ほとんどの人って転職するのでしょうか?また何が原因でほとんどの人は転職するのでしょうか?

18卒の就活生です。企業の平均勤続年数って17.8年とかですよね。私は正直その数字に驚いていて、最初に就職した会社でずっと居続けるものだと思ってました。女性が結婚を機に辞めるとかで平均勤続年数が下がってるのかなとも考えましたが、それにしても低いな、と。ほとんどの人って転職するのでしょうか?また何が原因でほとんどの人は転職するのでしょうか?

転職退社理由

ユーザー名非公開

回答 3件   応援 0

小さな会社を経営しております。プログラマーです。

定年まで40年勤めると仮定して、1年に一定数を採用し続けると、「今いる人の」平均勤続年数は約20年です。「辞めた人がそれまで何年勤めていたのかの平均」がたぶん質問者様の感覚に近いかと思いますけど、そんなデータを保存しておく意味はないですし、計算も面倒ですよね。

そう見ると、ほとんど転職しないかのような数字ですね。
それも数字のマジックでして、バブル期の大量採用で50代が多く残り、氷河期以降採用を絞り、正社員が極端に少ないのと、多くの人が転職するようになったのが最近なので、残ってる人は転職しにくい人ばかりということかと思います。

私のいるIT業界は極端に流動性が高く、どんどん転職します。企業は待遇や環境を良くして整えないと逃げられてしまいます。個々人は不満があって転職するわけですけど、全体として見ればどんどん転職できるのはいいことだと思います。

ユーザー名非公開1

新卒は勤続年数1年もないので平均を下げますね。
40年あると40年採用してないので逆にヤバい

転職する理由はキャリアアップとか子育てとか色々あるけど、今の会社では満足できないからですね。

やりたい仕事をしたいとか、子育てしながら働ければ転職や会社辞めなくて良いんですが、会社は色々あるので
今の自分の働き方ができる会社を選べる力を持つ事で、働き方は楽になります。

転職しながらライフスタイルに合わせた会社で働くのが当たり前になるのが良いことと思います。

ユーザー名非公開2

普通に考えて、自分にとってより良い条件があれば転職すると思います。つまり環境が会社によって結構異なります(主には労働時間・収入・仕事内容・人などの違い)

全部自分にとって良ければ転職しないですが、大抵は何らかのデメリットがあり、許容できず、かつ"転職先があれば"、転職することになります(※ちなみに転職先がなければ、いくら不満があっても転職できません)

転職の原因は、前向きな理由 (キャリアアップ、報酬アップ、良い環境が手に入る)、後向きな理由 (残業が多い、周囲の人と合わない、給与ダウン、仕事を全うできない)などです。

HOME転職ほとんどの人って転職するのでしょうか?また何が原因でほとんどの人は転職するのでしょうか?
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー