アクセンチュアの第二新卒についての相談をまとめましたの画像

アクセンチュアの第二新卒についての相談をまとめました

アクセンチュアは最近、第二新卒採用を活発にしているようです。よく求人を見ていても、アクセンチュアの求人は見かけますね。では、実際にアクセンチュアの第二新卒が受ける面接の内容や選考の流れなど。アクセンチュアの第二新卒についてJobQのQAを見ながら、確認して行きましょう!

2522

第二新卒で成功する人の特徴は?

ということで、まずはどんな人が第二新卒を成功させることが出来るのかをQAを軸に見ていきたいと思います。

第二新卒を採用する会社は増えていますが、
実際に第二新卒で転職活動をする人はどんな人達で。

そして、どんな人達が転職活動を成功させるのでしょうか。見ものです!

第二新卒で就活に成功する人はどんな人ですか?

最近よく、第二新卒は就活に有利だという情報を目にします。

昔の日本では、一度就職した会社に忠誠を誓い
生涯働き続けるようなイメージがとても強かったのですが、
最近は新卒で就職して数年で就職先を辞めて
新しい企業に就職することも多いと聞きます。

私のイメージだと、
そんな短期間で一度就職した会社を辞めてしまう人を雇うのは
企業にとってもリスクになると思うのですが、
なぜ第二新卒を歓迎している企業が増えているのですか?

第二新卒で就職に成功する人たちは何が秀でているのでしょうか?

回答よろしくお願いいたします。
第二新卒で転職した方、また人事などで採用に携わっている方いらっしゃいましたら
特にご意見お聞かせください。

これには日本の雇用制度及び理由が二つあって、
①企業側 新卒社員の質が年々低下しているので、もっと危害のある若手人材が欲しい。
新卒みたいな研修期間や費用の節約になる。

②新卒側 折角苦労して入社した企業が合わないからもっといいところに転職したい。
それだけです。

要は海外みたいに新卒採用を辞めて通年度採用にすれば解決する問題なんです。
第二新卒で秀でているものなどありません。

若手ポテンシャル採用の一環ですね。
昨今の少子高齢化でそれも怪しくなってきていますけれどね。


ポテンシャルが高い人材はどこの企業も欲しているようです。

いずれにせよ、転職市場が賑わっている昨今、誰でもチャンスはあります。

単純に企業が人材不足のためこのように第二新卒の市場が活発化していると思います。

10年20年前みたいに、人材を大量確保することが出来なくなってしまったため、
新卒以外に第二新卒という枠を決めて、入社までの窓口を広げています。

正直、一年働いたくらいの人材だと即戦力にはならないのですが、
それでも大手企業は人材を求めています。

質問者さんもチャンスがあるのであれば、転職活動をしてみることをオススメ致します。

自分の市場価値を俯瞰的に確認することが出来るので、
様々な発見があると思いますよ(^^*)


回答にあるように、転職を迷っているのであれば。
転職活動をするべきですね!

ということで、実際にアクセンチュアの質問をじっくり見ていきましょう!

関連相談

アクセンチュアの第二新卒が受ける面接内容とは?

アクセンチュアの第二新卒希望者が受ける面接内容について
実際に、JobQのQAをみながら見ていきましょう!

第二新卒ですが、アクセンチュアの転職の面接はどんな内容なのでしょうか?

現在大手IT企業で働いているのですが、仕事にやりがいを感じられず転職活動を行っています。

もともと、集荷地時代に受けていたアクセンチュアにまた挑戦したいという思いが強くなり、
第二新卒採用でアクセンチュアの選考を受けています。面接を来週に控えているのですが、

「これはしておくべき」という準備や選考受ける上でのポイントがあれば教えていただきたく存じます。
よろしくお願い致します。

大きく2つ準備するべきです。

1.基本的な質問に対する準備

他の企業でも準備が必要だと思いますが、
「これまでの仕事内容」、「自分のできることやスキル」、「なぜ他のコンサルティングファームではなくアクセンチュアを選んだか」、「今後何をやりたいか」、
などはしっかりと話せるように準備しておきましょう。

また、「自己紹介もホワートボードを使って説明しろ」や
「動物に例えろ」などのお題付きで聞かれるケースがあるので覚悟しておきましょう。

2.ケーススタディに関する準備

ケーススタディを出されるケースも多くあります。
論理的思考を試されているので、もしロジカルシンキングの本を読んだことがなければ一冊読んでおくといいかと思います。

以上です。面接頑張ってください。


他にも回答が来ているので、見てみましょう!

アクセンチュアの社員です。
私も中途で入社しました。

面接の内容ですが本当に人それぞれ違うようなのですが、
私が受けた質問の中で一番印象に残っているのは「水はなぜ透明なのか」という質問です。

何を意図して聞いたのかは未だにわかりませんが…
とにかく印象が強かったです。

準備は一般的なもの、志望動機や退職理由などのまとめの他に、
自分の考え方やパーソナリティを書き出し、言語化しておくと役立つかもしれません。

ご参考までに。


ということで、コンサル志望の方は特に、論理的思考力が問われるように思います。

今回のような一見理不尽な質問でも、どのように答えるのかをじっくり見ているのでしょう。

準備してもしきれないような質問については、
仕方がないので論理的思考力を養う努力をするべきでしょう。

関連相談

ビジネスコンサルと戦略コンサルの違いは?

ということで、アクセンチュアのビジネスコンサルタントと戦略コンサルタントの違いについて
QAがありましたので、確認しましょう!

アクセンチュアのビジネスコンサルタントと戦略コンサルタントの違いは?

アクセンチュア第二新卒の選考を受けようと思っています。
職種について疑問があります。戦略コンサルタントとビジネスコンサルタントの違いは何でしょうか?

ネットで調べたらアクセンチュアのビジネスコンサルタント=他社のITコンサルタントって書いてありますが、
いわゆるsapやオラクル等の導入やシステム開発案件を担当するコンサルタントですか?

詳しい方いらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

アクセンチュアで働いています。
おっしゃっている内容で大方間違いはないです。

ビジネスコンサルタントは、ITを中心としてクライアントの問題解決を行う仕事です。
施策としてシステムの導入をすることが多いので、IBMやオラクルのイメージは近しいかもしれないです。

また戦略コンサルタントがいわゆるマッキンゼーなどでゆう戦略コンサルタントです。(言葉が被ってしまっていますが・・)

もちろんプロジェクトにもよりますが、
企業の経営再建などをテーマに市場調査~戦略策定などを行います。

ビジネスコンサルタントよりも取り扱う課題感がもう少し上位レイヤーの仕事をするイメージです。

いわゆる花形は戦略コンサルタントですかね・・。給与も高いです(笑)
参考になれば幸いです!


ということでした。
ビジネスコンサルタントはITコンサルタントに近いということで、
どちらかというと営業職が強くなる傾向にあるようですね。

関連相談

アクセンチュアで働く社員のやりがいは?

では、アクセンチュアの社員のやりがいについて見ていきましょう!

第二新卒ですがアクセンチュアで働いている人のやりがいは何ですか?

就活でもコンサルティングファームを見ていたのですが、
うまくいかずに現在某大手企業で働いています。新卒2年目です。

そろそろ自身の夢であったコンサルティングファームへの転職にチャレンジしてみたいと思っています。

第一志望は第二新卒の採用を積極的に行っているアクセンチュアです。
もし同社で働いている人がいましたら仕事のやりがいについて聞いてみたいと思っています。

よろしくお願いいたします。

アクセンチュアの社員です。
若いうちからグローバルの案件を担当できるのは魅力的だと感じます。

また、環境的にも、周りに優秀な社員の方がたくさんいること、
チームという感覚を持ちながら仕事ができていること、お客様から感謝される仕事をしていることはやりがいに繋がっています。

第二新卒も積極的に採用していますし、
なかなかない環境だと思うので、ぜひ選考に進んでみてください。


若いうちから様々なプロジェクトにアサインしてもらえるのは、
素晴らしい環境ですね。

また、採用も積極的のようですね!

関連相談

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回はアクセンチュアの第二新卒の面接や採用/選考フロー、やりがいなどをまとめてみました。

是非、第二新卒の方はアクセンチュアも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。
今回オススメするのは業界大手リクルートキャリアが運営するリクルートエージェントです。
業界随一の「キャリアアドバイザーのしっかりとしたフォロー・サポート体制」が特徴です。まず、登録しておいて損はないでしょう。

サービス概要

  • 30万人以上もの規模の転職者を転職成功に導いた業界最大級の実績
  • 業界事情に詳しいキャリアアドバイザーが豊富で、多くのベテランキャリアアドバイザーが活躍

リクルートエージェントに1分で無料登録する

本記事の初回公開日は2017年06月16日です。

この記事に関連する転職相談

SE職で将来性があり、待遇面も十分な企業はどれですか?

ただいま就活中の理系大学院生2年生です。現在、以下の会社で迷っています。 給料と忙しさのバランス、志望部署への希望の通りやすさや、新卒価値等合わせて皆様ならどういう感じにお考えなのかお聞かせください。職種は全てSEです。 NTTデータ 野...

アクセンチュア、アビーム、みずほ総研、大和総研、SCSK、CTCのどこに就職したいですか?

下記の企業から内定が出た場合、行きたい順に並べてください。理由も一緒にお願いします。 アクセンチュア アビーム みずほ情報総研 大和総研 SCSK CTC

弟が現職の会社を退職してアビームかアクセンチュアに転職してITコンサルになりたいと...

弟が現職の会社を退職してアビームかアクセンチュアに転職してITコンサルになりたいと言っています。 コンサルティング業界と言うと激務な業界なので、兄としては身体の心配をしています。アビームは他の外資系と比較すると穏やかな会社ではあるそうで...

アクセンチュアの第二新卒枠の一次面接の採用通知はいつ来ますか?

アクセンチュア第二新卒で受けました。 一次面接の結果は大体何日くらいでわかりますか?また面接中言われたこと、質問されたことなどで不採用である場合の質問などありますか?

アクセンチュアの仕事のやりがいってなんですか?

現在、転職先を探しています。 その中の候補にアクセンチュアが入っています。 アクセンチュアは年収がほかの企業と比べるとかなり高いと聞いたのですが、しかし仕事は非常に激務で大変と聞きました。 そこで今回、激務でも仕事のやりがいは何か...

アクセンチュア、アビーム、PwC等のITコンサルの特色や強みは何ですか?

現在、大手日系SIerにて、自治体担当SEをしていますが、コンサルへの転職を考えています。 今までの経験を活かして以下のいずれかに該当するポジションを検討しています。 ・業界が「公共系」 ・業種が「ITコンサル」 その中で、以下の企業から内定を貰...

アクセンチュアの第二新卒の通過倍率はどれくらいですか?

アクセンチュアの第二新卒採用についてです。 ケース面接が一次面接でありました。 このあと二次面接でもケース面接はありますか?通過率はどのくらいでしょうか?

アクセンチュアは離職率が高く、評判が悪いのは何故でしょうか?

転職エージェントからアクセンチュアへの転職を勧められています。 ネットでアクセンチュアに関する評判を確認しているのですが、離職率が高いなどと、余りいい評判がありませんでした。 実際に、アクセンチュアで働いている方や働いたことがある方...

アクセンチュアは毎日残業するくらい激務と聞きましたが本当でしょうか?

アクセンチュアへ転職したいと考えています。 外資コンサルに憧れていたというのもあり、真剣にアクセンチュアの情報を探しています。 ですが、アクセンチュアの情報を探している内にネガティブな口コミなども見られるようになりました。 それが今...

アクセンチュアの面接の倍率とか通過率ってどれくらいでしょうか?

アクセンチュアへの転職を考えているのですが、面接の倍率が高くて通過率が低く、難易度がとても高いと聞きました。 それって本当なのでしょうか? アクセンチュアは外資系コンサルだし、人気があると思うんですけど、具体的に何倍とか何%とかいう数値...

この記事に関連する記事

【アクセンチュアへの転職ノウハウ】採用されるためにするべき行動

アクセンチュアへ転職を希望する方の面接を簡単突破ノウハウや年収をどれほどいただけるかをお伝えします。アクセンチュアへ...

アクセンチュアの面接を通過するポイントは?【社員が教えます】

アクセンチュアへ転職するには、面接突破するための質問内容の確認や、採用基準の確認が重要です。質問内容や重視されるポイ...

副業解禁はいつからなの?【解禁済の企業を徹底比較します】

2017年内に政府が副業禁止規定を改定することが決まり、副業解禁の波が到来しています。日本のソフトバンクやDeNA等といった...

【ビジネスコンサルタントとは】仕事内容や有名企業の年収事情もご紹介

ビジネスコンサルタントとは、全社戦略に基づいてより実効性のある提案を行うコンサルタント職種です。ただ、正直なところ、...

アクセンチュアの年収は低いの?高いの?【社員に聞きました】

転職を考えるとき、企業情報って気になりますよね。年収と社員の勤続年数は特に。日本にも外資系の企業は沢山ありますが、そ...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 この記事の企業

東京都港区
ビジネスコンサルティング
この企業の転職相談 76件

アクセンチュア株式会社 (Accenture Japan Ltd)は創業:1989年で、設立:1995年12月である。 資本金は3億5千万円で、従業員数は約7,600人(2016年11月末時点)である。 事業内容は「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供している。本社は東京都港区赤坂1-11-44である。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー