• HOME
  • キャリア
  • 年収1000万を超えていることのデメリットってあるんですか?

年収1000万を超えていることのデメリットってあるんですか?

176

こないだ、ネットで年収1000万を超えてくるとそれはそれでもデメリットが生じるというような話をみました。

実際に、デメリットとなりそうなのは、税金などの納税量が増えてくるなど予想が付きそうですが、他に考えられるようなデメリットってどういったものがあるのでしょうか…?

単純に年収900万と1000万を比較したとしたら、年収1000万の方がいいですよね?

なんでデメリットというような概念、話がでてくるのでしょう…?

年収/給与キャリアプラン

ユーザー名非公開

回答2

小さな会社を経営しております。プログラマーです。 ...

続きをみる
小さな会社を経営しております。プログラマーです。 ここはキャリアのサイトですので、キャリアの観点で言うなら大企業とかで1000万円超を給与で貰ってる人だと、転職市場の相場より年収が多すぎて転職できない人がけっこういるかと思います。転職できても、候補が絞られてしまい、全然選んでなくて皆同じ会社ばかりで「お前も?」なんてことになります。 どんな境遇になろうともしがみつくことになりますので、場合によってはそんなに幸福ではないかもしれないですよね?

年収は多ければ多いほどいいのでは?という解釈でよろしい...

続きをみる
年収は多ければ多いほどいいのでは?という解釈でよろしいでしょうか?もし900万と1000万の話なら、課税で損をするレイヤーの話かなと。この辺は、ちょっと検索したら出てくるのて調べてみてください。 あとは、よく言われることですが一度上がった生活水準はなかなか下げられないので、職種によっては、若さを失っていままでと同じ働き方ができなくなったときに、苦労するかもしれませんね。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料