【ハイキャリアとは?】市場価値の高い人材になるための方法を解説

【ハイキャリアとは?】市場価値の高い人材になるための方法を解説

市場価値が高いハイキャリア人材ですが、具体的にはどのような人を指すのでしょうか。一般には高学歴であり、良質なキャリアを歩んできた人がこう呼ばれるようです。今回はそんなハイキャリアの定義や、人材になる方法、良質なキャリアを歩むための転職エージェントをご紹介します。ぜひご参考にしてください。

2033

ハイキャリア定義とは

皆さんはハイキャリアと言う言葉を聞いたことはありますか?

おそらくほとんどの人は、一部の人のことを指す言葉として、多くは耳にしたことがないと思います。

しかし、最近このハイキャリアという言葉が身近な存在になってきています。

なぜなら、ハイキャリアの人口が大きく増えてきたからです。

つまり、同じ職場にハイキャリアの方が転職されてくることが増えたのです。

また、副業が解禁された今の日本においてハイキャリアの人と同じ仕事をすることも不思議ではなくなったのです。

また、ハイキャリアになろうとする人たちも出てきているので、ハイキャリア育成プランなどを考える人材会社も増えてきています。

そこで、今回こちらの記事ではハイキャリアについていろいろと情報をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、あなたもハイキャリアを目指しましょう。

高い学歴と経歴

そもそもハイキャリアとはどのような人を指すのかと言いますと、いわゆる東京大学などの高学歴の人と一流企業で働いたことがある人などのことを指します。

つまり、経歴だけ見ればすごいと言える人のことなのですが、最近はこの経歴だけで勝負できなくなってきている世の中になっています。

要は、働き方などを見ればいくら一流企業に勤めた経歴があってもハイキャリアとは呼べない存在になってしまうのです。

高学歴の場合も同じ感じです。故にハイキャリアとは高学歴と高い経歴の持ったうえで、しっかりと働くことができる人のことを言います。

以前であれば、経歴だけで勝負はできましたが、現在は情報があふれている社会なので、経歴だけでは勝負できない環境になっているのです。

つまり、学歴がもう少しでもハイキャリアになることができる可能性があるのです。

若くして活躍している

キャリアを積むことがハイキャリアになることだと勘違いされていらっしゃる方が多いのですが、そんな事はございません。

若くしてハイキャリアとして働いていらっしゃる方も多く存在します。

要は、実績をどのくらい積んできたかがハイキャリアになれるかどうかの違いになります。

若くして何かのプロジェクトに関わって成果を出すことができれば、ハイキャリアへ近づいたと考えていいのです。

また、一昔前は経験でモノを言えましたが、現在は経験だけでは勝負できません。

しっかりと実績をアピールすることができないといくら一流企業で働いていても意味がないのです。

どこで働くにして実績を積むことが大切です。

ハイキャリア人材になるためには

ハイキャリア
それではハイキャリア人材になるためにはどのようにすればいいのかと言いますと、とにかく結果を出して実績を積むことが大切になってきます。

言われれば単純なことですが、実績を積むための準備や対策などを行っていないためにハイキャリアとなるチャンスを活かせていない人が多いのです。

そこで、ここからは確実に実績を積んでいくために必要な対策などをお教えします。

実績を積むことがハイキャリアになる最大級の手段と言えます。

実績と聞くと大きなことのように思えますが、そうではございません。小さな成功も立派な実績です。

つまり、代償関係なく積んでいくことが必要になっていくのです。

キャリアパスを描く

まずはキャリアパスを描くことが大切です。会社によっては決まっているようなところもございますが、まずはご自身で何年後に役職を昇格させるなどのことを考えて描くことが大切です。

ほとんどの人は目標も持たずに働いている可能性が高いのです。

なぜなら、日本においてはキャリアアップを考えることがタブーのような感じになっているからです。

また、キャリアパスを描くこと事体を教えていない企業が多く存在します。

しかし、外国でキャリアアッププランなどがはっきりしているので、これぐらい働けば役職を昇格させることができるとしてキャリアを見据えて働くことができるのです。

市場価値を上げる

ハイキャリアを目指すにあたりご自身の市場価値を上げることは大変重要なことです。

しかし、どのようにすればご自身の市場価値を上げることができるのかと言いますと、まずは仕事で結果を出しながら、人脈を広げていくことです。

人脈が広がることでこれまでに触れることのなかった分野のお仕事を頂くことができるからです。

市場価値を上げることは仕事ができるかどうかだけでなく、この人がどのようなものを持っているのかを見るのです。

そのため、メンターなどを見つけてその人のスキルを奪うなどのことも大切です。とにかくあらゆる面でご自身の価値を上げていくことが大切です。
 

転職する

一昔前は転職することに対してマイナスのイメージがありましたが、現在ではプラスのイメージになってきています。

なぜかと言いますと、昔は終身雇用などがあり、1つの会社で職を全うすることが正しいと言う考えがございましたが、現在は終身雇用も崩壊して、様々なスキルを持っていないと生き残れない環境になってしまっているのです。

また、転職することに関してもスキルがあるから転職するという感じに見られています。

逆に1つの会社にとどまることはスキルがないことのように見られています。つまり、転職をしてスキルを磨くことがハイキャリアになる手段と言えるのです。

【無料】次の転職で年収20%上げたい方へ!土日休み・残業なし

マイナビエージェント」が無料で転職面談を実施中です。
 

マイナビエージェント」はこんな人におすすめ!

・20代〜30代で転職をお考えの全ての方
・無料で手厚いサポートを受けたい方
・営業、金融、メーカー、IT系、エンジニア系で転職をお考えの方

マイナビエージェント_転職エージェント

 

マイナビエージェントの公式サイトはこちら
https://mynavi-agent.jp/

 

ハイキャリア転職に強い転職エージェントを利用する

ハイキャリア

ハイクラス案件が豊富

 

ハイキャリア転職に強い転職エージェントは一流企業だけでなく、ハイクラスやエグゼクティブと言われる企業からの採用情報を持っているのです。

中には、その転職エージェントにしか採用情報を出していない企業もございます。ハイクラスやエグゼクティブは少数派です。

つまり、このように厳選された転職エージェントにしか情報が渡っていない場合もございますので、転職エージョンとはチェックしておくべきなのです。

質の高いコンサルタントが転職をサポート

扱う会社がハイクラスやエグゼクティブであるということからエージェントの質も高いのです。

ただ、仕事や人材を紹介すればいいと言うわけではないのです。

しっかりと企業と人材をベストマッチングさせないといけないので、質の高いサポートのもとでハイキャリア転職をすることができますよ。

ハイキャリア人材におすすめの転職エージェント

ビズリーチ 

ビズリーチ公式HP

転職サイトビズリーチは、株式会社ビズリーチが運営しているハイクラス層向けの転職サイトです。

テレビCMで積極的に広告を行っているので知っている方も多い有名なエージェントといえるのではないでしょうか。

ハイキャリア向けの転職エージェントですので、求人もハイキャリア向けの内容となっており、ハイキャリアの転職の際にはまず登録すべきエージェントといえるでしょう。

ビズリーチの口コミもご紹介します。

ビズリーチを利用していた者です。

ビズリーチの特徴は「ハイクラス層向けのサービスであること」「有料会員が設けられていること」でしょう。

ハイクラス層向けのサービスだからといって、登録するにあたり年収の条件があるわけではないのですが、年収750万円以上のハイクラス会員とそれ未満のタレント会員に分けられます。

自分はハイクラス会員の有料会員だったのですが、厚いサポートを受けることができ、転職で年収アップもできたのでビズリーチを利用して良かったと思っています。

ビズリーチは無料会員と有料会員という概念が存在し、有料会員の場合は特に手厚いサービスを受けることが可能です。

収入アップにつながる可能性も高くなるので、結果的に得をする、という可能性も大きいのでは無いでしょうか。

ビズリーチ 公式HP:https://www.bizreach.jp/

転機

転機公式HP
経営者を目指している、社長補佐の経験を活かしたいなど、経営者や社長補佐になりたいと思っている人におすすめしたい転職サイトが転機です。

転機がもつ強いパイプのおかげで、質の高い求人がたくさん提供されているのです。

また、転機の対象年齢は高めで、55歳以上のシニア層でも活用できるので、働き盛りである40~50代の人には特におすすめです。

転機の口コミもご紹介します。

経営者と直接面談できるので、会社の雰囲気やビジョンがダイレクトに分かります。

直接自分の目で企業を判断できる機会があることは、非常に良いと思います!
前の職場でもそこそこの給料をいただいていましたが、これ以上は望めないな、と感じたので転職を決意しました。

私は年齢が高い方だと思うので、転職活動に不安がありましたが、転機のアドバイザーさんから大丈夫ですよと言っていただき、自分の経歴が活かせる求人を紹介していただきました。

結果的に年収も上がり、役職もついたのでとても満足のいく結果でした。

経営者と直接面談できるという強みや、アドバイザーの質が良いという口コミが多く見られました。

登録しておいて損は無い1社ではないでしょうか。

転機 公式HP:https://ten-ki.jp/

JACリクルートメント 

JACリクルートメント公式HP
JACリクルートメント」はロンドン発の転職エージェントということもあり、外資系に強い転職エージェントです。

有名なエージェントであり、ハイキャリアのための案件が多いため 上記二つのエージェントと併用することで転職活動を効率的に進めることができるでしょう。

外資系の様々な企業に精通した アドバイザーが、転職をサポートしてくれます。

独自のネットワークとノウハウで培った面接戦略で、専門性の高い転職サポートを受けられるのです。

JACリクルートメントの口コミもご紹介します。

ステップアップの転職を考えJACリクルートメントに登録しました。

良かった点はハイキャリアな転職だけあって質の高い求人案件が多いです。

他には出ていない求人もあり他の転職エージェントの差別化が明確でハイレベルの転職に絞っている人にはよいです。

スタッフの方々も出来る方が多い印象です。

高いキャリアや高い給料の案件の転職を自分のキャリアを最大限に活かせる提案をして下さります。

残念だった点は質の高い求人案件が多い反面、求人の数が他のエージェントと比較すると少ないです。

ハイキャリアの求人に適した人材には優秀なスタッフが情熱を持って対応してくれますが、自身の能力が求人案件に満たない人材に関しては時間をかけてもらえません。

転職市場が低いと案件を紹介されないです。

JACリクルートメントは自身に明確なステップアップのビジョンがあり要求される高い能力のある人には非常に心強いと感じました。

JACリクルートメントの良い点と悪い点の両方をご紹介いただきました。

やはりハイキャリアの転職に関しては非常に評判が良いです。

反面、転職市場が低いと判断された場合は、なかなか案件を紹介され辛くなるようです。 

明確なビジョンを持って転職に臨むことが求められることがわかります。

JACリクルートメント 公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか?以前に比べてハイキャリアは身近なものになっているのです。

つまり、今からでも目指すことができますよ。特にこれからの日本では長寿と言われてきているので、40~60代での転職も当たり前になってくると言われています。

若いうちにハイキャリアを目指すことはプラスになります。

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す