• HOME
  • 就職
  • コンサル業界への志望動機はなんと伝えればいいですか?

コンサル業界への志望動機はなんと伝えればいいですか?

117

コンサルの志望動機について質問があります。
現在所属している大学(SFC)ではリベラルアーツを掲げ、様々な分野の教育を受けています。文理に問われない授業を行ってきました。言語やプログラミング、社会福祉からデータ分析に至るまで一通り学習しました。現在ではサイバー防犯研究会に所属し、小中高でワークショップを開いています。これまで多角的な視野から問題を扱ってきたと自分でも自負しているつもりです。
さてここで、インターン応募を通じて論理的思考を武器とするコンサルに共感し志望したいのですが、こうした大学での勉強は業界にあっているのでしょうか。いくら問題解決を行っていくのが好きだとしても、悪く捉えてしまえば広く浅くの専門性のない自分を、コンサルは選んでくれるのでしょうか。
自分としては大学で学習した内容に不満も後悔もありません。全ての授業が面白かったですし、血肉として吸収できていると考えています。

就職就職活動/就活コンサルタントコンサルティング

ユーザー名非公開2020年05月29日

回答5

ベストアンサー

志望動機は「どういう働き方をしたいか」「その働き方を実...

続きをみる
志望動機は「どういう働き方をしたいか」「その働き方を実現するためになぜXX業界を選んだのか」で組み立てるといいですよ。 この流れはコンサル業界に限らずです。 「何をしたいか」については、ぼんやりと大まかな感じでいいです。 特に学生にとってはそれを明確化することに時間を使ってもゴールの無い自分探しになるだけで、たいした答えは出てこないので。

小さな会社を経営しております。プログラマーです。 ...

続きをみる
小さな会社を経営しております。プログラマーです。 質問者様がコンサルティングファームに雇われるかどうかを「論理的」に言うなら、ピッカピカの経歴で別に大丈夫なのですけど、それでもやっぱり負ける確率がけっこうある賭けなのですよね。安藤忠雄の「連戦連敗」なんかを読んでいただけると感じがわかるのですけど、全然フェアなものではないので、個々のケースでうまくゆくかはわからないものです。ビジネスは本質的にギャンブルの要素はなくなりません。 とかく就活では「何がしたいの?」「何になりたいの?」とターゲットを絞るように促されますけど、それは質問に答える人は絞ってあったほうが答えやすいのですけど、そこそこうまくゆかないことが見込まれる就活のゲームで絞りすぎるとプランBがなくなるのですよね。 コンサルタントは別に新卒で既存のコンサルティングファームに行かないとなれないものではありません。何歳でも中途で入れます。原子力の専門家からマッキンゼーの日本支社長になった人もいますよね。業界を絞らずに幅広く巡っていろいろな業界の話を聞いてきて、どんな業界のどんなビジネスはどうなってるのかを聞いて歩くのがいいかと思います。たとえ新卒で希望の会社に入れなくても、いつでもコンサルタントにはなれますよ。会社作って名刺にコンサルタントって書けばいいだけですから。 不安・恐怖こそが最大の敵でして、あまり必死になりすぎず、肩の力を抜いてゲームを楽しまないと勝てないですよ。
ユーザー名非公開1

コンサルタントは地頭が勝負で 学校で習った小手先って...

続きをみる
コンサルタントは地頭が勝負で 学校で習った小手先って あんまり関係ないかなと。 地頭が磨かれたのなら、 コンサルタントとして活躍できると思います。 同じ問題用紙を解くことはない職種です。
ユーザー名非公開2

いまはどのファームもプログラミングを学んだ学生を高く評...

続きをみる
いまはどのファームもプログラミングを学んだ学生を高く評価しがちなご時世なので、若干有利だとは思います。 ただ、それ以上に重要なのは、採用セミナーや面接において、ロジカルに(orロジカルっぽく)話すことです。自分が「この人、アタマ良さそうだなぁ」と思う人の動画でも見て、思いっきりマネすると良いと思います。そして、とにかく発言の量を増やすこと&謙虚な姿勢は崩さないこと。要するに、「この子、アタマ良さげだし性格も良さそう!」と思われれば勝ちです。 あとは、結局就活なんぞ時の運なので、仮にいくつかのファームからrejectされても気に病むことなく諦めないことが肝心です。Good Luck!!

これまでの学習や取り組まれてきたことは自信を持ってくだ...

続きをみる
これまでの学習や取り組まれてきたことは自信を持ってください。また、学歴の面でも努力された結果、相対的に有利な立場にいらっしゃいます。 私は中途採用試験でMBBのどれかの選考を受けたことがありますが(途中で落ちましたが。)、論理的思考力を確認するために、ケース面接をひたすらされます。自己PRや志望動機については軽く話して、深堀はそんなにされませんでした。 新卒中途採用問わず、あらゆる業界や専門性を持った人がコンサルファームにはいますので、教養、知見は多岐に及ぶと仕事上で役立つことも多いと思います。 特に、マッキンゼーなんかは社会へ与えるインパクトの大きさを重視している印象があるので、そういう熱意と論理的思考力、実行力があれば良いと思います。頑張ってください。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料