13345_エムアールサポート_サムネイル

『エムアールサポート』のSDGsに注目!ジャパンSDGsアワード特別賞の取り組み

京都の企業『エムアールサポート』のSDGsについて取締役COO SDGs推進事業統括の森誉光さんに取材!測量美術による就労継続支援の取り組みで、ジャパンSDGsアワード特別賞を受賞している企業です。SDGsをはじめたきっかけや、取り組みで大切にしている想いをお聞きしました。

土木業界でイノベーション!京都の測量企業『株式会社エムアールサポート』

13345_エムアールサポート_1
JobQでは、SDGs目標8「働きがいも経済成長も」の視点から、社員に向けたSDGsや「働きがい」に取り組む企業を取材していきます。

今回ご紹介するのは、『株式会社エムアールサポート』。

道路やトンネルなど、インフラ整備の工事・測量の業務が中心となる土木業界の働き方を変えた企業として注目されています。

それでは『株式会社エムアールサポート』について、取締役COO SDGs推進事業統括の森誉光さんに詳しくインタビューをしていきます。

「ジャパンSDGsアワード特別賞」を受賞!測量美術で雇用創造

13345_エムアールサポート_2
編集部 

「ジャパンSDGsアワード特別賞」を受賞した貴社の「測量美術」について教えてください。

森さん
測量美術は、測量(地理情報)の概念に、美術の「表現・価値観の提供」という特性を加えたものです。
その特性は、工事測量の仕事で足りなかった「伝える」という部分を補うものとなりました。

編集部
具体的にどのような技術を加えたのか教えてください。

森さん
例えば「情報の見える化」です。
これまで白黒の線のみで描画されていた図面情報を、デジタル芸術・CGアートなどで用いました。
その結果、道路上のひび割れや、凸凹の情報が一目で分かる「必要な情報に特化した特殊な写真データ」になりました。
実際の道路上で調査していた工程を、地図上で全ておこなえるようになったのが特徴です。

編集部
調査のために現場に行く必要がなくなったのですね!

森さん
「測量美術」では、ビジュアライズされた地図データ生産をおこなう「新しい働く場(雇用創造)」という価値も創出できました。
これまで足や腕が不自由な人、発達障害の人や高齢となり瞬時の判断が難しくなった人は調査に加わることが難しいとされていました。
しかし測量美術は地図上で行われるため、調査に参加できる効果を生んだのです。

誰一人取り残さない!『エムアールサポート』の就労継続支援

13345_エムアールサポート_3
森さん

「測量美術」では、ICT(通信技術を使って、人やインターネットとつながる技術)にも触れられます。
昨今の社会課題となっている、デジタルデバイド(ICTを使える人・使えない人の間に生まれる情報格差)への対策に繋がっています。

編集部
デジタル機器に慣れていない方に対しては、どのような工夫をされましたか。

森さん
オリジナルのマニュアルを作成しました。
私自身、ページが多い分厚いマニュアルに苦手意識があったのです。
工程ごとに細分化されたマニュアルは、全てが10ページ以下という「拒否感なく、手に取りやすい大きさ」を意識しました。
また未経験がたくさんある多様な障がい者さんに、マニュアルを使用して仕事をレクチャーしました。
結果、全ての方がやりがいをもって仕事に取り組めるという理由で人気の仕事になっています。

編集部
どのような方でも取り組める仕組みとなったのですね。

森さん
このマニュアルは、就労に関する課題があれば常に更新しています。
例えば言語の壁がある場合、外国語に翻訳したマニュアルを作成しました。
今後も現場に合ったマニュアルで、さらに強力な「より働きやすい労働環境」を目指します。
また私は今、若い世代へこの考え方と効果を「伝える」ことに熱心に取り組んでいます。
私の命は永遠ではないので、私が役目を終えた後でも「誰一人取り残さない」を続けたいです。
「伝える」ことは、私の知らない未来においても「誰一人取り残さない」ために必要だと考えています。
伝統という言葉もありますが、そのような想いがいずれ無形の伝統になればと願っています。

SDGsに取り組んだきっかけは、悩みの「自分ごと化」

13345_エムアールサポート_4
編集部

どのようなきっかけで、SDGsの取り組みをはじめたのでしょうか。

森さん
きっかけは、就職氷河期の経験でした。
私は演劇や美術、伝統産業などで培った技術と経験があり、非正規雇用ながらも働くことはできました。
しかし今なお就職の課題に悩んでいる方々もいます。実際にそういう同級生も多数います。

編集部
自分と同じような悩みを持つ方が、周囲にもたくさんいたのですね。

森さん
自分の体験した状況を“日本中”に当てはめると、今も「悩み」がそこら中にある状況だと認識できます。
悩みを抱える人がそこら中にいるという事は、私みたいな人も多いといえます。

編集部
「自分ごと化」する考えによって、SDGsが掲げる目標解決への想いに繋がったのですね!

森さん
私の役目は、SDGsへの興味がある方にもそうでない方にも広く発信することです。
発信をおこなえば、私一人では得られない成果を多くの人と寄り添いながら生み出せると思います。
SDGsという世界的なアクションは、みんなで協力すればきっとできると確信しています。

「自分ごと化」はここにも!「測量美術」の開発背景

13345_エムアールサポート_5
森さん

私は非正規雇用で当社に入社しています。
未経験でしたが、土木業界が人手不足だったこともあり採用されました。
当社の業務内容は、土木工事の経験・専門知識がない方には難しいです。
そのため仕事を通じて得た土木知識をもとに、特殊な職人的ノウハウをICTのシステムに落とし込んで作業効率化を図りました。
未経験からスタートした経験を活かし「初心者がプロと同じような作業ができる勉強方法やノウハウ」を少しずつ蓄積し体系化したのです。
その結果、体系化したノウハウ集により、未経験者でも入社後30分ほどで高度な業務に携われるようになりました。

編集部
後から入ってきた社員が、自分と同じ悩みを持たないように工夫されたのですね。

森さん
これは当時、私が抱いていた「仕事を正確に教えて欲しい」という思いを叶えるものになっています。
さらに仕事を教える人の負担を大幅に軽減する事にも繋がりました。

編集部
「自分ごと化」して考える森さんならではのアイデアですね!

「何かあったら教えて」!それは改善の宝物。原体験から大切にする想い。

13345_エムアールサポート_6
編集部

社内に向けたSDGsとして、大切にされていることはありますか。

森さん
スタッフや従業員の関わる業務の全てに「とりあえず、何かあったら教えて」と徹底して伝えました。
「何かあったら」が全ての起点になっています。
例えば画面・色が少し見にくいも「とりあえず何か」です。
このような気づきや発見は、システムや工程の改善の元になる宝物なんです。
また実際に私も同じ作業も行い、言語化できない課題を拾い集めました。
発見を反映して「測量美術」の手法は少しずつ少しずつ強化され、SDGsアワードの評価に繋がったのだと思います。

編集部
取締役になった今でも、自ら現場の声を積極的に聞くための行動をされているのですね。

森さん
綺麗に整頓された報告書は、脈拍のような小さな振動は見逃されてしまいます。
本当は現場の声に課題の本質があるかもしれないのです。
それを「聞く」「寄り添う」ことを重視しています。
SDGsの推進には、責任者自身が「声」や「振動」にも寄り添って触れることが必要なのです。

個性や資質に合った働き方を!ジェンダーフリーな職場

13345_エムアールサポート_7
編集部
貴社はジェンダーフリーな職場だとお伺いしました。
なぜこのような採用が実現したのでしょうか。

森さん
能力や肩書よりも「この企業で働きたい」という願いこそが貴重だと考えています。
スキルは後からいくらでもついてきます。
当社では、就職説明会等でよくある「◯◯な人材を求めている」という採用条件をあえて掲げていません。
働きたいならどなたでもウェルカムという姿勢です。
その結果建設業では珍しく、「半々の男女比で、むしろ女性の方が少し多い」現在の職場が誕生しました。
そうして集まった皆が当社の戦力として、誰一人欠かせない存在になっています。

ありふれた要求の解決が全てSDGsにつながる!森さんからのメッセージ

13345_エムアールサポート_8
編集部

就活生や転職を考えている方に向けて、メッセージをお願いします。

森さん
仕事でやりたいことが今すぐに実行できない環境にいる人も多いのではないでしょうか。
ですが自分の中で「やりたいこと」さえあれば、あなたの想いは実現できると思います。
私自身は「なんとか普通の生活したい」が今の仕事をスタートしたきっかけでした。
私の過去の想いは、社員メンバーの「なんとか普通の生活がしたい」を叶えるものになりました。
今、就労継続支援事業で働く障がい者さんの薄給(時給にして150円)が社会問題になっています。
普通の給与すらない「普通ではない環境」が今の障がい者労働の現実です。
健常者と同じ仕事が出来る職場に採用されれば、時給1,000円超の一般的な給料を入手できます。
当社では、「測量美術」の活動で、障がいがあっても健常者と同じように働ける環境を作り、実態の変革を果たしました。
「こうありたい」と願うことこそが全てSDGsに繋がると思います。
あなたの要求は、同じような誰かの要求にきっとリンクしているでしょう。
あなたの選んだ仕事とその改善は、世界のどこかで必ず同じ幸せを生むと思います。
どの仕事が良いという事は無いです。
あなたの選んだ、「ピンときた」職場こそ世界中の幸せにつながる扉だと思います。
辛い事もあるかもしれませんが頑張ってください!


エムアールサポートには、森さんの「自分ごと化」から生まれた工夫やSDGsの取り組みがたくさんありました。

森さんは今、休日活動として「子供たちの学び場」創る寺子屋活動にも力を入れていらっしゃるそうです。

より深く知りたい方は、株式会社エムアールサポートをぜひチェックしてみてください。

▼JobQのSDGs特設ページはこちら!

SDGsへの取り組み | JobQ[ジョブキュー]

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事の企業

  • 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺広道町7番地9
  • 建築・建設・設計・土木
  • Q&A0件
測量調査・測量美術・ICT舗装修繕・文化財計測・ソフトウェア制作

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す