4月に新卒でベンチャー企業に入社しました。仕事のできる人ってどんな人ですか?また、どうやったら仕事のできる人になれますか?

129

4月に新卒でベンチャー企業に入社しました。
社会人の先輩であるみなさんに質問です。
みなさんにとって仕事のできる人ってどんな人ですか?また、どうやったら仕事のできる人になれますか?
社内の先輩からは「スピード感を持って相手の立場を考えながら仕事ができる人」が仕事のできる人、そうなるためには、「とにかく量」と言われているのですが。
ぜひみなさんの意見を伺いたいです。

スキルアップ

ユーザー名非公開

回答 2件   応援 2

そもそもベンチャーの規模感によって求められるのは違うと感じます。
ある程度規模がある会社ならば、しっかり先輩の話を聞いて咀嚼して、対応する。困ったら相談する。ベタですがホウレンソウがちゃんと出来るかです。

下手に自分で最終的な判断をしないこと、
「自分は◯◯と思っているのですがどうですか?」と聞けるようになれば先ずは合格だと思います。

これがスタートアップベンチャーだと話は変わってきます。教えてる余裕もないので失敗して学んでいくしかありません。

確かに量をこなすことで、判断が出来るようになると思いますので間違えでは無いと思います。その時に「何故その判断をしたか」を明確に説明できるようになって欲しいですね。

ユーザー名非公開(質問者)

@sunsun33: さん、回答ありがとうございます。大変勉強になりました。

50人程度のベンチャー企業になります。
おそらく前者のタイプの会社なのですが、スタートアップ感、ベンチャースピリットを忘れないようにということで先輩はアドバイスをくれているのだと思いました。
チャレンジする気持ちを忘れずに、ただ先輩方に助けてもらいながらがんばります。

ご入社おめでとうございます。

プログラマーには3大美徳というのがありまして・・

楽をするためだったら何でもやる怠惰。
じっと待ってられない短気。
自分の仕事に高い自尊心を持つ傲慢さ。
の3つです。

怠惰って実際できる人によく見られる傾向です。何かができるってことは「なにをしなくていいか」を知ってるということなんです。
短気はどうでしょうね。意味はわかりますが、実際はまちまちな気がします。
プライドと同義の傲慢さは、完璧主義に通じていて、これまた頭のいい人には多いのですけど、長期的にチームと個人の心身の健康を考えると、尊重はしてもそこそこにしておく必要があります。

量をこなす?怠惰さが足りないですよ!

あと、瞬時にいろいろな問題点を見つけ出す天邪鬼な皮肉屋という要素もあります。

ユーザー名非公開(質問者)

@jobq53238: さん、回答ありがとうございます。
プログラマーの方にはそんな美徳があるんですね。知りませんでした…
怠惰のお話ですが、怠惰になれるように、何かができる=「なにをしなくていいか」を知ってる状態になれるようにまずは量をこなしなさいという解釈にも取れると思うのですがいかがでしょうか?

お好きなようにしてみるのがいいかと思います。
お若いうちはがむしゃらに働いてみるのもいいかもしれません。

私の考え方は多数派ではありませんけど、マネジメントとは稀少なリソースの配分を行いスループットを最大にすることと教科書通りの解釈をしております。多くの人は稼働率最大化・・業務時間中に休んでいる人がいない状態にする・・を目標にしてマネジメントしています。

重要なポイントにいるわけでもない若者がそんな量をこなしちゃ全体の効率を失うので、早く帰って勉強でもしてろ、としか思わないです。

HOMEスキル4月に新卒でベンチャー企業に入社しました。仕事のできる人ってどんな人ですか?また、どうや...
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー