広報未経験でも大丈夫!?転職で有利になる資格や経験とはの画像

広報未経験でも大丈夫!?転職で有利になる資格や経験とは

広報は社員間の交流を深め組織の活性化を図る社内広報、企業の状況や製品・サービスの情報を社会に発信する社外広報、会社の評判を落とすリスクを回避するまたは発生した際に会社に与える損害を最小限にとどめるように対処する危機管理広報、があります。比較的多くの企業に存在するのが社外広報であります。未経験者でもなれるチャンスが多くある社外広報に焦点を当て、転職で有利となる資格や経験、スキルなどを紹介していきたいと思います。

305

広報の役割とメディアとの関係性について

社外広報は会社や製品・サービスに関する情報を社会に対して発信し、各メディアに取り上げてもらうことで、会社や製品・サービスの認知度を高め、ファンを獲得し売り上げ拡大に貢献するのが仕事となります。

近年ではインターネットやSNSなどの影響により情報があふれていますが、まだまだメディアが発信する情報の信頼性は高く、影響力も大きいです。

そのため、メディアに取り上げられてもらうことで、企業や製品・サービスの認知度が高まりやすく、売り上げに結び付きやすいといえます。

メディアがなぜ取り上げるかというと、メディアの先にいる読者は時間に限りがあり、必要な情報を集める時間がありません。

そのため、多くのマスメディアは読者が必要とする情報を代わりに集めわかりやすくまとめて配信し、その対価として購読料を得ています。

記者は読者が必要としている情報を集めていますが、日々最新の情報を独自に追っていくにはやはり限界があります。

広報は自社の最新ニュースをまとめて記者に届け、記者の活動をサポートすることで、有益な情報を読者に伝えることに貢献しています。

つまり、企業の広報担当者から記者が情報をもらうことで読者に有益な情報を素早く伝えることができ、また企業としてはメディアを通じて情報を発信することで、製品・サービスの認知度が高まり、売り上げ拡大につなげられるというWin-Winの関係となっています。

記者は読者の代わりに情報を収集しており、読者が知りたい情報を必要としているということを知っておくことは重要です。

この視点を欠いてしまうとメディアに取り上げられてもらいにくくなり、よい関係を築くことが困難となる原因ともなります。

関連相談

広報として必要な能力は?

広報は、社内に分散している情報を集め、わかりやすくまとめて社外に発信することが求められます。

しかし、単に発信するだけではだれからも注目されず、広報の目的である会社、製品のファンを増やすという目的を達成できません。

メディアに取り上げてもらうには、各メディアの特性や読者層などをしっかり把握し、リリース内容にあうメディアに配信することが必要です。

つまり、広報として、

  1. メディアに対する知識
  2. わかりやすく情報を伝えるライティング能力・資料作成能力
  3. 社内外の関係者と良好な関係を築くコミュニケーション能力

という能力・知識が求められることになります。

関連相談

広報としてのスキルをアピールできる資格

広報としての基本的な知識・技能を有していると客観的に証明する資格にPRプランナー検定試験があります。

PRプランナー検定試験とは、広報・PRの専門技能保有者としての社会的認知や広報・PR業務従事者の育成とレベル向上を目的に導入されたものであります。

PRプランナーには広報・PR実務に従事するために必要最小限の基礎知識を有することを認定する『PRプランナー補』、広報・PR実務に必要な専門知識を有することを認定する准『PRプランナー』、日常的な工法・PR実務を幅広くこなし、かつ広報・PR責任者をサポートする知識・提案能力を認定する『PRプランナー』があります。

准PRプランナーまでは、実務経験なしで受験することができます。

未経験で広報を目指すのであれば、『准PRプランナー』をしておくことがおすすめです。

取得しておくことで、PR・広報として必要な専門知識を有していると認められ、有利に転職活動を進められやすくなります。
 

オススメの広報の資格とは

  PRプランナー補 准PRプランナー PRプランナー
認定条件 1次試験合格
書類審査合格
1~2次試験合格
書類審査合格
1~2次試験合格
書類審査合格
試験方法 マークシート マークシート

パソコンによる記述式

試験内容 広報・PRに関する
基本的な知識
広報・PRの実務
に関する知識

広報・PRに関する
実践技能

合格基準 正答率70%以上 正答率65%以上 正答率60%以上
試験日 2018年3月 2017年11月、2018年5月

2018年1月、2018年7月

受験料 一般:10800円 一般:17280円 一般:12960円
認定料 一般:5400円 一般:8640円 一般:10800円
関連相談

広報として重宝されるアピールポイントとスキル

広報は、社外の人に対して会社の製品、業績、事業内容などをわかりやすく伝える能力が必要であります。

そのためにはライティング能力はもちろんのこと、グラフィックなどを用いたわかりやすい資料を作るデザイン能力も重要です。

広報として説明資料やプレスリリースなどはパワーポイントやワードなどを用いて作成することが多いですが、デザイン性の高い資料を作るにはやはり限界があります。

そのため、資料作成に便利なデザインソフトIllustratorクリエイター能力認定を取得しておくと非常に有効なPRとなりそうです。

広報部門には、Illustratorを用いてデザイン性の高い資料を作成できる人材は数少ないといえます。Illustratorを用いて資料を作成できるとなると、重宝されること間違いなしです。

デザイン能力を証明する資格としてIllustratorクリエイター能力試験があります。

Illustratorクリエイター能力試験ではIllustratorの基本的な操作ができ、作業指示書に基づいた制作ができる『スタンダード』、デザインコンセプトや表現の目的に応じて適切な機能を選択し、表現できDTP/Webデザインに関する基本的な知識があると認められる『エキスパート』があります。

『エキスパート』を取得することで、デザイン業務の専門性が高く評価されやすいことから、未経験で広報を目指すのであれば、ほかの候補者と差別化を図るためにも取得することをお勧めします。
 

Illustratorの受験方法と試験内容

  スタンダード エキスパート
試験方法 実技、実践

知識、実技、実践

試験内容 実技:
DTPファイルの作成
Webデザインパーツの作成

知識:
DTP、Webデザインの知識
実技:
DTPファイルの作成
Webデザインパーツの作成
実践:
DTPファイルの作成
Webデザインパーツの作成

合格基準 実技問題の得点率65%以上
実践問題の得点率80%以上

実技問題の得点率65%以以上
実践問題の得点率70%以以上

受験料 7400円 8400円
関連相談

広報として活躍するにはコミュニケーション能力は必須

広報にとって情報は命ともいえる重要なものといえます。

そのため、自然と情報が集まるよう社内の関係各部署の方と頻繁にコミュニケーションをとり、良好な関係を気付くことが必要です。

もちろん記者とのコミュニケーションも重要です。

各メディアの特性だけではなく、記者の専門分野や担当領域を知っておくことで、リリース以外でも記者の状況に合わせて情報を提供し、取り上げられやすくすることができます。

これに加えて、社外の広報担当者との交流を深めるのも大切です。

広報研究会や広報勉強会が開催されていることから、参加して人脈を築くことができます。

人脈を築くことで、記者が取材先で困っているときに広報担当者を介して紹介を受けることができたりします。

また、参加することで広報としてのノウハウや実際の業務内容を知ることができるため、非常に有益です。

関連相談

広報へ転職するための志望動機とは

広報へ転職するには、しっかりと志望動機も準備する必要があるでしょう。

広報への転職では、企画力がある。分析力があることなどを伝えることが重要です。

その為、広報職の面接では、常に新しい情報に対してアンテナを張っておいている等の説明を面接では伝えるようにするとプラス要素となります。

また、広報という職は仕事の都合上、コミュニケーションを取ることが多いです。その為、転職面接では常に相手に対し対応力があることを伝えましょう。

突然来るような質問などに対して、柔軟に対応出来る能力があることを表現する必要となります。

自分の過去のエピソードも含めて、広報として活躍ができることを伝えれるように準備しておきましょう。

それが、広報への転職へと繋がるきっかけとなります。

たとえ、広報経験が未経験であったとしても自分のこれまでのキャリア経験を伝えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

広報は情報を有効に伝えることで、会社や製品のファンを増やし、またときには世の中の流れを変えたることもある非常にやりがいのある仕事です。

近年は、なかなかモノやサービスが売れないため、流行を作るPR戦略が重要となってきています。

そのPRの中で、時世を読み、メディアを動かしていく広報の役割はますます大きくなっていきます。

情報を通じて社会を動かし、売り上げに貢献できることが広報としての醍醐味であると思います。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。今回オススメするのはリクナビNEXTです。
リクナビNEXTは、転職決定数No.1(楽天リサーチ2015年の転職調査)という実績と、常時1万件前後の求人数を誇る、安定感のある転職サービスです。

サービス概要

  • 幅広い職種、業種、地域を網羅し、新規求人が毎週1,000件以上更新
  • 転職サイトと転職エージェントの併用が可能

リクナビNEXTに1分で無料登録する

この記事に関連する転職相談

就活生ですが、マーケティングと広報の違いって何ですか?

就職活動をしています。 将来、広報関連の仕事をしたいと考えているのですが、広報とマーケティングって具体的にどのような違いがあるのでしょうか。 イメージ的には、マーケティングの中に広報という仕事があるようにも思うのですが、実際はそれぞ...

転職活動中の女ですが、IT業界の広報はどんな仕事をしていますか?

広報職を検討しています。25歳の女です。 現在、事務関連の仕事をしていますが、転職を検討中です。 業界単位で広報の仕事が違うと聞きました。 私はIT業界の広報職を希望しているのですが、IT業界の広報職はどのような仕事をしていますか? IT業...

会社側との広報に対する考え方で悩んでいます。転職したほうがいいでしょうか?

食品メーカーの広報です。 会社側、というか上司(40代)との広報に対する考え方で悩んでいます。 先日、ある新商品のプレスリリースに関しての会議があったのですが、 会社側は、多額の金額をかけるんだからマスメディアにさえ取り上げられればそれで...

広報の採用基準ではどんなスキルが必要で、適齢は何歳からでしょうか?

私は現在WEBディレクターをしておりますが、企画や提案の部分でWEB以外にも幅広く関われる、広報の仕事に興味を持ちました。 某有名転職エージェントへ面談があったため正直にそのことを打ち明けると、<広報の仕事はスキルがいるので無理です!35歳...

彼女がベンチャー企業で働いていますが、何故遅くまで働いているんですか?

ベンチャー企業で働く彼女がいます。 元々大学時代から付き合っていて、僕も彼女も今年から社会人一年目です。 僕は、メーカー系の会社で営業を担当しているのですが、 彼女はベンチャー企業で広報と事務関係の仕事をしています。 一点気になるの...

広報の仕事内容って具体的にどのようなことをしていますか?

広報の仕事って出張が頻繁にあったりするのですか? それとも総務みたいな屋内での仕事ですか? 総務の仕事もよくわかってませんけど。会社にもよるとは思いますが。。 電気製品メーカーへの広報スタッフの派遣の仕事があったので、気になってます...

広報を新たに社内で担当することになりそうです。オススメの入門書やブログ、セミナーなどを教えてください。

広報を新たに社内で担当することになりそうです。 ◯これだけは読んでおけ!というオススメの入門書 ◯この人だけはフォローしておけ!というオススメのFacebookユーザー(友達じゃなくてもタイムライン見れる人) ◯このブログは要チェック!というオスス...

28歳女性、このタイミングで広報や企画にうつるのはリスクがあることでしょうか?

28歳女性、いままで営業やってました。このタイミングで広報や企画にうつるのはリスクがあることでしょうか?また可能性は低いでしょうか

広報の仕事は美男美女でないと、勤まらないでしょうか?

広報関係の仕事に就きたいと考えている女です。 というのも、どこの説明会か忘れてしまったのですが、 そこで働いていた広報の方にあこがれて、就職を検討しています。 本当にかわいくて、魅力的だったのですが、、、 私は正直容姿に自信はありま...

広報って、やっぱり美人・イケメンしかできない仕事なんでしょうか?

広報って、やっぱり美人・イケメンしかできない仕事なんでしょうか?

この記事に関連する記事

【広報とは】仕事内容は企業によって大きく異なるって本当?

広報とは一体どのような仕事なのでしょうか?よく広報という言葉は耳にしますが、社会人として働いてから何となく理解した方...

【広報への転職】未経験でも転職が可能?エージェントの選び方などご紹介

広報職への転職を考えている方も多いのではないでしょうか?未経験でも転職を成功させるためには資格やどんなスキルが必要な...

【広報の仕事内容とは】社内と社外の違いや仕事のやりがいとは

広報とは何かというと、自社の製品やサービスや自社活動を一般消費者に知ってもらうようPRに取り組むことです。今回はそんな...

20代におすすめ!広報としての理想的なキャリアパスとは?

大企業では専任の広報は担当者が数多く在籍していますが、中小企業になると広報担当者がいない場合も少なくありません。また...

【広報とは】仕事に向いている人の特徴やキャリアパスについて

広報とは、企業の活動内容や商品・サービスなどに関する情報発信を行う職種のことです。混同されがちですが、広報は宣伝とは...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー