14062_ソフトバンク_SDGs_サムネイル

【ソフトバンク×SDGs】社員が自主的に学びを得る『ソフトバンク』の人材教育とは

『ソフトバンク株式会社』について奈良さんに取材!働きがいの取り組みについて、気になるポイントをお聞きしました。

革新的な新規事業を展開し続ける『ソフトバンク』

14062_ソフトバンク_SDGs_見出し1
JobQではSDGs目標8「働きがいも経済成長も」の視点から、社員に向けたSDGsや「働きがい」に取り組む企業を取材していきます。

今回ご紹介するのは、『ソフトバンク株式会社』。
AIやIoT、ビッグデータなどの活用で革新的な新規事業を展開する傍ら、独自のキャリア開発・能力発揮を進めています。

それでは『ソフトバンク株式会社』の働きがいの取り組みについて、コーポレート統括 人事本部 奈良 祐輔さんに詳しくインタビューをしていきます!

「情報革命で人々を幸せに」を経営理念に、デジタルの社会実装の実現に挑戦!

14062_ソフトバンク_SDGs_見出し2
編集部
貴社ではどのような事業を行っていますか?

奈良さん
当社は「情報革命で人々を幸せに」を経営理念に、さまざまな通信サービスやソリューションを提供する会社です。
ヤフーやLINE、PayPayをはじめとした300超のグループ企業と連携しながら「デジタルの社会実装」の実現に向けて挑戦を続けています。
DXによる社会課題の解決や事業を通じたSDGsの達成に貢献し、世界で最も必要とされる会社を目指しています。

ダイバーシティの観点では、当社は、年齢や性別、国籍、障がいの有無などに関わらず、多様な人材が個性や能力を発揮できるよう取り組みを進めています。社員同士が、互いの強みを生かしながら自由な発想で意見を出し合える文化があります。また、社長を委員長とし、外部アドバイザーなどを含めて構成される「女性活躍推進委員会」を設置しています。
能力のある多様な人材が等しく経験を積み、成長できるよう女性活躍の一層の推進に取り組んでいます。

人材育成において『ソフトバンク』が掲げる3つの施策

14062_ソフトバンク_SDGs_見出し3
編集部
『ソフトバンク』の人材育成について、詳しく教えてください。

奈良さん
当社では、3つの施策を実施しています。

  • ソフトバンクユニバーシティ(2010年設立)
  • ソフトバンクアカデミア(2010年開始)
  • ソフトバンクイノベンチャー(2011年開始)

まず、「ソフトバンクユニバーシティ」です。
ソフトバンクグループの経営理念実現に貢献する人材の育成を目的としています。
現在AI・DX領域にも力を入れており、必要なスキルを養えるプログラムも重点的に開発・提供しています。

次に「ソフトバンクアカデミア」。
ソフトバンクグループの後継者およびAI群戦略を担う事業家の発掘・育成を目的としています。

そして、社員による新規事業の提案実現を支援する社内起業プログラムが「ソフトバンクイノベンチャー」です。

「ソフトバンクユニバーシティ」で体系的な人材育成を!

14062_ソフトバンク_SDGs_見出し4
編集部

人材育成機関「ソフトバンクユニバーシティ」が2010年9月に設立されたと伺いました。
スタートした経緯について教えてください。

奈良さん
2006年に『ボーダフォン株式会社』がソフトバンクグループ傘下となり、会社ごとの社風や特徴があるなかで、グループとしての一体化が求められていました。
総合的に補完し合いながら、体系的にも人材育成をおこなう重要性について改めて認識したのです。
そこで企業内育成機関をつくることなり、「ソフトバンクユニバーシティ」が設立されました。

「ソフトバンクユニバーシティ」では、自社に合わせたプログラムの提供ができ、より効率的な人材育成ができます。
「自ら手を挙げた人が学び合う実践的プログラム」をコンセプトに、年間約1万人の社員が受講しています。

ICTをフル活用!『ソフトバンク』らしさのある学習プログラム

14062_ソフトバンク_SDGs_見出し5
編集部

「ソフトバンクユニバーシティ」の具体的な内容を教えて下さい。

奈良さん
「ソフトバンクユニバーシティ」は、従業員の多様性を尊重し、個性豊かな人材の育成を実現するために、従業員による自律的なキャリア開発が行われることを重視しています。
そのため、社員が自己のキャリア目標に合わせて主体的に学習できるものになっています。
具体的な学習スタイルは、ICT(Information and Communication Technology)を利用した次のような内容です。

  • 集合研修
  • マルチデバイス活用によるeラーニング
  • リアルタイム研修中継
  • アーカイブ動画の配信など

プログラムは3つです。
まず、社員自ら手を挙げて事業の推進に必要なスキルを学ぶ「ビジネスプログラム」。

次に成長事業発展、既存事業拡大に向けたテクノロジーに関する知識・スキルを習得する「テクノロジープログラム」。

そして役職・役割が変わる節目で必要となるスキルの取得や成長をサポートする「階層別プログラム」の3つがあります。
個々のキャリア目標や携わる業務に合わせて、社員が主体的に研修を受講できる仕組みです。

「ソフトバンクユニバーシティ認定講師制度」で社内講師に!

14062_ソフトバンク_SDGs_見出し6
編集部

2009年6月より「ソフトバンクユニバーシティ認定講師制度」を導入したと伺いました。
どのような制度ですか?

奈良さん
「社内認定講師制度」は、社員が認定講師となり自らの知識やノウハウを共有する制度です。
面接では動機と専門性スキルをヒアリングし、実技試験としてトライアル研修を行い、ファシリテーション能力を見極めます。
認定後は登壇のための研修トレーニングを受け、既存講座のサブ講師を経験し、その後講師デビューする流れです。

実務に生かしやすいプログラムで、受講者は分からないときにいつでも相談できます。
講師も研修に登壇することで、自身の知見をさらにブラッシュアップ可能です。

必要なタイミングでキャリアをサポート!今後の課題について

14062_ソフトバンク_SDGs_見出し7
編集部

人材教育・研修、社員へのキャリアサポートに関して、今後さらに注力したいことがあればお聞かせください。

奈良さん
社員が研修を必要だと感じるタイミングで、いかに適切にプロモーションできるのかについては検討が必要です。

またアフターコロナを見据え、オンラインとリアルを組み合わせた新たな学びの場を構築するのも今後の課題であります。
特にリモートワークは、マネージャーが自覚的に果たすべき役割が大きいと言えるでしょう。
マネージャーに対してアナウンスを増やし、スキルアップやトレーニングの機会を提供していきたいと思います。

変化を楽しみ、挑戦できる人を歓迎!『ソフトバンク』からのメッセージ

14062_ソフトバンク_SDGs_見出し8
編集部

就活生や転職を考えている方に向けて、メッセージをお願いします。

奈良さん
コーポレート統括 人事本部 の岩月 優からお話をさせていただきます。

岩月さん
『ソフトバンク』では毎年1回、自己申告制度により仕事や職場への適応状況や異動の希望を社員が申告可能です。
申告内容をもとに上司と面談し、キャリアに関するオープンなフィードバックの機会を設けています。

このように『ソフトバンク』には手を挙げた人にチャンスを提供し、キャリア開発支援を進める文化が特徴です。
『ソフトバンク』の変化を楽しみ、何事もチャンスと捉えて挑戦する皆様からの応募をお待ちしております。
未来を共に作りましょう!


取材を終えて、自ら学びを取り入れたい社員にとって働きやすい環境が整っていると思いました。
さらに詳しい情報を知りたい方は、ソフトバンク株式会社をぜひチェックしてみてください。

ソフトバンク株式会社
企業HPはこちら!

▼JobQのSDGs特設ページはこちら!


SDGsへの取り組み | JobQ[ジョブキュー]

 

関連記事
▶︎【ソフトバンクの年収は低い?高い?】平均820.7万円!30代社員・エンジニアの給与や新卒の初任給を紹介 | JobQ[ジョブキュー]

▶︎【ここでしか聞けない!】ソフトバンクはブラックなの?社員に聞いてみた! | JobQ[ジョブキュー]
▶︎【ソフトバンクへの転職】転職難易度は高い?経験者の口コミから面接内容や年収や評判をご紹介 | JobQ[ジョブキュー]
▶︎【ソフトバンクに就職するには】就職難易度・評判など社員の口コミをもとに解説 | JobQ[ジョブキュー]
▶︎【ソフトバンクの社風】社員の方の口コミや評判をもとにご紹介 | JobQ[ジョブキュー]
▶︎【ソフトバンクの面接は?】知りたい情報を口コミをご紹介します | JobQ[ジョブキュー] 

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事の企業

  • 東京都港区海岸1丁目7番1号
  • 通信
  • Q&A99件
ソフトバンクグループ株式会社(SoftBank Group Corp.)の設立年月日は1981年(昭和56年)9月3日である。 本社所在地は東京都港区東新橋1-9-1で、代表取締役社長は孫正義である。資本金は2,387億72百万円で、子会社数は739社である。関連会社数は135社で、従業員数は199人(連結ベース63,591人)である。 主な事業会社は...続きをみる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す