【源泉徴収票とは?】種類や確定申告についてなどご紹介しますの画像

【源泉徴収票とは?】種類や確定申告についてなどご紹介します

皆さん、「源泉徴収・源泉徴収票」についてご存知でしょうか?源泉徴収とは、給与や報酬を支払う側があらかじめ税金を差し引き、差し引いた税金を国に納める制度のことで、その際、給与や報酬額および差し引いた税額などが記載された書類を、源泉徴収票と呼びます。今回は源泉徴収票の種類や確定申告が必要な方についてなど、詳しくご紹介します。

源泉徴収票について

皆さんは源泉徴収や確定申告について正しく理解していますか?

この記事では、源泉徴収や確定申告の基礎知識を確認したのちに、確定申告の源泉徴収票について詳しく説明します。

まずは、源泉徴収票の概要とその種類について紹介します。
 

源泉徴収票とは

そもそも源泉徴収とは、給与や報酬を支払う側があらかじめ税金を差し引き、差し引いた税金を国に納める制度のことです。

その際、給与や報酬額および差し引いた税額などが記載された書類を、源泉徴収票と呼びます。

給与や報酬を支払う側は源泉徴収票を2通作成し、翌年の1月31日までに1通を税務署長、もう1通を源泉徴収を行なった従業員に交付します。

これは法律により定められています。
 

源泉徴収票の種類

源泉徴収票は、支払いを受ける所得の違いなどによって3種類に分けることができます。

1.給与所得の源泉徴収票

1月1日から12月31日までに支払われた給与などの支払い金額や、所得税などの源泉徴収額が記載されています。

会社から給与を得ている方は、一般的にこの種類の源泉徴収票を受け取ります。

こちらの源泉徴収票は年末調整の計算後に発行されます。

毎年12月に年末調整の計算が終了した後に源泉徴収票が発行されます。

これは、年末調整の最終報告書のような役割を持ちます。
 

従業員が受け取るものとは別に、税務署に1部、市区町村に2部提出されるため、会社は従業員一人あたり計4枚の源泉徴収票を作成することになります。

また、従業員が退職した場合には、従業員の退職時に1月1日から退職時点までの給与に基づいた源泉徴収票が発行されます。

受け取った源泉徴収票は、年内に就職することがなかった場合には確定申告で、一方就職した場合には次の職場での年末調整で使われます。

2.退職所得の源泉徴収票

退職手当などの支払い金額や所得税の源泉徴収額が記載されています。

退職日から1ヶ月以内に会社から交付されます。

3.公的年金などの源泉徴収票

1月1日から12月31日までに支払われた公的年金などの支払い金額や所得税の源泉徴収税額が記載されています。

支払いを受けた翌年の1月31日までに交付されます。

関連相談

確定申告について


確定申告とは

ここまでで何度か確定申告という言葉が出てきましたが、確定申告について正しく理解しているでしょうか?

確定申告とは、所得にかかる税金(所得税および復興特別所得税)の額を計算し、税金を支払うための手続きのことを指します。

個人の所得の計算期間は1月1日から12月31日の1年間で、確定申告書や決算書などの必要書類を揃えて決まった期間に税務署に申告・納税する必要があります。

申告・納税の期間はおおよそ2月の中旬から3月の中旬です。

この場合、人によって確定申告を行うことで納め過ぎた税金が還付金として手元に戻ってくることがあります。
 

確定申告が必要な人

確定申告が必要な人は以下の通りです。

  • 配当所得があった人
  • 不動産所得があった人
  • 事業所得があった人(個人事業主)
  • 給与所得があった人(サラリーマンでも確定申告が必要な場合があります)
  • 退職所得があった人
  • 譲渡所得があった人
  • 山林所得があった人
  • 一時所得があった人
  • 雑所得があった人(年金や事業的規模でない副業による所得などがある場合)

個人事業主の場合は、自らの事業による所得を計算して確定申告を行う必要があります。

確定申告をしないで放っておくと、本来納めるべき税金に加えて加算税や延滞税を納めなくてはならなくなり、納税金額が結果的に高くなります。

また、サラリーマンでも確定申告が必要な場合があるため、注意が必要です。

会社員の中でも高額収入の方やマンションやアパートを経営されている方がそれに該当します。

また、病気や怪我で入院や治療をした方は医療費が10万円を超えている場合に確定申告をすると、医療費控除の対象になります。

なお、所得とは収入金額から経費を引いた金額です。

例えば事業による売り上げが900万円、人件費などの経費が600万円であった場合、残りの300万円が事業所得とされます。

関連相談

源泉徴収票等は確定申告書への添付不要


給与所得の源泉徴収票等は確定申告書への添付が不要になった

さて、2019年度の税制改正大綱では、給与所得の源泉徴収票など一定の書類の確定申告書への添付が不要になりました。

これは、2019年4月1日以降に提出する確定申告書に適用されます。

以前は、e-taxを利用して所得税の確定申告書を提出する場合、給与所得、退職所得、公的年金などの源泉徴収票や、生命保険料の控除証明書などの第三者作成書類については、それらを税務署に提出することは省略することが認められています。

しかし、紙での申告の際には、それらの書類の添付や提示が必要とされています。
 

添付が不要となった書類

源泉徴収票の他に、紙ベースでの申告において添付不要となる他の書類は以下のものがあります。

  • 給与所得、退職所得及び公的年金等の源泉徴収票
  • オープン型証券投資信託の収益の分配の支払通知書
  • 配当等とみなす金額に関する支払通知書
  • 上場株式配当等の支払通知書
  • 特定口座年間取引報告書
  • 未成年者口座等につき契約不履行等事由が生じた場合の報告書
  • 特定割引債の償還金の支払通知書
  • 相続財産に係る譲渡所得の課税の特例を適用する際の相続税額等を記載した書類

注意すべきこと

以上、2019年度以降の確定申告の際、源泉徴収票をはじめとして複数の書類の添付が不要となりました。

ここで注意しなくてはならないことの一つとして、確定申告書に源泉徴収票などの内容を記載する必要があるため、確定申告書第二表などに必ず記載することです。

またそれに加え、税務署などで確定申告書を作成する場合には源泉徴収票などが必要であるため、忘れないようにしなくてはなりません。

関連相談

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以上、源泉徴収や確定申告の基本と、源泉徴収票に関する新しい法律に関して紹介しました。

なんとなく源泉徴収や確定申告について理解している方も多いと思いますが、今回の税制改正をきっかけに見直してみても良いかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事に関連する転職相談

副業で確定申告しなかった場合はその後どうなりますか?

副業で収入を20万以上稼ぎました。  確定申告をしなくてはいけません。 ですが、正直経費など色々と面倒です。  ただ確定申告はしなかった時のリスクが気になります。  確定申告をしなかった場合、その後どうなりますか? ご回答お願い致...

副業での収入は20万未満なのですが確定申告しない場合会社にバレますか?

フリーランスで本業とは別に副業として働いています。  大体、13万くらいの収入でした。源泉徴収は貰っています。これは年収20万以下なので、確定申告はしなくても良いと聞いています。 確定申告しない場合、会社の方にバレたりする可能性はありま...

本業と副業で同じ給与所得なのですが確定申告時に税金はいくらかかりますか?

会社に勤めながらアルバイトもしています。  副業としてアルバイトをやっていて、月の給与が10万ほどです。  年間通して見ると本業が年収500万で副業が120万です。 本業と同じ給与所得で働いていますので、源泉徴収票などは貰っています。 税...

副業の確定申告の時に家賃や光熱費は経費の一部に含めることは可能でしょうか?

副業は家賃や光熱費を経費として含めることは可能でしょうか? 基本的、副業は在宅でやっているので、経費として落ちるのではないかと考えているのですが、どうなのでしょうか? また経費と認められるものは、どんなものですか? 今回が初めて...

転職先に給与明細と源泉徴収票を提出するのはなぜですか?

転職先に内定した場合、直近の給与明細と源泉徴収票を要求されると思うのですかこれらは何の為に利用されるのでしょうか? 私は、休職歴がありそれが内定に悪影響が出ないか心配です。

転職先に給与明細と源泉徴収票を提出するのはなぜですか?

転職先に内定した場合、直近の給与明細と源泉徴収票を要求されると思うのですかこれらは何の為に利用されるのでしょうか? 私は、休職歴がありそれが内定に悪影響が出ないか心配です。

ディレクターはどんな仕事内容でどんな職種の人を指しますか?

ディレクターとはどんな仕事をする人たちのことを指すのでしょうか? 身近にいる企画のディレクターと名乗られる方たちが、外部の会社に仕事を渡して日程を調整するだけの人で、自分で制作物を作れるわけでもなく、営業からの要望をそのまま発注するだ...

30代で営業しかしたことがないのですが転職することはできますか?

私は家電製品の営業をしている30代です。 私の会社はここ数年赤字経営が続いています。去年度の業績は特に厳しいものでした。 最近は転職する同期もふえ、私もそろそろ転職をしようかと考えています。 しかし私は今の会社でしか営業をしたことが...

転職で人間関係と業務に不安がある時にすべきこととは何ですか?

40代男性です。 この度、転職が決まったのですが、入社日が近づいてくるにつれ、不安感が増してきてます。 転職のきっかけは、前職の業績悪化、サービス残業発生、ボーナスがなくなるなど、生活に支障をきたして苦しい思いをしていたためです。子供もま...

ウェブディレクターが転職活動ですべきことはなんですか?

受託会社でウェブディレクター4年しているアラサー女子です。 トレンドものがすきなミーハーで事業部側に行こうと思うのですが、これといっていきたい会社がなかったり内定をもらってもいまより忙しくなる気がして踏み込めません。

この記事に関連する記事

投資信託を利用されている方へ!確定申告してますか?実は不要な場合もある

投資信託は、投資家から収集した資金をひとつの大きな資金セットとしてまとめます。その資金セットを運用の専門家が株式・債...

確定申告は必要?外貨預金での利益の扱いについて徹底的に解説

皆さんは毎日ニュースなどで、為替相場を確認したりしますか?預金を外貨で行うことは利息収入が得られるだけでなく、為替レ...

源泉徴収はアルバイトでも必要なの?【その理由など詳しくご紹介】

源泉徴収はアルバイトでも必要なのでしょうか。この記事では、アルバイトでも確定申告をしなければならないケースや、確定申...

【仮想通貨に確定申告は必要?】必要な場合のケースややり方などをご紹介

今回の記事では最初に仮想通貨で得られた利益に確定申告が必要な場合とそうでない場合を説明致します。次に仮想通貨で得られ...

【副業について】いくらまでなら確定申告がいらないのか知りたい

副業解禁を多くの会社が行なったことにより、いまや本業と副業を兼業する人が増えてきています。副業にも、確定申告は必要で...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー