【海外への就職・転職】エンジニアとして海外で働くには?の画像

【海外への就職・転職】エンジニアとして海外で働くには?

プログラミングが盛んに取り組まれている現代社会。エンジニア等の技術者は世界中で必要とされていると言われています。その中で、就職・転職を契機に海外で働くことを目指すエンジニアも増えてきており、更にはインターンを活用するケースもあるほどです。エンジニアとして海外で働くメリットやデメリット、またその気になる年収などをまとめました。

米国をはじめ最近では日本でもプログラミング教育が始まりました。背景としては二点あると私は考えています。

  • 情報化社会、AI時代到来からエンジニアが将来性のある職業となる点
  • プログラミングを学ぶことで論理的な思考や創造力を身につけられる点

最近では将来つきたい職業ランキングでも最近はシステムエンジニア(SE)がランキングインしてくるようになりました。
プログラミングは最近になり注目されてきた言葉になりますが、それよりもはるか昔から言われている言葉があります。

「グローバル化」です。

国内において少子高齢化や人口減少はるか非常に深刻な問題です。あらゆる業界、あらゆる企業にとっての課題とも言えます。
「海外売上比率を伸ばす」や「生産拠点を海外に」といった文言をニュース等で見た方も少ないと思います。

グローバル化に伴い、海外で働きたいエンジニアも増えてきています。
実際にエンジニアとして海外で働くにはどうすればいいのでしょうか。

エンジニアとして海外で働くには?

実際にエンジニアとして海外で働くためには何が必要でしょうか。
ひとつずつみていきましょう。
 

技術力を身につける

海外で活躍しているエンジニアは、やはり技術レベルが高いことが多いです。
その中で活躍するためには高い技術力を身につけておく必要があります。

また、海外では日本のように未経験新卒を一括で採用する文化はなく、経験者として採用するケースがほとんどです。
未経験で飛び込むには非常に厳しい環境と言えるでしょう。

少なからず技術力は身についた状態、または他に強みのある状態をつくっておく必要があるでしょう。
(例えば英語がネイティブレベルに堪能に話せるなど。)
 

語学力を身につける

仕事上ではプログラミングがメインとなりつつも、日常生活は海外で過ごすわけですから、語学力はもちろん必要です。

またプログラミングの実務においても仕様について英語でディスカッションしたり、さらにはビジネス面についてもエンジニアとして意見する場面も少なくないでしょう。

レベルの高い交渉ができるほどの英語スキルは必要ないとしても、最低限の語学力は身につけておきましょう。

エンジニアとして海外で働くメリットやデメリット

メリット

まずはエンジニアとして海外で働くメリットを挙げてみましょう。
私の考えでは、「最もグローバル化に適合した業界、職種」です。理由としては二つあります。

● 世界共通のプログラミング言語を活用できる

働く場所に捉われない働き方ができるプログラミング言語は言わずもがな世界共通です。JAVAをはじめC言語やRuby等、今となっては色々な言語があり開発物により変わってきますが、専門性と同時に汎用性があるのが特徴です。
 

● 年収が高い

詳しくは後述しますが、特にアメリカやヨーロッパ諸国、シンガポールなどの先進国では日本に比べて報酬が高いケースが多いです。
例えばアメリカのサンフランシスコ、ITベンチャーの聖地シリコンバレーでは、エンジニアの給与は1000万円を超えることが当たり前です。シンガポールでも平均年収は日本の1.3倍程度と非常に高いことで有名です。
(シリコンバレーでは生活費が非常に高く、逆に1000万円ないと生活できないとも言われていますが。。)
 

● 高い技術力を身につけられる

世界から優秀なエンジニアが集まっている国ではやはり技術レベルも高いです。(日本ではまだまだ海外のエンジニアが集まってきている感覚はありませんよね。)
そのような場所だからこそ年収が高いとも言えるのですが、優秀なエンジニアと一緒に切磋琢磨することで、自信の技術力も向上することは間違いないでしょう。
 

● 英語でのコミュニケーションハードルが低い

営業やバックオフィスのように社内外とコミュニケーションをリアルタイムに密に取る必要がなく、基本的には開発に没頭できます。
英語の簡単な読み書きが出来れば外資系で働くことも可能ですし、PC一つあれば今流行りのオフショア先での就業も可能です。

当然、英語を話せることに越したことはありませんがその他職種と比べるとそこまでの高いレベルは必要とされません。こういった理由から私はエンジニアはグローバルに活躍でき、尚且つ自由度の高い職種であると考えています。
 

デメリット

● 雇用形態が不安定

海外では日本のように長期雇用が前提になっていないことが多いです。
特に、成果が出せないと解雇されるリスクはありますし、またビザの取得や更新についても気にしながらキャリアを積んでいかなければなりません。
 

● 新しいプライベート関係を創ったり、文化に馴染んだりするのが大変

海外で働くことになると、もちろんですが日本でのプライベート関係とは疎遠になってしまいます。
新しいコミュニティに参加したり、行く国々ごとの文化に馴染んでいく必要があります。
なかなか馴染めないと、仕事で成果を出すことよりもストレスになってしまうケースもあるでしょう。

エンジニアのスキルは海外でも活かせる?

国内で身につけたエンジニアのスキルは海外でも活かせるのでしょうか。

「多少のコンバートは必要だが活かせる」これが私の意見です。

オフショア開発での一例をご紹介します。
オフショア開発とはこれまで国内で開発していたものを東南アジアを中心とした拠点で開発することを言います。
これによりコストカットや社内におけるグローバリズムの進展、海外のシステムエンジニア(SE)の育成等、色々な結果につながります。

ベトナムの拠点と合同で開発をしていたことがあります。
具体的にはほとんどをベトナムの方に開発してもらい、私は成果物のチェックやタスク管理をしていました。

プログラミング言語は世界共通なのですが、日本語でも上手い下手、丁寧汚いとあるようにプログラムの書き方も人それぞれです。

事実、国民性もあるのかもしれませんが日本人開発者とベトナム人開発者では全く違いました。

日本人は丁寧で遅い、ベトナム人はスピードが早く粗いといった感じです。しかし、これもオフショア開発には付き物ですので私自身も適応しなければなりません。そして感じたのがコンバートの重要性です。

私はコンバートし続けることが自分自身がグローバル化にしている事と捉えやっていましたが、こういった開発手法に合わない方もいらっしゃいました。

エンジニアとしての海外就職・海外転職の流れ

それではエンジニアとして海外で働くための流れをみていきましょう。
 

日本語・英語での履歴書や職務経歴書を作成する

転職の方法としては、現地企業に直接応募するケースと海外転職に強い転職エージェントを活用するケースなどが挙げられます。
どちらにしても日本語、英語の両方での履歴書・職務経歴書を作成しておいたほうが良いでしょう。

日本語のものは転職エージェントへの提出に用いたり、日本法人がある場合はそちらに提出するケースもあります。

英語のものは英文レジュメとも呼ばれ、直接現地法人の担当者の手に渡るものになります。
 

求人への応募(海外転職に強い転職エージェントを活用する)

いよいよ求人への応募です。

現地企業に企業に応募するのも良いですが、現地とのコネクションがない場合は日本の転職エージェントを活用するのがオススメです。
転職に際してのアドバイスももらえますし、書類のやりとりや面接日程の調整等も代行してもらえます。
 

面接の実施とレファレンスの提出

書類が通れば、いよいよ面接です。
面接は現地で行われることが多いので、渡航して数日間滞在する必要があるでしょう。

せっかくの渡航になるので、複数社まとめて面接を実施できるよう調整していくのがオススメです。
また、ビザは短期間の滞在になるのでこの時点では観光ビザで十分です。内定が出て実際に働くことになれば就労ビザなどを検討しましょう。

また、海外での採用ではレファレンスの提出が求められることが多いです。

レファレンスとは?

企業が採用活動を行なう上で、応募者の以前の同僚や上司から応募者について経歴や人柄を問い合わせること。
応募者自身がリファレンス先を提出するケースと、 企業自らリファレンス先を探して直接確認するケースの2通りがあります。

海外では前者のケースが多いでしょう。
リファレンスされる内容はさまざまですが、在職時の仕事内容や成果、勤務態度、退職理由などを確認されることが多いようです。

事前にリファレンスの準備をしておくとスムーズに進むこともおおいでしょう。
 

内定がでたら渡航の準備を

内定の連絡は電話やメールで連絡が来ることが多いです。転職エージェントを利用している場合は、転職エージェントを経由して連絡が来ます。

海外での採用になるので、基本的に即断即決となることが多いです。1週間程度で連絡が来ることが多く、早い場合は2~3日でも結果連絡が来ることもあります。

内定が出たら、できるだけ早いタイミングで入社の是非を連絡し、就職タイミングにあわせて渡航の準備をはじめましょう。

最後に

本日のまとめとしては、「エンジニアに対して国内に限った職種だと考えないこと」ということです。

今後益々社会が変容していく中で多くの方が将来に不安を持っているのが日本社会です。
昔は手に職と言われ資格が流行したりもしましたがAIやロボットの導入では真っ先にそういった資格系職種が代替されるであろうと言われています。

エンジニアが将来なりたい職業にランキングされてきたのもそういった背景によると思います。

国内だけでなく海外でも働けるエンジニアスキルや同時並行での語学スキルを今のうちから身につけておくことが世界と将来の人生に繋がると思います。

この記事に関連する転職相談

通信制高校から大手企業に就職をするのは難しいでしょうか?

学生です。 通信制高校から大手企業に就職を考えるのは無謀でしょうか? 私はプログラミングが得意で、自分でアプリを作成したり、ゲームを作ったりして遊んだりしています。 この特技を活かして、大手のエンジニアとして就職したいと考えています...

エンジニアでも年収1000万円を目指すことは可能なんですか?

現在、システムエンジニアを勤めて一年目となります。 現在、年収は450万円程なのですが、 将来的に年収1000万円を目指すにはどうしたらいいのかが気になります。 一体どのようなキャリアを歩めばエンジニアから年収1000万円を目指すことができるの...

エンジニア職でメルカリとGoogle(日本法人)のどちらに転職しようか迷っています。どちらのほうがより優秀な方がいらっしゃいますでしょうか?

エンジニア職でメルカリとGoogle(日本法人)のどちらに転職しようか迷っています。どちらのほうがより優秀な方がいらっしゃいますでしょうか?

営業職から、IT企業のエンジニアに転職することはできますか?

現在24歳の男です。 IT業界への転職を検討していて、もう少し言うとエンジニア職を希望しています。 が、自分は全くの未経験でエンジニアのスキルが全くありません。 このような私でもIT企業へ転職することはできるのでしょうか。 特に、エンジニア...

高卒でもIT業界でエンジニアとして働くことはできますか?

現在23歳の男です。 期間工として、高校卒業後から働いていたのですが、 ずっとパソコンが好きで、プログラミングを独学で勉強しています。 今は封鎖していますが、過去にサイト運営もしていました。 今回聞きたいのは、高卒の自分でもIT業界でエン...

システムエンジニア等、IT系の職種への未経験での転職について

未経験職種への転職について 現在30才の者ですが、転職を考えております。今の職種はメーカーにて内勤営業と生産管理を兼ねた仕事をしております。 年々業績が悪化しており、会社の将来が危ないと感じて、色々な会社を検討し、転職サイトに登録していま...

現状のITエンジニアは不足してると聞きますが本当に不足しているのでしょうか?

itエンジニア不足と聞きますが、なぜ派遣先が決まらないitエンジニアがいるのでしょうか。本当にエンジニアは不足しているのでしょうか。 教えて下さい。

プログラマに向いている人はどんな性格の人ですか?

ネットワークエンジニアか、プログラマーになりたいと思っているものです。 新卒です。 それぞれの仕事に向き不向きとは、あるのでしょうか? 今は、「ものづくりがしてみたい!」という気持ちで目指すことを決めましたが、 自分に不向きな職務内容ではな...

東洋大ですが、IT系のエンジニアはが学歴で足切りがありますか?

it系のエンジニア志望の大学3年生です。 これから面接等を受ける上で、学歴で足切りがあるのか知りたいです。 私は、東洋大学の、情報系とは関係ない学科に所属しています。 IT企業の採用実績校を見ると、偏差値的にギリギリ入っていることが多く感じ...

特定派遣で働いてますが、3週間前に派遣された外勤先はスケジュールが短く納期遅れが許されない仕事で...

特定派遣で働いてますが、3週間前に派遣された外勤先はスケジュールが短く納期遅れが許されない仕事で、テスター未経験で派遣されました。サーバ内のアプリのテストで、サーバ内の仕様が複雑すぎて理解出来ません。また、お願いされてるテスト項目作成が出...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー