株式会社リクルートライフスタイル
株式会社リクルートライフスタイル(英文社名RECRUIT LIFESTYLE CO., LTD.)の設立は2012年10月1日である。本社所在地は東京都千代田区丸の内1-9-2(登記上本社)東京都中央区銀座8-4-17である。代表番号は03-6835-1000である。従業員数は2,846名(2016年4月1日時点)で、資本金は1億50百万円である。取扱高は1,560億30百万円(20...
200名以上がこの企業に登録しています!

注目の評判・体験談/ 株式会社リクルートライフスタイル

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

有給含めて休みは取りやすいです。 ゴールデンウィ...続きをみる

有給含めて休みは取りやすいです。 ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始休暇もあります。 突発な休みも比較的寛容です。 固定残業なので、残業という感覚があまりなく早い人は定時で。クライアントから依頼が入った場合は残って仕事をする。という様な感じではあります。 なので、担当するクライアント次第、対応次第という感じで大きく変わります。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

【ワークライフバランス】取りやすい会社だと謳っては...続きをみる

【ワークライフバランス】取りやすい会社だと謳ってはいますが、領域によります。私が所属していた飲食領域では到底無理ではないかと。隣のビューティ領域の方がまだ実現可能です。あとは、チームやグループマネージャーによってでしょうか。私は、このまま働いててもワークライフバランスの実現が困難だと腹落ちし、退職を決意しました。 【残業】こちらもチームやマネージャー次第です。業績の悪いチームだと、タスクも目標も増え残業時間も当たり前増えます。私は、週3,4のペースで1日10時間くらい会社に居ました。9:30~18:30が就業時間ですが、9:00迄には出社し20:30過ぎに退社する日々。外回りから帰ってくるのが18:00前後だったので、そこからタスク処理や事務処理、提案準備など…いかに生産性を上げれるかが鍵です。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

長期休暇もしっかりとあり、土日も出勤したことはあり...続きをみる

長期休暇もしっかりとあり、土日も出勤したことはありませんでした。 夜10時以降の残業も上司から承認を受ける必要があり、ライフバランスはしっかりとしていました 入稿時期の月の後半は遅い事はありましたが、それ以外の初旬〜20位まではほぼ定時上がりでそれを咎める上司もいませんでした。 ただ、若い方が多く飲み会が多いので飲み会をして朝帰り、もしくは深夜帰りは多々ありました。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

一般的な日本企業に比べて、休みは取りやすい会社だと...続きをみる

一般的な日本企業に比べて、休みは取りやすい会社だと思います。実際、毎年有給休暇を使い切っている社員も数多くいます。 さらに、3年に一回は、通常の有給休暇とは別に、ステップ休暇と言って、1ヶ月間の有給プラス臨時ボーナスをもらって、休暇を取る仕組みもあります。 休暇が取りやすい企業とはいえ、ちゃんと取れるかどうかは、自分と周囲との信頼関係がキーポイントです。 どこの会社でも同じだと思いますが、営業で言えば、実績を常に出し続けることで、信用残高を積み、好きなときに休みを取ることが可能になります。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

有給などは取りやすいので、自分の用事、都合によって...続きをみる

有給などは取りやすいので、自分の用事、都合によって上司が取らせてくれる。 ただ、休みでもクライアントの特性上会社ケータイは肌身離さずもっていないと不安になる。 残業に関しても、業務量が多い為必然的に残業しているようになっている。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

休みはとりやすくいつどんな時に有給を取ろうが上から...続きをみる

休みはとりやすくいつどんな時に有給を取ろうが上からは何も言われない。ただ土日祝日が完全に休みなのはありがたいが、クライアントの特性上クレーム回避や関係性構築のために土日での電話対応は必須であり常に社用携帯は手放せない。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

残業の有無は本当に人による。効率重視でほぼ18時退...続きをみる

残業の有無は本当に人による。効率重視でほぼ18時退社の人もいれば、毎日21時や22時まで残業している人もいたが、残業が美徳という雰囲気はなく生産性も評価される為、残業しすぎると上司からの注意勧告がある。私は用事のある日は早く退社し、それまでにすべき事を準備し整えておくなどして、プライベートとの調整が出来やすかった為、合っていた。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

当時は残業当たり前、週末も当たり前のように働き、タ...続きをみる

当時は残業当たり前、週末も当たり前のように働き、タクシー代からクライアントとの接待も全て実費でした。今考えたらありえない生活でした。けれども、それ以上に得るものも大きく、今となっては良い経験となっています。肉体的には辛いことも多かったですが、楽しかったです。 ワークライフバランスでいうと、皆無でした(笑)今は上場もしたので、当時からは多少は良くなっているのかと思います。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

ワークライフバランスはかなり取れている。 夏季休...続きをみる

ワークライフバランスはかなり取れている。 夏季休暇、ゴールデンウィークなど含めても、長期休暇はかなり取りやすい。 上司も率先して長期休暇を取っている印象。 残業も少なく、定時退社も良くある。 また、営業は直行直帰などもよくある。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

土日は仕事をすること自体を禁止しているため、休みの...続きをみる

土日は仕事をすること自体を禁止しているため、休みの確保はしっかりされてます。 すべては自分次第なので早く帰りたい日は仕事を調整する必要がある 他者から文句を言われることはないので、半休も取りやすい

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

残業は基本あり。土日祝日休みなのでバランスはとても...続きをみる

残業は基本あり。土日祝日休みなのでバランスはとてもいいと思う。休日出勤はできない。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

残業に関しては、役所や一般的な大企業に比べて多い。...続きをみる

残業に関しては、役所や一般的な大企業に比べて多い。メガベンチャーと呼ばれる企業と同じぐらいの残業時間だと考えると良いと思う。土日休み、長期休暇はカレンダーより多く取れるので、働きやすいと思う。ただ、中間管理職や企画系だと業務量過多になるタイミングもあるが、法廷労働時間が決まっているので有給などとるようにして調整している

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

年間休日はおおい。夏休み、冬休み、ゴールデンウィー...続きをみる

年間休日はおおい。夏休み、冬休み、ゴールデンウィークは必ずといっていいほど10連休ぐらいある。 最近はガリレオ休暇という休みが少ない月どこかで全社で休むなどある。 休みがおおいので環境がよくてなかなから次のステップとのギャップを感じ転職を躊躇する人がおおいかもしれない。 ただし、ひびの残業はおおい。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

結果ぎ出ないと、残業せざるをえない。 人によって...続きをみる

結果ぎ出ないと、残業せざるをえない。 人によっては早く帰る人もいるが、文化的に最後までやりきる文化があり、なかなかプライベートの時間を作ることは難しい。 まずは会社を最優先に考えることが必要。 ただし残業が評価される文化ではないので、能力の高い人やトッププレーヤーになれば帰りやすい。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

残業とても多いです。 給料と見合っていないと感じ...続きをみる

残業とても多いです。 給料と見合っていないと感じる人多いです。また、有給はたまにある土曜日出社を有給にしてーなど、勝手に無くなっていきます。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

残業は比較的多いほうです。みんな残って仕事してます...続きをみる

残業は比較的多いほうです。みんな残って仕事してます。営業はうまく調整すれば定時にあがることも可能です。長期休暇を取って旅行に行っている人も多々みかけました。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

とにかく働きたい人には最適です。 働き方改革など...続きをみる

とにかく働きたい人には最適です。 働き方改革なども取り組んではいるようですが、ハード面の改革だけで、働いている人が、生産性を上げることの意味を理解してないので、実態は伴ってないと思います。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

休みがとてもとりやすい、長期休暇が長く周りの友人や...続きをみる

休みがとてもとりやすい、長期休暇が長く周りの友人や家族に羨ましがられる。営業であれば、残業時間も調節できる。上司が早く帰ることを推奨する部署だと本当に早く帰れる。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

他社と比べてかなり休みは多い。 有給も、自分を含め...続きをみる

他社と比べてかなり休みは多い。 有給も、自分を含め100パーセント消化している人をよく見かけます。 自分で調整する仕事ですが、業務量は他社と比べてかなり多いことを覚悟したほうが良い。 残業は配属先の風土によって変わる。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

休みはとてもとりやすいです。 残業は個人次第です...続きをみる

休みはとてもとりやすいです。 残業は個人次第です。ちゃんと評価されたいなら相当働かないといけないイメージです

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

時期によるが基本的に少ない。 みなし残業を超える...続きをみる

時期によるが基本的に少ない。 みなし残業を超えるほどの仕事はない。 一方で残業時間を過小申請し、パフォーマンスが高いように振る舞っている人も散見される。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

営業の為みなし残業でしたが、だいたい1日2.3時間...続きをみる

営業の為みなし残業でしたが、だいたい1日2.3時間、9時出社の8時前後に退社が多かったです

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

当時は、全くありませんでした。終電が終わってしまう...続きをみる

当時は、全くありませんでした。終電が終わってしまうから帰って、朝も始発なんてこともありました。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

休みは取りやすく、むしろ有給取得を奨励している。業...続きをみる

休みは取りやすく、むしろ有給取得を奨励している。業績を出していれば休みをとっても何も文句は言われない。(業績出してなくても休みは取れます!文句も言われません!)

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

早く帰っている人は帰っているが基本的に遅くまで働い...続きをみる

早く帰っている人は帰っているが基本的に遅くまで働いている人が多いように感じる 総じて効率が悪いように思う

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

休みの取りやすさは半端じゃないです。有給はいくらで...続きをみる

休みの取りやすさは半端じゃないです。有給はいくらでも使うことができます。残業に関しては終わらなければ残る。終わってればいくらでも帰ってたいいです。終わる終わらないというやらも、つきなけっか、クォーターバックの結果を残すかどうかですべてきまってます。結果を残せばいくらでも休めるし全く仕事をしなくても大丈夫です。しかし逆に結果が出ていない為、いくら仕事をしても結果を求められるのでつらいかましれません。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

庶務です。自分次第だと思います。どこまで線を引いて...続きをみる

庶務です。自分次第だと思います。どこまで線を引いてやるかやらないか。それにより定時でも帰宅可能ですし、やることが多ければそれだけ残業することにもなります。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

残業はかなりおおく、90時間こえていたため、ライフ...続きをみる

残業はかなりおおく、90時間こえていたため、ライフとワークのバランスは悪かった。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

残業は、基本的にできない。 労働時間は厳しく管理...続きをみる

残業は、基本的にできない。 労働時間は厳しく管理されている。

株式会社リクルートライフスタイル
ワークライフバランス・残業

ワークライフバランスは最悪です。パソコンも持って帰...続きをみる

ワークライフバランスは最悪です。パソコンも持って帰れるし、社用携帯も支給されているため、気の休まる時がありません。

1〜30件の企業に関する相談を表示(全31件)

株式会社リクルートライフスタイルの体験談を募集しています!

会社概要 /  株式会社リクルートライフスタイル

  • 基本情報
  • 企業概要
会社名
株式会社リクルートライフスタイル
フリガナ
リクル-トライフスタイル
業界
インターネット
本社所在地
東京都中央区銀座8ー4ー17
電話番号
0368351000
従業員数
2000人
企業概要
株式会社リクルートライフスタイル(英文社名RECRUIT LIFESTYLE CO., LTD.)の設立は2012年10月1日である。本社所在地は東京都千代田区丸の内1-9-2(登記上本社)東京都中央区銀座8-4-17である。代表番号は03-6835-1000である。従業員数は2,846名(2016年4月1日時点)で、資本金は1億50百万円である。取扱高は1,560億30百万円(2016年3月期)である。主な事業は内容飲食領域、美容領域、旅行領域、ヘルスケア領域、通販・割引チケット共同購入サービス、その他日常消費領域に関わる商品・サービスの提供で、代表取締役社長は淺野 健、取締役清水 吉直である。