自社のサービスが好きでない営業職のモチベーションは何ですか?

営業職を担当している一年目のものです。

私は、いわゆる生保営業マンなのですが、
皆さんは、営業をしていてモチベーションとなるものが何かを知りたく、質問をさせていただきました。

正直、会社のネームバリューで就職先を決めてしまったので、
入ってから気づいたのですが、自分はなんでこの商品を売るのかがわからなくなってしまいました。

商品の質が高いから、絶対買ったほうがいい。とかつかったほうが良いとかそういうモチベーションならまだわかるのですが、保険ということもあり…。

特に他社との差別感もありませんし、なんだか営業をしていて相手に申し訳なく思ってしまいます。
そういう性格自体が元々営業職に向いていないのかもしれませんが…。

営業を担当している皆さんの営業のモチベーションとなるものは何なのでしょうか?

営業やりがい新卒

ユーザー名非公開

回答 1件   応援 0

批判されるのを恐れず書きますが「頭が良い営業マンほど粗悪な商品は売れない」ものだったりします。おそらく投稿者さんは買う相手のことをしっかり考えてしまう方なんだと思いますし、そういう人が自社の販売商品に疑問を持つことはとても健全で普通のことです。

私もどちらかと言うと「売るモチベが湧かないものは売らない」というタイプなので、売りたく無いものは売りません。

ただ、売れる商品を自分で選べたり、自分で商品自体の改善業務を仕事にできるようになったのは最低でもキャリアとして営業を始めてから3、4年経った後でした。

投稿者さんは営業を始めてまだ1年とのことですので、仕事そのものに前向きでいられるのであれば、今はつらくても投資の時期と判断して、近い将来商品改善をしたり、売る商品を選べるレベルの営業マンになるということをモチベーションにして業務されてみてはいかがでしょうか?

ユーザー名非公開(質問者)

ご回答ありがとうございます。

長い目で見ると、今はきついけど続けてみる価値があるといったところでしょうか?
私の会社はノルマが非常に厳しく、私はそれについていけないというのが実際です。

それで、なんで売れないのか?といったことに立ち戻ってみると、一つが自分が商品のことを本気で人に勧めたいと思っていないからなのかな?と、思うようになりました。

かと言って、現在の私の営業”力”では、自分が売りたいと思える企業へ転職することは実績的にも難しいと思います。

なので、ご相談させていただいたのですが、やはり、我慢の時期は必要なのでしょうか。
このままでは、会社にいるのも自分の成績上、いずらくなる気がします。

1: つらいのを我慢して今の職を続けてみる
2: すぐに辞めて次のステージでがんばる

私も営業でキャリアをスタートして今まで色々な人を見てきましたが
、"1:我慢して続ける"を選んだ人は皆「あの時辞めずに頑張って良かった」と言いますし、"2:辞めて次のステージでがんばる"を選んだ人は「すぐに辞めて正解だった」と言いますw

つまり、どちらを選んでも最後は結局「あの時の決断は間違ってなかった」となるものなんだと思いますw

日本の多く社会人の方がこういう場合"1:我慢して続ける"を選択している人たちなので、普通に人に相談すると「まだ続けた方がいいよ」とアドバイスされることが多いはずですが、最低でも僕の経験上どちらを選んだとしてもちゃんとハッピーになれます。

職を変えるにしても採用状況は売り手市場ですし、投稿者さんはネームバリューがそれなりに高い会社にお勤めだと思うので、「あの時辞めて正解だった」と思える転職ができる可能性はとても高いと思います。(社内ジョブチェンジも良いと思いますもちろん)

なので、割と気軽に決断しちゃって良いんじゃないでしょうか?

この質問に関連する求人情報

あと9
企業名
フルリール株式会社
職種
営業・企画営業
年収
1. 月給25万円 〜 30万円 2. 月給23万円 〜
勤務地
新宿区西新宿6-21-1 アイタウンプラザ3階
企業名
株式会社エブリー
職種
営業・企画営業
年収
年俸400万円 〜
勤務地
東京都
企業名
コインチェック株式会社
職種
営業・企画営業
年収
月給24万円 〜 50万円
勤務地
東京都
企業名
株式会社コンテンツワン
職種
営業・企画営業
年収
月給25万円 〜 33万円
勤務地
東京都
企業名
株式会社Viibar
職種
営業・企画営業
年収
年俸400万円 〜 800万円
勤務地
東京都
企業名
株式会社ベーシック
職種
営業・企画営業
年収
年俸350万円 〜 450万円
勤務地
東京都
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー