ゼネラルマネージャー 仕事内容 役割

【ゼネラルマネージャーとは】仕事内容や役割についてご紹介

近年は、日本のプロ野球の世界でもゼネラルマネージャーという名称をよく聞くようになりました。もちろんビジネスの世界でも、ゼネラルマネージャーの立場の人が多くいますが、実際どのような業務をしているのか分かりづらいのが本音です。ここでは、ゼネラルマネージャーの意味や役割についてご紹介します。

11335

ゼネラルマネージャーとは?仕事内容は?

ゼネラルマネージャー(GM)とは

ゼネラルマネージャー(GM)とは、General Managerという英語の肩書きの日本語訳です。

組織の上層部に位置し、会社全体の経営に携わる立場の人になります。「ゼネラル」とは全体的という意味合いの単語なので、ある特定の分野を取りまとめるマネージャーということでなく、全体的に組織を見渡せる立場の総合的なマネージャーになります。

企業とスポーツで使われる

ゼネラルマネージャーという肩書きは企業とスポーツで使われます。どちらも手や体を動す担当者や選手でなく、組織を束ねる責任者がゼネラルマネージャーとなります。

現場ではそれぞれの人たちが働きますが、それを事務所にて監督・指示したり、現場がうまく回るように、組織を見直したり、新規にプロジェクトチームを立ち上げたりします。

また、売り上げを増加させるために広告宣伝をどう進めるか戦略を立てることも行います。そのような意味では、企業とスポーツで分野は異なるものの、ゼネラルマネージャーとして行う仕事内容は同じであると言えるでしょう。

シニアマネージャーとの違い

シニアマネージャーでは、ゼネラルマネージャーよりも経験が豊富な人材が任命されます。日本の職場では、課長よりも上の次長や部長代理、副部長がシニアマネージャーに当てはまると言えるでしょう。

一方、ゼネラルマネージャーは、シニアマネージャーの次の職位となり、シニアマネージャーの補佐や代理を務めるなど、直属の業務を担当する場合が非常に多いです。

役割の関係としては、ゼネラルマネージャーが現場ごとに管理しリーダーシップを取り、シニアマネージャーがそれぞれのチームを管理をするといった形になります。

企業で使われるゼネラルマネージャーとは

 

企業で使う場合の意味

企業でゼネラルマネージャーを使う場合、会社の中でのひとつの組織、事業のトップを指します。

日本語訳では、「部長」や「総支配人」と訳されることが多いですが、これも会社や業界によってまちまちです。

ゼネラルマネージャーという肩書きの人がいたら、同じ会社の同僚の方に、どの程度の立場の方なのか確認すると間違いはないでしょう。

日本と欧米での使い方の違い

日本でのゼネラルマネージャーは、役員ではなく部を取りまとめる部長レベルや、支店や拠点を取りまとめる総支配人という立場を指すことが一般的です。

一方で、欧米では役員レベルや会社経営責任者の1人としての扱いになりますので、日本で使われているゼネラルマネージャーよりも、欧米の方が数段上のレベルの立場の人になる場合が多くなります。

日本ではどう使われることが多い?

日本では、まだゼネラルマネージャーという肩書きがそれほど一般的になっていないと言えるでしょう。

ですので、部長や総支配人という肩書きの英訳として、名刺の裏にゼネラルマネージャーと記載されていることがほとんどです。

外資系企業の日本法人であれば、ゼネラルマネージャーの役割をしっかりと設定し、部長の上の立場で役員レベルもしくは法人の代表格の仕事をするポジションとしている会社も中にはあります。

自分の市場価値知りたくありませんか?

ビズリーチでは登録者の70%以上が市場価値を知るために利用しています。

転職を考えるときにはまず自分の市場価値を知ることか大切です。

ビズリーチに登録しておくことで、スカウトを受けることができ年収UPする人が続出しています。
 


ビズリーチ転職後の平均年収

  • 30代:840万円
  • 40代:960万円

今すぐ登録してまずは市場価値を確かめましょう!
 

ビズリーチの公式サイト
▶︎https://www.bizreach.jp/

企業でのゼネラルマネージャーの仕事内容

ゼネラルマネージャーはどんな仕事をする?

ゼネラルマネージャーは、組織全体の管理をする仕事になります。担当者のように与えられたり指示された仕事をこなすのでなく、損益管理の責任を負い、事業を成功させることが役割にあります。

時によっては組織の見直しや事業戦略を考えると言った先を見すえた行動をする必要のある肩書きになります。

またゼネラルマネージャーはリソースの割り当ても行います。現状ではどのような仕事を増やすべきなのかや反対にどのような仕事を減らしていくべきなのかもゼネラルマネージャーの役割になります。

他にも、人的リソースをどのように分けたりなど、チーム全体をしっかりと見る必要があります。

さらにゼネラルマネージャーは非常に重要なポジションとなりますので、自分がゼネラルマネージャーを退いた後もチームがうまく進むよう後釜を育てておく必要があります。

今後事業が伸びていくには、マネジメント能力が高い社員が必要となりますので、ゼネラルマネージャーは積極的に人材育成に力を入れる必要もあります。

日本でのゼネラルマネージャーの役職

日本企業でゼネラルマネージャーと言われる立場の人の例を挙げてみますと、大企業では、部長に相当する人の肩書きがゼネラルマネージャーになることが多いです。またホテルや各拠点のトップをゼネラルマネージャーとして呼ぶこともあります。

外資系企業の日本法人のゼネラルマネージャーは、非常に高いのポジションの人を指し、日本法人を取りまとめる経営陣、もしくは日本法人の代表者になっていることもあります。

企業でのゼネラルマネージャーの給料

企業でのゼネラルマネージャーの給与は、組織によって異なります。ですが、日本企業が設定しているゼネラルマネージャーであれば、役員クラスと部長クラスの給与の間くらいが目安です。

大企業でだいたい年収1,500万円~2,000万円程度が一般的な役員の水準になります。

一方、外資系企業の日本法人のゼネラルマネージャーであれば、役員もしくは代表者レベルの報酬をもらうことがほとんどですので、非常に高い水準の年収をもらうことができます。

外資系は日系企業よりも年収水準が高い場合が多く、時によっては億円単位に近い報酬も可能性としてはあります。

企業でのゼネラルマネージャーの役割

ゼネラルマネージャーに求められる役割は?

ゼネラルマネージャーになるためには、会社全体の経営を見渡せす能力が必要です。

ある特定の小さい部門だけを管理するだけではありません。会社全体のバランスを見据えて、経営がうまく回るように常日頃から考えている必要があります。

また、将来を見据える能力も必要です。数年先の事業計画を決定したり、将来を見据えて組織を変更したりしていくなど、数歩先の経営状況を考えていく必要があります。

ゼネラルマネージャーに必要な能力

ゼネラルマネージャーに必要な能力としては以下のことが挙げられるでしょう。

  • リーダーシップ
  • 経営視点での実行力
  • コミュニケーション能力

以上の能力が必要となります。ゼネラルマネージャーとして、チームのトップとして活躍するためには、リーダーシップは欠かせない能力と言えるでしょう。

また戦略やリソースの振り分けなど高い視点での業務が多くなることから、経営視点で物事を見る必要があります。現状を把握し、管理をしながら、中長期的な視点で会社の全体的なビジョンを描いていくことができるとゼネラルマネージャーとして活躍することができるでしょう。

コミュニケーション能力に関しては、戦略や方向性などをチームに伝えることが必要となります。ですので、チームの人にわかりやすく伝えるためにも、コミュニケーション能力は必須と言えるのではないでしょうか。

企業のゼネラルマネージャーになるには?

企業のゼネラルマネージャーになるためには、自分自身が所属している現在の部署の営業成績や損益数値だけを意識するのでなく、会社全体の営業、損益に興味を持つ必要があります。

会社の上層部の方と話す機会があれば、自分自身が所属する部署の話はもちろんですが、会社全体としての将来像や自分自身であればどうしたいという考えを話すると、役員も会社の将来を考えているゼネラルマネージャーに向いている社員だと認めてくれるでしょう。

スポーツで使われるゼネラルマネージャーとは

 

スポーツでのゼネラルマネージャーの役割

スポーツでのゼネラルマネージャーの役割は、現場の総指揮官である監督の上に立ち、チームがどのようにすれば勝つのか考えるのと同時に、経営層として利益が出るように指揮する立場になります。

現場での選手起用や采配は監督になりますが、試合の進め方や、観客の集客方法、チケットや関連商品の販売方法、チームの広告宣伝などの戦略を考えて収益をあげるという組織全体の責任者です。

スポーツでのゼネラルマネージャーになるには?

スポーツでのゼネラルマネージャーになるには、選手や監督を経験した方がなる場合と、経営学を学び、スポーツ未経験者であっても会社経営のプロとしてゼネラルマネージャーになる2つの方法があります。

スポーツ先進国のアメリカでは、スポーツも経営として捉えられていて、経営学の専門のMBAを取得した人たちがビジネスとしてスポーツのゼネラルマネージャーになる場合もあります。

日本のスポーツ業界は、まだ選手や監督など現場を経験した人たちが、ゼネラルマネージャーに就任する場合が多いですが、日本もアメリカのように経営専門家がゼネラルマネージャーを務める場合が多くなってきています。

スポーツでのゼネラルマネージャーの給料

スポーツでのゼネラマネージャーの給与は、会社経営者と同等なので、役員レベルの報酬が一般的になります。

スポーツの有名選手は、活躍によっては億円単位の年棒になりますが、ゼネラルマネージャーは、選手たちを管理し、組織の利益を生み出すことを考える立場ですので、選手ほどの高年棒になることはほとんどありません。

目安としては年収2,000万円~3,000万円程度になるでしょう。

ゼネラルマネージャーとはのまとめ

ゼネラルマネージャーは、会社でもスポーツにおいても重要なポジションであり、役割も似ていることがわかってもらえたかと思います。

今回の記事を参考にしてもらい、ゼネラルマネージャーのポジションを狙ってみてください。

完全無料!転職エージェントおすすめランキング!

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.7 ★★★★☆
2位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.4 ★★★★
3位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
4.3 ★★★★
4位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.2 ★★★★
4位 パソナキャリア
 https://www.pasonacareer.jp/
4.2 ★★★★
6位 JAIC
 https://www.jaic-college.jp/
4.1★★★★
7位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
4.0 ★★★★
8位 第二新卒エージェントneo
 https://www.daini-agent.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 年収アップを目指すならビズリーチがおすすめ!

2位 IT業界で年収アップなら目指すなら業界大手のレバテックがおすすめ!


この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す