【成功したいなら】アクセンチュアへの転職の面接のポイントまとめの画像

【成功したいなら】アクセンチュアへの転職の面接のポイントまとめ

アクセンチュアへ転職するには、面接突破するための質問内容の確認や、採用基準の確認が重要です。質問内容や重視されるポイントは何なのか。二次面接や最終面接ではどのようなことが重要視されているのかごご紹介します。アクセンチュアの面接突破ノウハウを社員に聞きました。

10322

アクセンチュアの採用プロセス

初めに、アクセンチュアの採用までのプロセス・流れについてお伝えします。
 

1.アクセンチュアについて知る

まずは説明会や公式サイトなどでアクセンチュアについて知ることです。

この企業理解の過程は、面接で聞かれる志望動機などにも大きく関わってくるので重要です。

2.応募するポジションを選定する

次に、現在アクセンチュアで募集されているポジションを探し、どのポジションに応募するかを決めます。

募集されているポジションは公式サイトに記載されているので、ぜひご覧ください。

また、公式サイトに記載されているメールアドレスに連絡することで、自分に適したポジションが何かを社員の方に相談することも可能です!

3.応募する

興味のあるポジションがあったら、応募しましょう。

公式サイトからの直接応募も、転職エージェントを通じての応募も可能です。

4.書類選考

応募後、初めに書類選考が行われます。いわゆる履歴書ですね。書類選考では志望動機や職歴が重視されます。

5.面接

書類選考を通過したら、社員との面接が行われます。

面接の回数は2~3回で、一次面接、(二次面接、)最終面接、と進んでいきます。詳細が気になる方はこちらをご覧ください。
 

▶︎ アクセンチュアの面接回数は何回ありますか?


6.合否の連絡

最終面接まで通過したら、合否が確定します。

 

関連相談

アクセンチュアの面接の質問内容とは

では早速、アクセンチュアの面接の質問内容について、社員や経験者の方の声をご紹介します!

アクセンチュアの面接ではどんな質問をされますか?

現在大手IT企業で働いているのですが、仕事にやりがいを感じられず転職活動を行っています。

もともと、就活で受けたアクセンチュアにまた挑戦したいという思いが強くなり、第二新卒採用でアクセンチュアの選考を受けています。

面接を来週に控えているのですが、面接の内容・「これはしておくべき」という準備・面接でのポイントがあれば教えていただきたく存じます。

よろしくお願い致します。

大きく2つ準備するべきです。

1.基本的な質問に対する準備

他の企業でも準備が必要だと思いますが、これまでの仕事内容」「自分のできることやスキル」「なぜ他のコンサルティングファームではなくアクセンチュアを選んだか」「今後何をやりたいか」などはしっかりと話せるように準備しておきましょう。

また「自己紹介もホワイトボードを使って説明しろ」や「動物に例えろ」などのお題付きで聞かれるケースがあるので覚悟しておきましょう。

2.ケーススタディに関する準備

ケーススタディを出されるケースも多くあります。
論理的思考を試されているので、もしロジカルシンキングの本を読んだことがなければ一冊読んでおくといいかと思います。

以上です。面接頑張ってください。


との事でした。
コンサルタントの仕事ということもあり、論理的思考力を試されているようですね。
​​​
​​​​

面接にも色々な人によって質問されるタイプが全く違います。
私はされた質問が思い出せないくらい沢山の質問をされました。

他の人に聞いてみると、自分は哲学的なことを聞かれたとかごく一般的な質問もされたなど、人によって全く違います。

中には1次面接を通過して2次面接ででは次はいつ弊社にくることができますか?と質問された方もいたようです。

まあどちらにせよ、対応力、忍耐力を見られているのであまり気にせず自分の考えを素直に伝えるのがベストでしょう。


との事でした。

面接では、対応力や忍耐力を主に見られているようですね。自分の考えを論理立てて正直に伝えることがベストな選択のようです。
 

アクセンチュアの社員です。私も中途で入社しました。

面接の内容ですが本当に人それぞれ違うようなのですが、私が受けた質問の中で一番印象に残っているのは「水はなぜ透明なのか」という質問です。

何を意図して聞いたのかは未だにわかりませんがとにかく印象が強かったです。

また、逆質問の時間がありました。面接における積極性を見られたのかもしれません。
単純に、面接官に質問したいことを逆質問すれば良いと思います。

準備は一般的なもの、志望動機や退職理由などのまとめの他に、自分の考え方やパーソナリティを書き出し、言語化しておくと役立つかもしれません。

ご参考までに。


との事でした。

自分の考えていることなど、常に言語化するトレーニングを積んでおくことが求められそうですね。

アクセンチュアの面接の質問内容は何でしょうか?

アクセンチュアへの転職を検討しています。

エージェントからの紹介で転職を検討するようになったのですが、アクセンチュアの面接の質問内容や特徴はなんでしょうか?

ネット上では、圧迫面接があるとかなんとか書いてありましたが、実際本当ですか?

その他に、アクセンチュアの面接を乗り越えるのにアドバイスがあれば伺いたいです。
よろしくお願いします。

たまに圧迫面接があるみたいですね。そこは準備しておく必要が有るかと思います。

その他は、現在の経済状況をテーマに実際にどう思うか?みたいなこと聞かれたりするかと思います。

なので、最近の時事的なテーマについてよく知識を深めておくのが良いかと思いますね。

多くの方が応募している企業ですので、採用倍率が高いかと思われがちですが、そんなことはなく。

力を発揮することができれば、十分採用される機会はあると思います。頑張ってください!


まとめると、以下の通りです。

面接内容は人それぞれ、大きく異なる
基本的な質問志望動機スキル入社後やりたいこと等)は聞かれる
ケーススタディなどで論理的思考力が問われる
・お題付きや想定外の質問をされることも
対応力が問われる
自分の考え方やパーソナリティの認識と言語化が必要
逆質問の時間が設けられることも
・圧迫面接の可能性は0ではない
時事ネタの理解が必要

面接内容が面接官によって大きく違うため、どんな質問がされるかを一概に言うことは難しいようです。

しかし、論理的思考力と対応力が問われる点は、全ての面接に共通しているでしょう。なぜならアクセンチュアはコンサルティングファームだからです。

では、他のコンサルティングファームでは、どのような面接をしているのでしょうか?気になる方は、こちらをご覧ください。

▶︎ ボストンコンサルティングの面接はどのようなものですか?

課題解決のために、策を考案して結果を出すための論理的思考力・いかなる状況への対応力は必要不可欠です。

関連相談

アクセンチュアの面接のポイントは?


次に、面接のポイント・重視されることについて、社員の方の声をご紹介します。

アクセンチュアの面接のポイントは何ですか?

私は今全くの異業種、個人向けの営業職からアクセンチュアへの入社を希望しています。

しかし、コンサル業界への知見が無いため応募へ向けて今何をすべきか?がはっきりとせず悩んでいます。

そこで、アクセンチュアの転職・中途採用の面接で重視されることを知りたいです。

よろしくお願いします!

アクセンチュアの社員です。転職するために今すべきことは大きく3つあります。

自分自身について整理する
今までどんな仕事をしてきたのか、自分はなにができるのか、アクセンチュアに入って何を実現したいのかをはっきり言語化しておきましょう。

自己実現のためのツールとしてアクセンチュアという会社があるかどうかは面接官も非常に重視します。

論理的思考のトレーニング
面接ではビジネスケースが出題され、それに対し論理的に回答できるかを試されます。

私の場合は転職エージェントの方から材料をもらっていましたが、ネットにも落ちていたりします。論理的思考はトレーニングで力が付くので今から取り組むべきです。

業界の分析
なぜ他のコンサルティングファームではなくアクセンチュアを希望するのかを聞かれることが多々あります。

業界でのアクセンチュアのポジションをしっかりと認識することは重要です。論理的思考のトレーニングと同様、ネットや転職エージェントをうまく活用してください。

以上です。ご参考まで。


面接内容に関してご紹介した方々の声も併せてまとめると、以下の事項が面接のポイントです。

論理的思考力
対応力
自己分析
…言語化が必要
業界分析
…コンサル業界におけるアクセンチュアのポジション・なぜ他ではなくアクセンチュアなのか


これらは一朝一夕で身につくものではありません。しっかりとした準備やトレーニングが必要です。

関連相談

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回はアクセンチュアの面接内容についてご紹介しました。

アクセンチュアは転職希望者における人気が非常に高い企業ですので、転職・中途採用の面接の難易度は高いです。

そのため、面接に備えて入念な事前準備が必要です。

アクセンチュアの年収第二新卒についてまとめた記事も、併せてご覧ください!

本記事の初回公開日は2017年12月02日です。

この記事に関連する転職相談

アクセンチュアの第二新卒採用について

インターネットベンチャーの新卒3年目で、現在キャリアアップのためにアクセンチュアへの転職を考えています。 第二新卒採用に対しては積極的なのでしょうか?第二新卒からの入社の方の勤続年数ってどれくらいのものなのでしょうか?比較的短いイメージが...

成長環境としてアクセンチュアはどうでしょうか?

アクセンチュアは成長環境として素晴らしいと聞きましたが、実際どのような社風なのでしょうか?

アクセンチュアに転職した場合の年収はいくらですか?

アクセンチュアに30代で転職し、中途入社した場合どの程度の年収なのでしょうか? アクセンチュアとの転職面接についても、差し詰め迫ってきていて、このまま 転職が決まるかな?というような段階に来ているだけに気になっています… まだ、年収につ...

アクセンチュアでの女性の働き方について

アクセンチュアでは、女性が働きやすいような制度や文化はありますか?結婚や出産をしながら働いている方はいらっしゃいますか?

アクセンチュアでは女性社員の方も活躍していますか?

アクセンチュアへの転職を考えています。 私は正直いって男性に頼って生きて行きたくありません。 結婚しても夫の給与に頼らなくとも大丈夫な状態でいたいです。 そこで給与の高い企業に転職しようとしています。 ですがアクセンチュアに女性のイメー...

アクセンチュアの方は30前後で年収が1000万円を超えるというのは本当ですか?

アクセンチュアに就職したいと考えているのですが、アクセンチュアはちらっと聞いた感じだと年収が1000万をこえるということを聞きました。そこで質問なのですがアクセンチュアの年収ってぶっちゃけどれくらいですか?やはり外コンだけあって高いと思うの...

アクセンチュアに転職する際、どんなキャリアやスキルが有利ですか?

アクセンチュアのコンサルティング職への転職を考えています。 この場合、どういったキャリアやスキルが有利なのでしょうか?

アクセンチュアって、激務って聞くんですが、どの職種が特に激務でしょうか?

アクセンチュアの採用の広告を最近よく見るのですが、 アクセンチュアって激務ってききます。 採用サイトみてみると、戦略コンサルタント・テクノロジーコンサルタント・ビジネスコンサルタントと3つ職種があるようですが、 特にどの職種は激務だとか...

アクセンチュアの方は30前後で年収が1000万円を超えると聞いたのですが本当ですか?

コンサルへの転職を希望しており、アクセンチュアも候補として考えております。 1点、年収につきましてお話を伺いたく投稿いたしました。 アクセンチュアの方は30前後で年収が1000万円を超えると聞いたのですが本当ですか? 回答お待ちしております。

アクセンチュアの面接ではどんな質問をされますか?

現在大手IT企業で働いているのですが、仕事にやりがいを感じられず転職活動を行っています。 もともと、就活で受けたアクセンチュアにまた挑戦したいという思いが強くなり、第二新卒採用でアクセンチュアの選考を受けています。 面接を来週に控えて...

この記事に関連する記事

アクセンチュアの年収は低いの?高いの?【社員に聞きました】

転職を考えるとき、企業情報って気になりますよね。年収と社員の勤続年数は特に。日本にも外資系の企業は沢山ありますが、そ...

【ビジネスコンサルタントとは】仕事内容や有名企業の年収事情もご紹介

ビジネスコンサルタントとは、全社戦略に基づいてより実効性のある提案を行うコンサルタント職種です。ただ、正直なところ、...

【徹底解説】アクセンチュアの第二新卒に関する情報をまとめました

アクセンチュアは最近、第二新卒採用を活発にしているようです。よく求人を見ていても、アクセンチュアの求人は見かけますね...

副業解禁はいつからなの?【解禁済の企業を徹底比較します】

2017年内に政府が副業禁止規定を改定することが決まり、副業解禁の波が到来しています。日本のソフトバンクやDeNA等といった...

【アクセンチュアへの転職ノウハウ】採用されるためにするべき行動

アクセンチュアへ転職を希望する方の面接を簡単突破ノウハウや年収をどれほどいただけるかをお伝えします。アクセンチュアへ...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 この記事の企業

東京都港区
ビジネスコンサルティング
この企業の転職相談 74件

アクセンチュア株式会社 (Accenture Japan Ltd)は創業:1989年で、設立:1995年12月である。 資本金は3億5千万円で、従業員数は約7,600人(2016年11月末時点)である。 事業内容は「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供している。本社は東京都港区赤坂1-11-44である。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー