ミクシィ、コロプラ、ガンホーの年収水準を比べるとこんなに差があった!!の画像

ミクシィ、コロプラ、ガンホーの年収水準を比べるとこんなに差があった!!

ゲームが大ヒット中のガンホーミクシィコロプラ。「パズドラ」、「モンスターストライク」、「魔法使いと黒猫のウィズ」の3タイトルを知らない人はいないのではないでしょうか。 今回はこの3社の平均年収や平均勤続年数、業績などを比較してみました。

8150

まずは3社の業績について見てみましょう

直近1年の経営指標

まずは、3社の「売上高」「経常利益」「当期純利益」などの経営指標から見てみましょう。

  ガンホー ミクシィ コロプラ
売上高 154,329 208,799 72,395
経常利益 72,606 94,798 32,363
当期純利益又は当期純損失 43,432 61,022 19,436

 

(単位:百万円)
※ガンホー、コロプラは2015年度決算資料より
※ミクシィのみ決算月の関係上2016年度決算資料より

 

過去3年間の売上高推移

売上高の推移

(単位:百万円)
※ミクシィのみ決算月の関係上、1年先の数値で比較

 

パズドラの大ヒットで2013年は一人勝ちしていたガンホーですが、2015年ではミクシィが逆転。
パズドラ同様ユーザー離れがさけばれるモンストですが、まだまだ好調のようでモンストが牽引した結果でしょう。
コロプラも順調に業績を伸ばしているようです。

 

過去3年間の純利益の推移

純利益の推移

(単位:百万円)
※ミクシィのみ決算月の関係上、1年先の数値で比較

 

2013年は赤字だったミクシィですが、純利益でもミクシィがガンホーを追い抜く結果となりました。

パズドラ一本では厳しくなってきているであろうガンホーに対して、「魔法使いと黒猫のウィズ」だけでなく、「白猫プロジェクト」などのヒットタイトルを継続的に複数飛ばせているコロプラ、また海外展開を進めるモンストでも多くのユーザーを獲得していることが、継続的な成長の要因のようです。

気になる平均年収・平均勤続年数は?

  ガンホー ミクシィ コロプラ
平均年収 632万円 575万円 628万円
平均勤続年数 4.8年 3.8年 1.5年
平均年齢 36.7歳 31.5歳 30.2歳
従業員数 345人 272人 450人

(2014年度決算資料より)

 

平均年収はガンホーがトップで632万円。ただし平均年齢も一番高くなっています。
それに伴ってか平均勤続年数も3社の中ではトップです。

一方コロプラは平均年齢30.2歳と最も若いですが、平均年収は約630万円高めです。
しかし、気になるのが平均勤続年数。1.5年はダントツで短い数字となっています。

平均年収では最下位のミクシィ。
広告販売事業を行なう子会社、株式会社ミクシィマーケティングを新設分割化したため、従業員数も少なくなっています。
 
ソーシャルゲームは一部の人がプレイし続ける一方で、多くの人は徐々に離れていってしまうもの。
各社の今後の展開に注目です。

最後に

いかがだったでしょうか。

まだまだ高収益を叩き出す企業が多いソーシャルゲーム領域ですが、最近ではPokemonGoなどの位置情報やVRやARを使ったソーシャルゲームがリリースされたりと、多様化、高技術化が進んでいます。

変化の激しい領域だからこそ、今後の動向に注目です。

 

※参考
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社 有価証券報告書
株式会社ミクシィ 有価証券報告書
株式会社コロプラ 有価証券報告書

JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 この記事の企業

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー