就職を見送るか大学院に進学するならどちらの方が将来的に良いでしょうか?

就職留年か大学院進学か

就職活動がうまくいかず、いまだに内定がない2018年3月卒業見込みの学生です。
理系・中堅私立・今まで浪人留年経験はなしです。
鉄道の現業職、地元の企業、IT企業を受けてきましたが1次面接で落ちてしまう企業が多く、最終面接まで進んだ企業もありますがそこで落ちてしまいます。
1次面接で落ちた理由は緊張で自分の伝え方が悪かったと考えています。
最終面接で落ちた理由は、本当にわかりません。
秋採用の時期ではありますが、仕事は生活のためと割り切って募集している企業で働くイメージができず、落ちた企業(特に鉄道)を諦めきれません。
そのため、新卒として就活をやり直したいと思って大学で相談したり、自分で調べたりしていると冒頭の2つの方法があることが分かりました。
大学で相談すると大学院進学を勧められますが、もう自分には研究が向いてないと感じることがあります。
そのため、不利は覚悟で留年を考えています。
来年3月まで半年しかないので今年の反省・自己分析・企業探し・企業研究のやり直しを考えています。
そこで質問です。
・学歴的に就職留年は厳しいか
・就職留年して同じ企業は受けられるのか
・留年中何をして過ごすべきか、留学など新しいことをするべきか
・それでも仕事は生活のためと割り切って今年どこかに就職するべきか
・覚悟を決めて大学院に行くべきか
この5つについて回答をいただきたいです。
長文ですみません。よろしくお願いします。

就職活動大学院

ユーザー名非公開

回答 2件   応援 0

ユーザー名非公開1

今年、就職留年をしました。
自身も中堅私立で、内定を貰えるか不安でしたが、一応、一部上場企業から内定を頂けました。

同じ企業は、私は、受かりませんでした。
しかし、それは、私がその企業に対して適性が無かったことが原因かもしれませんし、一概に受からないとは言えないとは思いますが。
鉄道系が諦められないのなら、まだ受けていない鉄道系の会社を受けてみるのも手かもしれませんね。

留年中、アピールポイントを増やせるのであれば、それに越したことはないと思います。しかし、そればかりに囚われず、来年度どのような企業を受けるのか、(滑り止め等も含め)どのような戦略を立てるのか、よく考えることが最も大切だと思います。

私も大変迷いましたが、
諦められない気持ちがあるのでしたら、挑戦しても良いのでは、と個人的には思います。

理系でしたら、院生は重宝されると思いますし、その選択肢もありだと思います。が、
【もう自分には研究は向いていない】というお言葉から、あまり院に行くことに対して気乗りしないという印象を受けました。

ユーザー名非公開(質問者)

回答ありがとうございます。
元々文系頭でしたが受験時・入学当時は理系を学びたかったのです。
しかし、結局は理系の考え方が苦手であり、研究には向いていないなと思うようになりました。
すでにどこを受けるかは考えていますが就活のスケジュールを知っているのでもっとしっかりと戦略を立てたいと思います。
そして余力があれば資格でアピールポイントを作りたいと思います。

ユーザー名非公開2

発想がイマイチですが、答えます。
〉・学歴的に就職留年は厳しいか
中堅だしね。留年は最悪。

〉・就職留年して同じ企業は受けられるのか
受けれる企業もあるでしょう。志望先がどうかはわかりません。現業だったら毎年採用試験あるし。ある程度の年齢までは受けれるんじゃないかな?そもそもそれ位調べて無くて志望してるとか言ってるのおかしい。


〉・留年中何をして過ごすべきか、留学など新しいことをするべきか
留学とか意味ない。

〉・それでも仕事は生活のためと割り切って今年どこかに就職するべきか
就職すべき。

〉・覚悟を決めて大学院に行くべきか
意味ない

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー