13269_エムステージ_サムネイル

健康も働きがいも!エムステージが目指す「持続可能な医療の未来」

『株式会社エムステージ』について広報担当の武田さんに取材!創立時から引き継がれている「持続可能な医療」への想いや、社員に向けたSDGsの取り組みについて気になるポイントをお聞きしました。

企業と医療の現場に事業を展開!エムステージに注目!

13269_エムステージホールディングス_医療と企業_1.jpg

JobQではSDGs目標8「働きがいも経済成長も」の視点から、社員に向けたSDGsや「働きがい」に取り組む企業を取材していきます。

今回ご紹介するのは、『株式会社エムステージ』です。

「企業の産業保健を支える」「医療従事者と医療機関を結ぶ」「医療機関の経営課題を解決する」の3つの領域から、企業と医療の現場の双方に働きかける事業を展開し、医療の未来を切り拓くことを目指しています。

この記事では『株式会社エムステージ』について、広報担当の武田さんに詳しくインタビューをしていきます!

エムステージが目指す「持続可能な医療の未来」とは

13269_エムステージホールディングス_持続可能_2.jpg

編集部
貴社の事業について教えて下さい。

武田さん
私たち『株式会社エムステージ』は、「すべては、持続可能な医療の未来をつくるために」をビジョンとして、法人向け産業保健支援、医療人材サービスを提供しています。

編集部
近年働く人のメンタルヘルスに、目を向けられることがあります。
これについて貴社では、どのような事業をされていますか?

武田さん
労働者が健康的に働くことができる社会を実現するため、2016年から産業医のご紹介などの産業保健支援事業をスタートしました。
少子高齢化社会において医療制度を持続させていくには、労働者の働き方を改善し、健康状態を保つことが大切だと感じたからです。
一方で企業から「どのように活動を進めていいのか分からない」という声も多くありました。

編集部
活動を推進するためのノウハウを持っていない企業が多かったのですね。

武田さん
そこで私たちは専任カスタマーサポートによる、各社の課題に合わせた産業保健活動支援の事業に力を入れました。
産業医・企業担当者の間にコーディネーターとしてのカスタマーサポートが入り、「産業保健チーム」を構築することで、負担を軽減しつつ意義ある活動を実現しています。

編集部
医療人材サービスでは、具体的にどのような支援をしていますか?

武田さん
医療従事者の転職・アルバイトの求職支援をしています。
その中で医療者の柔軟な働き方のサポートや、医療機関における人材不足の採用課題について解決を目指しています。
例えばフルタイムの勤務は難しいけれど、キャリアを続けたいと願う子育て中の女性医師や、定年後の医師へのサポートです。
その場合は無理なくキャリアを継続できるように、非常勤の働き方で支援をしています。時短や週3日勤務、単発のアルバイトなどをご提案します。

編集部
多様性のある働き方を支援されているのですね。

武田さん
またフルタイム勤務の医師の「専門性を高めたい」「ワークライフバランスを改善したい」といったニーズに対しても支援を行っています。ひとりひとりの希望に合わせた雇用条件が実現できるよう、医療機関と交渉してアレンジをしています。
今や女性医師も仕事をし、男性医師も家事育児が当たり前という社会です。
これまでは医師の使命感で、医療は長時間労働の中で行われてきました。
しかし医師においても、質の高い医療を継続して行うために働き方改革が必要であるという意識変革のフェーズにきていると思います。

医師の多様な働き方を支援!代表杉田の想い

13269_エムステージホールディングス_多様な働き方_3.jpg

武田さん
弊社は2003年の創業以来「持続可能な医療の未来」をテーマに掲げて、取り組み続けています。

編集部
SDGsが掲げられた2015年より前に、「持続可能な社会」に向けて取り組んでいたのはなぜですか?

武田さん
もともと医療のコンサルティング会社で働いていた、代表の杉田雄二の想いがあります。
当時の医療機関では、当直(夜間帯の勤務)のあるフルタイムの「常勤」が基本でした。
そのため過重労働に疲弊する医師や、子育との両立に悩む女性医師の姿を目の当たりにしました。
そこで誰もが安心して医療を受けられるように、医師の多様な働き方を可能にしようと考えました。
全ての医師の最大限能力が活かせる社会を創出するために、起業を決意したのです。

編集部
具体的にどのようなサービスが生まれたのでしょうか。

武田さん
例えば常勤雇用のマッチングを担う「Dr.転職なび」だけでなく、非常勤雇用のニーズを創
出する「Dr.アルなび」などがあります。
また労働者の働き方を改善し、医療にかかる人を減らすことで少子高齢化社会において医療制度を持続させていくため、企業向け産業保健支援事業もスタートしました。

誰もが安心して働ける職場を!SDGsへの取り組み

13269_エムステージホールディングス_安心して働ける職場_4.jpg

編集部
SDGs達成に向けてどのような取り組みをしていますか?

武田さん
先ほどお伝えした企業・団体の産業保健や医療者の多様な働き方支援、医療機関の採用に関わるサービスは、SDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」、5「ジェンダー平等を実現しよう」、8「 働きがいも経済成長も」などへの寄与を目指しています。
ただSDGsの目標の中には、私たちの事業では現状カバーしきれていない領域があるのも事実です。
目標1「貧困をなくそう」16「平和と公正をすべての人に」などの領域では、NPO・NGO団体を支援することで、SDGsの目標への貢献を目指しています。

編集部
具体的にどのような支援をされていますか?

武田さん
支援として「マッチングギフト制度」を実施しました。
弊社にはサービスを利用していただいたお客様が、ポイントを貯めて寄付できる仕組みがあります。そのお客様からいただいた寄付に加えて、寄付額の同額をエムスエージからも寄付をするという制度です。
今年度は『国境なき医師団』、『世界の子どもにワクチンを』、『ジャパンハート』にお客様の寄付とエムステージの寄付を合わせて総額126万円を寄付しました。

編集部
貴社の事業領域に留まらないSDGsの取り組みはとても素敵ですね!

健康も働きがいも!社員への手厚い制度に注目

13269_エムステージホールディングス_手厚い制度_5.jpg

編集部
貴社のスタッフや従業員に向けたSDGsの取り組みについて具体的に教えてください!

武田さん
SDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」については、健康増進達成手当を設けています。
内容としては非喫煙やBMI標準値(健診結果より)などの弊社が指定する健康増進の条件を達成した場合、毎年3万円支給される手当です。
さらに「健康増進達成ボーナス」として、非喫煙者限定でオプション健診費用の負担もしています。
喫煙者には最大6万円の禁煙支援を行っています。

編集部
自分から積極的に健康増進に取り組みたくなる制度ですね!

武田さん
衛生委員会の開催、ストレスチェックの実施と高ストレス者判定、面接指導など産業保健活動の推進も行っています。
従業員の健康を支えるため、従業員が50人未満の頃から産業医を選任してきました。
ストレスチェックも受検率は毎年100%です。
また行動の評価に規定内残業時間の遵守や、有休取得50%以上などを組み込んでいます。
制度として導入することで、生産性にこだわる健康な働き方を推奨する、という企業の強い意思を伝えられます。
その他は徒歩通勤者への近距離手当、PCメガネ補助、お昼寝もできる和室など制度や環境を整えているのも特徴です。

編集部
「働き方」について取り組んでいることはありますか?

武田さん
社員が自身の働き方を「総合職」「エリア総合職」「限定総合職」の3種類の中から選べる制度があります。
1年に2度申請することが可能で、ライフステージやライフイベントに合わせ柔軟に働き方を選択できます。
社員からは「子育てをしていてもマミートラックに載せられることなく、総合職としてやりがいのある仕事が続けられる」、「病気を抱えているが、無理をせずに働けるので正社員としてやりがいのある仕事を続けられている」といった声がありました。
もともとは子育て層が増えてきたことをきっかけにできた制度ですが、全員が利用できるようにしたことで、社員間の不公平感は生まれず、利用者も引け目を感じにくいです。
その結果社員は気兼ねなく、好きな働き方を選べるようになりました。

3年連続で健康経営優良法人認定を取得!持続的な活動に注目

13269_エムステージホールディングス_健康経営優良法人認定_6.jpg

編集部
SDGsの取り組みを行って、社内ではどのような変化がありましたか?

武田さん
私たちはSDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」を中心にコミットしています。
その中でクライアントにその意義を伝えるために、社員自身で率先して取り組んでいるのが変化のひとつです。
健康に気を付けて生産性の高い働き方を実現したいと、ランニングやダイエット、禁煙に取り組んだり、多忙な業務の中で定期的に休んでリフレッシュすることを意識して働いています。
企業としてはいつも同じ「通常の状態」を保てていることが、成果だと感じています。
目に見えにくい成果ですが、持続的な事業運営・事業成長を成し得るためにとても重要です。

編集部
最後に、メッセージをお願いします。

武田さん
『すべては、持続可能な医療の未来をつくるために』をビジョンに掲げて、医療従事者の多様なキャリア支援、人材面からの医療機関の経営支援を行っています。
産業保健支援では、予防医療の観点で健康的に働き続けられる人を増やし、企業の生産性向上につなげていきたいです。
社会課題の解決に意思をもって取り組みながら、私たちひとりひとりの持続可能性も追求するために、生産性にこだわり当事者意識高くチャレンジを続けていきたいと思います。


取材を終えて『株式会社エムステージ』は、社外だけではなく社内からSDGsに取り組む意識が非常に高い会社だと感じました。

特にSDGsが掲げられる前から、「持続可能な」医療に向けた実現に目を向けていたというのには驚きです。

より深く知りたい方は、
株式会社エムステージをぜひチェックしてみてください。

 

株式会社エムステージ
株式会社エムステージHPはこちら!

▼JobQのSDGs特設ページはこちら!

 

SDGsへの取り組み | JobQ[ジョブキュー]

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事の企業

  • 東京都品川区大崎2丁目1番1号ThinkParkTower5階
  • 人材
  • Q&A0件
■事業内容: ・人材総合サービス事業…採用コンサルティング、求人情報サイト運営、人材紹介(厚生労働大臣許可13-ュ-010928)、医師のリスクマネジメント&ライフサポート ・企業向け産業医サポート事業…導入・産業保険業務コンサルティング、業務管理システム提供 ・経営支援事業…業務支援システムの販売、運用管理 ・マーケティング、メディア事業…情報メディ...続きをみる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す