司法書士の将来性って大丈夫だと思いますか?

231

現在、大学生ですが司法書士の資格取得に向けて勉強しています。

司法書士の資格勉強をしているものの、周りの友人やネット情報からは司法書士は将来性が薄いからおすすめしないよということをよく言われます。

なので、勉強にも最近力が入っていません。

やはり司法書士は将来性があまり無い職、資格なのでしょうか。ご存知のかたいらっしゃいましたら話を聞きたいです。回答お願いします。

司法書士資格将来性

ユーザー名非公開

回答 3件   応援 1

AIの導入により〇〇士、いわゆる侍業と言われる資格は全て置き換わるとされています。

すぐにではないものの衰退は覚悟しなければならないかと思います。

小さな会社を経営しております。プログラマーです。

私は、旧来の司法書士さんの業務だけでも、全体の需要は供給に対して十分ありそうに思いますが、10年後にどうなってるかは誰もわからないです。

専門知識はビジネス上の武器になるものですし、士業の人たちはだいたい小規模な組織・個人経営ですので、小回りが効いて、すぐに方向を変えられます。
例えば「中国語のわかる法律家」って良さそうだなと思ったら、ただ勉強して宣伝すればいいだけで、誰かを説得したり、どこかに採用してもらわないと実現できないってこともないです。将来の変化に対して柔軟な対応が割としやすいです。
右肩下がりの大企業なんかだと、新規事業を作って成功させても本業のボリュームを上回るのが難しく、やっぱり沈んでいくトレンドは変えられなかったりして、方向転換が難しいのです。

専門職ってだいたい2つの分野を押さえて、「翻訳」できるとけっこうお仕事はあります。周囲の無責任な憶測はおいておいて勉強はしたらいいと思います。

なれるならなってもいいかと思いますよ。
どんな道を選ぶにせよ、これからの時代は何か1つだけできる人ではダメなので、司法書士になった上で何を掛け算していくか?
と考えた方が良いと思います。

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー