伊藤忠テクノソリューションズの評判・体験談

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社の転職相談が多数掲載!就職・転職前に気になる伊藤忠テクノソリューションズ株式会社の年収や社風、面接事例などが盛りだくさん。伊藤忠テクノソリューションズ株式会社のことが気になったらあなたも即相談!社員、元社員からの回答もある日本最大級の転職相談サイト「JobQ」で簡単に伊藤忠テクノソリューションズ株式会社に関する意見がもらえます。
100名以上がこの企業に登録しています!

注目の評判・体験談/ 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
年収・ボーナス

給料は良い。新卒入社してそのまま働いているので、他...続きをみる

給料は良い。新卒入社してそのまま働いているので、他社の評判はわからないが、同級生と比較しても上位の方です。 また近年は給料の上昇率が高まっているので、より上がっている模様。 40歳ぐらいになると停滞するのだろうが、そのステージで停滞していても余裕のある生活ができるので特に困らないとおもう。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ワークライフバランス・残業

部署によっては未だにワークライフバランスが改善して...続きをみる

部署によっては未だにワークライフバランスが改善していないところもある。もともとお客様あっての企業なので、そんなに調整がきかないのもあると思うが、部署によっては顧客調整もしないところもある。 繁忙期はそんな働き方だが、それ以外であれば定時退社も可能である程度マイペースに仕事ができる。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
仕事のやりがい・働きやすさ

大手企業がお客様なので、仕事のやりがいはあると思う...続きをみる

大手企業がお客様なので、仕事のやりがいはあると思う。ただ、扱う製品や技術もお客様の指向次第なので合わないとレガシーな技術をさわり続けることになる。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
福利厚生・社内制度

福利厚生はそれなりにあるので、有効に使えれば充分満...続きをみる

福利厚生はそれなりにあるので、有効に使えれば充分満足できる。また資格取得に対する奨励金だったりあるので自分のスキルアップを補助してもらえる。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ワークライフバランス・残業

事業部や部署によるが所属している部は常に高稼働。夜...続きをみる

事業部や部署によるが所属している部は常に高稼働。夜ご飯を食べてから寝るまで、土日も平日で出来なかった分を補填するという状態。有給消化も行わないといけないがもはや業務の調整がつかないので休んだことにしていたりする。常に人の入れ替わりが発生している部署であり、教育の流れも決まっていない。業務処理は何も知らない派遣社員に教えながらやる必要があり全体的に疲弊している。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
女性の働きやすさ・キャリア

お客さんと接する現場だとかなり厳しいと思う。女性の...続きをみる

お客さんと接する現場だとかなり厳しいと思う。女性のマネージャーは総じて業務系の人が多くキャリアパスがあるのかふと疑問になる。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
企業理念・ビジョン

会社の指針、中長期計画などはイントラ上で見るが特段...続きをみる

会社の指針、中長期計画などはイントラ上で見るが特段普段の業務で感じる事は少ない。株主様の為の対外的な内容だけというイメージ。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
会社の将来性・事業の強み

常に人不足で常に数字に追われている。情報通信部門が...続きをみる

常に人不足で常に数字に追われている。情報通信部門が出している数字は素晴らしいが考えの仕込みなどがしっかり出来ていればある程度将来性があると言えるとおもう。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
年収・ボーナス

新卒入社数年間は、他社に就職した友人と比べてかなり...続きをみる

新卒入社数年間は、他社に就職した友人と比べてかなり給与が高い印象で、450-500万円程度もらえる。ただ、昇給スピードは遅く、30歳頃になると、大手メーカーなど若手の給与が低い会社にも追いつかれ始める。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ワークライフバランス・残業

残業時間は部署や案件によってかなりバラつきがある。...続きをみる

残業時間は部署や案件によってかなりバラつきがある。また、やる気がない人ほどあまり仕事が振られず、早く帰っている印象。 全社的な傾向としては、メーカーなどに比べて残業は多いと思う。ただ、Sietの中では特別多いわけではない。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
人事評価制度・教育

基本給とボーナス額の評価制度は分かれており、どちら...続きをみる

基本給とボーナス額の評価制度は分かれており、どちらも各個人で立てた目標に対して、どれだけ達成できたかで評価される。ただ、一人一人全く違う目標を立てているので、達成度を単純比較できるものではないため、達成度で比較されても納得感は小さい。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
福利厚生・社内制度

住宅手当はほぼない。新卒4年間は会社指定の借上げ社...続きをみる

住宅手当はほぼない。新卒4年間は会社指定の借上げ社宅に3万円/月で住める。地方配属だとかなりいい物件に住めるが、東京配属だと物件のレベルはそれほど期待できない。とはいえ、ボロボロのアパートが指定されるなんてこともない。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ワークライフバランス・残業

休みがとりやすく、勤務体系も時間有給など充実してい...続きをみる

休みがとりやすく、勤務体系も時間有給など充実している。 有給休暇の取得推進やサンドイッチ休暇の推進などがあり、プライベートはしっかり充実出来る。 現在は在宅勤務がほとんどで会社に出る機会が少なくて、自分のペースで仕事が出来る。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
人事評価制度・教育

人事評価は絶対評価ではなく、相対評価。 優秀でな...続きをみる

人事評価は絶対評価ではなく、相対評価。 優秀でなくても良い評価が貰えるし、逆にそんなにひどくない実力でも評価を低くされるケースもある。 実力主義ではないように感じられる。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
年収・ボーナス

業界的には悪くはない。但し賞与は所属する部署の業績...続きをみる

業界的には悪くはない。但し賞与は所属する部署の業績に左右されるのでそれだけで100万以上変わる場合もありうる。評価は自己目標と組織目標の達成度ではあるが結局は相対評価のため基準は曖昧である。 アサインされる案件によっ自分のスキルも変わるため、上長とよくコミュニケーションをとる必要がある。 また、他部署との人間関係を良くしておくと色々と助けられることも多い。この点は社内研修や案件で関わった人脈次第なので長く在籍していれば関係構築する事は可能でsる。そうして築いた人脈(営業の人脈も大事)によって評価が変わりグレードと呼ばれる評価にも影響あり。 自分の場合は同案件で関わった他社の人脈を生かして今に至るが、自社内、協業他社など業界内での人脈で転職する人もかなりいるため、経験値を積むには非常に良い環境だと考える。実際収入もかなりアップしますが、この環境を活かせるか否かは結局自身の将来設計になるので、自分の市場価値を上げることは十分に可能。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
仕事のやりがい・働きやすさ

配属先に左右される。やりたい事が出来るかは運による...続きをみる

配属先に左右される。やりたい事が出来るかは運によるところが多い。提案などプリセールスはしやすいと思うが、結局は物販がメインのため付加価値性の低い仕事が多いと感じる。またノウハウが蓄積されておらず効率が悪い。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
会社の将来性・事業の強み

物販、ITインフラのビジネスが多く、お客様のパブリ...続きをみる

物販、ITインフラのビジネスが多く、お客様のパブリッククラウド利用や内製化に対応出来なくなっている。コンサルやPoCなどを行っていかないと付加価値が低く、従来のビジネスも立ち行かなくなると感じる。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
人事評価制度・教育

社内政治によって、評価が大きく分かれるところがしば...続きをみる

社内政治によって、評価が大きく分かれるところがしばしばあります。また、外からお金を取ってきた案件にアサインされている人が優先的に高評価を得ている印象です。教育に関しては、非常に整っており、真新しい技術の教育等もあって、社員だけでなく、派遣社員の方も利用可能です。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
年収・ボーナス

給与レンジが特別高いというわけではないが、最初の数...続きをみる

給与レンジが特別高いというわけではないが、最初の数年は忙しければ残業代で稼ぐという感じ。 その後裁量労働制・営業手当制になり見込み残業代が含まれるようになると給与が落ちる仕組みになっており、その時点で一度転職を考える社員も多かったと聞いている。 ボーナスについては事業部の売上に大きく影響されるところがあり、配属によって自分のパフォーマンスをどれだけ上げてもボーナス支給額で差が出ることもままある。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ワークライフバランス・残業

当時の話になりますが、残業は非常に多く、徹夜するこ...続きをみる

当時の話になりますが、残業は非常に多く、徹夜することも何度かありました。 残業が前提になっており、夕方〜夜には全体として集中力も落ちてしまい、ゆっくり夕食に行くというような文化が蔓延していたのが、今から考えるとよくない風習だったと思います。 とはいえ土日出勤を会社として強制するような文化があったわけではなく、プロジェクトでやむなくという雰囲気で、サービス残業でもなかったため、残業代も出るし、と割と喜んで残業していた人も多かったのではないかと思います。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ワークライフバランス・残業

・SIerであればどの会社でも同じだとは思うが、プ...続きをみる

・SIerであればどの会社でも同じだとは思うが、プロジェクトによる。 ・ただ、全社としては休みが取りやすい環境に変わりつつあり、ワークライフバランスを重視する風潮がある。 ・基本的には20時までに退社する必要がある。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ワークライフバランス・残業

どの企業でもそうだと思うが、部署による。全社では平...続きをみる

どの企業でもそうだと思うが、部署による。全社では平均残業時間18時間と出していたとき、自分は45~80時間の残業を常にしていた。逆に、別事業部の同期はフロントSEであっても月の平均時間が10時間と言っていたので、本当に部署によると思う。 有休は近年までは20日中の半分も取得できていなかったが、働き方改革により14日以上の取得を強く求められるようになった。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
女性の働きやすさ・キャリア

女性は産休後も普通に復帰できる体制が整っていると思...続きをみる

女性は産休後も普通に復帰できる体制が整っていると思う。むしろ、産休に入る事を考慮して激務のプロジェクトにアサインされない点において女性のほうが好待遇であるとすら思う。ただ、女性の管理職はまだまだ少なく、キャリアという意味では土壌が整っていないのかもしれない。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ワークライフバランス・残業

部署により格差が激しい。フロント部門はお客様ありき...続きをみる

部署により格差が激しい。フロント部門はお客様ありきなのでワークライフバランスは有ってないようなもの。ファンクショナル部門はワークライフバランスが重視されるので残業なしでもやっていける。同じ会社でも同列に語ることはできない。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
仕事のやりがい・働きやすさ

フロント部門に疲れたらファンクショナル部門に移るの...続きをみる

フロント部門に疲れたらファンクショナル部門に移るのがおすすめ。同じ会社とは思えないくらいまったり働くことができる。ただぬるま湯から脱却できなくなるので仕事にやりがいを見出せなくても会社にしがみついて生きていく覚悟が必要。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
人事評価制度・教育

上司評価が100% 上司に気に入られれば評価は上...続きをみる

上司評価が100% 上司に気に入られれば評価は上がる。気に入られなければ評価は下がる。 教育は部署によると思う。忙しい部署や中途が多い部署では自分一人で動くことができない人には辛い。 研修などは手を挙げれば行くことはできる。が、部署の予算がなかったりそもそも忙しかったりで行く機会は少ないのではないか。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ワークライフバランス・残業

ここ5年ぐらいから非常に残業にうるさくなり、基本的...続きをみる

ここ5年ぐらいから非常に残業にうるさくなり、基本的に、20時までに退社する必要があり、20時以降働くためには課長レベルまでに事前に申請が必要、22時以降働くためには本部長レベルまで事前に申請が必要。担当するプロジェクトにもよると思うが、2019年度の月次の平均残業時間は、10~20時間だと思う。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
人事評価制度・教育

いかに上司に好かれてるいるかどうかがすべてな気がし...続きをみる

いかに上司に好かれてるいるかどうかがすべてな気がしている。大きなプロジェクトや会社への貢献度が高い案件もやってきたつもりだが、全く評価されず、なぜこいつが?というやつがドンドン上がっていくのを目のあたりにし、やる気がなくなる。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
会社の将来性・事業の強み

テレコムキャリアの商用基盤に食い込んでいるのは大き...続きをみる

テレコムキャリアの商用基盤に食い込んでいるのは大きい。インターネットにスマホやデータ通信サービスは今や社会インフラであり、そんな通信キャリアが転けることはほぼなく、そこに食い込めていることは安定したビジネスモデルになっている。 ただ、キャリアビジネスは安定はしていても、儲けは少なく、継続的に大きく伸びることはないため、今後の成長ドメインをエンタープライズに見出そうとしている。 ただ、そこの分野では、他の競合他社に比べると伸び率と儲け方が弱い。 理由は、プライムの割にはコンサル力、上流工程、開発力が弱く、受注するために高コスト体質になってしまい、失注も多く、受注しても低採算になりがち。 また、グローバルビジネスも躍起になっているが、言うほどの人材や海外拠点も無く、対応し切れていない。 ここらへんの課題をどう解決するか次第だが、あと10年はこのままの体制でもいくだろう。 ただ、本当に日本が少子高齢化で国内需要が一気に縮小し始めたとき、上流工程が弱く、グローバルにも弱いこの会社のその後は分からない。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
年収・ボーナス

標準評価でおおよそ以下となり役職が上がらないと頭打...続きをみる

標準評価でおおよそ以下となり役職が上がらないと頭打ちになります。 30歳前半で主任や課長になる人もいれば、50歳を過ぎても主任になれない人もたくさんいます。 ・役職なし:〜800万 ・主任:〜950万 ・課長、エキスパート:〜1100万 ボーナスは最大+40%〜-40%までの幅があるため、これにより 100 万前後年収が上下する場合もある。

1〜30件の企業に関する相談を表示(全145件)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社の体験談を募集しています!

会社概要 /  伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

  • 基本情報
会社名
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
フリガナ
イトウチユウテクノソリユ-シヨンズ
英語表記
ITOCHUTechno-SolutionsCorporation
業界
システムインテグレータ
本社所在地
東京都千代田区霞が関3ー2ー5
電話番号
0362035000
代表者名
奥田陽一
資本金
21,763,000,000円
決算月
3月
従業員数
2000人
設立年月
1979年7月
証券コード
4739
上場市場
東証1部
上場年月日
1999年12月14日
企業概要