部下を上手に育てるにはどうしたら良いでしょうか?

176

部下が育てられません。
何人も見てきましたが必ず問題を起こして辞めてしまうか、お荷物になってしまいます。はじめ優秀だと思った人が多かっただけに何が問題だったのだろうかと日々悩んでいます。

新人から数年は特にいろいろな人から指示を受け忙しい時期です。しかし、この条件下でも業務外の時間に少しずつ勉強していけば力はつけていけるはずです。自分で動いて力を付けろと話してはいるのですが絶対に理解してくれません。動いてもらうには何が足りないのでしょうか。

私以外のチームではこの条件下でもうまくやれているところはあるので何か私が悪いのだとは思うのですが

悩みマネジメント

ユーザー名非公開

回答 7件   応援 1

凄い共感します 笑
わたしも上手くいくとき、いかないとき、あります。

あくまで一例ですが、ご参考まで。

基本的に部下の時間外はコントロール出来ないので、業務時間内で「助走」を付けてあげるのも1つの手かなと思います。

自ら動こう!といった「べき論」はこの際、時間の無駄なので、無視しましょ。
勉強せえ、といっても出来ないということは、まだ、いろいろな意味で成長の仕方自体が苦手な部下が多いのかもしれません。

例えば、やってほしい勉強に使える本を複数購入して、入門講義を業務時間内に開きます。
勉強する対象が明確になっただけでも、彼らは「逃げ場」を失います。
こうやって、「やらないという退路」を絶っていく事が有効なこともあります。

逆に、モチベーションの在り処を部下1人1人探して、会社で設定した目的とひも付けていく、という前向きなアプローチと組み合わせるとよりいかもしれませんね。

何かのご参考まで~

ユーザー名非公開(質問者)

回答ありがとうございます。
書籍の使い方よいですね。確かにいろいろ手を出して方向が定まらないというケースは見られるので早速、使わせてもらいます。

小さな会社を経営しております。プログラマーです。

一般化できるのかはわかりませんけど、今会社に入ってくるような年齢の人たちはリスペクトでもって動きます。教育しようなどとは思わないで、質問者様のチームが世界の標準レベルでのお仕事をして、人として尊敬できるふるまいをしているなら、特に何をしろと言わなくても向上心はかなりある人が多いのではないかと思います。新人より質問者様の勉強時間は多いでしょうか?普段の会話に勉強が必要な要素・・業界の動向とか他社の新製品の評価は含まれていますか?

プログラマーだとペア・プログラミングをするのですけど、新人に限らず「ひとりで仕事をしない」というルールを作ると、「この人と交代可能であればいいのか」ということになりますので、割と明確に期待するイメージを伝えられるかと思います。

ユーザー名非公開(質問者)

ご意見ありがとうございます。

目から鱗といいますか、異なる業界のやり方を聞かせていただいて、これまで見えててなかった視点に気がつきました。

努力は見せないようにしていますが、もう少しやり方を考えてみます。

まず、会社が従業員に期待する業務遂行能力はきちんと伝え、目標設定や評価を淡々と行えば良いです。これは業務ですから、その目標達成に必要な時間や環境は業務範囲で行います。そしてそれが出来るように調整するのが上司の仕事です。

これを超えるものは「自己実現」となります。これは人生の目的や幸せの価値観に直結するもので、1人1人異なるものです。「業務時間外も勉強して力(なんの力?)を付ける」というのは、質問者様にとっての価値観なんですね。ですから、人に強制するものではありませんし、押し付けられたらたまったものじゃありません。

「こうしたらうまく行ったよ/失敗したよ」という成功経験/失敗経験を共有するのは良いことだと思いますが、べき論では反感が生まれると思います。

ちなみに「○○さんのようになりたい」と思われるような上司に自分がなれば、特別なことはしなくても部下はあなたの一挙手一投足に注目して真似し始めると思います。

ユーザー名非公開(質問者)

私がチームに参画した頃は組織はまだ小さく、結果を出すために必要なことは何でも自分でやって当然というところがありました。
部下は慕ってくれる人が多かったですが、何をしたいか分からないところがあり、確かに目標設定はこちらから与えた方がよさそうです。

ユーザー名非公開1

私も部下育成については散々苦しんできましたので、すごく分かります。

質問者様はゲームはされますか?
今時のゲームは説明書を読まずにプレイできるようになっています。説明書なしで、操作方法や敵との駆け引き、抽象的な戦略まで学べます。

何故この方法が流行っているかというと、
- ゲーム外で学ぶ必要がない
- 学ばなければ先に進めないように設計でき、学ぶモチベーションを高められる
- 学習単位を小さくし、段階的に学べるように設計できるため、脱落者を少なくできる
- 説明 => 実践 => 結果がセットで得られるよう設計できるため、効果が高い
- 悩む => 解決方法を発見するという体験を意図的に設計できるため、諦め癖を防止できる
などの理由が挙げられます。
「現代のプレイヤーが怠惰になった」という見方もありますが、個人的にはより質の高い教育設計が広まり、使われるようになったと思っています。

ここまで言ってしまえばお分かりだと思いますが、同じようなことを上司が"業務の中で"設計する必要があります。

…分かります。
お客様でもないのに何故そんなことをしなければならないのか、ということですよね。
しかし、離職という形になり、かけた時間・労力・お金が全て無駄になるよりかはマシです。

部下をもてなしているのではなく、将来の自分の利益への投資だと思ってください。
質問者様が自分の業務時間外の時間を削り、自分に投資した結果が今の立場や給与のはずです。
同じように、今から部下育成に投資することで、質問者様は将来的に部下を通して自分の利益を得るのです。
マネージャーの仕事は、部下などの他者を通して、自分1人で働くよりも大きな成果をあげることにあります。それが上からの評価になります。
この成果を得るための近道は、部下育成なのです。

いつ、どのような知識やスキルを、どのような理由で、学ぶのか。前提となる知識やスキルは何か。どのような結果が出て、どのようにフィードバックし、次にどこに進むのか。
ゲームと同じように、段階的になるように是非設計してあげてください。

ユーザー名非公開(質問者)

ゲームの例えは分かりやすいですね。
ゲームはあまりしなくなりましたが、稀に気ばらしで触れます。
確かに細かく昔よりも気配りが行き届いてありチュートリアルの部分は充実していますね。ここにも、そういう背景があったとは。

上司の問題が大きいと思います。
まずご自分の上司としての能力不足をメンバーに伝え、どうしたらチームが力を発揮出来るようになるか話し合って見るのはどうでしょう。
※これが出来ない、やりたくないと思うのであればどんな手段を用いても意味が無さそうです。

ユーザー名非公開(質問者)

回答ありがとうございます。
そうですね。立場よりもチームを作るという目的が大事です。

ユーザー名非公開2

きっとプレイヤーとして優秀な方なんだと思います。自分で何とかして来られたのでしょう。
それをそのまま期待されているのかと。

自分もさほど優秀ではないですが、同じ様な経験をしてきました。立場が変わった時にプレイヤーとしての自分を捨てる事を決め、メンバーだけで回るようにするにはどうしたら良いかを考え、実行するようにしました。その結果人ではなく仕組みをどうするか、結果が出なければ仕組みが悪いので改善しようと考える様になりました。

一人でやってた時よりも会社の業績に大きなインパクトが出せるので楽しかったですよ。

ユーザー名非公開3

部下にものごとを教える際に私が心がけているのが山本五十六の言葉です
「やって見せ、言って聞かせて、させてみせ、
誉めてやらねば人は育たず」
甘いかもしれませんが最初はそれぐらいでコミュニケーションをとっていき、徐々にハードにしてはどうでしょうか
あめとむちを使いわかることとコミュニケーションが個人的に大事だと思ってます

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー