DeNA、サイバーエージェント、グリーの年収は?メガベンチャー3社の年収を比べました!の画像

DeNA、サイバーエージェント、グリーの年収は?メガベンチャー3社の年収を比べました!

日本を代表する3つのメガベンチャー、DeNA、サイバーエージェント、グリー。それぞれの平均年収や平均勤続年数はどうなっているのでしょう。 平均年収や平均勤続年数を始め、様々な会社情報を比べてみました。

14400

DeNA、サイバーエージェント、グリーの業績を比べてみた

直近1年の経営指標

  DeNA CA  グリー
売上高 143,709 254,381 69,878
経常利益 15,917 32,314 10,534
当期純利益 11,325 14,792 8,402

(単位:百万円)
※DeNA、グリーは2016年度決算資料より
※CA(サイバーエージェント)は決算月の関係上2015年度決算資料より

 

過去3年間の売上高推移

売上高推移

(単位:百万円)
※サイバーエージェントのみ決算月の関係上、1年前の数値で比較

 

低迷が続くグリーに対して、サイバーエージェントは着実に売上を伸ばしており、過去最高売上高を記録しています。

これまで、DeNA、グリーの2社はソーシャルゲーム事業での売上をあげていたのに対し、
サイバーエージェントは2社同様好調なソーシャルゲーム事業に加え既存の広告代理事業も依然として主力事業として牽引しており、順調に売上高を伸ばすことができています。

グラフには出ていませんが、2012年の売上高ではグリーがトップでした。
2~3年でガラッと市場が変わってしまう領域だからこそ、常に新しい事業の構想が必要といえるのではないでしょうか。

 

過去3年間の純利益の推移

純利益推移

(単位:百万円)
※サイバーエージェントのみ決算月の関係上、1年前の数値で比較

 

利益でもDeNAを抜き、サイバーエージェントがトップとなりました。

グリーは2015年度に赤字を記録するも2016年度では黒字復帰しています。
依然としてソーシャルゲーム事業が主力事業のようですが、売上高が落ちてきているところを見ても厳しい戦いになってきそうです。

一方、DeNAはソーシャルゲームの次の主力事業としてキュレーションプラットフォーム、またその次を創る事業として、ライフサイエンス事業やオートモーティブ事業など積極的に投資を続けています。

また、サイバーエージェントは新規事業としてすでに急成長を遂げているAbemaTV事業など、今後も高収益を生む事業への投資を積極的に行っているようです。

メガベンチャーの動向には今後も注目していきたいです。

気になる平均年収・平均勤続年数は?

  DeNA CA グリー
平均年収 718万円 720万円 743万円
平均勤続年数 3.0年 4.1年 1.9年
平均年齢 32.1歳 30.7歳 31.4歳
従業員数 1,045人 1,653人 1,200人

(2014年度決算資料より)

 

平均年収はグリーが最も高く743万円。一方で平均勤続年数は最も短く1.9年となっています。
やはり30前後までは年収よりも業務内容や仕事へのやりがいが重要であると言えそうです。

平均勤続年数はサイバーエージェントが最も長い4.1年ですが、平均年齢は最も低く30.7歳。
新卒で入社した社員を大切に育て、定着させているのではないかと考えられます。

DeNAは平均年齢が32.1歳と他の2社に比べると高くなっています。
平均勤続年数も3年ですので、中途社員が多く活躍しているようですね。

最後に

いかがだったでしょうか。

各業界の大きな節目を狙うDeNA、組織力が高く主力事業が幾つか立ち上がっているサイバーエージェント、ソーシャルゲームを基軸に踏ん張っているグリーというような構図でしょうか。

それでもまだまだ各社の収益の柱となっているのはソーシャルゲーム事業。
それに加えて各社次の事業への投資をしており、今後が楽しみな3社だと思います。今後の動向に是非とも注目していきたいです。

JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 この記事の企業

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

株式会社ディー・エヌ・エーに関する求人情報

jobs by Indeed job search
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー