• HOME
  • キャリア
  • 広報になるのに有利な資格って?スキルアップにおすすめの資格も紹介

広報になるのに有利な資格って?スキルアップにおすすめの資格も紹介

一口に広報といっても、実際は業務によって社内広報・社外広報・危機管理広報など多くの種類に分かれています。このうち比較的多くの企業に存在するのが社外広報です。今回はこの中で特に社外広報に焦点を当て、転職で有利となる資格や経験、スキルなどを紹介していきたいと思います。

1787

広報になるのに資格は必要ない

広報に資格は必要ない

日本には業務独占資格・名称独占資格というものが存在します。

これらの資格に当てはまる職業は、国家試験に合格して免許が認定されないとその職業の業務を行うこと、あるいはその職業を名乗ることができないと法令で決められています。

例えば医師は業務独占資格に含まれるので、医師の国家試験に合格した人以外は医師の業務を行うことはできないし、保育士は名称独占資格なので保育士国家試験に合格した人以外は保育士を名乗ることはできません。

しかし、広報の仕事は業務独占資格にも名称独占資格にも含まれていないため、法律上は誰でも広報の仕事を行うことができ、広報という職業を名乗ることができます。

つまり、広報の仕事を行う上で資格は必要ありません


法律上は広報に資格は必要ないが...

広報の仕事に資格は必要ないとは述べましたが、現実的には、全く無資格で広報を行うことはほとんど不可能です。

なぜなら、企業が出している求人では広報としての実務経験、または広報としての技能を証明する資格を応募条件としていることが多いからです。

結局、いくら法律上は無資格で働くことが可能だと言えども、広報になって実際に働き始めるためにはいくつかの資格を取得しておく必要があるのです。

そこで、この記事では広報となるために取っておくと有利になる資格、広報がスキルアップするために取得したい資格について解説していきます。

広報に求められる3つの能力

広報には社内に分散している情報を集め、わかりやすくまとめて社外に発信することが求められます。

しかし、単に発信するだけではだれからも注目されず、広報の目的である会社、製品のファンを増やすという目的を達成できません。

メディアに取り上げてもらうには、各メディアの特性や読者層などをしっかり把握し、リリース内容にあうメディアに配信することが必要です。

つまり広報には、

  1. メディアに対する知識
  2. わかりやすく情報を伝えるライティング能力・資料作成能力
  3. 社内外の関係者と良好な関係を築くコミュニケーション能力

という能力・知識が求められることになります。


広報への転職に強い転職サービス

エージェント名 おすすめ度 特徴 公式HP
ビズリーチ 5 年収の高いハイクラス層が対象 https://www.bizreach.jp/
リクルート
エージェント
4.8 国内最大級の求人数 https://www.r-agent.com/
doda 4.2 利用満足度が業界1位 https://doda.jp/

広報になるのに有利な資格

広報の資格の代表であるPRプランナー

広報としての基本的な知識・技能を有していると客観的に証明できる資格にPRプランナー検定試験があります。

PRプランナー検定試験とは、広報・PRの専門技能保有者としての社会的認知や広報・PR業務従事者の育成とレベル向上を目的に導入されたものです。

PRプランナーには

  • 広報・PR実務に従事するために必要最小限の基礎知識を有することを認定する『PRプランナー補
     
  • 広報・PR実務に必要な専門知識を有することを認定する『准PRプランナー
     
  • 日常的な工法・PR実務を幅広くこなし、かつ広報・PR責任者をサポートする知識・提案能力を認定する『PRプランナー

があります。

准PRプランナーまでは、実務経験なしで受験することができます。

准PRプランナー」を取得しておくことで、PR・広報として必要な専門知識を有していると認められ、有利に転職活動を進められやすくなります。

それでは、以下でそれぞれの資格試験の合格率・難易度を見ていきましょう。(参考:PRプランナー資格認定制度/検定試験


PRプランナー補の資格試験の合格率・難易度

認定条件 1次試験合格
書類審査合格
試験方法 マークシート
試験内容 広報・PRに関する基本的な知識
合格基準 正答率70%以上
試験日 3月
受験料 一般:10800円
認定料 一般:5400円


准PRプランナーの資格試験の合格率・難易度

認定条件 1~2次試験合格
書類審査合格
試験方法 マークシート
試験内容 広報・PRの実務に関する基本的な知識
合格基準 正答率65%以上
試験日 11月・5月
受験料 一般:17280円
認定料 一般:8640円


PRプランナーの資格試験の合格率・難易度

認定条件 1~2次試験合格
書類審査合格
試験方法 パソコンによる記述式
試験内容 広報・PRに関する実践技能
合格基準 正答率60%以上
試験日 1月・7月
受験料 一般:12960円
認定料 一般:10800円

広報としてスキルアップしたいときの資格

広報に必要なのは伝える能力

広報の仕事は社外の人に対して会社の製品・業績・事業内容などを発信することなので、その業務では相手にわかりやすく伝える能力を求められます。

そのためにはライティング能力はもちろんのこと、グラフィックなどを用いたわかりやすい資料を作るデザイン能力も重要です。

広報が説明資料やプレスリリースを作成する場合、パワーポイントやワードなどを用いることが多いですが、デザイン性の高い資料を作るにはそれらではやはり限界があります。

そのため、資料作成に便利なデザインソフトIllustratorクリエイター能力認定を取得しておくと強いアピールポイントとなります。

Illustratorクリエイター能力試験には

  • Illustratorの基本的な操作ができ、作業指示書に基づいた制作ができる『スタンダード
     
  • デザインコンセプトや表現の目的に応じて適切な機能を選択・表現でき、DTP/Webデザインに関する基本的な知識があると認められる『エキスパート

があります。

広報がスキルアップを目指すのであれば、デザイン業務の専門性が高く評価されやすいことから、「エキスパート」の資格を取得することをおすすめします。

以下ではillustratorクリエイター能力認定試験の合格率・難易度をスタンダード・エキスパートに分けて表にまとめています。(参考:ビジネス能力検定サーティファイ|illustrator能力認定試験


Illustrator試験スタンダードの合格率・難易度

試験方法 実技、実践
試験内容 実技:
DTPファイルの作成
Webデザインパーツの作成
合格基準 実技問題の得点率65%以上
実践問題の得点率80%以上
受験料 7400円

 

illustrator試験エキスパートの合格率・難易度

試験方法 知識、実技、実践
試験内容 知識:
DTP、Webデザインの知識
実技:
DTPファイルの作成
Webデザインパーツの作成
実践:
DTPファイルの作成
Webデザインパーツの作成
合格基準 実技問題の得点率65%以以上
実践問題の得点率70%以以上
受験料 8400円

広報にコミュニケーション能力は必須

広報にとって情報は命ともいえる重要なものといえます。

そのため、自然と情報が集まるよう社内の関係各部署の方と頻繁にコミュニケーションをとり、良好な関係を気付くことが必要です。

もちろん記者とのコミュニケーションも重要です。

各メディアの特性だけではなく、記者の専門分野や担当領域を知っておくことで、リリース以外でも記者の状況に合わせて情報を提供し、取り上げられやすくすることができます。

これに加えて、社外の広報担当者との交流を深めるのも大切です。

広報研究会や広報勉強会が開催されていることから、参加して人脈を築くことができます。

人脈を築くことで、記者が取材先で困っているときに広報担当者を介して紹介を受けることができたりします。

また、参加することで広報としてのノウハウや実際の業務内容を知ることができるため、非常に有益です。

広報へ転職するための志望動機とは

広報へ転職するには、しっかりと志望動機も準備する必要があるでしょう。

広報への転職では、企画力がある。分析力があることなどを伝えることが重要です。

その為、広報職の面接では、常に新しい情報に対してアンテナを張っておいている等の説明を面接では伝えるようにするとプラス要素となります。

また、広報という職は仕事の都合上、コミュニケーションを取ることが多いです。その為、転職面接では常に相手に対し対応力があることを伝えましょう。

突然来るような質問などに対して、柔軟に対応出来る能力があることを表現する必要となります。

自分の過去のエピソードも含めて、広報として活躍ができることを伝えれるように準備しておきましょう。

それが、広報への転職へと繋がるきっかけとなります。

たとえ、広報経験が未経験であったとしても自分のこれまでのキャリア経験を伝えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

広報は情報を有効に伝えることで、会社や製品のファンを増やし、またときには世の中の流れを変えたることもある非常にやりがいのある仕事です。

近年は、なかなかモノやサービスが売れないため、流行を作るPR戦略が重要となってきています。

そのPRの中で、時世を読み、メディアを動かしていく広報の役割はますます大きくなっていきます。

情報を通じて社会を動かし、売り上げに貢献できることが広報としての醍醐味であると思います。

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

  エージェント名 実績 対象
1位 リクルート 5 30代以上 
2位 ビズリーチ 4.5 ハイクラス層
3位 パソナキャリア 4.3 全ての人


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp

本記事の初回公開日は2017年08月11日です。

この記事に関連する転職相談

web業界未経験がディレクターに転職するのに必要な知識は何ですか?

webの知識がどのくらいあれば、 実務経験なしでも採用していただけるものなのでしょうか? 実務経験がそこまで必要でないならば、転職したいと考えているのですが、 基礎知識だけでも身につけ...

学生の頃不採用になった会社に再挑戦できるでしょうか?

学生の頃不採用になった会社に再挑戦できるでしょうか? 現在転職活動中のシステムエンジニアです。今の職場に勤めて3年目になります。 諸事情により転職したいと思い求人検索したところ、学生の頃面接...

材料・化学エンジニアは現在どの程度の需要と市場価値がありますか?

化学系の大学院を修了し、素材メーカー子会社で分析業務に携わっている者です。 子会社ということもあり、キャリアアップを目指し転職すべきなのかどうか検討しています。 現在の転職市場では、Io...

現在転職活動中なのですが、ソフトバンク、Wantedly、インテリジェンスの三つから内定をいただきまして...

現在転職活動中なのですが、 ・ソフトバンク ・Wantedly ・インテリジェンス の以上三つから内定をいただきまして、 どこにいこうか迷っています。 迷っている軸としては、 裁量...

転職理由がこれで大丈夫か見ていただきたいです。

転職活動しています。近日面接があるのですが、転職理由が前の会社(同業他社)には不満な点は特になく、家族のことを考えた時に、子供に祖父母のいる環境、双方の助け合いなどの観点、また今住んでるところは...

関電工へ転職を検討していますが30代は年収どのくらいですか?

関電工への転職を検討していますが、関電工の社員の年収はどのくらいなのでしょうか。 ネットなどの情報があまり載っていなく、相談しました。 30代となると年収はどのくらいいだけますか? ...

三井住友銀行はよく評判が悪いと書いてありますが、理由はなんですか?

三井住友銀行への転職を希望しているのですが、三井住友銀行の評判についてあまりよく書かれていないことが多いかなと思います。 三井住友銀行は何故あまり良い評判が書かれていないのでしょうか。 ...

短期間での退職を面接時にどのように説明すればいいですか?

退職理由についてアドバイスをお願いします。 転職後5ヶ月で退職しました。理由はどうしても納得できない女上司のパワハラでした。 家族がいる中での離職中のプレッシャーは理解してはいましたが、とても...

24歳で転職をしたいのですが、資格なしでも転職できますか?

現在24歳で転職をしようと考えているのですが、資格なしでの転職は難しいでしょうか。

TISは中途の方多いと思いますが、馴染みやすい社風の会社でしょうか?

TISへ転職をすることを検討しています。そこで、転職先としてTISはどんな社風の会社なのかを教えていただきたいと思っています。 というのも、今の会社がかなり自由な会社で満足はしているのですが、...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す