【転職エージェントとの連絡】無視された!無視したい時の対処方法の画像

【転職エージェントとの連絡】無視された!無視したい時の対処方法

転職エージェントに連絡をを無視したい時や、無視したい時はどのように対処すればいいかご存知ですか。この記事では、転職エージェントからの連絡を無視してはいけない理由や、転職エージェントに連絡を無視された時の対処方法を解説致しますので、ぜひ参考にしてください。

年収を上げるために効果的な転職エージェントサービスの利用。

しかし、以下のような心境の方も多くいます。

「転職エージェントからの電話や連絡がしつこくて無視したい・無視している」

そのような方に向けて、本記事では以下のポイントを紹介します。

  • 連絡を無視するとどうなってしまうのか
  • 連絡を無視したいときはどうするべきなのか
関連相談

転職エージェントからの連絡は無視をしないほうが良いのか?



転職エージェントからの電話や連絡がしつこくて無視したいと思うことがあるかもしれません。

しかし、そのまま無視をしてしまうとデメリットが発生します。

具体的にどのようなデメリットがあるのか紹介していきます。


しつこく電話をしてくる可能性がある

連絡を無視したからといって「連絡が来なくなる」ことを期待してはいけません。

転職エージェントの多くは、相手から連絡が返ってこない場合でも連絡を行い続けます。

こちらとしては、しつこいから無視しているのに、さらに連絡が来てしまうため、以下のような「嫌な気持ち」を持ち続ける場合があります。

  • 無視をしていることへの「後ろめたさ」
  • 無視をしているのに一方的に連絡を続けられる「わずらわしさ」
  • 転職エージェントとの関係が悪くなることによる「失望感」

「後ろめたさ」や「わずらわしさ」、「失望感」をあまり気にしない方ならデメリットとはならないかもしれませんが、多くの方はこのような精神的に悪い状態が続いてしまいます。


質の高い求人を紹介してくれない可能性がある

転職エージェントからの無視を続けることで、良い求人を紹介してくれなくなる可能性があります。

転職エージェントとしては、転職のモチベーションやスキルの高い人を優先する傾向があります。

なぜなら、転職希望者が企業と雇用契約を結ぶことで、転職エージェントは紹介手数料として報酬を貰えるからです。

返信の遅い(無視する)転職希望者は

  • 転職のモチベーションが低い
  • コミュニケーションスキルに問題がある

というように判断され、条件の良い求人を紹介するメリットが転職エージェントからしても無いと考えます。

そのため、転職エージェントからの連絡を無視してしまうと「良い」求人を紹介してくれなくなるのです。

関連相談

転職エージェントからの連絡を無視したい方がとるべき行動



「転職エージェントからの連絡を無視したい理由」を再度考えてみましょう。

その理由に適切に対処することで、先に紹介したデメリットを受けずに悩みから抜け出せるかもしれません。

以降では、転職エージェントからの連絡を無視したい方がとるべき行動を具体的に紹介していきます。


連絡対応可能な時間帯を伝えておく

転職エージェントの中には、「勤務時間に頻繁に電話してくる」転職エージェントもいます。

頻繁に連絡を繰り返された時に有効な行動は「連絡対応可能な時間帯を伝えておく」ことです。

さらに、時間帯と併せて「連絡手段」も伝えておくと良いでしょう。

例としては以下のようになります。

平日9時から18時までは勤務中であるため、20時頃にメールにて連絡いただいてもよろしいでしょうか。

電話の場合、状況によってはお応えできない場合があります


このように転職エージェントに伝えることで、転職エージェントとしても「効果的な連絡方法」が明確になるため喜ばれる場合が多いです。

転職エージェントを利用している側からしても、これまでのように勤務時間に頻繁に電話してくることがなくなり、精神的にすごく楽になります。



担当のエージェントを代えてもらう

転職エージェントを利用している時に、「この人とはなんか合わないな」と思うこともあります。

これについては、頻繁に連絡してこなくなったとしても、対応可能な時間帯を伝えるだけでは解決しません。

そこで、担当のエージェントを代えてもらうよう伝えてみましょう。

不安や不満を抱えて長引く前に、素早く対応してみることがポイントです。

転職エージェントのサービスでは、多くの場合「エージェント変更依頼フォーム」があります。

このフォームを利用して意思を伝えることで担当のエージェントを代えてもらえます。

例えば以下のような理由を添えると良いでしょう。

  • エージェントの業界知識が浅く、転職活動に不安を感じる
  • 希望条件を伝えているにもかかわらず、エージェントが紹介する内容が希望にマッチしていない
  • エージェントの連絡マナーが悪く、不快である

転職条件を絞る

転職条件を絞ることも、頻繁な連絡を抑える手段の1つになります。

なぜなら、転職条件を絞っておくと紹介できる案件がそれだけ少なくなるためです。

もう一度、転職エージェントに伝えている条件を見直してみましょう。

頻繁に連絡してくる理由には、紹介できる案件数が多いからという要因もあります。

転職条件を細かく絞ることによって、転職エージェントが紹介できる案件数を絞り、連絡の頻度を抑えることに繋がります。

しかし注意したいことは、転職エージェントに伝える条件をむやみに絞ることによって、本来希望する転職の案件とマッチする可能性が減ってしまうことです。

転職条件を絞る際は、むやみに絞ってしまわずに、本来の転職を実現する目的に沿うようにしましょう。



他の転職エージェントを利用する

担当のエージェントを代えるだけでなく、利用している転職エージェントサービスを代えることも検討してみましょう。

そもそも、転職エージェントを利用している人で、ひとつのサービスにこだわって利用している人は少数だと言われています。

その理由としては、以下が挙げられるでしょう。

  • 転職エージェントごとに、得意な業界や契約している企業が異なる
  • 転職エージェントによって、エージェントの連絡マナーのレベルが異なる

現在では、転職エージェントサービスが大手だけを数えても10サービス以上あります。

転職エージェントをひとつに絞るメリットは少なくとも、複数利用するメリットは多くあります。

複数利用することで、担当エージェントが合わない・しつこい場合にも、本来の転職活動への影響は抑えられるでしょう。


転職エージェントを退会する

転職エージェントのサービス全体が気に入らなければ、退会することも検討してみましょう。

退会する方法は、転職エージェントサービスごとに異なりますが、おおむね以下のパターンになります。

  • 転職エージェントサービスWebページの退会申請フォームにて退会
  • 担当エージェントに退会の旨をメールで伝えて退会
  • 担当エージェントに退会の旨を電話で伝えて退会

3つ挙げましたが、多いのは1つ目と2つ目のパターンです。

退会申請フォームに必要事項を入力して退会するのは簡単ですが、担当エージェントに退会のメールを送ることは、やや気が引けるでしょう。

そこで、退会する時に担当エージェントにメールするメール文を例に挙げますので、参考にしていただければと思います。

退会の意思を伝える転職エージェントへのメールの例文

(転職エージェント名もしくは転職エージェントサービス名)様

いつもお世話になっております。◯◯です。

急な連絡となり大変申し訳ありませんが、諸事情により、私の転職活動を一時休止することと致しました。そのため、転職活動に多大なるサポートを頂いているところではございますが、この度、本転職エージェントサービスを退会させていただくことを決めました。

私の都合により大変申し訳ありませんが、ご理解頂けると助かります。また転職活動を再開します折には、また今回のようにサポート頂けますと幸いです。

何卒、よろしくお願い申し上げます。
(名前)


転職エージェントサービスには再登録が可能である場合が多いため、退会をためらう必要もありません。

しかし、再登録できるがゆえに、退会する際は丁寧に連絡をしなければなりません。

関連相談

転職エージェントに連絡を無視された時の対処法


転職エージェントサービスを利用し始めたが、転職エージェントに無視されてしまい、転職活動に支障が出て困っている。

このような状況の方も多いと思います。

そのような方のために、転職エージェントに無視されてしまっている時の対処法を具体的に紹介し、転職活動に困っている方の悩みを解決します。

転職エージェントを利用していて、担当エージェントに連絡を無視されているのではと感じる場合があります。

転職エージェントから連絡が来ない要因は以下の4つが考えられます。

  • 希望条件にマッチする案件がなく、紹介できない
  • 担当エージェントが忙しく、後回しが続いてしまっている
  • 担当エージェントにやる気がない
  • 担当エージェントの中で、あなたの優先度が低い

この要因を踏まえて、転職希望者がどのように対処するべきかを具体的に紹介していきます。


直接お問い合わせをする

まずは、担当エージェントに直接お問い合わせしてみましょう。

直接お問い合わせすることは、先に挙げた4つの要因すべてに有効です。

例えば、条件にマッチする案件がない場合には、正直にその旨を伝えてくれますし、後回しにしている場合や、やる気がない場合においても、転職希望者から連絡が来ることで、転職エージェントからすると優先度を上げざるを得ません。

特に、転職エージェントの中で優先度が低い場合は、直接お問い合わせすることにより転職のやる気が高いと認識され、優先度が上がる傾向にあります。積極的に転職エージェントを利用しましょう。

とはいえ、メールでのお問い合わせは、やや返信の優先度が下がってしまう傾向があるため、可能な限り電話でお問い合わせすると良いでしょう。



登録した情報を見直す

次に、登録情報を見直してみましょう。

なぜ登録情報を見直すことで担当エージェントからの連絡が期待できるのでしょうか。


それは、「転職に積極的である」と判断されるためです。

転職エージェントサービスに登録して、1年間プロフィールを更新していない人と、月に1度細かく更新している人とでは、後者が転職に積極的であるのは明らかでしょう。

担当エージェントは、求人を出している企業と転職希望者をマッチングさせることで報酬を得ます。

そのため、より転職に積極的な人が優先的に案件を紹介される傾向があるのです。

担当エージェントからの連絡が来ないからではなく、常に登録情報を見直すことは転職活動にとって重要であると言えます。


希望の転職条件を見直す

転職条件を見直すことも考えてみましょう。

あなたの転職条件が、担当エージェントにとって案件を紹介しにくい条件かもしれません。

具体的には、条件とマッチする案件が非常に少ない場合などが考えられます。

そのため、希望条件を厳しくしすぎている方は、許容できる範囲で条件を見直してみましょう。

そうすることで、条件にマッチする求人数が多くなり、転職エージェントにとっても案件を紹介しやすくなります。


違う転職エージェントに登録する

それでも担当エージェントからの連絡の頻度が良くないなど感じた場合は、違う転職エージェントサービスに登録してみましょう。

後述しますが、転職活動においては「複数の」転職エージェントサービスを利用することがおすすめです。

現在、転職エージェントサービスは大手だけでも10以上あります。

転職エージェントサービスごとに、扱っている求人案件も異なります。

そのため、現在利用している転職エージェントサービスで案件にマッチしていなくても、違う転職エージェントサービスではマッチする可能性が大いにあります。

ぜひ、1つの転職エージェントサービスにこだわらず、複数の転職エージェントサービスを利用しましょう。

関連相談

転職エージェントに無視されたか確認する方法



担当エージェントからの連絡が遅いと感じる場面がよくあります。

しかし、どのような基準をもって「無視された」と判断すれば良いのかわからない方もいることでしょう。

ここでは、無視されたかされていないのか確認する方法などを紹介します。


登録後に無視されたか確認する方法

転職エージェントサービスに登録し、希望の転職条件などを入力すると担当エージェントからの連絡を待つフェーズになります。

この場合は、「登録してからの時間」で無視されたか確認をしましょう。

基本的には、「登録してから営業時間で24時間以内に返信がある」と考えて良いでしょう。

24時間を超えると、担当エージェントは一度は登録を確認したが、紹介する案件などが少ないため、連絡することが難しく放置・無視の対応をとっていると考えられます。

無視されないためには、前述している通り、以下の対応を取ると担当エージェントも対応しやすくなります。

  • 希望の転職条件を見直す
  • 直接お問い合わせする

それでも連絡が来ない場合は、他の転職エージェントサービスの利用を検討しましょう。


面談から求人紹介で無視されたか確認する方法

担当エージェントとの面談後に、担当エージェントから「いつまでに」連絡が来るかは特に決まっていない場合が多いです。

そのため、無視されたと判断する基準は難しいです。

しかし、担当エージェントが無視する要因はあります。

  • 面談や連絡時のマナーが悪い
  • 転職のやる気が見られない
  • 希望する転職条件が厳しく、紹介できる案件がない

そもそも、エージェントが紹介できる案件がない場合は、担当エージェントとしても連絡が難しくなります

さらに、マナーが悪かったりやる気が見られなかったりすると、エージェントとしても紹介するメリットがありません。

登録から面談をしたということは、面談によって、エージェントが無視する要因を作ってしまった可能性が高いです。

最低限のマナーを守っていたか、転職のやる気がないと判断されるような言動をしていないか、希望する条件が厳しすぎないか確認をしておきましょう。


その後に確認する方法

基本的に、企業への選考にかかった段階で担当エージェントが連絡を無視することはありません。

しかし、選考にかかった状態で担当エージェントから連絡がないと不安になります。

担当エージェントから「いつまでに」連絡があるかの基準は、企業の「選考結果が出たら」が一般的です。

つまり、選考結果が出るまでは担当エージェントからの連絡はないと考えておきましょう。

もし不安であれば、担当エージェントに、進捗状況を直接お問い合わせしてみましょう。

この問い合わせに担当エージェントが無視することは、基本的にありません。

関連相談

転職エージェントは本当に連絡を無視するのか?



ここでは、JobQに寄せられた質問をご紹介致しますので、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントは本当に連絡を無視するのですか?

転職エージェントについて調べていたら、「転職エージェントから日程確認の連絡をしたら無視された」というものを見つけました。

転職エージェントが連絡を無視することは本当にあるのでしょうか。

転職エージェントを利用する際に注意することなどがあったら知りたいです。

ご回答よろしくお願い致します。

日程連絡で無視するのは企業にも迷惑がかかるので通常はありえません。

近年は転職者が多数いるので、大手のエージェントを中心に対応はイマイチな事が多いです。
給料アップ狙いや、何処でもいいから直ぐに決めたいといったエージェントにとって都合のいい求職者でないと対応が雑になる可能性はあります。

色んなエージェントにあって自分のことをキチンと見てると感じた人と連絡を続けましょう。

転職者数の増加によりエージェントの担当者ひとりが抱える案件も多くなります。

そのため転職が成立した際のインセンティブや粗利の高い方を優先する傾向が高いのは事実です。

不安であれば複数のエージェントに登録することをお勧めします。


このような回答をいただけました。

転職エージェントが連絡を無視することは原則ないようですが、エージェントによって質が異なるようです。

また、転職エージェントもビジネスを行っている企業なので、インセンティブや粗利の高い方を優先する傾向があるようです。

さらに、自分にあった転職エージェントを利用するには、複数の転職エージェントを利用することが最もよい対策とおっしゃっているようなので、ぜひ複数の転職エージェントをご利用ください。

次の章では、複数の転職エージェントを利用するコツをご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

確実に転職するには複数の転職エージェントを利用する



これまで、担当エージェントに連絡を無視された時の対処法や、無視されたか確認する方法、無視されることを防ぐ方法などをお伝えしてきました。

しかし、どうしても転職エージェントサービス個々の都合で、紹介できる案件数に差はあります。

また、担当エージェントが転職希望者に連絡するときの決まりにもばらつきがあります。

そのため、利用する転職エージェントサービスを1つに絞るのではなく、複数利用することをおすすめします。

以降では、転職エージェントを複数利用する方法を紹介します。


転職エージェントを複数利用する方法

まず、転職エージェントサービスを複数利用するメリットを紹介します。

  • 優秀なキャリアコンサルタントとマッチする確率が上がる
  • 転職エージェント独自で特化しているサービスを利用できる
  • この転職エージェントでしか取り扱っていない求人案件に出会える

このように、複数利用するメリットは大きいです。転職エージェントサービスを1つに絞ってしまうと、連絡を無視されてしまうことで転職活動自体に大きな影響が生じますが、複数利用していると、その影響が抑えられます。

しかし、複数利用する上での注意点があります。

  • 転職エージェントを複数利用していることを隠さないこと
  • 絶対に同じ求人に応募しないこと

複数の転職エージェントサービスを利用していることを隠してしまうと、同じ求人に応募してしまったり、意思疎通に問題が出たりしてしまいます。

最悪の場合、同じ求人に応募してしまうと、エージェント同士での問題、エージェントと企業での問題に繋がってしまい、大きな揉め事になってしまう可能性があります。

そして、複数の転職エージェントを利用する際は、以下の2つに分けて利用登録することがおすすめです。

  • 総合転職エージェント
  • 業界特化型エージェン

総合転職エージェントは、保有している案件数とその業界が広いことが特徴です。

しかし、希望する業界の知識・経験が浅いことも考えられます。

そのネックを補うためにも業界特化型エージェントを利用すると、効果的に転職活動を進められます。

転職エージェントの連絡を無視についてのまとめ



転職エージェントからの連絡は無視しない方が良い

  • 連絡を無視しても、転職エージェントからの連絡は止まらず、かえって逆効果
  • 無視し続けるとエージェントからの信頼が下がり、良い条件を紹介してもらえなくなる場合がある

転職エージェントからの連絡を無視したい方がとるべき行動

  • 連絡対応可能な時間帯を伝えておく
  • 担当のエージェントを代えてもらう
  • 転職条件を絞る
  • 他の転職エージェントを利用する

現状よりさらに良い条件を求めて転職活動を行う際に、転職エージェントを利用することはとても効果的です。

しかし、転職エージェントからの連絡がうっとうしく感じることもあるでしょう。

無視をしてしまうことは、紹介したようなデメリットがありますので、ご自身の状況に合わせて適切な対処をとるべきです。

本記事で紹介した対処法をもとに、転職エージェントを活用した転職活動を有意義なものとしましょう。

この記事に関連する転職相談

転職エージェントの利用は退職後と在職中ならどっちが良いですか?

転職エージェントの利用は退職後と在職中ならどちらを利用するのが良いのでしょうか。 平日だと転職エージェントを利用できないですし、転職活動を本気やるなら在職職中ではなく、退職後の方が良いのかなと思っています。 しかし、転職活動には3ヶ月...

アパレル業界に強い転職エージェントはどこですか?

アパレル業界に強い転職エージェントを知りたいのですがどこがありますか? ショップ店員やデザイナーなどの職種にこだわっていないとして、ざっくりとアパレル業界に転職したいと思う人が利用するのに、向いている転職エージェントはどこなのでしょう...

個人の転職エージェントを利用するメリットとデメリットはなんですか?

個人の転職エージェントを利用するメリットとメリットはなにがあるのでしょうか。 転職を成功させるには求人数やノウハウをしっかり持っている大手の転職エージェントを利用した方が良いのでは?と思っているのですが、大手ではない個人の転職エージェ...

評価が最悪な転職エージェントはどこですか?

転職エージェントをいろいろ調べていたら、高評価の口コミは大量に出てきたのですが、失敗談や悪評は少なかったと思います。 そこで質問なのですが、最悪な転職エージェントはどこなのでしょうか、また、最悪な転職エージェントの特徴はなんでしょうか...

転職エージェントのスカウトで紹介される企業って怪しくないですか?

転職エージェントからスカウトメールで紹介される企業って、誰も希望者がいない企業ということですよね? 転職エージェントのスカウトって怪しい企業を紹介されていたり、私には到底転職できそうにない企業がメールで送られてくるので、とても怪しく思...

転職エージェントの利用にはお金がかかるのでしょうか?

転職エージェントについて調べていたら、約6ヶ月のサポート期間があり、書類添削や面接対策をしてもらえるということを知りました。 サポート内容は理解できたのですが、どのくらいのお金がかかるのでしょうか。 転職エージェントを利用するのにお金...

女性におすすめの転職エージェントはどこですか?

30代で転職活動をしたいとして、おすすめの転職エージェントはどこですか? バックオフィス歴4年の女性が、希望年収が400万円で転職するとしたら、どの転職エージェントがおすすめなのでしょうか。 初めての転職活動でも利用しやすい、転職エージェ...

転職エージェントからの面接結果の連絡が電話できたら不採用ですか?

転職エージェントから面接結果が電話で連絡きたら不採用のフラグなのでしょうか。 特に、転職エージェントからの連絡が遅いと不採用のフラグの可能性が高いと聞いたことがあり、実際はどうなのでしょうか。 転職エージェントとしても、良い結果を報...

転職エージェントを放置しても大丈夫ですか?

転職エージェントから紹介された求人が自分の要望と合わずに、その要望を伝えてもエージェント側から強引にその企業に転職させようと連絡してきたとします。 上記のような転職エージェントからの連絡を放置しても大丈夫なのでしょうか。 転職エージ...

転職エージェント経由での書類選考の通過率はどのくらいですか?

転職エージェントでは、 求人に応募 ↓ 履歴書や職務経歴書などを添削してもらう ↓ 企業から書類選考の合否を転職エージェントに連絡する ↓ 転職エージェントから転職希望者に連絡 だと思うのですが、この一連の流れはどのくらいの期間かかるので...

この記事に関連する記事

【転職エージェントは登録だけでも大丈夫?】上手な利用方法をご紹介

転職エージェントは登録だけの利用でも大丈夫なのでしょうか。この記事では、転職エージェントをとりあえず登録だけするのでも大丈夫なのかということや、転職エージェントを相談だけ利用し...

【ほいくちゃんねるの評判】利用者の口コミと共にご紹介

ほいくちゃんねるの実態をご存知ですか。この記事では、ほいくちゃんねるの評判や、ほいくちゃんねるの口コミをご紹介致します。また、ほいくちゃんねるを利用するメリットや、ほいくちゃん...

【ほいく畑の評判】利用者の口コミから本当の実態を徹底解説

ほいく畑は保育士求人専門サイトです。この記事では、実際の利用者から聞いたほいく畑の口コミと評判や、ほいく畑の登録や退会方法をご紹介致します。また、ほいく畑のメリットや、ほいく畑...

【カイゴワーカー(カイゴWORKER)の評判】口コミと共にご紹介

カイゴワーカー(カイゴWORKER)は介護業界に特化した転職サイトです。この記事では、カイゴワーカー(カイゴWORKER)の評判や、カイゴワーカー(カイゴWORKER)を実際に利用した人の口コミなどを...

【Spring転職エージェントに登録拒否?】理由や対処法をご紹介

インターネットでSpring転職について調べてみると「登録拒否」について出てきます。Spring転職で転職を始めようと思っている人にとっては非常に不安な話題だと思います。この記事では本当に...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー