• HOME
  • 就職
  • 企業研究をする上で従業員数の推移を見るのは何かの役に立ちますか?

企業研究をする上で従業員数の推移を見るのは何かの役に立ちますか?

365

企業研究のコツとして、従業員数の推移を見るのは何かの役に立ちますか?

ちなみに以下のデータから読み取れることはなんでしょうか?
    (従業員数)(平均年齢)(平均勤続年数)(平均年収)
2018年 1621人 41.6歳 15.0年 604万6000円
2017年 1582人 41.5歳 15.1年 600万4000円
2016年 1559人 41.2歳 15.0年 602万6000円
2015年 1552人 40.8歳 14.7年 602万6000円
2014年 1552人 40.2歳 14.3年 578万5000円
2013年 1560人 39.5歳 13.7年 578万7000円
2012年 1600人 38.7歳 13.0年 563万2000円
2011年 1640人 37.9歳 12.3年 549万3000円
2010年 1700人 37.1歳 11.4年 521万6000円
2009年 1780人 37.1歳 11.1年 533万2000円

平均年齢と平均勤続年数は必ずしも比例しないということに気づきました。
従業員数は、2009年より2018年のほうが少なくなっていますが、これはつまり定着率が低いことを示しているのですか?
ちなみに、吸収合併されるような企業ではなく、むしろ吸収合併を"行う側"の企業のはずです。

企業研究就職活動/就活就職

ユーザー名非公開2020年05月27日

回答4

ユーザー名非公開1

従業員数だけで定着率を考えるのは早計かと思いますが、確...

続きをみる
従業員数だけで定着率を考えるのは早計かと思いますが、確かに勤続年数が年々長くなっていることを考えると、古参社員は残り続け、新規社員は辞める傾向にあると思いますね。 恐らくそのせいで平均年齢も上昇傾向にあり、平均年収も古参社員を毎年昇給させているがために上昇しているのだと察しました。 ちなみに企業研究の目的が何か、によって従業員数を見る必要性は変わるかと思いますので、一概には言えないかと。 その企業のビジネスの安定性や経営体質を見たいなら、P/L,B/Sを見るべきですし、社員の傾向を見たいならvorkers等でリアルな社員の声を見る方が早いかと思います。 何かの役に立つか?よりも知りたい内容に対して役立つものは何か?という視点の方が良いかと思います。
ユーザー名非公開2

勤続年数が増えると言うことは長く働いている人が残って、...

続きをみる
勤続年数が増えると言うことは長く働いている人が残って、年数が少ない人が辞めているということですね。 新規で入った人が定着していないと言うふうに見て取れます。 人数はその時の業績とか事業などで変わるのでなんとも…

小さな会社を経営しております。プログラマーです。 ...

続きをみる
小さな会社を経営しております。プログラマーです。 あてずっぽうかもしれませんけど、なんだか年功序列の古い体質の会社っぽいですね。 それはともかく就活の企業研究は、最終的には面接で30秒くらいに集約されるネタになるのかどうか?半径5mの「自分のこと」に結び付けられるかどうかを常に意識しないと、自分を売り込みアピールすることにならないです。 「御社は前期、特別損失を計上していますがこれはなぜですか?」などと聞いても、あまり内定はもらえそうにないですよね・・
ユーザー名非公開(質問者)

@ユーザー名非公開2: なるほど、そういう見方は盲点...

続きをみる
@ユーザー名非公開2: なるほど、そういう見方は盲点でした。 定着数に関しては、新卒3年以内離職率は10%くらいなので悪くはないようなのですが… 30代の中堅層クラスがもぬけの殻みたいになっているのでしょうかね?
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料