外資系の営業アシスタントや貿易事務は英語力がどれほど必要ですか?

現在、営業アシスタント事務の仕事をしており、4年目です。
4年を過ぎて、就活時に叶えることができなかった、英語を使った仕事をしたいと思っています。

子供の頃から英語への関心が強く、英語を使った仕事をしたいと考えていたのですが、新卒の就活時には英語に携わる仕事につけませんでした。

貿易事務、もしくは外資営業アシスタントにつくために、英語はどの程度できたら良いですか?(TOEICの最低点数など)
また、事務の経験は今回の転職に生かすことができますか?

4年経って、もう一度夢を叶えてみたいと思いました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

営業アシスタント転職英語

ユーザー名非公開

回答 1件   応援 1

ユーザー名非公開1

国内メーカーで貿易事務をしております。
貿易事務は使うフレーズは決まってくるので、国内メーカーでしたらTOEIC650ぐらいあれば一通り仕事は可能と感じております。
ですが、注意すべきは取引先相手国です。
必ずしも英語圏や欧米とは限りませんし、国内メーカーでしたら中国や東南アジア系が多いです。
期待したのと違う、とならないために、お仕事探しの時点できちんと確認することをお勧め致します。
また、国に限らず、海外の担当者によっては日本語を勉強して堪能な場合があり、逆に日本語でのやりとりをお願いされることもあります。(中国、台湾のスタッフに多いです)こちらも可能な限り事前に確認した方が良いです。

また、事務経験は貿易事務の場合プラスです。
私も貿易事務の仕事に従事するまでは一般事務、特許事務などを経験しました。貿易事務は書類発行や日限管理などがメインになりますので、かつての事務経験が活きてくる場面が多かったです。
ご参考になれば幸いです。

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー