SIerとメーカーではIT技術者の働き方や業務内容は違う?

131

SIerとメーカーでのIT技術者の働き方や業務の違いを教えてください。

現在、大学院で計算機科学について学び就活しているものです。
就職先としてSIerとメーカーを中心に考えています。SIerでのIT技術者のキャリアや業務内容は比較的想像できるのですが、メーカーでIT技術者として働くイメージがあまり掴めていません。
ぜひメーカーでIT技術者として働かれている方やSIerで働かれている方の経験などをお聞かせください。

ユーザー名非公開

回答4

ユーザー名非公開1

メーカーの意味がよくわかりませんが、事業会社の社内SE...

続きをみる
メーカーの意味がよくわかりませんが、事業会社の社内SEの事ですか?それならだいたいこんな仕事です。違うのであれば具体的な社名をあげるべきですね。 ・IT投資の計画プランを建てて社長や役員から予算配分を貰う。場合によっては他の部署へシステムの希望をヒアリングしたり、コンサルに相談したりする。 ・予算が降りたらシステム開発の責任者としてベンダーの選定や開発成果物の最終レビューを行う。 ・その他PC故障や調達、システム障害時のヘルプデスクも行う。 社内SEは新卒で募集してる所は少なく、たいていは総合職で雇われたあと、部署異動で担当するのが一般的です。
ユーザー名非公開2

他の方が書かれているとおり、メーカーというのがよくわか...

続きをみる
他の方が書かれているとおり、メーカーというのがよくわかりません。例えばNEC、富士通、日立のようなところはメーカー系SIerとしての業態もありますし、あるいは製造業の社内IT部門のことを意味するかもしれません。前者の場合はケースバイケースですが自社製品を前提としたSIを主にやりますし、後者であれば社内IT環境の開発や運用を行います。

他の方の書かれている内容が具体的でその通りです。さらに...

続きをみる
他の方の書かれている内容が具体的でその通りです。さらに追加するとメーカー(製造業であり、システム(完成品)やシステム導入を製品やサービスとして他社に売って売上をたてるのではない会社)の仕事内容の差は以下です。 ■製造業の中のシステム関係の部署に配属され、働く場合 ・自社の営業部や人事部などの従業員が自社の仕事をするために使うシステムを自社のシステム関係の部署のIT職種の人が自分たちで自社開発する。自社開発の部隊を持っている会社では、SIerと同じく、設計やプログラミング、テスト、などの全ての作業を自社の社員で行います。つまり、SIerに発注して作ってもらうことはしません。ただし、この体制ができるのは、かなり大きな会社だと思います。 ・製造業の新製品や新サービスにIT技術を採り入れ、そのシステムを開発する。たとえば、家電もネットワークやアプリと接続されて物質的なモノだけで製品とはならず、いろいろなITが使われていますよね。このようなシステムを開発する場合は、研究・開発職になると思います。(SIerのように、お客様が欲しいシステムの概要をヒアリングして、それを作るのではない)
ユーザー名非公開3

メーカー=製造業のIT部門の技術者と想像して回答します...

続きをみる
メーカー=製造業のIT部門の技術者と想像して回答します。仕事はいろいろあります。例えば社内システム(メール、人事、会計等々)の開発や保守のようなどこの会社でもあるような仕事もそうですし、業界や会社独自のもの、例えば生産計画、在庫管理、分析基盤等々です。 ケースバイケースですが、実働部隊(実際のシステム設計・開発など)はベンダー委託(SIerへ発注)をする場合が多いと思います。そのため、社内のユーザー部門(システムを欲しがっている人達)とベンダーとの間の調整役としての役割が多くなります。これをもって、技術者として技術力は付きにくいという人もいます。 システム開発についてよく言われることですが、なんで画面にボタン一個足すだけで何カ月も何百万もかかるんだという話がありますが、IT部門の人がささっと手を動かせば早いと思うかもしれませんが、実際にはベンダーにお願いしなければならないため、そのようになってしまいます。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料