宅建と司法書士の資格の取得しやすさはどんな違いがありますか?

宅建士は頭の良さが問われる試験で、どちらかと言うと司法書士試験は「頭の良さは全く関係ない努力で受かる試験です」と聞き、

これは資格の学校のLEC/TAC他全ての予備校講師と多くの合格者の考え方らしいです。
さらに、司法試験は「努力とその方向性で受かる試験」らしく、ほとんど全ての予備校講師と合格者の考え方が多いみたいですね。
宅建士試験だけは頭や能力が必要な試験で、一番難しい試験だと聞きました。

宅建や司法書士はそれぞれ資格を取得するにあたって、どのような特徴を持つ方が受験すると取得しやすい
など、あったりしますか?

宅地建物取引士司法書士スキルアップ資格

ユーザー名非公開

回答 2件   応援 0

ユーザー名非公開1

質問者さんは、不動産業界を目指されている方でしょうか?

失礼ですが、必要に迫られている、もしくは何かを成し遂げたいために資格を取りたいという感じが文章から見受けられず、履歴書の資格欄を埋めたいだけの学生が取りやすい資格を訊きにきている感じがします。

どんな特徴の人が受かるかなんて、それこそ予備校の人にお訊きになったらいかがでしょうか。
その特徴に当てはまらないから受けない、その程度の考えなら資格をとろうとしたところで何も身にならないです。

回答をしないのはそういうことです。そんな考えの人と共に働きたいと思いません。

ユーザー名非公開2

どの試験も過去問の公表がされているので、ご自分で問題を検討されてみてはいかがですか?
それで、どの試験がどれほどの難易度なのかを確認することができると思います。

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー