面接で転職/退職理由を聞かれたら?回答例・NG例と答え方のポイント

面接で転職/退職理由を聞かれたら?回答例・NG例と答え方のポイント

転職活動の面接を控えている方、「前職の退職理由を聞かれたらどう答えるべきだろうか」「転職理由で嘘をついていいのだろうか」「面接官に好印象を与える転職理由の答え方はあるのか」とお悩みではありませんか?この記事では、転職理由に求められていることをはじめとして、面接で失敗しないための転職理由の答え方のポイントや、理由別、シチュエーション別の例文をご紹介します。この記事を読むだけで面接官に違和感を与えることの無い転職理由の答え方をマスターできるので、ぜひご覧ください。

953

転職理由を質問する2つの理由

そもそも転職理由とは「退職理由」と「今後実現したいこと」の2つから成り立ちます。

よって採用担当側から転職理由について聞かれるのは以下になります。
転職理由を質問する理由

1.入社後すぐの再転職の可能性を見極めるため

転職理由とそこに対する求職者のアクションを知ることで、「今回も同様の理由で退職するリスクがないか」を確認できます。

例えば、体調不良で前の会社を辞め転職活動をしている人がいたとします。
その際にその病気が治療済みであれば面接でもそのように答えれば良いのですが、まだ治っていない状態で働こうとしている場合企業が「その病気が再発して、また転職してしまうのでは」と不安に思います。

よって企業側は自社への入社後すぐの再転職を防ぐために転職理由を聞くのです。
 

2.入社後の活躍の可能性を見極めるため

入社後すぐに再転職する可能性を防ぐだけでなく、「入社後に自社で活躍できそうな人材か」を見極めるためにも転職理由を聞いています。

冒頭でも述べましたが、転職理由は「退職理由」と「今後実現したいこと」の2つの要素から成り立ちます。

退職理由が1で述べた様に入社後すぐの再転職の可能性をなくすための要素だとすると、今後実現したいことが自社で活躍できそうな人材を見極めるための要素になります。

今後実現したいことは会社への熱意だけでなく、求職者の強みや会社の求める人物像と求職者の人柄を測る指標になり得ます。

例えば、今後実現したいことを「私の強みは顧客のニーズを汲み取ることであるため、商品の企画を通じて会社に貢献したい」と伝えれば、「顧客のニーズを汲み取ることができる」という強みがあると理解できます。
もしその様な人物を企業側が欲しているのであれば、今後実現したいことが入社後に活躍してくれる可能性に繋がったと言えるでしょう。

よって企業側は入社後の活躍の可能性を図るために転職理由を聞くのです。
 

転職理由を述べる際のポイント3つ

ここまでは転職・退職理由を答える際のコツを紹介してきましたが、ここからは「伝え方」になります。

転職理由を述べる際は以下の3点に気をつけましょう。

転職理由を述べる際のポイント3つ


1.転職に対して前向きな姿勢を見せる

正直な転職理由は「人間関係の不満」であったり「残業が多かった」など多くのマイナスな理由があると思います。

そんな中でも、前職の愚痴ばかりを吐くのではなく「もっと今度はこうしていきたい」というように前向きな姿勢を見せることで、転職理由は好印象になってきます。

転職理由が好印象になると企業側も採用後の辞退や再転職への不安を減らすことができ、内定へと繋がりやすくなるでしょう。

また、転職理由について述べる内容を前向きにするのも大切ですが、話すときの表情や態度も大切です。

如何なる内容であれ、前向きな言い方と、前向きに見える様な明るい表情凛とした態度清潔感のある身だしなみ等を心がけましょう。
 

2.感情ではなく「事実」を伝える

1の点も踏まえて、愚痴や不満といった感情ばかりを相手に伝えてしまうと面接官に悪い印象を与えてしまうため、具体的な事実を述べるようにしましょう。

わかりやすい例を出すと「残業」が転職理由である場合に「大変だった」「辛かった」と感情ではなく「〜といった理由で、仕事の配分に偏りが出てしまい、残業に至った」と事実を述べましょう。

勿論詳しく伝えすぎてしまうと会社の内部情報を外部へ漏らすことに繋がる可能性もあるため推奨できませんが、原因や行った解決策を話すと面接官も納得のいく転職理由になるでしょう。
 

3.転職理由を偽らない

「自分の転職理由を話したら採用してもらえないかもしれない」と不安に思い転職理由を偽ると、採用されたとしても入社後に不満を溜めて再転職する可能性が出てきます。よって転職理由を偽ることは避けましょう

不採用理由となる「再転職への不安」は以下のことで拭われることがほとんどです。

例えば、転職理由が体調不良の場合「治療は終えて完治したのか」や「何が原因だったのか」「今後どうしていくのか」を、家庭の事情(結婚や出産・育児など)が転職理由であれば「家族の了承は得ているのか」を述べます。

真摯な態度で面接に臨むことで面接官側も真摯に向き合ってくれるため、自分の行きたい企業ほど偽らず正直であることを心がけましょう。
 

転職理由の具体例と書き方のコツ

転職理由の具体例は大きく分けて、「会社の経営悪化による転職」と、「個人の都合による転職」の2つがあります。

今回はそれら2つの理由からさらに具体的な事例に分けて、面接における転職理由の答え方についてご紹介します。
 

会社の経営悪化による転職

会社での経営悪化による転職はよく見られる理由です。

倒産してしまった場合、リストラされてしまった場合はそのことを述べれば良いのですが、その場合も「倒産もチャンスと捉えて、今後はこのようなキャリアを実現していきたい」というように前向きさを見せることが大切です。

一方で倒産はしていないものの、業績不振で退職をする際は少し異なります。
ただ「業績不振により退職」と伝えてしまうと、そもそもどういった状況から業務不振であることを感じたのかが不明確であり、自社に入社後も業績不振になると、再転職をしてしまうと思われてしまいます。

よって、「業績不振に対して自分はどれだけの努力をしたのか」を伝える必要があります。

また、これは会社の経営悪化による転職理由全てに共通しますが、いち早く転職したいという思いのあまり「取り急ぎ」感が出てしまうと企業側に失礼に値するため気をつけましょう。
 

<例:倒産した場合>
「会社の業績不振による倒産に伴い、退職しました。しかし、この倒産もキャリアを見直すチャンスだと捉えており、今後はこれまで培ってきた営業スキルで御社に貢献していきたいと考えます」

 

<例:業績不振の場合>
「会社が業績不振に陥り、事業の縮小に至りました。私も業績回復のために市場の新規開拓を試みるなどしましたが、力不足に終わり、また、今の営業を今後も続けていきたいと思っていましたが、事業の縮小に伴い他部署に移動することになるとわかったため転職を決意しました。御社では営業に力を入れていると伺っているため、今後は御社でこれまでの7年の営業経験を活かし貢献していきたいです。」


個人の都合による転職

個人の都合による転職で主に挙げられるのが以下の5点です。それぞれ伝える上で気をつけるポイントをご紹介します。

  • キャリアアップ
  • 給与
  • ワークライフバランス/残業
  • 結婚/出産
  • 体調不良

■キャリアアップ

キャリアアップを理由に転職をする場合、気をつけて欲しいのが

  • 前職でキャリアアップをする機会はなかったのか
  • 転職先に入社後はどのようなキャリアアップを望んでいるか

の2点です。

求職者本人が何も努力せずして、キャリアアップをすることができなかったのであれば、転職をしたとしてもその人自身が変わらない限り再転職をすることになります。

また、求職者がキャリアアップの機会を逃しているだけの可能性も考えられます。

よって、「前職でのキャリアアップをする機会について」と、「その際に自分ではどのような行動を主体的に起こしたのか」を述べると良いでしょう。

加えて「転職先に入社した後にどのようなキャリアアップを望んでいるか」も具体的にイメージしておきましょう。
具体的にすることで、それだけ入社後のイメージが描けていることになるため、入社への熱意が伝わりやすくなります。
 

<例:キャリアアップの場合>
私は前職で得意先への営業をしていました。そこで、実際に顧客と話していく中で顧客のニーズを理解し、良好な人間関係を築くことを経験しました。この人間関係構築スキルは私の強みであり、その強みを新規の顧客に対しても使えるようになりたいと考えました。しかし、前職では得意先への営業に限っており、新規の顧客との接点を持つことができませんでした。そこで私は転職を希望しました。今後は御社で人間関係構築スキルを磨きつつ、新規の顧客への営業活動に活かし貢献していきたいと考えます。


■給与、収入

「給与」は転職理由において人気の高い理由ですが、そのまま「給与が低いため転職をする」と述べてしまうと、お金のことしか考えていないとマイナスに受け止められます。

そのため、そのまま述べるのではなく、「自身の努力や実績を正当に評価してもらえる環境で頑張りたい」というように言い方を変えて述べるようにしましょう。
 

<例:給与の場合>
前職の給与水準が低く、今後のことを考えると「両親への仕送り」や「家庭をもつ」ことによって生活が厳しくなると考え転職を希望しました。御社では成果報酬型の精度が組み込まれていて、努力して結果を残せば昇格すると伺っています。よって今後は御社に入社し、努力して昇格し、前職での経験を活かして貢献したいと考えます。


■ワークライフバランス、残業

ここ数年は働き方改革党の影響もあり少しずつ改善はしていますが、看護師や保育士、介護職といった職業では依然として問題となっています。

ワークライフバランスの問題や残業問題で転職を希望される方もそのまま述べてしまうと、繁忙期の残業ですら嫌がっていると思われます。

よって、以下の点に気をつけると良いでしょう。

  • 残業(ワークライフバランスの乱れ)の原因は何か
  • 残業の原因に対し、自分は何かしらのアクションを起こしたのか
  • 仕事の向上のためのワークライフバランスか

です。

<例:残業の場合>
私は前職で〇〇の仕事をしていました。そこでは人員が少なかったこともあり、一人あたりの仕事量が多く、1日あたり◯時間の残業と休日出勤をする必要がありました。私自身は業務の効率化を図るために〇〇という工夫をしたり、人員の補充を会社側に要求したりしましたが了承を得ることはできずに終わりました。また、休日出勤をしていたということもあり、休日に行っていたスキルアップのための勉強もできなくなりました。今後は前職での6年間の営業経験を活かし御社に貢献していきます。


■結婚、出産

女性の場合は結婚や出産、育休の際など、ライフイベントに退職される方も少なく無いでしょう。

男性の場合も家族を養うにあたり、給料の問題や残業の問題へと発展することもあるでしょう。

しかし、これをそのまま転職理由として伝えてしまうと「入社後も家族の都合で退職してしまうのでは?」と思われてしまいます。

そのため、女性の場合は以下の3点を意識しながら伝えます。

  • どういった理由で退職する必要があったのか
  • 元の職場への復職に至らなかった理由
  • 家族の就業への理解の有無

また、今後の出産の予定に関してなどを聞かれることもあるかもしれません。

その際は「いずれは考えているが、しばらくは予定していない」というように仕事への前向きさを伝えましょう。

一方男性の場合は以下の3点を意識しながら伝えます。

  • 結婚を踏まえ転職を通じて実現したいこと
  • 転職後は長く働き続けたいこと
  • 家族の理解の有無

<例:結婚の場合>
私は前職で〇〇の仕事をしており、長く続けていきたいと考えていました。ですが、結婚を機に夫の仕事に合わせて引越しをしたところ、通勤が困難になったため転職を決意しました。今は家庭のことも落ち着き、夫も就業へ理解を示してくれています。今後は前職での経験を活かして御社に貢献していきたいと考えます。

 

<例:出産の場合>
私は前職で〇〇の営業の仕事をしており、長く続けていきたいなとも考えていました。しかし、前職では体力的にハードな仕事であったことと、育児との両立が難しかったため、出産を機に退職するに至りました。育児が落ち着いてきた今、家族からの就業への理解も得ているため、前職の経験を活かせる御社の仕事に就きたいと考えます。


■体調不良

病気が原因で前職を退職している場合、正直に病気が原因で退職したことを伝えましょう。

そして、その上で「今では病気は完治していて、周りと同様に働くことができる」という旨を伝えましょう。

病気が転職理由の際に、不利になりそうだからと別の理由で偽ろうとしたり、完治していないにも関わらず偽って完治したことにしたりする方がいますが、逆に面接官に違和感を与えてしまったり、後々の自分に悪影響になるためその様な行動は避ける様にしましょう。

また、病気の療養中に取り組んだものがあればそれを述べると好印象を与えるため伝えると良いでしょう。
 

<例:体調不良の場合>
私は前職では営業職で〇〇をしていましたが、〇〇の病気による半年間の療養のために退職しました。病気はすでに治療を終え、完治しており業務に支障はありません。また、療養中に自身のスキルアップを試みて丸々の資格を取得しました。今後は御社で前職での6年の営業経験と取得したスキルを活かして貢献していきたいと考えています。

シチュエーション別転職理由のポイント

最後に、シチュエーション別の転職理由のポイントをご紹介します。

第二新卒(20代)

第二新卒の転職理由を伝える上で気をつけるべき点は

  • 転職理由が妥当なものであるか
  • 自社に入社後は不満は改善されるのか

の2点です。

転職理由の妥当性というと判断に困りますが、簡単に言えばいかなるネガティブな転職理由でも前向きに、ポジティブに伝えられていればOKです。

例えば「やりたい仕事ができない」が転職理由である場合でも、そのまま伝えてしまうと仕事を選んでいるように思われます。

一方で「前職での仕事内容の〜という点はよかったが、もっと〜な仕事がしたいと思い転職を決意した」と伝えるだけでポジティブな印象になります。

また、入社後に不満が改善されるかに関しては、事前に志望企業について調べておく必要があるでしょう。

例えば、給与等は企業の求人をみれば多くの場合掲載されているはずですので、前職と比較しましょう。
 

例:
私は現職で営業として3年間勤務しています。しかし、営業として働いていくなかで、将来性のあるIT分野あるいは技術職で専門スキルを身に付けたいと思いました。そして、現職ではまだ3年という短期間しか働いていおりませんでしたが、新しい職種へと転職をするのであればチャンスは今しかないと考え、転職を決意しました。今後は3年間で身につけてきた営業の基本スキルをベースに技術職としても御社で貢献したいと考えます。

30代の場合

30代の場合の転職理由の伝え方は以下のポイントを意識して伝えるようにしましょう。

  • キャリアの自慢はしない
  • 前職を否定しない

30代となると、ある程度自身のキャリアにも自信が持てるようになってきた頃でしょう。

そのため、無意識のうちに自分のキャリアの自慢を始めてしまう方がいますが、面接は自慢をする場ではありません。

また、2つ目は30代に限ったことではないですが、前職での経験がある方は前職を否定することのないよう心がけましょう。
 

例:
私は新卒以来、前職の企業で◯年間営業の仕事に従事してきました。前職では入社当初から営業職であったこともあり、学べることは多かったのですが、会社の業績不振による倒産に伴い、退職に至りました。そこで私はこの倒産による退職をキャリアを見直すチャンスだと捉えており、今後はこれまで培ってきた営業スキルで御社に貢献していきたいと考えます。


40代の場合

40代の場合の転職理由の伝え方は以下のポイントを意識して伝えるようにしましょう。

  • 前職での不満や不安をそのまま述べない
  • 謙虚な姿勢を忘れない

40代となると前職での勤務年数が10年以上あるため、不満や今後への不安などを抱えて転職をされる方が多いでしょう。

ですが、先にも述べているように、不満や不安をそのまま述べてしまうのはあまり良い印象を与えません。

理由は前職への不満や不安であれ、面接にて理由を述べる際はその他のキャリアアップ等の理由を告げましょう。

また、40代は管理職に就いていたという方もいると思います。

しかし、転職をしてしまえばその会社では入社1年目です。よって、40代とはいえど謙虚な姿勢と初心を忘れずに答えるようにしましょう。
 

例:
新卒入社以来、前職にて営業を担当しており、5年前より管理職を務めています。6名のメンバーのマネジメントを行い、◯年で◯%売り上げをあげることに成功しました。そんな私が管理職を務めていた際に意識していたのは「現場目線」です。管理職になると現場へ足を運ぶことが少なくなり現場目線を失いがちですが、私は管理職になった後も現場へ時折足を運んだり、メンバーとのコミュニケーションを密に取りながら現場の意見を見失わないように努めてきました。このように自身の立場とは異なる視点にたって物事を見るスキルは他のいかなる仕事にも応用できると考え、転職を決意いたしました。

 

転職回数が多い場合

転職回数が多い場合の転職理由の伝え方は以下のポイントを意識して伝えるようにしましょう。

  • 全て前向きな転職理由であったこと
  • 転職理由は一貫して同じものを求めている
  • 反省すべき点は反省する

まず、転職回数の多さに定義はありませんが、約3回以上転職をしていれば多いと考えても良いかもしれません。

そして、それぞれの転職理由は何かしらの共通点をもって前向きなものであったことを具体的な転職理由とともに伝えましょう。

その中に、明らかに自分の見通しの甘さや身勝手な都合が原因であった場合は反省している旨も合わせて伝えるようにしましょう。
 

例:
新卒入社から2年間得意先への営業に携わった後、新規開拓にも応用できる営業スキルを高めたいと考え、新規市場の開拓ができる営業の仕事へ転職しました。そしてそこでは提案する商品がIT系であったことと、IT分野は将来性があるということから、さらに専門性を高めたいと考え技術職として3社目の企業へ転職しました。現在はさらにその技術職としてのスキルをさらに高めたいと考えて、転職活動を行っています。

まとめ

いかがでしたか。

転職理由は転職活動の根本にあたる部分であり、求職者側にとっても企業側にとっても重要になってくる点です。

この点をいかに前向きに正直に伝えることができるかは転職活動の合否を左右するポイントであるため、転職エージェントを利用されている方は一度キャリアアドバイザーに見てもらうと良いでしょう。

また、利用していない方もこの記事に幾つかのパターンは記載していますので、その点を確認の上修正してみてください。

皆様の転職活動が成功されることを願っております。

この記事の他、退職後の諸手続きや退職理由の選び方・伝え方について知りたい方は以下記事をご覧ください

▶︎退職後の手続き(年金・税金・保険等)まとめ

▶︎退職理由の選び方から伝え方まで


面接における他の頻出質問の答え方は以下の記事よりご覧いただけます。併せてご覧ください。

▶︎ 面接の質問例・マナー対策総集編 理想的な回答・NGパターンの全て

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

  エージェント名 実績 対象
1位 リクルート 5 30代以上 
2位 ビズリーチ 4.5 ハイクラス層
3位 パソナキャリア 4.3 全ての人


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp

この記事に関連する転職相談

転職回数が多い人に特徴はありますか?

来年新卒のものなですが、転職をいっぱいする人に特徴はあるのでしょうか? 転職回数が多いと転職活動が不利になったりと聞くので、とても気になっています。 「飽き性」など、性格的なものと、...

仕事が合わないからと入社して3日で辞める新入社員をどう思いますか?

新入社員の受け入れを担当しているものです。 先日、私のところに会社を辞めたいと言ってくる新入社員がいました。 事情を聞くと、仕事が合わないからと言うのです。 しかし3日では合う...

女性ばかりの陰湿な職場で今すぐ辞めたいのですがどうすればいいですか?

私の職場はほとんどが女性です。 職場の人はコソコソ話して私を避けているようです。 しかし給料も安く貯金がないため、今の仕事を辞めることもできません。 転職活動をしようにも、普段...

退職の旨を会社に伝えるタイミングって?

転職活動をしており、 いくつかの会社で面接が進んでいます。 転職経験者の方に質問です。 退職の旨をどのタイミングで会社に伝えましたか?また、どのタイミングで伝えるのが適切ですか?

転職を検討していますが、みなさんが転職を決心した瞬間は何ですか?

私は先日、社内の異動通知に納得することができず転職を決意しました。 が、周りの知り合いに話を聞いてみると、それで転職を決めるのは安直すぎると指摘されました。 逆に皆さんはどういった瞬...

新卒ですが会社を辞めたいと思っています、甘えだと思いますか?

今年の4月に入社したばかりの新卒です。 既に退職を検討しています。昨日から会社も休んでいます。 無断欠勤で、自分の上司に当たる方からも連絡は来ているのですが、それにも出ていないという...

中途入社二ヶ月でやめても、次の転職先は見つけれますか?

転職したが、転職先の会社の風土が合わず、退職を検討している知り合いがいます。 彼の場合は、IT企業に新卒で入社して、3年後に他のIT企業に転職したのですが、 4月入社してから早二ヶ月が経...

前職の退職理由を面接で聞かれた時、どう伝えればいいですか?

現在仕事を辞めてから転職活動をしています。 前職が残業100時間を超えることが当たり前で、 体調を崩したことから、まず会社を辞めました。 仕事をしたい気持ちや、責任感は人一倍強く、 仕事をこ...

人間関係で退社する際の退職理由はどうすればいいですか?

新卒で入社した会社を10ヶ月で退社する予定です。 転職の面接では、退職理由を何と言えばいいのか分かりません。 何卒、お力添えをお願い致します。 【退社理由】 ●先輩から受ける軽度のセ...

会社をやめたい理由がつまらないからというのは退社理由になりますか?

新卒で入社して3年目の20代です。 会社を辞めたいと考えているのですが、その理由が毎日の仕事がつまらないからです。 これって退社理由として考えても良いのでしょうか。 自分の大学...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す