何故、第二新卒のようにキャリアの浅い人材でも欲しがる企業があるんですか?

何故、第二新卒のように、まだ何も結果を残していないような人材でも企業は欲しているのでしょうか。

自分はまだ新卒1年目なのですが、転職をしたいと思っています。

調べた所、割りと窓口が広く様々な企業への転職も間に合うそうです。

そこで1点疑問に思ったのですが、自分のような第二新卒で何も結果を残していないような人材でもニーズが有る理由は何故でしょうか。

単に人手がどこの企業も不足しているからなのでしょうか。

第二新卒転職

ユーザー名非公開

回答 4件   応援 0

ユーザー名非公開1

若い人が欲しいからですよ。特に知名度が無かったりで新卒が採用試験に受けに来ない、来ても適材でないなど、採用困難な会社からすれば、第二新卒はありがたいのかなぁと思います。

個人的な考えですが、新卒採用と第二新卒採用はさほど違いはないように思います。少し年齢差があるくらいで、どちらも入社後の成長に期待して採用をします。ポテンシャル採用というやつですね。

就職後おおよそ社会人3年目までに転職することや、転職活動する人のことを第二新卒と言いますが、このような言葉が出てきたのはやはり、若いということはそれだけで転職市場では大きな武器になるという事実があるからでしょう。

ある意味、第二新卒という言葉自体、転職市場においてやや不利な年配の方が、若い転職者を揶揄して言い始めた言葉が発端なのではないかと思えるくらい、若いって有利なのです。

転職をご希望とのことですが、第二新卒のカードは貴重です。カードの有効期限は社会人3年目までですから、まだ時間はあるようですね。じっくり腰を据えて転職を頑張ってみましょう!

トップ企業に入社した人材等であれば、ある程度ポテンシャルが担保されているので、欲しがる企業は一定数ありますね。

キャリアチェンジしたい第二新卒と、他社で多少の経験を積んでいるもののそれに染まりきっておらず、且つポテンシャルの高い人材を安価で採用したいという企業側の利害の一致もあるでしょう。

ユーザー名非公開2

理由は、

1.中長期的な人員補充
2.比較的短期戦力人材の募集
などです。

前者はイメージがつくと思います。退職者も出るため、良い人材を補充します。

後者については、中堅以下が多いと思います。会社の規模が小さいと良い人材は集まりにくいです。それに加え給与も安くなりがちで、良い経験者の採用は非常に難しいです。
経験者が採用できないわけではないですが、能力が高く、モチベーションが高く、経験豊富な人が難しいという事です。

それであれば、経験がなくても能力とモチベーションが高い人を採用したいというような状況かと思います。

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー