【インフラ企業とは】仕事内容の特徴と転職活動中の人にとっての魅力の画像

【インフラ企業とは】仕事内容の特徴と転職活動中の人にとっての魅力

大きな自然災害によって、電気やガスが止まったり、橋や道路、インターネットが使えなくなるなど、インフラが一部でもストップしてしまうと、生活が非常に不便になってしまうことは皆さん十分お分かりかと思います。このように、私たちの生活を土台から支えているインフラが、無意識の存在であり続けられるのは、インフラ企業があるからこそです。そこで今回は、そんなインフラ企業の働く側の魅力をお伝えしたいと思います。

インフラ企業とは

特徴としては大規模な物が多いので多くの人が携わることになります。

インフラは主に、

  • 交通インフラ
  • 空間インフラ
  • 生活インフラ
  • 電気インフラ

の4つに分かれています。

インフラ整備やインフラ建設は、このうちの交通インフラ・空間インフラ・電気インフラの社会インフラに携わる仕事が中心になります。

こういったインフラの整備をしている企業を一般的にインフラ企業といいます。

インフラ企業の仕事は以下のインフラの種類によって、
会社ごとに分類されています。

インフラ企業の種類

【交通インフラ系】
・鉄道
・高速道路
・航空関連
・トンネル
・橋梁

【施設・建築系】
・公共施設の管理関係
・湾岸施設

【生活インフラ系】
・ゴミ処理場
・電話
・ゴミ処理場
・インターネット関係
・テレビ関係
・ラジオ関係

【エネルギー資源系】
・電力
・ガス
・石油

これらのような、
国民福祉の向上と国民経済の発展に尽力する仕事です。

インフラ企業の特徴

1.企業によって仕事が全く違う

仕事内容は、どの会社に所属して働くかによって大きく異なります。

冒頭でも説明したように、一口にインフラといっても、インフラには様々な種類があります。

例えば空間インフラであれば、主に建物などの建設業にあたり、
電気インフラであれば電力会社、
交通インフラであれば、鉄道会社の他、橋・道路を整備する会社から、
NEXCO東日本のように高速道路上のサービスエリアの事業をする会社もあったりします。


空間インフラにおいては、最近だと地域冷暖房が普及しているため、電気やガスのように、空調のためのエネルギーを供給している会社も多くあります。



このように数あるインフラ企業の種類を、
先ほどの交通インフラ・空間インフラ・生活インフラ・電気インフラという4つのインフラに分けて考えてみると、
どんな企業があるのか、なんとなく想像がついてくるかもしれません。

 

 

 

2.経営状態が安定している

他の民間企業に比べて経営状態が安定している会社が非常に多いのが特徴の1つです。


なぜなら電力やガス、水道、鉄道、高速道路などのインフラは国民生活に欠かせないため、
他企業との競争がかなり緩やかだからです。


そのため事実上その市場を独占していたり、寡占していたりしています。


また、こういった特徴から、戦前までは、インフラ企業では公務員や団体職員がほとんどでした。
(戦後以降から多くのインフラ企業が誕生し、民間人が維持・管理等を行ない始めました。)


なので、経営状態が悪化したとしても、業界内で大手のインフラ企業であれば、政府や国からの援助が期待できます。
日本航空や東京電力がその例です。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

インフラ企業の魅力

1.福利厚生が充実している

インフラ企業は、福利厚生も充実しており、高給の仕事が多いため男女ともに安心して働くことができる勤め先としておすすめできます。
定着率も高く、年功序列制度で賃金も上がっていくため穏やかな気持ちで働き続けることができます。


さらには、働いている人の意欲向上や目標達成のための刺激策が充実しています。
例えば、

  • 資格・技能検定の取得奨励制度や社内公募制度
  • 国内留学制度、海外留学制度
  • 特別な成果に対する表彰・報奨制度

などの諸制度がある会社が多く存在します。

 

 

 

2.転職求人が増加

現代のネットワークシティにおいてインフラそのものが複雑であるため、大手企業の下にいくつのも子会社がある場合が多いです。

そのため、インフラ企業であれば仮に親会社に就職できなくても、小会社やグループ関連会社で働くことができる場合があります。


また、業界の年代として、20代から60代までと幅広い年代の方が活躍しており、近年はアベノミクスなどの経済政策により、インフラ企業の転職求人も増加傾向にあります。

 

最後に

いかがでしたか?
今回は、いかにインフラ業界が複雑で大規模であるか、
それに伴い、働き口もいかに多様に存在し、拡大しているのかという事をお伝えしました。


しかし、今回お伝えしたこと以上に、インフラの業界は大規模であり複雑で、それゆえ少しの変化でも私たちの生活には大きな影響を及ぼします。


インフラ企業は、東日本大震災や熊本地震などの大規模な自然災害、また、昨年の電力自由化などに伴い、業界全体のサービス向上や新しい事業の展開がますます求められることが予想されます。

そのため、この先さらなるインフラの民営化が進み、企業間での競争も徐々に大きくなってくると思います。



ですが、その種類によっては、民営化すると家庭や地域で格差が生まれてしまうものもあります。

例えば電車が、鉄道会社によってひと駅分の値段が違ったり、都心と田舎での本数の格差が目立つようになったのは、1987年に民営化してからではないですか?



それくらいインフラとは、私たちの生活に溶け込み、透明化しているのです。

そんな社会的責任が大きい業界である分、やりがいも大きい仕事だと思います。

この記事に関連する転職相談

インフラ企業は年収水準が高く企業の安定性も高いというのは本当ですか?

大学四年生です。来年院に通うことになっています。 どこの企業で働こうかで悩んでいるのですが、インフラ系の企業は業界の売上も安定しているし、待遇がよく年収水準がいいということを友人から聞いたのですが、それって本当なのでしょうか。 日系の...

インフラ系のシステムエンジニアの仕事はパターン化された仕事ですか?

発達障害と診断されました。 得意な事は、パターン化した仕事が飽きずに出来てミスが少ないと診断されました。 不得意な事は、同時に複数の仕事を平行する事と臨機応変に対応しないとダメな仕事が向いてないそうです。現状、インフラ系のシステムエンジ...

将来的に、コンクリート業界はどうなると思いますか?

将来、コンクリート業界に就職しようとおもっている大学1年です。 正直、コンクリート業界に将来性があるのか不安です。 2020年のオリンピックや高度成長時に建てられた建物の建て替えなどで、10年くらいは安泰なのかなともおもっています。 しかし、...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー