大学四年で40単位以上残っている人は商社から内定をいただけますか?

282

四年で40単位以上残ってる人が商社から内定を貰うのは厳しいでしょうか。【人事又は役員の方、同じ状況を経験されている、又は知り合いにいらっしゃる方等】

総合商社第一志望の19卒です。
部活と留学が響き来年度に42/48単位取得しないと卒業できません。

就活をしながら授業に出ることや、面接官に論理的且つ熱意を見せ、何とか卒業することを説得させる自信はあります。ただし、自分が1番気になるのは同じ状況の就活生が商社に内定を貰った前例があるのかです。
20単位残ってる学生ですら面接官に「君単位大丈夫?卒業できる?」と聞かれる就活時代です。

自分の場合はもはやES自体通らない、あるいは役員の反対や企業側の決まりで内定は出せないという可能性が90%あると思ってます。

現時点で内定1つに、五大商社のインターン三社通ったのとで就活には自信があります。しかし、もし企業側がどうしても取らないレベルならば、いっそ来年就活し直そうと思ってます。

同じ様な状況を経験された方、また知り合いがいらっしゃる方、人事の方、どなたでも構いませんのでアドバイスいただきたく思います。
最後までお読み下さりありがとうございます。

商社採用基準就職

ユーザー名非公開

回答 2件   応援 1

企業側からすれば採用者が卒業出来るかは高い関心の1つです。

決まりがあるかは分かりませんが、それ以前に人事が嫌がるでしょうね。

採用が彼らの成果なので卒業が怪しい人は敬遠されます。

総合商社などの人気の職は、他にいくらでも人がいます。特別な何かがなければ他の方を優先するでしょう。

何故この様な事態になっているかと言えば過去に卒業出来なかった人がいる前例があるからです。

ご質問者様は悪くありませんが、企業側からすれば聞く耳を持たない事は多いでしょう。

しかしながら留年を今から選択されるのも勿体無いと思います。就活を全力で取り組んでから考えてみてはいかがでしょう。

例えばESに卒業出来る具体的な根拠や計画を示した資料を添付するなどどうでしょう。

成果を求められる社会では、熱意だけでは通用しません。

企業側に愚痴を言う前に自身の出来る事を最大限やってみましょう。頑張って下さい。

ユーザー名非公開(質問者)

@kyasu:
回答者様の大変丁寧なご回答とアドバイスに心が救われる思いです。

たしかに厳しい状況というのは変わりません。しかし、自分が何故このような状況になったのか、今後どう計画的に単位を取得するのか、再度自身を見つめ直して諦めずに頑張っていきたいと思います。

今自分のできることをやって、結果がダメならもう一度やり直す、その覚悟ができました。

改めて、ご回答ありがとうございました。

ユーザー名非公開1

こんばんは、業界最大手の会社で採用を担当している者です。

結論から言えば、就職は可能です。
もちろん卒業できるか否かは気にしますが、本人が「42単位も残してしまった自分」のどこに弱みを感じ、どう改善するのか、そしてどのような方法で単位を修得するのかを戦略的に説明でき、且つ具体的な根拠があれば信じることもあります。
よって、チャレンジはすべきだと思います。

ただ、大学の単位はコツコツと取り組む努力をしているor効率がよければ部活をしていようが留学をしていようが取れます。というのが一般常識です。
ですので質問者様は計画性がなく、優先順位が低い事柄(この場合は学業)では継続的な努力ができない方なのだなと判断します。
また、他の回答者の方がわかりやすく回答していただいてる上で何日間もお礼の返信を書かないことや、質問者様の文章から垣間見える自信過剰な部分を加味すると恐らく商社には受からないと思います。

現時点で内定を持っている学生は山ほどいますし、総合商社を受ける就活生にいたっては持っている方の方が圧倒的に多いです。また、インターンと本選考は通過しやすさが全く別物です。インターンは呼んだ学生の質が低くともなんとかなりますが、入社を決定した学生の質が低ければ解雇というわけにはいかないからです。

私の見解としては、42単位残っていても内定は可能ですが、現段階での質問者様では総合商社や各業界大手での内定は厳しいと思います。
まずは自分を客観的に見つめることで内定に大きく近づけると思いますよ!頑張ってください!

ユーザー名非公開(質問者)

@ユーザー名非公開1:さん

ご回答者様の回答をお読みして、自分の中でハッと気づくものがありました。

率直なご意見、アドバイスを述べていただいたことで、自分を見つめ直すきっかけになりました。
ありがとうございました。
これからはより深く、真摯に人や自分と向き合い、就職活動並びに単位取得に精進してまいります。

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー