出版社かIT業界どちらに進めば良いのでしょうか。

18卒の大学4年です。無事、内定をいただき、就職活動が終わったのですが、実は2社から内定をいただきどちらも魅力的な会社なのでどちらにするかなかなか決断ができません。
一方は大手出版社、もう一方は大手まではいかないもののIT業界の会社です。
やりたいことは出版社の方が近いのですが、今後のことを考えるとIT業界に進んだ方が良い気がします。
社会人の方からのアドバイスをいただきたいです。
宜しくお願いします。

出版IT就職活動

ユーザー名非公開

回答 1件   応援 0

複数の内定獲得、おめでとうございます。私はずっとITの仕事をしていますが、転職を2回しており、ITコンサル、エンタメ系会社の社内SE、監査法人のシステム監査というバックグラウンドです。
恐らく、将来的な倒産リスク、ご自身の市場価値等を心配されているのだとお察し致します。
結論としては、今やりたい仕事を選択する方が良いと私は思います。出版社での職種によっては、将来的にも過度に不安になる必要は無いからです。例えば、出版社の営業職で本屋へ営業する仕事だった場合、将来は本屋の在り方が変わる可能性があります(電子書籍がメインになるなど)。そうなると、営業職の人はスキルの転換が必要となります。一方、執筆者と組んで編集をする仕事だと、媒体が本だろうがWeb記事だろうが、仕事内容は余り変わりません。
もし、ずっと同じ仕事内容が続く方が安心できる性格であれば、ITの技術革新(人工知能、バーチャルリアリティ、Webサービス等)に影響を受けにくい存続する仕事を選択する方が良いかと思います。(とはいえ、初期配属や人事異動があるので、コントロールできないことが多いです。)
IT業界の場合でも、システム構築を行うSIerと呼ばれる会社か、自社でサービスを提供している会社かでも大きく異なります。前者は、恐らく直ぐには無くならないと思いますが、後者は流行り廃りがあるので、見極めが大切です。

いずれにせよ、約40年、変化を避けて仕事を続けるのは不可能、且つ、どの会社が将来性が無いかを見極めるのは困難なので、入社した会社で努力を継続することが大事だと思いいます。最悪、会社が倒産しても、転職すれば良いのです。(大手出版社であれば、コンテンツの著作権を持っていたり、今後も、Web等のプラットフォームにコンテンツを売ることができるので、そんなに悲観しなくてもよいかと思いますよ。)

ユーザー名非公開(質問者)

ご丁寧な返信ありがとうございます!懸念していた点が回答者様のおっしゃるとおりで、とても参考になりました!
自分の中で答えが出たような気がします。
本当にありがとうございました。

お役に立てたようで良かったです。働き始めると、2週間以上の休暇は取りにくいので、学生生活の残りを満喫してくださいね。もし、仕事内容に関連する資格があれば、その勉強もおススメです。また、最近は日本企業でも課長職以上の昇格要件にTOEICの点数を設ける企業も増えてきたので、730点以上の取得もおススメします。

ユーザー名非公開(質問者)

ありがとうございます(^^)

この質問に関連する求人情報

正社員 未経験者歓迎 第二新卒歓迎学歴不問転勤なし
株式会社サンヨー
月給20万5000円以上(残業手当別...
東京都
正社員 第二新卒歓迎住宅手当学歴不問転勤なし女性が活躍
株式会社倉田印刷
月給 23万〜48万5千円
東京都
契約社員 未経験者歓迎 第二新卒歓迎学歴不問転勤なし
大光印刷株式会社
月給20万円以上
京都府
正社員 転勤なし女性が活躍
株式会社シナテック
月給25万円以上 + 年2回の賞与
東京都
正社員 未経験者歓迎 第二新卒歓迎学歴不問転勤なし服装自由
有限会社SEGサ−ビス【SEGグループ】
月給20万円以上
東京都
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー