日系企業から外資系企業に転職する時に注意することはありますか?

外資系企業に転職を考えています。

現在日系の企業で働いているのですが、正直働くのが嫌になってきました。
堅苦しい雰囲気もそうですが、激務で残業も多く、そろそろ職場を変えたいと感じてきました。

突発的に転職を考えているので、まだまだ具体的にプランは進んでいないです。

ただ注意点を聞くことで具体的なプランが練れるのじゃないかと思っているので、もし人事の方などでお詳しい方がいましたらご回答お願い致します。

外資系企業転職

ユーザー名非公開

回答 1件   応援 0

・どれだけピンチに陥ったとしても、助けてくれる人が基本的にはいない。(無茶ぶりだと感じてもやりきる胆力があるかどうか)
・丁寧に教えてもらえるという文化ではないことが多い。研修制度も未整備だったり…
・試用期間が日系よりは厳しい。外資での試用期間は仕事に慣れるための期間ではなく、職務経歴書や面接等の選考プロセスで「できます」といったことを本当にできることを実務を以て証明していく期間
・上司に気に入られなければクビ、というようなこともままある(外資系証券会社等は特に顕著です)
・日本支社の人数が少ない場合など、やりたい仕事が「本当に」できるかどうかは上位者に大きく依存することがある(ある社員がいなくなることで日本支社の事業ポートフォリオが大きく変わることがある)
・同じタイトル(役職)の同じ年次であっても、同期と給料で差がつくことがある。ボーナスはもちろんのこと、基本給ですら差がつきうる
・下からの突き上げ文化に注意。自分より仕事ができて年収が低い若手がいた場合は、ほぼ確実に目の敵にされる
・「ボーナスやインセンティブが青天井」という文句が良く使われるが、裏を返せばゼロもありうる。青天井とはいっても支給実績がどうなのか、実質的にはベース年俸の〇%~●%程度というレンジに収まるのか、実は雀の涙なのか等
・日本の祝日が休みなのかどうか(外資とはいえ日本支社であれば普通は休みですが、そうでない会社もあります)

この質問に関連する記事

【医療業界】外資系企業へ転職する方法を詳しくご紹介します

グローバルはもとより国内の医療に関しても外資系企業のシェアは非常に高いものになっています。その為、転職市場では恒常的...

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー