転職で後悔しないために注意すべきことはありますか?

143

新卒で今の会社に入社して1年目ですが、会社の社風が自分と合わなくて転職を考えています。

正直に申し上げますと、
学生時は、大手で知名度のあるところなら正直どこでもいいと思って就職活動していました。
もうミスマッチは嫌です。
転職で後悔しないために注意すべきことはありますでしょうか??

社風転職失敗

ユーザー名非公開

回答 4件   応援 2

ユーザー名非公開1

このケースだと、まずは社風があっているかどうかだと思います。また、社会人を一年やられたわけなので、自分が重視しているポイントも理解されているのではと思います。待遇面は重要ですが、それ以外もかなり重要と感じて転職を考えられていると思います。このポイントは、人によって違うので、一度洗い出してみて、優先順位をつけてみたらいかがでしょう?

裁量権をある程度持って好きなことをやりたいことが優先度が高ければ、企業の規模は大きくない方が良かったりするかもしれません。会社の安定性を重視するのであれば、1つのビジネスに比重が高い会社だとそれが調子が悪くなると会社全体が傾くという意味合いでは、いろいろな事業をやっている企業がターゲットになるかと思います。もしくは、何かを生み出すことで飯を食っていきたいというのが一番なら、企業の規模よりもポジションがあるかというのが選択肢になると思いますよ。

ユーザー名非公開(質問者)

そうですね。
自分の中で何が大事なのか、様々な観点から、優先順位づけしたいと思います。

ありがとうございます!

自己分析してみたらどうでしょうか?
まず、社風が合わないとのことですがもう少し深掘りをして、何がいやなのか?具体的に自分が違和感を感じるポイントを挙げてみる。
言語化すると客観祭が増すかと思います。

その上で今度は別の角度からの自己分析。
自分が大切にしているパーソナルバリューを見つけてください。パーソナルバリューと検索すると出てくると思います。

これで材料が揃ったと思うので、優先順位をつけていくのと、マッチしそうな会社を探す。
会社も確認するためにもマッチしそうにない会社にも訪問してみると、確認ができるかもしれませんね。

などをお勧めします!

ユーザー名非公開(質問者)

みんなが是とするものを非と発言するのが悪のような雰囲気がありまして、
私は自分の意見を発言したい人なので、居心地が悪いなと感じています。
決して自分の意見を押し通したいのではないです。
「じぶんはそれに対してこう思っている」、ということさえも発信できない場の雰囲気が苦しくて
合わないのかなと思いました。

パーソナルバリュー、初めて聞きました。
調べてみます!!

回答ありがとうございました!!

「私は自分の意見を発言したい人」自分の意見が言えるってこれからの社会で必要になってくるものだと私は信じています。
意見を伝えたいのにそれが実現出来ない環境はとてもフラストレーションが溜まることと思います。
チーム・上司の雰囲気(環境)もあるかもしれません。 上司が異動する、自分が異動する、ということも選択肢として動きつつ、社外にも目を向けてみたらいいと思います♪

決して勢いで辞めるような発言をしないでくださいね!

ユーザー名非公開(質問者)

あたたかいお言葉をありがとうございます!

頑張ります!

ユーザー名非公開1

この状況の辛さすごくわかる!自分も悩んでる!!で、転職活動している!!!

という人間が言うと自己矛盾なのですが、解決策は転職でないかもしれません。自由に発言してそこから新しいものを見出していく形に仕事のやり方がシフトしています。そういう流れや方法論を身に付けて、社内を変えていくようなキャリアパスもいいかも。自分はそうしています。その結果、いろいろ評価は高かったり、組織内に独自なポジションをきずきました。

じゃあ、何故転職考えているの?と思われるかもしれないのですが、社内相手にやるだけではつまらなくなり、新たなチャレンジをしたいというのが理由です。いま動いていますけど、これまでの問題意識や行動が転職活動のなかでの自分の武器になっているかなぁと思っています。

1年計画で転職する、というような腰の据わった転職がおススメです。

(1)次の会社でも社風が異なる危険性を考えよう。
 →どんなに調べても、直属の上司ひとりの性格で社風というものが決まってしまうこともあります。こういうとき、また転職しますか?あなたの経歴が信頼されなくなってしまいます。
 →どういった社風でも、「それなりに」結果を出せる自分を作っておくことは大切です。
 →「体育会系」「クリエイティブ系」「ひとり親方系」「アットホーム」「チーム主義」「個人主義」様々な状況で、何が求められているのか、どういう仕事ぶりならば、「それなりに」結果を出せるか、を考えてみましょう。結構地味にそういった身のこなしのスマートな人はいるものです。周囲で探してモデルになってもらうのも良いかもしれません。

(2)結果を出せる人には、「それなりに」自由が約束される。
 →自分と会社の社風が違えども、結果を出してしまえば、社風と合っていなくてもいいという雰囲気を獲得することができます。どんなに小さくともなにがしかの結果を出しましょう。
 →仮に転職するときでも、その違和感のある社風の中でも成果を出したという工夫エピソードを面談で話せて、あなたは工夫の出来る人材(持ち運び可能なスキルを持つ人材)と好評価を得ることが出来ます。

(3)転職で何が評価されるのか、確認しよう。
 →すぐに5社以上の転職エージェントに登録して、親身になってくれるエージェントを探そう。この時は、数を打たないと、自分にとって良いエージェントには会えないので、とにかく沢山会おう。
 →親身になってくれるエージェントを見つけたら、転職するのに何があったら良いか、聞いてみよう。

(4)評価ポイントに繋がる経験を積んでしまおう。
 →今の会社の評価ポイントは、「それなり」やっておけばいい。
 次の会社の評価ポイントは、真剣に取り組んで、成果(失敗経験でも良い)を出そう。
 →必ず、この成果は面談でエピソードとして話せるレベルまで頑張ろう。
 →エージェントに疑似面談でOKをもらえるレベルでね。

(5)厳密には「社風」ではなく、自分にとって「腕を磨ける環境」のある会社を探そう。
 →とにかくエージェントと沢山話そう。今の会社で給料をいただきながら、こういった活動が出来れば最高です。今の会社に感謝しながら、ここに時間を掛けよう。

上記の流れをちゃんとするには、1年位の前向きな計画でやっていくと良いかもしれません。
ご参考までに~

ユーザー名非公開(質問者)

>どういった社風でも、「それなりに」結果を出せる自分を作ること
これができたら実際強いですね。社風に関わらず、どんな環境でも、どんな仕事内容でも、どんな待遇でも結果が出せたらどこでも生きられそうです笑

>次の会社の評価ポイントは、真剣に取り組んで、成果(失敗経験でも良い)を出そう。
会社の評価ポイントを知ろうなんてしたこともありませんでした。
私を評価するのは私じゃないのに、評価者の評価基準を知らないなんてそこの時点でダメですね

一年の転職計画、と聞いて一瞬、長いなと身構えてしまいました。
しかし、そこからやることを逆算していくとあっという間に一年間過ぎそうです。

情報量が多くてとても助かります。
回答していただきまして、ありがとうございます!

見ている人は見ています。(違うときもあるけど 笑)
でも、経験は自分に100%加算されます。

先輩の失敗談なら沢山あるよ 笑

がんばって~

ユーザー名非公開2

その悩みはわかります。
私もそれを抱えてモンモンしてました。

回答者の方々のいう通りに行動するのが、お勧めです。

そして、自分と同年代22〜25歳の人に会って、現況を聞いてみるのも面白いですよ。
可能な限り広い範囲で聞いてみて下さい。

ユーザー名非公開(質問者)

>自分と同年代の人にあってみる

これいいですね
社会人になってからは会社の人とばかり顔をあわせいて
他の人に会わないので、視野が狭くなってるかもしてません。

ありがとうございます!!

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー