【研究職の仕事内容】研究職のメリット・デメリットとは?の画像

【研究職の仕事内容】研究職のメリット・デメリットとは?

新しい技術の開発や新薬の開発などさまざまな形で私達の生活を支えてくれている研究職。その実態はどのようなものなのでしょうか。今回はメリットとデメリットという視点から研究職の仕事内容を明らかにしていきたいと思います!

研究職に就職するメリット

他の業種では得られないやりがい

1番目のメリットとして、やりがいが挙げられます。

研究は、新しい発見を求めて行われるものです。世界初・日本初・最先端の試みである可能性は高く、将来的に社会に大きな影響を与える事も考えられます。

研究を行っているその瞬間、研究者は、誰もしていないこと誰も出来ないことに挑戦しているといえます。

それは大変やりがいのあることではないでしょうか。

しかし、世界の先駆者となるには、常に成長する必要があります。

そして、絶えず知識・情報を更新しなければなりません。日々発表される論文を読み、特許情報を収集し続ける。大変困難な道でもあります。

ただ、最先端の試みには、優秀な人材が集まります。

そのような周囲の優秀な方から大いに刺激を受けながら仕事をすることになるため、あまり苦に感じることなく研究を進めることが出来ます。

現在、研究において産学・産学官連携が求められており、その機会も増えています。

一民間企業の研究部門であっても、大学や研究機関と連携する案件は多く、有名な方々と共に仕事をすることも少なくありません。

そういった機会でも、大いに刺激を受けることでしょう。


年収の高さ

2番目のメリットとして、高年収であることが挙げられます。

技術系でのそれぞれの小分類では、研究職にあたる職種の平均年収は全体よりも高く試算されています。

例えば全体平均が430万円の試算に対し、技術系(電気/電子/機械)での先行開発/製品企画では574万、技術系(IT/通信)の研究開発では533万円と試算されています。

ただし、民間企業の中には給与・待遇において研究職に特別な待遇を設定しておらず、総合職として扱う企業も少なくありません。

それでも、研究自体を商品としている企業や製造業においては、研究は企業を支える根幹であるため、他の総合職よりも若干ではありますが高待遇であることが多いのも事実です。

研究者は、30代後半でも若手扱いです。その一例が研究職の活躍の場の一つである学会での若手研究賞の年齢設定で、これは40〜45歳未満の研究者が対象となっています。

40歳以上から中堅、キャリアアップも収入の伸びもまだまだこれからです。他業種からの転職であれば、収入の改善も将来のキャリアアップを望めると感じています。


貴重な体験ができる

加えて、最先端を追い求めるには、環境・設備への投資は不可欠です。企業・組織にもよりますが、最先端の高額な機器や希少な試薬を扱える機会も多々あります。

普段なにげなく利用している機器が、実は高級スポーツカーよりも高額であったり、小指の先ほどもない数マイクログラムの試薬が貨幣価値に替えられない超貴重なものであったりすることは珍しくありません。

これは、個人の収入では代えられない、貴重な経験ではないでしょうか。

ここまでは、主にメリットをお伝えしましたが、残念ながらメリットばかりではありません。次項では研究職のデメリットについて解説していきます。

関連相談

研究職に就職するデメリット

研究職から/への転職が難しい

1番目のデメリットは、未経験から研究職に就くことは難しいこと、また研究職に就いた後はある分野・領域に特化・専門化しがちであり、改めて他の企業の研究職に転職する場合は不利になる可能性が高いことです。

これらに関して詳しいことは以下の記事で詳しく解説しているので、今回の記事では簡単にまとめることにします。

人材募集にあたっては、研究職にはそもそも特定の分野・領域の専門家を求められていることが多く、少しでも求められる専門から外れていれば、採用されづらいということは想像できるでしょう。

ただし、中には研究職以外の職務経歴を求められる場合もありますが、残念ながら研究職の方々の中には研究以外は出来ないという方も少なくありません。

民間企業においては、マネジメント・環境/人材管理・外部折衝などが必要な立場での募集となると、研究業務以外の職務経歴に採用が左右されることもあります。

また、イノベーションを起こすために、あえて別分野・領域の専門家を採用する場合や他社の研究業務の手技・手法を取り入れるために採用する場合もあり、転職のチャンスが皆無というわけではありません。

特に大学ベンチャー発の企業においては、最初期は専門家を必要としますが、安定すると企業維持のために、専門に関わらず他社経験者を募る場合もあります。


ワークライフバランスの軽視

2番目のデメリットは、ワークライフバランスが軽視される場合があることです。

これは大企業でも起こり得ます。

三菱化学はかなり激務でワークライフバランスなんて無いと聞いたのですが…

三菱化学への転職を考えているのですが、三菱化学はかなり激務でワークライフバランスもクソもないなんていうことを聞いたのですがそこはどうなのでしょうか?
実際にも、三菱化学で働いている方は激務だと感じているのでしょうか?
残業時間はどれくらいあったりしますか?
参考にさせていただきたいので回答よろしくお願いします!

三菱化学の残業はすごく多いです。製造現場であるため何かがあれば、朝まで帰れないということがしばしばありますね。
毎月80時間程度の残業があり、定修や予算などの特別なイベントがあれば、100時間を超えることがしばしばありました。それでも、製造の運転員は残業代もすべて出ています。

ただ残業時間が一日分の就業時間に達すると1日分休みがもらえる。有給休暇もわりと自由に使える。研究なので休日出勤することもあるが別の日に振り替え休日が出来たりもします。違法な残業時間を強いられることは経験がないですね。長時間残業させないように上手く仕事が振り分けられている。みんな要領よく仕事をこなしじかんになったらきちっと上がるような仕組みとなっています


生物(微生物・細胞・動物)を扱っている場合は休日も管理が必要ですし、実験の内容によっては、夜間・休日の勤務も必要になるだろうという覚悟を持っておく必要があります。

しかし、今は「働き方改革」のおかげで研究職の労働環境も大きく改善され始めています。

ある化学系メーカーでは、入退室の履歴・PCの電源ON/OFF・自己申告の3点で勤怠を管理しており、残業時間の把握・改善に努めていたり、またある医療系メーカーでは土日祝日は全館入室禁止にしたりしています。

また、厚生労働省の調査結果において、全体では総実労働時間:146.3hr、所定内労働時間:134.7hr、所定外労働時間:11.7hrのところ、学術研究等では総実労働時間:156.2hr、所定内労働時間:142.2hr、所定外労働時間:14.0hrと若干長い程度にとどまっています。

ただ、研究が好きという方には、組織・企業における就業時間の制限は、逆にストレスを感じることもあるのではないでしょうか。


完全に自由に研究することはできない

最後の3番目ですが、民間企業勤務であれば、企業利益につながる研究しかできないということがあります。

企業から給料を得ている限り、企業利益に反することは当然してはいけませんが、企業にとってすぐに利益につながるわけでは無い研究・利益になるかどうかまだ分からない研究なども行うことができなくなるので、これにストレスを感じる方は少なからずいるのではないでしょうか。

関連相談

まとめ

最後に、メリットとデメリットをもう一度まとめます。

メリット

  • やりがいが高い
  • 収入が高い

デメリット

  • そもそも研究職に就きにくい、就いても転職しづらい
  • ワークライフバランスが軽視されがち
  • 民間企業では、企業利益につながる研究しかできない

いかがだったでしょうか。

研究職に就くことはメリットだらけとはいえませんが、やりがいと高い収入を得たい方には良い職業であると言えます。

以上、就職・転職の参考になれば幸いです。

この記事に関連する転職相談

材料系の研究職からIT系の職種への転職は一般的に難しいですか?

材料系の研究職からIT系の職種への転職は一般的に難しいことですか? 来年度に就職を予定している学生なのですが,就職活動の際には自分がやりたいことがわからずなんとなく自分の専門性が活かせる企業を選んでいました.しかし,今になってIT系の仕事(...

大手通信会社の研究職は転籍などがあると聞いたのですが本当ですか?

研究職に就くべきか悩んでいます。 大手通信会社の研究職に内定を頂きました。安定面などを考えて就職したのですが、優秀な研究者との争いや転籍などがあると知り、やっていけるか不安になりました。 また、研究職に就いてしまうとその後転職などが難...

生命保険会社で商品企画や研究職に必要なスキルはなんですか?

生命保険会社におけるキャリアプラン、取得すべき資格 こんばんは。私は生命保険会社に勤務して3年目で、入社以来営業を担当しています。今後、営業以外の部署(企画や商品開発など)も経験したいと思っています。しかし、他の部署に知り合いもいないた...

研究者はどのようにして、給料が発生しているのでしょうか?

大学の研究者などは、どのようにして給料が発生しているのでしょうか。 どこからのお金から、給料が支払われているのかが気になっています。 研究をして新たな発見があれば、製品化してビジネスができると思いますが、発見以前はどのような仕組みで...

有機、高分子の分野で研究開発をしたい場合に必要な経験は何ですか?

↑この題名の質問ではないです!中を見てください!!将来どういうモノが必要とされそうですか?? 自分は有機、高分子の分野で研究開発をしたいと思っているんですが将来どういうモノが必要とされるかをお聞きしたいです。 例えば、これから人工知能が...

バイオ系修士の学生がR&Dの技術派遣就職と博士過程進学ならどちらを選択すべきですか?

バイオ系修士の学生ですがR&Dの技術派遣就職と博士課程進学で真剣に悩んでいます。 派遣業の場合、派遣先により研究への裁量に当たり外れがあると思うのですが、仲間として、一研究者として扱ってくれる派遣先に出会える確率というものはどの程度のも...

工学系修士です。2流大手企業のデータ系の研究開発に内定を頂いた一方で、ある所からクオンツとして...

工学系修士です。 2流大手企業のデータ系の研究開発に内定を頂いた一方で、ある所からクオンツとして内定を頂きました。 2流と書いたのは、〇ニー〇ナソニック〇BM等と比べるとお給料も低めだそうだからです。(30前半で600万とか) 当初は研究開発に...

研究所に転職(中途採用)するにはどんなスキルセットが必要ですか?

研究所に転職(中途採用)するには何が必要ですか? 今、就職活動中でIT系企業の(研究よりの)開発職に決まりそうなのですが、夢だった研究職があきらめきれません。 じゃあ博士進学や研究所の就職をすればいいかとなるかもしれませんが、正直修士で...

研究職からビジネスサイドへの転職ってできるものなのでしょうか?

今回、新卒から入社後4年勤めた会社をから異業種への転職をしたいと考えています。 理由としては、研究職として入社したものの自社で扱っている分野がせますぎて刺激もなく、次のキャリアが全く描けないからです。 自分は理系の院を卒業たので、当然のよ...

バイオ系から食品メーカーの研究職へ就職するのは厳しいですか?

食品メーカーの研究職へ就職したいと思っているのですが、バイオ系から進むのはやはり厳しいですか? 色々と調べても、バイオ系の就職は厳しいと言った内容の記事ばかり出てきます。 実際に、食品メーカーで研究職に勤めている方がいらっしゃいましたら...

この記事に関連する記事

文系から研究職への就職はどれくらい難しい?狙い目の職業は?

文系職に就いてしまったけれど、本当は研究職になる夢を捨てられない。でも転職のハードルは高そう、といった悩みを抱えている方に向けて、実際研究職への転職は難しいのか、どんな職業を狙...

【エージェントは使うべき?】研究職におすすめの就活・転職サービス

研究職になろうとしているが、就活・転職活動のやり方がよく分からない...という方に向けて、おすすめの就活・転職サービスやそれらの使い方、おすすめの理由まで詳しく解説いたします。良質...

【研究職】面接で準備すべきことは?自己PR・志望動機の考え方も解説

研究職へ就活しているあなた、面接関連で悩んでいませんか?今回は面接で聞かれやすいこと・面接前に準備すべきことから研究職に就活するときの自己PRや志望動機の考え方まで解説します!

研究職に向いている人って?研究職に求められる5つの特徴とは

実験・研究を繰り返し、新たな製品を開発することで私達の生活を豊かにしてくれている研究職。自分もなってみたいけれど、どんな仕事か分からない、向いているかも分からない。そんな方に向...

【業種別・企業別】研究職の年収ランキング!一番年収の高い企業は?

「研究職」という仕事が年収が高いらしい、だけど実際のところはよく分からない。実際は研究職の中にも多様な業種が存在しています。そこで今回は業種・企業別で研究職の年収をランキング形...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー