ワーホリから帰国後、定職につけず現在無職でアルバイトをしています。何か解決策はないですか?

108

昨年アメリカでのワーホリから帰国しました。
本当はそのまま移住し、限定で手に職をつけたかったのですが、トランプの影響でビザ関係が厳しく、手続きができなかったため帰国しました。

帰国後就職活動をしましたが、なかなか決まらず、今はアパレル店でアルバイトをしています。
そのまま準社員に上がれる制度はあるのですが、ここで就職はしたくありません。

英語を活かした仕事をできればしたのですが、何か解決策はあるものでしょうか?
また、私と同じ境遇にある方は他にもいますか?

海外就職就職活動

ユーザー名非公開

回答 4件   応援 0

ユーザー名非公開1

この質問から「ワーホリ」云々を抜くと、「定職につけず現在無職でアルバイトをしています。何か解決策はないですか?」となります。

私が思うに、ワーホリとか英語とかはあまり関係なく、
定職に尽きたいのであれば、そのプロセスを粛々とこなす必要があるかと考えます。

・どんな定職に付きたいか考えているか
・定職への応募はしているか
・定職への面接はしているか
・定職へ面接し、落ちたあと振り返っているか
意欲が不足しているか、スキルが不足しているかで動き方は変わってきます。
スキルが不足しているのであれば、スキルがつめる環境に身を移す必要があり、
スキル>雇用形態 と割り切ってやるほうがよいと思います。
意欲が低下しているのであれば、このままの自分を想像して嫌なのであれば今動くしかありません。

がんばって下さい。

ユーザー名非公開2

程度の差はあれ、世の中には英語が必要な仕事で溢れかえっております。しかしながら、お仕事にはそれ以外のスキルや経験が必要とされるものです。まず英語から離れて、そういった事について考えてみる事をおすすめ致します。

ユーザー名非公開3

最初の回答者の方が言う通りやと思います。
解決方法はひとつ。転職活動だけ。
がんばってください。

ユーザー名非公開4

アパレル会社であれば、バイヤーとして海外出張先へ出向く人材を育てるという目的の求人広告を見かけたことがあります。アルバイト先を探す時点でグローバルなバイヤー育成を目的に採用している会社を中心に探すと英語を使って仕事ができるチャンスがあるのではないでしょうか。

どんな業界へ進みたいのかはわかりませんが、英語を使っての仕事は語学力だけではなくコミュニケーション力も問われます。アルバイト以外の時間で小さな仕事でもいいのでボランティア活動に参加してリーダーシップをとってグループを纏めたり、プロジェクトに取り組んで問題を解決したりしながらいろいろなスキルを磨き、そこから次への方向性を見出せるようにするのもいいのではないでしょうか。
諦めずに前進しながら糸口を探すことで御縁が生まれるものです、頑張ってくださいね。

HOME就職ワーホリから帰国後、定職につけず現在無職でアルバイトをしています。何か解決策はないですか?
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー