【どうしても休みめない】仕事が忙しくて休暇が取れない場合にすべきことの画像

【どうしても休みめない】仕事が忙しくて休暇が取れない場合にすべきこと

多少の体調不良で休んでいては職場に迷惑がかかるなどと考えて、出社してしまったこと、ありませんか。でも、体調不良で仕事をすれば、長期的には会社にとっても自分にとっても良くないことは明白ですよね。では、多少の体調不良で休むことは、非常識なのでしょうか。

体調不良で仕事は休めないのか?

体調不良で会社を休むのは悪いこと?

まず、体調不良を言い出せずに休めない人は、「休むこと=悪いこと」というとらえ方をしてしまっています。

まずその考え方を辞めましょう。

健康管理をしっかりしているのに、体に異変が来るということは、体からSOSサインが出されているということなのです。


休むことも仕事のうちだと考えて、しっかりと休みましょう。


体調不良で休めないのはおかしい

そういった時に、休みたくても会社が休ませてくれないという場合があります。

例えば、休みを取ろうとすると、人員が足りていないから休まないでくれと頼まれたり、そこまでいかなくても、なんとなく言い出しづらい雰囲気の職場だったりすると、休ませてもらえない可能性があります。

しかし、後述するように、体調不良で休みたい時に休ませてもらえないのは、明らかに会社側に問題があります。


体調不良で仕事を休む基準

とはいえ、少しだるい程度で休んでいいものなのかわからないですよね。

結論から申し上げますと、休んでよいのかどうかの基準に関しては、それぞれの職種や部署、会社によって異なるので、一概には言えません。

しかし、一つ言えることがあるとすれば、周囲に悪影響を及ぼすような体調不良の場合には、休むべきです。

例えば、伝染病の可能性があるのであれば、同僚にうつしてしまって多大な迷惑をかけてしまいますから、自分一人が一時的に休むことだけで済むよう、休むのが会社にとっても利益になります。

関連相談

仕事が人手不足で休めない時は


では、人手不足で休めない場合、どうすれば良いのでしょうか。


なぜ人手が足りなくなる?

そもそもなぜ人手が足りなくなるのかと言えば、それは単純なことです。

人手に見合わない仕事を受けているからです。

その原因は、多くの場合、会社の上層部が現場の状況をよく把握しないままに売上げだけを重視して仕事を受注してしまっていることにあります。


仕事量がいくら増えようと、給料は変わらない

そうすると、1人当たりの仕事量は増える一方です。

しかし、歩合給など成果給の考え方を取り入れていない限り、仕事量が変わったとしても、給料は変わりません。

もっとも、残業をすれば確かに残業代が出ますが、微々たるものであることが多いですよね。


人手不足で休めない時の対処法は、会社を辞める

そんな状況でどれだけ頑張ったとしても、休めない場合、辞めてしまうのが一番良いです。

人手不足で仕事が回らないのは、本来マネージメントをする側の上司の問題のはずです。

それにもかかわらず、休もうとすれば「こんな状況なのによく休めるな」などの威圧的な態度を取られたり、休んでいる間の責任を取らされそうになったりした場合には、会社自体に構造的な問題があると言わざるを得ません。

そんな環境の職場に居ては、自分が消耗する一方ですし、環境自体を変えることができないようであれば、すっぱりと辞めてしまい、新天地を探すのが吉と言えるでしょう

関連相談

仕事が休めないのは労働基準法違反?


仕事を休めないのは、労働基準法上問題ないのでしょうか。

問題があるとすれば、休みを取らせてもらえないような状況に追い込まれたときに、強力な武器となりますので、ここで知っておきましょう。


体調不良によって休みを取る場合

まず、体調不良では仕事ができませんから、労働者にとって、休むための正当な理由になります。

それでも無理に働かせようとすれば、それは労働者の安全を守るという使用者としての役割を果たしていないことになります。

また、例えばシフト制の仕事で、休む代わりに代替人員を探すように命じられることがありますが、休む労働者の穴埋めは会社側の仕事であって、労働者の仕事ではありません。


休みを貰えないことは違法?

では、体調不良で休みがもらえない場合、違法になるのでしょうか。

ここで、「休みがもらえない」という意味には、2パターンありえます。

①そもそも休ませてもらえない
②休めるが、当日の有給休暇申請が認められず欠勤扱いになってしまうため、成績を考えると休めない

まず①の場合、労働基準法上禁止されている強制労働に該当します。つまり、違法です。

これに対し、②の場合ですが、労働基準法上、体調不良の時は必ず有給休暇を取らせなければならないという規定はありません。体調不良を理由とする当日の有給休暇申請を認めるか否かは、それぞれの会社の就業規則によります。

したがって、直ちに違法になるわけではありません。

ただし、有給休暇を労働者が申請した場合、「当日の申請である」ということだけを理由として会社は拒否することはできず、会社は正当な理由に基づいて「時季変更権」を使うことができるにすぎません。

ここにいう正当な理由とは、「事業の正常な運営を妨げる事由」のことで、ざっくりと言えば、休もうとする労働者のその日の労働内容が、その部署にとって必要不可欠で、かつ代替人員を確保できない場合です。

こういった理由がなければ、当日の申請であっても有給休暇の申請を認めなければなりません。

しかも、たとえ時季変更権を行使することができても、労働者は別の日に有給休暇を取得することができますので、これを拒否することは違法となります。


休んだことで解雇される?

たとえ休めるとしても、休んだことによって解雇されるのではないかと心配される方もおられるでしょう。

確かに、体調不良は突発的に起こるものですから、それによって会社の事業を滞らせ、会社に損害を与えてしまうかもしれません。

しかし、労働基準法上、体調不良を理由として休んだことは、解雇の理由にはなりません。

したがって、休んだことだけを理由として解雇されることはないので、そこは安心してください。

関連相談

仕事の代わりがいないので休めない!


休みたくても、自分の代わりをできる人間が会社にいないため、休めない場合、どうすればよいのでしょうか。


現場のことを経営陣が理解していない

前述したように、自分の代わりに仕事ができる人間がいない場合、明らかに人手が足りていません。

そして、その責任は会社側にあります。

人員不足の現場の状況を分かっていない経営陣がいる以上、その状況は変わらないでしょう。


休めない状況へ追い込まれる

そのような状況では、職場内で休むことを言えない雰囲気が醸成されてしまいます。

責任感が強ければ強いほど、職場に迷惑をかけたくないという意識が働き、休めない状況に追い込まれていくでしょう。

そのような会社で働いていては、身体的にも、精神的にも、すぐにガタが来てしまいます。


そのような会社は転職を視野に入れるべき

それでも、現場の状況を理解して仕事量を抑えるように申し出たり、上司に経営陣への提案をするよう説得したりという手はあります。

しかし、なかなか一社員の言葉では経営陣に伝わりません。

特に、旧態依然とした会社では、風通しが悪く、上層部とのそのようなコミュニケーション自体ができない場合があります。

このような考えられる手を尽くしても、改善が見られない場合には、自分が壊れてしまう前に、転職を視野に入れるべきでしょう。

関連相談

仕事を休めないので辞めたい時は


仕事を休めず納得できないので辞めたいけれども、いろいろ不安があって辞める決断ができないという方も多いのではないでしょうか。

 

ここで、そんな会社を辞めるべき理由を整理しておきましょう。


納得できない条件があって会社にしがみつく必要はない

たとえ今いる会社がやりたい仕事をできる会社であっても、休みがなく自分を壊してしまいそうな場合には、無理してしがみつく必要はありません。

例えば、給料が安くて生活がままならないのであれば、普通転職を考えますよね。

それと同様で、「休めない」というのは十分に転職を考える理由になるのです。


休めない会社は辞めるべき

そもそも、休めない会社とわかったら、一刻も早く辞めるべきです。

転職できるかどうか、というリスクは確かにあります。

しかし、そのリスクを差し引いても、休めないということは、自分の生死にも関わってくることですから、辞めるべき十分な理由になるのではないでしょうか。


辞めるべき理由

また、労働者を十分に休ませない会社には、将来性もないでしょう。

休ませないということは、それだけ労働者の生産性は下がります。

そうすれば、膨らんでいくのは人件費だけで、売上げは下がる一方になることは目に見えています。

したがって、そのような会社はどこかで無理が来てつぶれてしまいますから、そのような泥船からは一刻も早く抜け出してしまいましょう。

関連相談

まとめ

今回は仕事を休めない時の対処法を中心に解説してきました。

体調不良で休んでしまうことは仕方ないことです。それを許さないような会社はやはりまともではありません。

社内で改善が見込めない場合、思い切って転職してしまいましょう。

この記事に関連する転職相談

民間と公務員はどっちがいいでしょうか

現在大学生なのですが、進路で決めかねいます。 公務員であれば職を失うことはないかもしれないですが、仕事を頑張るのであれば相応に評価される給料に反映される民間の方がいいのかなとも思っています。 両親には将来のことを考えると安定している...

コンサルティング会社はどうなっているのでしょうか

コンサルティング会社で働いている人はその分野について詳しくないのにコンサルティングができるのか?と思っています。 専門分野に詳しい人や、業界で成績を出している人がコンサルティングをするのは理解できるのですが、コンサルティング会社に専門...

会計事務の仕事内容はどのようなものでしょうか?

会計事務の仕事内容はどのようなものなのでしょうか? 会計事務の主な仕事内容を教えていただきたいです。

管理職になったのですが、どのような仕事をすればいいのでしょうか?

管理職に昇格することができました。 ただどちらかと言うと営業として働いていたのですが、営業成績がよかったことによって管理職になってしまいました。 営業職は楽しかったですし管理職も狙っていなく、プレイヤーとしてガンガン稼いでいこうと思...

やりたい仕事が見つかりません、どうするれば見つかるでしょうか

私は現在、あるメーカーの検査作業の仕事をしています。 今の仕事は頭を使わない単純作業でいいのですが、やりがいを持って仕事をしたい思っています。 私は昔から将来の夢などがなく、就職の際も知人の紹介で就職しました。 なので自分から意欲...

メディア系の企業の仕事内容はやりがいがあるのでしょうか?

現在、大学2年生です。 将来はメディア系の企業に就職したいと思っています。 一応企業も決まっていて、自分の興味があることを事業内容としていたため、そこの企業にしようと思っています。 ただメディア系は辛いと良く聞きます。 ですので、...

企業法務は一人あたり何件くらいの契約をこなす業務量でしょうか?

企業法務の業務量についてお聞きしたいです。 転職1年目の知財マンです。中小企業の一人法務兼知財職として採用されて働きはじめましたが、法務の仕事が多くて困っています。 オフィスアワー+常識的な残業時間で法務、深夜残業してやっと知財事務を...

仕事は楽しいものですか?皆さんは仕事を楽しんでいますか?

大学を卒業すると仕事をする人が大半だと思うのですが、今まで仕事を楽しそうにしている人を見た事がありません。 もちろん仕事をしている友達もいるのですが、楽しんで仕事をしている人を見た事がないのです。 皆さんは仕事を楽しんでいるのでしょ...

仕事をする上で重視するものは何ですか?

お金、雰囲気、ブランド... など色々あると思いますが、一番これが大事!! というものは何でしょうか。 回答よろしくお願い致します。

管理部門の仕事は経理、人事、労務、購買であって...

管理部門の仕事は経理、人事、労務、購買であっていますか?

この記事に関連する記事

【主査について】多くの人の疑問・仕事内容や役職についてご紹介

主査という言葉を聞いてご存知の方はいらっしゃいますのでしょうか。この記事では主査と課長との違いや、主査の役職について...

【主幹の役割】仕事内容など役職について詳しくご紹介致します

主幹の役割をご存知の方がいらっしゃいますでしょうか。主幹という肩書きは、どのくらいの立場なのか分からないという方も多...

【参事の役割について】仕事内容や年収について徹底解説

会社には部長や部長補佐、課長、課長補佐などさまざまな役職があります。参事や主事、主査の肩書きの人に会って、この方はど...

【参事とは】意味や仕事内容について詳しくご紹介致します

取引先との打ち合わせや会議をする際に名刺交換をすることは一般的です。その際、さまざまな肩書きの人に出会います。部長や...

【課長補佐の年収と役割】仕事内容や向いている人をご紹介

会社には部長や課長、参事、参与などさまざまな役職があります。これに加え、補佐という言葉を加えた部長補佐や課長補佐とい...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー