  

私は2回転職経験があり、それぞれ別のエージェントを利用しました。

1社目のエージェント(IT特化)はとても丁寧で、書類の添削はもちろん、面接の練習までしたもらいました。

2社目のエージェント(最大手)はあまり丁寧ではなく、希望と的外れな案件を紹介してきたり、書類の細かい添削はなく、もちろん面接の練習などもなかったです。

企業側への質問をお送りしたにもかかわらず、何回かスルーされたり、結構ひどかったです。

担当者の当たり外れもあると思うので、

...続きを読む

【Q&A】東京の転職でよくある質問

ここからは、JobQ内に集まった「東京都の転職で困ったこと」に関する質問をまとめます。

まず最初に取り上げるのは、転職エージェントを利用していても転職活動がうまくいかないケースです。

質問に対して、「企業研究」や「自己分析」を重ねて、求められている資質をいかに伝えるかが大事と回答されています。
 

転職エージェントを利用し、転職活動をしていますがなかなかうまくいきません。アドバイスをお願いいたします。

転職エージェント経由で転職活動をしていますが、悩んでいます。

相談させてください。

25の男で転職活動をしています。

2013年に大学を卒業し、小売業界で働いています。

やりたいことが特にあるわけではないのですが、職場環境も悪く、給料も安い今の状況を変えたいと思っています。

今は大手転職エージェントのR社、M社を利用して転職活動をしています。

飲食や小売以外の未経験OKな会社を探していますが、異業界転職であるということ、未経験であることがネックとなり、苦戦しています。

転職エージェントの方からは営業職を薦められ、何社か書類も通り選考に進みましたが、不採用でした。

エージェントの方ともバッチリ対策をしたのですが…

面接を通じて自信がなくなってきてしまい、営業職での転職を諦めることだけでなく、そもそも転職自体を諦めることも考えています。

アドバイスをお願いいたします。  

転職は「諦められる」つまり新卒と違って期限とかありませんし、常に現職に留まる選択肢はあります。すごい有利ですよね。

転職することそのものを焦らずに、どういうものが評価されるのか見極めて、それにあわせた自分を作るのが大事だと思います。

スキルを形成してもいいですし、単にキャッチコピーを作るだけでもいいですよね?

人材紹介は...続きを読む


さらに以下では、地方から東京へ上京する人が転職活動をどのように進めるべきかについて質問されています。

地方から東京都へ転職する場合、面接の日程調整などは転職エージェントに任せるといいでしょう。

面接や他の選考に集中するためにも、転職エージェントをフル活用しましょう。
 

地方から東京へ転職するときに、転職活動はどのように行うのでしょうか?  

もともと、東京で働きたい、住みたいという願望があったものの地方国公立大(地元)の大学に入学し、そのまま地方では有名な企業に就職しました。

今年で4年目です。

で、そもそも、東京で働きたいという願望がありながらも何故地元に就職したのかというと、自分の彼女が地元にいたいと言ってきたからという安直な理由のためだったのですが、先月別れることになりました。

そのため、この機会に一度地元を離れて東京で働きたいと思っているのですが、地方に住んでいるものが東京で転職活動をするのにはどうしたらいいのでしょうか?

有給をとる以外ないのでしょうか?

有給を取れるといっても、金土日を使って3日とかですので、この期間内に転職活動を終えることは難しいと思うのですが、いかがでしょうか?

ご回答よろしくお願いします  

有給取るしかないです。

転職活動は3日では終わりません。

一次面接、2次面接までは一週間くらい空きます。

または面接一回のみと言う会社もなくはないですが少ないです。また、転職エージェントと会社の交渉によっては面接一回で調整してもらえます。

通常は面接日を決めて、...続きを読む

東京のおすすめ転職エージェントまとめ

ここまでの内容をまとめると以下のようになります。

  • 東京の転職エージェントは、求人の数と質で比較する
  • 転職エージェントの裏事情を理解しておくことで、200%活用する使い方ができる
  • 東京の有効求人倍率や平均年収も知っておくと、求人の良し悪しを理解できるようになる


都内に本社を置く有名企業の支社などがたくさんあります。

多くの企業が積極募集しているので、転職エージェントを活用して条件の良い求人を見つけましょう。

人気記事

都道府県別おすすめ転職エージェント

関東 東京神奈川(横浜)埼玉千葉茨城栃木群馬
関西 大阪兵庫(神戸)京都滋賀三重奈良和歌山
中部 愛知(名古屋)静岡岐阜新潟富山石川福井山梨長野
北海道・東北 北海道(札幌)青森岩手宮城(仙台)秋田山形福島
中国 広島鳥取島根岡山山口
四国 徳島香川愛媛高知
九州 福岡佐賀長崎大分熊本宮崎鹿児島沖縄

 

業界別・職種別おすすめ転職エージェント

業界別おすすめ転職エージェント 職種別おすすめ転職エージェント
保険業界向け転職エージェント紹介記事 福祉職向けの転職エージェント紹介記事
教育業界向け転職エージェント紹介記事 医療事務向けの転職エージェント紹介記事
出版業界向け転職エージェント紹介記事 会計士向けの転職エージェント紹介記事
化学業界向け転職エージェント紹介記事 Webデザイナー向けの転職エージェント紹介記事
食品業界向け転職エージェント紹介記事 SE向けの転職エージェント紹介記事
シンクタンク業界向け転職エージェント紹介記事 人事向けの転職エージェント紹介記事
ゲーム業界向け転職エージェント紹介記事 営業職向け転職エージェント紹介記事
介護業界向け転職エージェント紹介記事 事務職向け転職エージェント紹介記事
自動車業界向け転職エージェント紹介記事 経理向け転職エージェント紹介記事

完全無料!転職エージェントおすすめランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.7 ★★★★☆
2位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.4 ★★★★
3位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
4.3 ★★★★
4位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.2 ★★★★
4位 パソナキャリア
 https://www.pasonacareer.jp/
4.2 ★★★★
6位 JAIC
 https://www.jaic-college.jp/
4.1★★★★
7位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
4.0 ★★★★
8位 第二新卒エージェントneo
 https://www.daini-agent.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 年収アップを目指すならビズリーチがおすすめ!

2位 IT業界で年収アップなら目指すなら業界大手のレバテックがおすすめ!


この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す