• HOME
  • 転職
  • 面接
  • 【大学面接でも使える】長所と短所の正しい答え方|一覧表・例文あり
【大学面接でも使える】長所と短所の正しい答え方|一覧表・例文あり

【大学面接でも使える】長所と短所の正しい答え方|一覧表・例文あり

大学、高校受験・面接や就職・転職活動などいかなる面接においても、長所と短所を聞かれることは多いのではないでしょうか。この記事では面接における長所と短所の答え方をわかりやすく解説します。この記事を読めば、面接官に伝わりやすい答えができるようになります。ぜひご覧ください。

44237

【就活や大学面接で使える】長所と短所を聞く3つの理由

面接官は、あなたの長所や短所を聞くことで、あなたの性格はもちろん、質問に冷静に答えられる適応力や客観性を見ています。

また、どこまで自己分析をして面接の準備ができているのか確かめたいという狙いもあるでしょう。

ここでは面接官が「長所」と「短所」を聞く3つの理由についてもう少し詳しくお話します。


9770_長所_短所_大学面接_要約_1.png

1.人間性を図るため

面接官からしてみれば、書類を通してあなたのことを知ってはいても直接会うのは面接が最初です。

そのため、単にあなたの人間性を知りたいという理由から、このような質問がされることがよくあります。

あなたの長所や短所を聞けば、あなたの性格や人間性がある程度わかります。

そのうえで、理由の2番目以降で述べる「入社後の活躍が期待できるか」や「企業とマッチしているか」を判断されているのです。


2.募集職種や社風とのマッチ度をみるため

面接官はあなたの長所や短所を知ることによって、あなたの性格を把握したいと考えています。

なぜなら、あなたの長所はもちろん短所でも企業の社風や職場環境にマッチしているものであれば、入社後の活躍が期待できるからです。

よって長所も短所もただそのまま答えるのではなく、仕事におけるエピソードと紐付けられるような長所や短所を答えるようにしましょう。もちろん短所は、裏返せば長所になるようなものがベストです。


3.自己分析の客観性を確認するため

あなたが冷静に自己分析をできているかどうかを知るために長所や短所を尋ねる質問がされます。

客観性をもって自分の性格を説明することができれば、今後、長所を伸ばしていくことや短所を改善することもできるからです。

長所や短所の内容も大事ですが、何よりも自己分析を客観的な視点をもってできていたかどうかを面接官は重要視しています。

 

企業からスカウトを受けてみませんか?

大手・優良企業からオファーが受けられるベネッセのオファー型就活支援サービス「dodaキャンパス
※優良企業6,800社以上が契約

あなたのプロフィールを見た企業から採用選考の特別なオファーが届きます。

オファー受信率98%!!
※プロフィール記入率90%以上
(21年卒 2020年5月時点 実績)

適性検査(GPS)で自己分析もお助け!

dodaキャンパスなら、あなたのパーソナリティの特徴が把握できる適性検査(GPS)を無料で受検することができます。

登録して企業からのオファーを待ちましょう!

面接で「長所」や「短所」がないのはNG

長所や短所を答えることが恥ずかしいから、あるいは、長所や短所が出てこないからといって「ないです」「ありません」というのは原則NGです。

もしかすると謙虚な気持ちからこのような言葉が出たのかもしれませんが、面接官が長所や短所を知りたい理由は先に述べた通りです。

それを答えられないということは、自分のことを客観視できない人、入社をしても積極的な行動がとれない人と判断されてしまいます。

「ありません」「わかりません」はやめて、次章より解説する見つけ方で見つけてみましょう。

他に「ない」と答えがちではあるけれど、答えるべきとされるのが逆質問です。逆質問に関しては以下の記事にて解説しているため、そちらを参照ください。

面接で聞かれる長所と短所の見つけ方や書き方

自分の長所や短所をみつけだすには、自分と向き合う必要があり、そう簡単なことではありません。

自分と向き合っても長所や短所が出てこない方もいるでしょう。

ここでは、「長所」と「短所」の見つけ方を以下の3つご紹介します。
 

9770_長所_短所_大学面接_要約2_2.png

見つけ方1. 過去の経験や失敗を振り返る

まずは、これまでの過去を辿ることをしてみましょう。

過去の経験から成功したことや失敗したことを思い出し、そこから長所や短所を探し出してみるのです。

そして過去を振り返った時にあなたの中で強く印象に残っている出来事があれば、その具体的なエピソードを思い出し、そのエピソードの中にある長所や短所を書き出せるだけ書き出してみましょう。

人生全体から自分の「長所」や「短所」を考えようとするとなかなか思いつきませんが、過去の1つ1つの経験からたどるという方法をとることで、少しは思い浮かびやすくなるはずです。
 

見つけ方2. 周りの人に聞く

どうしても自分ひとりで考えていると行き詰まってしまう方は、家族や友人に聞いてみるのもおすすめです。

もしかすると、自分では気づいていなかった意外な長所や短所が見つかるかもしれません。

加えて、人からの意見というのは当然、客観的なものになります。

自分のことしか見えていないような自己分析よりも、客観的な自己分析のほうが正確であるのもこの手段のメリットの1つです。

しかし、周りの人に聞く際に重要なのは「あなたとある程度深くまで交流を持っている方複数人に聞くこと」です。

関係が浅い状態の友人に聞いても、相手はあなたのことをさほど知りません。

また、一人だけに聞いても信憑性に欠けるものになります。

よって、家族や長年親しくしている友人複数人に聞いてみましょう。
 

見つけ方3. 主な長所と短所の一覧から探す

長所と短所のどちらか一方がわかっていて、もう片方が決まらないという方は、ネットに掲載されている長所と短所の一覧表から探してみましょう。

長所と短所は表裏一体なので、長所が見つかれば、短所も見つかります。

以下は長所と短所の表裏一体の表です。こちらを参考に見つけてみても良いでしょう。

長所 短所
自分の意見をしっかり持っている 我が強い
慎重

優柔不断、心配性

負けず嫌い、継続力がある 諦めが悪い、頑固
リーダーシップ性がある 仕切りたがり
行動力・実行力がある 計画性がない
計画性がある 面倒臭がり
楽観性・ポジティブ のんき
好奇心旺盛 飽き性
謙虚、自分を過信しない 自信がない
集中力、1つのことに打ち込むことができる

視野が狭い

コミュニケーション能力がある 世話焼き
気配りができる、優しい 周りを気にして発言できない
努力家 物事をなんでも一人で解決してしまおうとする


この手段のメリットは、実際に面接にて答える際に長所と短所で一貫性のある答え方ができるという点です。

自分で一から考える場合に比べて、元から表裏一体に作成されているため、簡単に作成することができます。
 

【補足】高校生でも使える!長所や短所の伝え方

最後にあなたが「これは長所だと思っているけれど、面接で述べても良いのか」と悩むであろうものについて解説します。

例えば「優しい」「明るい性格」「常に笑顔でいる」などです。

接客業などの面接であれば効果的に使用することができそうですが、そうでない職種では仕事のエピソードとともに述べたり、短所と合わせて述べることが難しそうです。

しかし、こういった仕事とは関連付けにくい「長所」や「短所」でも、以下のように伝え方を工夫して変えるだけで大きく印象を変えることができます。

  • エピソード内に数字を多く用いることで長所によりもたらされた結果を具体的にする
  • 長所が行動の場合(「常に笑顔でいる」等)なぜそのような行動をとるのか理由を述べる
  • 志望する仕事にどう活かすことができるのかを詳細に述べる

よって、「これは長所に使えない」とすぐに諦めてしまうのではなく上記3点を踏まえて考え直してみましょう。


すぐに転職するならリクルートエージェントがおすすめ!

リクルートエージェント

求人数 230,000件超
対応地域 全国
公式サイト 公式サイト


リクルートエージェントの特徴は、以下の2点になります。

  • 国内最大の求人数(230,000件超)
  • 転職実績NO.1

リクルートエージェントに登録して転職を成功させましょう。

正しい「長所」の答え方を例文からみる

長所を答えるためのポイントは3つあります。

長所といえば「真面目」「責任感がある」「協調性がある」「集中力がある」「慎重である」などを思い浮かぶ人が多いと想いますが、長所が多すぎるのも良くありません。

また、ただ長所を並べるだけではなく、その長所を企業でどう活かすのかについて話すことが重要です。
 

「長所」を3つ選ぶ

まず、長所は3つほどに絞りましょう。

人は良いところがたくさんあるので、長所を言い出せばキリがありません。

面接でそれぞれにエピソードを用意して話せる長所だけを選ぶのです。
 

アピールするものを1つに絞る

3つに絞ったあとは、さらに最もアピールできる長所1つに絞りましょう。

長所に優先順位をつけて選んでもいいですし、職種や企業に合わせて選んで変えても構いません。

企業が求める人材に近い長所であればあるほど評価の高い長所といえるので、よく考えてみてください。
 

伝え方は「長所をどう活かすか」

最も重要なのは、あなたの長所をどのように面接で伝えるかです。

できれば、その長所を象徴するようなエピソードを添えて話し、転職先で長所をどのように活かしていきたいのかを伝えられるといいでしょう。

長所だけを伝えるのではなく、企業でどのように活かしていきたいのかを伝えるのです。


「長所」の5つの回答例

では、どのようなことを長所としているのか、どのように表現すればいいのかを具体的にご紹介しましょう。

ここでは長所の伝え方にのみ焦点を当てて載せています。よって、先ほどの「長所をどう活かすか」という部分は改めて自分らしい答えを見つけてください。

 

<例1>
私の長所は真面目であることです。例えば、私はクライアントとの納期は必ず守ります。

関係部署とのスケジュールを綿密に行い、余裕をもってスケジュールを組みます。

そのため、クライアントの都合により納期が短縮された際も、うまく間に合わせることができたので、クライアントから信用を得ることができました。

 

<例2>
 私の長所はコミュニケーション力です。この長所を活かし、前職では専門的な内容をわかりやすくお客さまに説明をすることで多くの契約を獲得してきました。

なかでもAIを用いた業務プロセスについては、「これまで聞いた説明の中で1番わかりやすかった」というクライアントの評価をいただきました。

 

<例3>
私の長所は責任感があることです。困難な問題が起こっても、決して投げ出したりはしません。

他部署のミスによりクライアントからクレームがあった場合にも、営業担当者としての責任を果たそうと、一生懸命にお客さまと向き合いました。

何日にも渡って先方に謝罪に伺い、最終的にご理解をいただいき、新たな契約までいただいたという経験があります。

 

<例4>
私の長所は協調性があるところです。

前職では、交代勤務のある職場に努めていたため、引き継ぎ作業があったのですが、引き継ぎ内容の書き方が人によって異なり、非常にわかりにくい状態でした。

そこで、上司に相談をしたうえで、引き継ぎ方法の書き方を統一し、わかりやすいかたちに整えたところ、引き継ぎの不備によるミスが激減しました。

また、上司からも、「○○さんがみんなの意見を聞いて引き継ぎ体制を整えてくれたおかげだ」というお言葉をいただくこともできました。

 

<例5>
私の長所は柔軟性です。

前職ではマニュアルがあり、その通りに仕事をこなすことが通例だったのですが、お客さまに合わせて打ち合わせを進めたいと思い、上司に相談のうえ実行しました。

マニュアルにないことであっても、臨機応変に対応し、お客さまにご満足いただける結果を残すことができ、予定よりも大きなご契約をしていただけた経験があります。


これらに併せて、希望企業でどのように活かしていきたいのかを伝えるようにしましょう。

正しい「短所」の答え方を例文からみる

短所を言うことで低い評価をされたくはないと思う気持ちは誰でも抱くものです。

しかし、自分で短所をしっかりと把握できていることも評価の対象となりますので、自己分析の結果をそのまま伝えましょう。

そこで、単に伝えるだけではなくそれをカバーするにはどうしたらいいのかというところまで話ができるようにしておいてください。

よく面接の回答で使われる短所には「優柔不断」「せっかち」「緊張しやすい」「頑固である」「心配性である」などが挙げられます。
 

「短所」を3つ選ぶ

まず、面接で伝える短所を3つ用意してみましょう。

そして、どうして短所と思うのか、それぞれにエピソードを添えて伝えるようにします。

短所のない人間などいないのですから、必要以上に心配になりすぎず回答すればいいのです。
 

アピールするものを1つに絞る

短所は探せばいくつか出てくるものです。

けれど、面接でいくつも言うわけにはいかないので、優先順位をつけて1つに絞っていきましょう。

職種や企業に合わせて、短所だけれど長所のようにも受け取ることができるものを選べるとベストです。
 

伝え方は「短所をどうカバーするか」

短所は、具体的なエピソードとともに伝えるとわかりやすいので、おすすめです。

ただ、その短所を今後どのように改善していくのかという姿勢を見せることも重要だといえます。

つまり、ただ単に短所だけを述べるだけでは不十分であり、どのように向き合ってカバーしていくかというところまで話せなければいけないのです。
 

「短所」の5つの回答例

短所について聞かれた時に、どのような短所を挙げるのかについて、ご紹介します。

自分の短所がなかなか見つからないという人も、この回答例を読むことで、ヒントが得られるかもしれません。

そして、最後には、どのようにカバーしていくのかという積極的な言葉も必要となりますので、注意してください。

<例1>
私の短所は、心配性であるところです。

今まで経験したことのないことを始める際には、徹底的に下調べをし、納得できないと行動できないというところがあります。

ですが、もちろん仕事には納期がありますので、周囲よりも早めに物事に着手したり、積極的な人の意見を聞いてみたりするなどして、迅速に行動を起こせるよう努力しております。 

 

<例2>
私の短所は、物事をひとりで抱え込みやすいところです。

すべてを自分ひとりでやろうとしてしまい、結果的にうまくいかないことがありました。それからは、困った時には周囲の人に報告や相談をしたり、時には仕事を分担してもらうなどしていくように気をつけております。

 

<例3>
私の短所はせっかちであることです。つい焦って行動をしてしまい、確認不足によりミスをしてしまった経験もあります。

そこで、自分はどうしてせっかちな行動をとってしまうのかについて考えてみたことがあります。

そこでわかったことは、仕事をどんどん引き受けてしまい、1つの業務に集中できずに急いで作業をしてしまっていることに気付きました。

それからは、毎日スケジュール表に作業時間の目安を書き、時間に余裕をもって業務をこなすようにしています。

 

<例4>
私の短所は、頑固なところです。

相手の意見に納得ができない時、つい自分の意見を強く主張してしまうところがあります。

しかし、これでは場の雰囲気も悪くなり、仕事の進捗状況にも影響がでます。

そこで、まずは相手の言い分をしっかりと聞き、どういった経緯でその人はその考えに至ったのかという背景を理解することを常に勤めるようにしております。

 

<例5>
私の短所は、マイペースなところです。

目の前の業務に集中しすぎてしまうところがあります。

そのため、チームで仕事をする際は、常に周りを意識し、全体の業務の進捗を把握し、それに合わせることを心がけております。

 

JobQでも短所の答え方について質問回答があります。併せて見てみましょう。

就職活動の面接であなたの短所は?と聞かれたら、何と答えるべきですか?

就職活動中の大学生です。こないだ面接の質問で、「あなたの短所は?」と聞かれたときにぱっと思いつかなかったので特に思いつきません。

強いていえば、こういうときに何も思いつかないことです。といったら、急に面接官のテンションが下がってしまいました。

こういう質問のときは、どういった回答をするべきなのでしょうか?ご回答お願いします。

まず、大卒の就活面接で長所・短所を聞かれる可能性があるのは当たり前のことなので、予め回答を準備していなかった時点でNGになるでしょう。

そういうことを知らなかったとしたら、それはそれでリサーチ不足。これも準備不足ですね。

ですから、…続きを見る

「長所」と「短所」は偽らない

長所と短所の質問に関して偽った回答をして採用されたとしても、入社後にミスマッチを感じ、辛い思いをするのはあなたであるため、偽らないほうが良いでしょう。

長所と短所に関する質問を通して面接官が見ているのはもちろん企業とのマッチングもそうですが、それ以上に「どこまで自分のことについて掘り下げて振り返ったか」の自己分析の深さです。

事前に準備の出来る質問であるため、しっかりと準備をした上で偽ることなく済むようにした上で面接に臨みましょう。

その他偽りがちな質問の答え方は以下の記事からご覧いただけます。

まとめ

長所と短所の見つけ方から回答の方法までをご紹介しました。

長所は企業に活かせるように、短所はいかに自分でカバーしようとしているかということも併せて回答するようにしましょう。

また、長所や短所は偽らずに自己分析のまま回答するようにしたほうが良いです。

その他、大学受験や就職・転職活動、アルバイト等の面接において頻出の質問の答え方は以下の記事にて紹介しています。

併せてご覧ください。

▶︎ 面接の質問例・マナー対策総集編 理想的な回答・NGパターンの全て

 

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 実績 対象
リクルート 5 30代以上 
ビズリーチ 4.7 ハイクラス層
パソナキャリア 4.5 全ての人
レバテックキャリア 4.4 IT系
dodaキャンパス 4.3 新卒


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:
https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:
https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:
https://www.pasonacareer.jp

・レバテックキャリア:
https://career.levtech.jp/

・dodaキャンパス:
https://campus.doda.jp/

この記事に関連する転職相談

引きこもりだったことを就活でアピールできますか?

3留した大学生です。 父親が死亡し、色々あってそのまま引きこもりました。引きこもりから立ち直ったことは就職でアピールになるのでしょうか。自力で這い上がるべき壁はまだまだ高いという感じでしょうか...

転職サイトに登録する自己PRはどのように記述するのがいいですか?

転職サイトに登録する自己PRはどのように要点を絞って記述していくのがいいのでしょうか。 私自身、内容自体あるものの、どううまく書けばいいのか、わからず困っています。

声優になりたい為の志望動機や自己PRはなんと記載すれば良いですか?

突然のメール失礼します。 現在、社会人なのですが声優という夢に挑戦してみたいと養成所の申し込み書を書いています。 志望動機と自己PRについてこれで良いのか自信がなく、添削していただき...

来年就活生です。インターンの選考に通過するコツを教えてください

来年就活生の大学3年生です。 のんびり構えすぎてサマーインターンに行きそびれてしまい、秋に開催する企業もあるようなので、参加してみようと思いました。 興味のある企業の応募要項を見てみ...

就活は顔ですか?

まだ内定をもらっていない大学4年生です。 もう今年の就職は諦めて来年リベンジすることに決めました。 とっくにメンタルはズタボロで、ここ最近は食欲もなくなってきています。 私は顔...

圧迫面接を受けて就活が嫌になったのですがどうすればいいですか?

圧迫面接を受けたことで就活自体嫌になった場合、もう日本で就活は辞めたほうがいいと思いますか。   理由は2つです。 1]某ベストベンチャー100に選ばれた某企業の面接に行った際、人事の...

面接で「運が悪い」と答えたら不採用になるのですか?

先日、面接の際「あなたは運がいい方ですか?悪い方ですか?」と聞かれた時「運が悪い」と言ってしまいました。面接自体は非常に手応えがあったのですが、ネットで調べると「運が悪い」と答えた人は不採用。と...

「あなたが企業に求める事を教えて下さい」と面接で質問されたら何と答えればよいですか?

今日面接で、「あなたが企業に求める事を教えて下さい。」と聞かれました。 今までそんな事聞いてくる面接官が居なかったので、とても混乱しました。 一人暮らし前提だったので苦しまぎれに「生活できる...

面接の質問で運はいいですか?と聞かれた時に悪いですと答えると何でだめなんですか?

このあいだ就職面接してきました。 面接官にあなたは運がいいですか?と質問され悪いです。と答えてしまいました。 理由はイベントや体育祭などでくじを引く時はあまり当たりが出ないことが多い...

就活で有利な趣味ってありますか?

就活でのアピールとなる趣味って何があるんでしょうか?読書とかだとベタでつまらないと思うのですが、フィギュア集めなんて言うと引かれるかと思いますし…。面接受けする趣味って何ですかね?

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す