障害者雇用のメリットデメリットや現実はどうですか?

140

1浪と2年間の休学を経て現在学部3年です。
早慶レベルの文系学部在学中、TOEICは920点、短期留学経験があります。
3年前に家族の病が発覚したため治療をサポートしていましたが、その後私が双極性障害を発症してしまいました。
休学以前は、サークルでの功績が認められ、賞金をいただいたり、ベンチャー企業でのインターンの経験をしたりガクチカになりうるエピソードはあります。
現在は家族も私も病状が安定したため、今年4月より復学、就活も少しずつですが始めています。
体調に波はあるものの、普段は知的好奇心旺盛、意欲的で自ら行動できるタイプだと自負しています。

そこで現在考えているキャリアが2点ございます。
1. リモートワークやフレックス制などを導入している(もしくは障がい者雇用に積極的な)企業に総合職として就職、体調と相談しながら他の社員の方と同様に勤務する
2. 一般企業の障がい者雇用枠で就職する

上記の懸念点としては
1の場合、やはり他の社員の方に迷惑がかかってしまう
2の場合、私がこれまで培った経験やスキルがあまり評価されず、今後のスキルアップも見込みづらい
です

各メリット、デメリットそして障がい者雇用についての社内の現状などをご教示いただきたいです。
よろしくお願いいたします。

ユーザー名非公開

回答6

ユーザー名非公開1

障害者雇用でキャリアアップって、 企業側はあまり考え...

続きをみる
障害者雇用でキャリアアップって、 企業側はあまり考えてないです。 政府から言われてその枠を作ってるだけなので。
ユーザー名非公開2

以前いた会社で躁鬱の方と一緒に働いていました。 その...

続きをみる
以前いた会社で躁鬱の方と一緒に働いていました。 その方は面接で事前に体調が不安定で度々休みをもらうかもしれないとは告げていたそうですが、一般の採用枠で入社していました。仕事も他の方と同様にしていたので戦力としては何も問題がなかったように思います。(失礼な表現になっていたらすみません) 確かに当日の急な遅刻欠席が多かったのと、リモートワークの方が明らかに楽そうだったのでフレックスも含めてその辺の制度はマストかなと思います。 病気休暇制度があったり有休が取りやすい会社も近年は増えてますので環境条件のいい会社が見つかるといいですね。 スキルアップや金銭面での安定を考えたら、障害者雇用枠で入るのは何かと不便になると思います。

まずは普通に働いてみるのがいいと思います。 安心して...

続きをみる
まずは普通に働いてみるのがいいと思います。 安心して働ける会社をじっくり探されるのが良いかと。
ユーザー名非公開3

障害者雇用は社会福祉的な側面でやっていることが多く、ス...

続きをみる
障害者雇用は社会福祉的な側面でやっていることが多く、スキルアップを考えるような人には向いていない(というか会社もそういった目的では採用していない)と思います。もしちゃんとスキルアップしたいならばフルリモートワークの会社に障害者雇用ではなく普通に入ることが必須だと思います。

私は、アスペルガー症候群とうつ病を持ち、 精神保健福...

続きをみる
私は、アスペルガー症候群とうつ病を持ち、 精神保健福祉手帳を持ちながら、障がい者採用でかつ 正社員雇用を実現しております。 大学は地方国立大学出身ですが、ITが大好きで、 その道で極めています。 個人的には、1をお勧めします。 障がい者採用でも、実績やポテンシャルがあれば、 正社員雇用してくれる会社はあります。 自分の得意な事を見つけて、そこに集中すれば良いと 考えます。 体調面は、悪くなる前に早めに休みを取ることで、 長期間の休みになることを防ぐことが出来れば、 十分対応可能です。 何かあればいつでもご相談ください。
ユーザー名非公開4

最近は障がい者雇用や障がいの度合いを考慮した雇用・勤務...

続きをみる
最近は障がい者雇用や障がいの度合いを考慮した雇用・勤務形態も広がっています。 1の懸念点もクリアできるケースも多いです。 私の身近な例では、リモート主体、時短勤務、フレックスなど配慮した勤務形態を選択できるケースがあります。採用に関してもいわゆるサポート業務的なものではなく、キャリア形成を考えていける環境があります。 ただ、一般社員の方より昇進・昇給が遅れる可能性はあります。また、マネジメントなどに携わることが難しい、といった場合もあります(適性面だけでなく心身への配慮、一緒に働く者への負担軽減など)。 理解は広がっていますが、完全に公平なものではありませんし、絶対数は少なく競争率もそれなりにあります。地方ではこういった求人が少ないため、働くのであれば都市部での就職活動が必要になります。 通常の就職とは異なるため、専門のエージェントなどを利用しつつ、就業形態や雇用形態について相談するといいかと。決して楽ではないですが、昔に比べて理解は広がっているので色々と情報を集めてチャレンジしてみてください。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料