• HOME
  • 就職
  • 知り合いの紹介と大学のOB・OG訪問では、どちらが就職に有利ですか?

知り合いの紹介と大学のOB・OG訪問では、どちらが就職に有利ですか?

149

大学の就職説明会で、OB・OG訪問を強く勧められましたが、やはり企業側の採用枠に自分の大学があると有利なのでしょうか?それともいうほど当てにならないのでしょうか?
また、行きたい企業の総合職の方に知り合いがいるのですが、その方に相談するのとどちらが有利でしょうか?

就職活動/就活OBOG訪問就活生

ユーザー名非公開

回答1

在籍されている大学がいわゆる難関大学、有名大学であれば...

続きをみる
在籍されている大学がいわゆる難関大学、有名大学であれば、OB・OG訪問を勧めます。理由は、OB・OG訪問として、社会人が大学にくる場合、会社はOB・OGに対して、「いい学生がいたら教えてくれ」という「業務指示」を出しているからです。休日出勤手当を出して正式な労働としています。 一方で、知人の方は、直接企業の採用活動に関与していないので、知人の方がいきなり人事部採用担当者に「○○(質問者さん)は優秀です、ご配慮ください。」と連絡することはできないです。(頼まれても知人の方が困ると思います。) 但し、ベンチャー企業等であれば、知人の紹介から入社するケースも多いです。大企業であればあるほど、縁故採用(コネ入社と呼ばれているもの)は取引先の部長や役員のご子息レベルでないと採用には繋がりません。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料