• HOME
  • 転職
  • 個人の転職エージェントを利用するメリットとデメリットはなんですか?

個人の転職エージェントを利用するメリットとデメリットはなんですか?

23

個人の転職エージェントを利用するメリットとメリットはなにがあるのでしょうか。

転職を成功させるには求人数やノウハウをしっかり持っている大手の転職エージェントを利用した方が良いのでは?と思っているのですが、大手ではない個人の転職エージェントにはどんな強みがあるのでしょうか。

大手の転職エージェントは担当者1人に対して多くの転職希望者がいるので、担当者が少ない個人の転職エージェントの方が丁寧にサポートしてくれるのかな?と思ったりしています。

個人の転職エージェントを利用するメリットとデメリットを知っている方がいましたら、ご回答よろしくお願い致します。

転職転職活動転職エージェント

ユーザー名非公開

回答1

ユーザー名非公開1

【大手エージェント】 多くの場合求人を獲得する法人側...

続きをみる
【大手エージェント】 多くの場合求人を獲得する法人側と、求職者と面談を行う個人側のポジションが存在します。 いわゆる「片手型」と言われるモデルですが、質問者の方のおっしゃる通り求人数やカウンセリングノウハウが蓄積されやすいです。ただし、アドバイザーの数も多く1~2年目の経験の浅い方が担当になる場合もあるため、本当に合わない場合は担当変更を申し出るなどの煩わしさがあります。また、マッチングは多くの場合で機械的なマッチングなので、求人は豊富ですが本当に求職者に合った求人かどうかは、アドバイザーの手腕に大きく左右されます。 【個人エージェント】 個人エージェントの場合は企業担当・個人担当の分類はなく、一人の方が全てを行っています。これは「両手型」と言われます。両手型の強みは、マッチング力の高さです。片手型と異なり、両方を同じ人間が担当しているので企業側と求人の話をしながら「この求人ならあの人に合いそうだな」や求職者と面談しながら「この人ならあの求人が合いそうだ」という事ができます。また、個人エージェントの場合企業の人事ではなく、経営者とつながりを持っている人も多くいます。人事では書類上で落とされてしまう方も、経営者にプッシュできれば通過する可能性が出てくる場合もあります。 半面、大量の求人を抱えているわけではないので希望する求人に出会えない可能性もありますので、ある意味運要素が絡んでくる事も事実です。 最後に注意点として、個人エージェントの場合はその個人がどんな経歴かをチェックした方が賢明です。人材業界出身者なら特に問題ないかと思いますが、稀に全くの他業界から個人エージェントを始める方もいらっしゃいます。そういった方の場合、出身業界の企業に対してのつながりは強いですが、書類・面接対策などの選考フォロー体制が弱かったりすることが多いです。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料