日本の大企業は優秀な社員がいるのに何故業績が良くないんですか?

1099

なぜ日本の大企業は優秀な人材が集まりやすいのに良い結果が出ない企業が多いのでしょうか?
自分はとある大企業のグループ会社で働く新社会人です。
最近まで親会社と合同のグループ研修を行なっていました。親会社の新入社員は皆、頭が良くしっかりとしたコミュ力を備えている人ばかりです。
そこの会社のお偉いさんの話を聞くことがあったのですが、その人達も決して無能ではない有能そうな人達でした。
こんなに人材がいてなぜこの会社の業績は振るわないのかと不思議に思いました。

大手企業業績

ユーザー名非公開

回答 9件   応援 0

結果が出せていないのであれば優秀な人は居ないが正解では?

優秀と結果の定義があやふやですが、結果をお金稼ぎと定義した場合、ビジネスが下手なのだと思います。

優秀な人ばかりとご質問者様がおっしゃるという事は、似た様な人ばかり集まっており多様性に欠けている可能性はありませんか?

生物的にも組織的にも変化に対応できるものが強いと考えます。

ユーザー名非公開(質問者)

言われてみると同じような雰囲気の人が多かったです

ユーザー名非公開1

ベンチャーと大企業、両方で働きましたけど、
しがらみ、組織の力関係、などで無駄な会議や無駄な書類作っていて仕事にスピード感がないですね。

ベンチャーなら社長に相談、やればいいじゃんの一言で始められる時もあります。そのあとに稟議とか諸々書類とか。


失敗しても大損害にならないならやってよ、元々何もないからというのがベンチャー、
失敗しても大損害にならないけど、評価が下がるし、誰が責任とるの?
利益下がったらどうするのとか守りに入るのが大企業。
守りに入って現状維持すると評価は上がらないが下がらない。新しいことをして失敗すると評価が下がる。


大企業トップと新卒は優秀ですよ。中間が…、もちろん優秀な人もいますよ。
これはベンチャーでも同じですけど、ベンチャーはトップと社員の距離が近いから腐りにくいのかな?とも思います。

ユーザー名非公開(質問者)

組織的に非効率になると事なかれ主義になるものなんですね

ユーザー名非公開2

外資で働いていて、いわゆる日本の大企業の人間と競合しますがそんなに優秀だと感じたことはないです。脅威に感じたこともないです。ただ製品は良いですね。何をもって優秀かはわかりませんが大企業以外にも優秀な人間は多いですよ

ユーザー名非公開(質問者)

自分は自分やその周りの人のみと本社の人を比べてましたが、大企業の人達はグローバルエリートととの競争に勝つ必要は確かにありますね。ありがとうございます

ユーザー名非公開3

各人の役割を全うしていれば、戦略をたてて実行できているはずです。結果がついてきていない場合は、分析をしていなかったり、時代にあっていなかったり、季節によって違ったりするなど、優秀だから大丈夫、ということでもない。


会社の業績と世界は繋がってますから。

ユーザー名非公開(質問者)

目の前の仕事を上手く処理する力と戦略を練る能力はまた別なのかもしれませんね

ユーザー名非公開4

結果を出せないのに優秀?日本は政治もさることながらビジネスも古臭いです。インターネットという垣根がないビジネスをやるのにすら日本しかターゲットにできなかったり、自ら可能性を狭めている様は滑稽です。
日本は無益なヒエラルキーによって無能なおじさんが権限だけもって古臭い考えをチームに押し付けます。社会に大きな影響を与える政治家が世襲制でバカばかりだからこんなバカな国になったのも仕方ないかもしれません。

ユーザー名非公開(質問者)

「結果を出せないのに優秀なのか?」これ結構他の人にも言われました笑 そこも含めてじっくり考えてみたいです

小さな会社を経営しております。プログラマーです。

多くの会社で、業績を最大化しようとはしてない、というのがあると思います。単年度の業績の向上より景気の動向に左右されずに売上が下がっても生き残れるようにしようという会社のほうが多いかと思います。

以前、いくつかの「属人性を排する」というシステムの導入を手伝いました。大企業は人が入れ替わっても仕事の質が変わらないようにしてるわけですけど、当然のことながらそれは下とか中間に合わせて誰でもできるようにするということですので、ほとんど全員の能力を余らせることになります。
そして、そんな単純化された作業は優秀な人にやらせても結果が何倍にもなったりはしません。

非正規雇用で業績が落ちた時に人員を削減できるようにしつつ、どの部分を切っても業務全体が止まらないようにしてるのですよね。

確かに優秀な人材を含めた経営資源をそこに使うのはなんだか間違ってるとは思います。

ユーザー名非公開(質問者)

確かに「誰がやっても一定の成果を出す組織」というのは1つの理想ではあるんですけど、そのシステムは変化する時代への適応力や業績を大きくあげることには繋がらないのかもしれません。
今まで思いつかなかった考えなので非常に参考になりました

ユーザー名非公開5

敵も味方も優秀だから
後ブレイクスルーがしづらいね

ユーザー名非公開(質問者)

確かにゆっくり自分の会社の未来について考える暇は無いかもしれません

ユーザー名非公開5

考える必要もないしね
自分に価値が出来たらキャリアアップすればいい
全体的に落ち目とは言っても優秀な会社、環境は腐る程ある

ユーザー名非公開6

過去の成功体験に囚われているからだと思います。

新しい、イノベーティブなアプローチを積極とれない社風が邪魔してますね。

ユーザー名非公開(質問者)

過去に成功した事業に適した企業構造になってると事業転換は難しいでしょうね

ユーザー名非公開7

良い結果が出せている会社は沢山ありますが、良くない会社の結果が目立っているとは思います。

根本的な原因を上げるとしたら、下記だと思います。
・過去実績と安定性を重視する点
・年功序列的な就社的なシステム
・過度な品質意識
(業績悪化時でも、最大限従業員/会社を救うのが習慣的かと思います → これも元凶の一つです)

また規模が大きな会社にて、ビジネスモデル自体が難しくなった時、それを転換するのは非常に難しいです。(規模が小さければ簡単に転換先が見つかるかもしれませんが、規模が大きいと転換先の開拓が難しいです) → この点、海外も同様です

要は、"利益を出し続ける"のは思っている以上に難しい事で、「利益を最優先したスリム型の会社(IT企業など)」 or 「相当優位な権利がある会社(テレビ局など)」じゃないと難しいという事です。

ユーザー名非公開(質問者)

お話を聞いて、大企業でも会社に依存するのではなく個人のスキルを磨く必要性はやはりあると思いました。先々のことを考えながら色々チャレンジしていきたいです

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー